« ■最近この部屋に霊がいる。って、彼が…。そんな……。 | トップページ | ■別れた彼に会おうと思った。もう会っても大丈夫だと思ったから。でも、彼には新しい彼女が。 »

2008.08.06

■別れた彼の彼女に会う勇気。

別れた彼の彼女に会う勇気、ないな。別れてすぐも、別れてから時間がたっても、私にはその勇気は、ないな。

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。 今日も読んでくださってありがとうです

 
  
…でも。
偶然に会ったというか、見てしまった時があるの。
別れた彼が、彼女らしき人と歩いていたのを。

 
それは、まだ別れてから数ヵ月の頃で、
なんとなく気持ちが落ち着いた頃で。

 
そんな時に、見ちゃったんだ。
ふたりの姿を。

 
  
金曜日の夜。
私は、仕事の打合せの帰りで、
地下鉄の駅に向って歩いていたの。

    
そしたら、少し先に、
別れたあの人と、女の人が、
楽しそうに、笑いながら歩いているのが見えた。

 
私、とっさに、横道に隠れてしまって…。

   
ふたりは、私の横を通り過ぎて行った。

    
すごく楽しそうに話をしながら。
笑顔で。

 
   
その時、私、
心臓がバクバクいってて、
足が地面から浮いたようになって、
指先に力が入らない感じだった。

 
めまいがした。

   
別にいいのに。
仕方ないのに。

 
もう別れたんだから、彼が誰かといっしょにいようと
仕方ないのに。

 
涙は出なかったけど、
なんか、空虚感っていうか…。

 
すごくショックをうけてしまいました。

 
  
その彼とは、
いろいろ理由はあったけど、
結局、彼に結婚の意志がなくて、私は結婚したくて、
その気持ちのすれ違いで、別れたの。

 
私から
「ふってほしい」って言って別れた人なの。

 
まだ好きだったんだ。

 
別れを後悔するコトも多かった。

 
そんな恋の終わり方をした人。

 
だから、
彼に、すぐ好きな人ができてもおかしくないし、
責めることなんて、できるわけもないし。

  
 
でも、会いたくなかった。
見たくなかった。 
彼が女の人と歩いているところ。

 
彼女かどうかなんて分からないけど、
女の人とあんなに楽しそうに笑う彼、
見たくなかった。

 
勝手なんだけど、ね。

 
   
私にはないなあ。

 
別れた彼の彼女に会う勇気。

 

それは、いくら別れてから時間がたっても。
       

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうです。昨日、東京は豪雨。と、TVで中継していたのを見ていたのですが、私が住んでいるところはその時、一滴の雨も降ってなくて。同じ東京なのに、電車で15分のところが、あんなに豪雨なのに。不思議な感じでした。今日も雷鳴るのかなあ

切ない大人の恋のケイタイ小説連載中です。↓ 全話掲載中。読んでない方はぜひ!
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■最近この部屋に霊がいる。って、彼が…。そんな……。 | トップページ | ■別れた彼に会おうと思った。もう会っても大丈夫だと思ったから。でも、彼には新しい彼女が。 »

コメント

akikoさんへ
>私も見たくないです~!
 でも見ちゃいました~。。。
 若くて可愛い子。。知ってる子。。
 
知ってる子!?
それって…。
 
>なんとも言えない気持ち…
 しかもしょっちゅう見ちゃう聞いちゃう距離
 
うーん。つらい。
私なんて、1回で、相当ダメージがあったのに…。
 
>でも私って強気で
 時間がたったら絶対彼より幸せになってる自信があって、、
 後悔させてやるーぐらいの気持ちがあって、、
 
この気持ちって、大事なような気がします。
私も、この気持ちを心に秘めて、別れの日から未来への道を歩いている気がするぅ。
 
>だけどやっぱり見たくないかもしれません(苦笑
 でも、こういう風にコメントしてる自分って
 なんか元気になったなぁ、、、って思います♪
 
元気って、
ふと気がつくと、「あ、私元気かも」って感じじゃないですか?
 
