« ■納豆ラスク。梅ラスク。茨城ラスク。 | トップページ | ■お茶とチョコ。 »

2008.10.15

■あきらめきれない。あなたのことを好きな気持ちを。

真夜中の友達からの電話。どうしても気持ちをあきらめきれないって。もう叶わないって分かっている恋なのに、あきらめきれないって。

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです

 
     
  あきらめきれないよ。
  あきらめきれない。

   
  好きなるのが、出会うのが遅すぎたって、
  あきらめきれない。 

   
  好きになった人には、すでにパートナーがいて。

   
  だから、私はあきらめるしかないの?

   
  もしこれが運命の出会いだとしても、
  私は進めないの?
  

  どこで、これが運命だって確信したらいい?

    
  運命じゃなかったとしたら、
  じゃあ、どこでどうあきらめればいいの?

    
  出会うのが遅かったら、
  それはもうあきらめるしかないの?

 
   
  ……あきらめきれないよ。

   
  こんなに好きなのに。 

   
  どうしたらいいの。

   
  どうしたら、いいの…。

  
    
こう電話の向こうで、友達が言ってた。

   
結婚している人を好きになった友達です。

   
聞いていて切なくて、苦しかった。

  
好きな気持ちは、
進み始まったら止められない、
止めようと思っても止まってくれないって、
分かっているから。

   
何も言えませんでした。

   
進めとも、止まれとも、
やめろとも、がんばれとも、
言えなかった。

  
ただ友達の気持ちを聞くことしかできなかったです。

   
好きの先の道は、自分でしか選べない。

   
続けることが、
どんなに苦しい道に続いていたとしても、
それを選んでしまうしか、
自分の気持ちを納得させられない事もあるし。

   
運命の不倫も見てきたし。

 
でも、別れを選んで、
大きなしあわせをつかんだ人も知っている。

   
頭で分かっていても、
どんなに違う道を進もうと思っても、思っても、
好きな気持ちが曲げられ時もある。

   
  
未来はどこにつながっているんだろう。

   
ねえ、L。

  
私は、
あなたが笑っている未来にたどりついてほしいだけだよ。

   
苦しくても、自分に選んだ道を後悔なく、
笑っていて未来に立っていてほしいだけだよ。
        

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございます。昨日のディスプレイの買出しの仕事は、激疲れでした。あまりの疲れに、買い物が終わった後、「30分だけビール飲もうか」ってことに。…おいしかったコールドビール。今日は、あぁぁぁぁ、書類を書類を作らなければっ

大人が読む恋のケイタイ小説連載中。↓ 28歳、働く女性の恋って。その未来って。
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■納豆ラスク。梅ラスク。茨城ラスク。 | トップページ | ■お茶とチョコ。 »

コメント

はっぱさんへ
>そして数年経って、彼が独り身になっていることを知りました。彼の後輩がセッティングしてくれた場で。
やっと好きだという気持ちを出してもいいし、一緒にいられるようになりました。
その後は私がここに来るきっかけになった別れに至ります。
 
そうだったんですね。
そういう道を通ってきた恋だったんですね。
そうか…。
 
密かに好きだった気持ちは、
心に静かに深く深く根づくような気がします。
 
簡単には過去にできないです。
 
>どうすればいいのか、どうしたいのかも分からないけれど、やっぱりまだ彼のことが好きです。
 
そうかあ。
 
「まだ彼のことが好き」。
 
この言葉、切ないです。
 
この気持ち、どうすることもできなんですよね。
 
>今この瞬間だけを切り取れば、その好きという気持ちがあるから存在していられる。
でも、先のことを考えると、不安ばかりです。かといってどうしようもないこの気持ちを、ぶつけることもできず
ぐるぐる同じ所を歩き続けている感じです。
  
同じ所を歩き続けているかもしれないけど、
私には、はっぱさんはぐるぐる同じ所を歩きながらも、
少しづつ上に上がっているというか、
同じ場所のように感じていても、
らせんの階段みたいに、上に上がっているような感じがします。
  
はっぱさんがくれるコメントを読んでいるとそう感じます。  
 
そうだといいなっていう気持ちもあるし。

投稿: まりこ→はっぱさん | 2008.11.15 午前 11時53分

苦しいですね。苦しいです。
私も、ものすごく好きになって、告白したら結婚してるからと
断られました。そこで終わり。
でも私の中では全然終わりじゃなかったです。
徐々に忘れていくかもしれないと、自分の中だけで気持ちはそのままでいました。
でもとても辛かった。好きだけど、相手にそれを出すこともできないし、
周りに好きだということを言うことも出来ない。
あの時まりこさんのブログがあったら、救われていたかもしれない。
出逢っていたかったなぁって思います。
そして数年経って、彼が独り身になっていることを知りました。彼の後輩がセッティングしてくれた場で。
やっと好きだという気持ちを出してもいいし、一緒にいられるようになりました。
その後は私がここに来るきっかけになった別れに至ります。
ちょっとずつ気持ちを整理しているのか、したいのか、しなくてはいけないのか・・・
どうすればいいのか、どうしたいのかも分からないけれど、やっぱりまだ彼のことが好きです。
引きずりすぎでしょう・・・って自分でも思うけれど、こればっかりはどうにもならなくて。
今この瞬間だけを切り取れば、その好きという気持ちがあるから存在していられる。
でも、先のことを考えると、不安ばかりです。かといってどうしようもないこの気持ちを、ぶつけることもできず
ぐるぐる同じ所を歩き続けている感じです。

投稿: はっぱ | 2008.10.15 午後 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■あきらめきれない。あなたのことを好きな気持ちを。:

« ■納豆ラスク。梅ラスク。茨城ラスク。 | トップページ | ■お茶とチョコ。 »