« ■友人のおくちゃん、深夜のお台場フジTV前に。 | トップページ | ■すでに冬休みの宿題を終えた甥っ子。まだ年賀状を書いていない私。 »

2008.12.25

■花をもらうクリスマスイブは…。

彼が花を買ってきてくれる時、それは私の気持ちが落ちこんでいる時か、
機嫌が悪い時。
  

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです

 
  
彼が花を買ってきてくれました。

 
「虹薔薇」っていう、
七色のバラです。
0812252

    
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

うーむ。
めずらしい色合い。

 
めずらしいけど…。
うーむ。

 
めずらしいけど…。

 
  
好き、嫌いはあるよね。

 
   
この花束を持って、
地下鉄に乗ってくれた彼の気持ちには感謝。

   
   
      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございます。友人のおくちゃんは、結局今年も、TVに映ることもなく、電話がつながることもなく、お台場から帰ってきました。切ないね。奥ちゃん。 

「泣きたい.jp」サイトhttp://nakitai.jp/にて↓、大人の恋のケータイ小説掲載中。
第4章-9話 最終話 「私が選んだ未来」

|

« ■友人のおくちゃん、深夜のお台場フジTV前に。 | トップページ | ■すでに冬休みの宿題を終えた甥っ子。まだ年賀状を書いていない私。 »

コメント

モニカさんへ
コメントありがとうございました。
 
このコメントへのお返事は、
ブログの本文の方に書かさせていただきました。
 
https://beach.txt-nifty.com/blog/2009/03/post-39e0.html
 
なんか、まとまりのない返事になってしまったんです
ごめんなさい。
 
アメリカに留学して、いろんな経験をして、
いろんな人に出会って、
優しさを知ったモニカさんに、
今回の事で、負けてほしくないんです。
 
気持ちが揺れるのも分かるし、
涙が出てしまう気持ち、
分かります。
 
でも、そんな気持ちになっても、
過去に戻るわけじゃないし、
何かが変わるわけじゃない。
 
モニカさんは、モニカさんらしく、
新しい道を行けば、
きっと新しい景色が目の前に、
ばぁっと広がっていると思います。

投稿: まりこ→モニカさん | 2009.03.18 午後 01時46分

お久しぶりです。
心の整理がつかず、誰かに話を聞いてもらいたくてコメントしました。
以前お話した彼の事です。私は彼から逃げるようにアメリカに留学していました。電波の届かないところならどこでも良かったんです。アメリカでは充実した毎日を送ることができました。沢山友達もできたし、色々な人の優しさに触れることで、ささくれだっていた私の心は思っていたより早く回復できました。日本に帰ってきても、彼と連絡をとることもなく毎日に追われて淡々と過ごしてきました。でも、先日、共通の友達で私のクラスメイトがいきなり彼の話をきりだし、(彼女は彼と私の過去を知ってます。)彼と合コンすると言い出したんです。私にとってすごく苦しい過去だったのになんで掘り返すかな?、それに、なんで私にそのことを告げるんだろう? また、彼はどうして私のテリトリー内で合コンをしようとするんだろう? もう完全に彼の事は吹っ切れていたと思っていたのに、彼の話を聞くと、涙がこみ上げてくる自分に驚いたんです。話を聞いてから情緒不安定になっています。あんなにボロボロになった過去を覚えているのに、なぜか気持ちに踏ん切りがつかない。彼との復縁なんてもちろん望んでないし、もう二度と会わなくてもかまわない。でも、彼の事を聞くと、心がぎゅ-って絞られる感じで、他の人と出会うために出かけないで欲しい。と思ってしまうんです。でも未練があるわけでもないんだけど。こんなに世界は広いしいっぱい女の人はいるのに何で、よりによって私のクラスメイトと合コンするんだろう。
自分が矛盾したことを言っているのは分かっています。本当にすみません。心の整理ができず、納得できないんです。
私の気持ちはどうしたらいいんでしょう。

投稿: モニカ | 2008.12.25 午後 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■花をもらうクリスマスイブは…。:

« ■友人のおくちゃん、深夜のお台場フジTV前に。 | トップページ | ■すでに冬休みの宿題を終えた甥っ子。まだ年賀状を書いていない私。 »