元気になりたい、元気にならなくちゃって思っている時は、
なかなか元気になれなくて、
でも、無理に元気になろうって思わなくなった頃、元気になってる。
 
私はそうでした。
 
akikoさん元気になって、うれしい
よかったな。

投稿: まりこ→akikoさん | 2008.08.08 午前 02時42分

春菜さんへ
>まりこさんの嫌いな蝉の襲撃に昨日合いました(笑)
 もうすっかり夏ですね!!!!
 
ぎょえ~
セミ攻撃。テンション下がりますよね。
恐ろしい…。
 
>やっと、この人だって思った人が現れて。
 でも、彼女がいる人だったんですよね。
 自分の経験から絶対に人の幸せを壊すような存在にはなりたくないと思い、
 身を引きました。
 
そうだったんですね…。
そうかあ。
 
つらかったですね。
 
>相手の人も、彼女を裏切れないから春菜と付き合えないけど、大切な存在で、一緒にいる時間が楽しくて。
彼女がいなければ躊躇なんかしないんだろうなって。
 
うーん。
うーん。
 
>まりこさん。
 でも、どんなに私たちが自分達を弁護しようと、していることは最低で、
 向き合うべき人を裏切っているんですよね。
 
うーん。
難しい。
 
人を好きなるって、誰も責められないし、
正しいとか、間違っているって、誰かが決められることじゃない気がするし。
 
これは、私の個人的な考えとして聞いてください。

本気で人を好きになるって、覚悟が必要だと思うんです。
 
誰かを傷つけてしまう覚悟。
自分も傷つく覚悟。
 
他に好きな人がいるのに、相手を傷つけたくないから、
その心を隠して、いっしょにいることは、
本当の好きなのかな。
 
もし、自分が彼の彼女の立場だったらどうなのかな。
 
何も失わない事は、
何も得ることができない場合もある。
私はそう思います。
 
今、そばにいてくれる人を大切に想って生きていくのか、
それとも、自分の気持ちにウソをつかずに、本当に好きな人との恋を始めるのか。
 
どちらの恋を選ぶにも、覚悟が必要なんだと思います。
 
春菜さんは、それを分かっているから、苦しいんですよね。
 
分かっていても、どうしようもない。
 
もし、彼が、彼女を捨てて、春菜さんとの恋を選ぶって言ったら、
春菜さんは、今の彼と別れる決心がつくのかな。
  
今、そばにいる彼の存在って?
 
答えを出せるのは、自分自身でしかないです。
 
相談の答えになってなくて、ごめんなさい。

投稿: まりこ→春菜さん | 2008.08.08 午前 02時30分

まりこさん、こんにちは♪

私も見たくないです~!
でも見ちゃいました~。。。
若くて可愛い子。。知ってる子。。

なんとも言えない気持ち…
しかもしょっちゅう見ちゃう聞いちゃう距離


でも私って強気で
時間がたったら絶対彼より幸せになってる自信があって、、
後悔させてやるーぐらいの気持ちがあって、、

だけどやっぱり見たくないかもしれません(苦笑
でも、こういう風にコメントしてる自分って
なんか元気になったなぁ、、、って思います♪

投稿: akiko | 2008.08.07 午前 11時02分

こんにちは☆
お久しぶりです、春菜です。
まりこさんの嫌いな蝉の襲撃に昨日合いました(笑)
もうすっかり夏ですね!!!!


まりこさんに相談が…。。。。
お付き合いしている人がいます。
私のことをとても大切にしてくれる人です。
追いかけ続けなくても、安心をくれる人…
そこに絶対の信用がおけて、付き合うことを決められました。

でも。。。。
私自身には、好きな人がいたんです。
やっと、この人だって思った人が現れて。
でも、彼女がいる人だったんですよね。
自分の経験から絶対に人の幸せを壊すような存在にはなりたくないと思い、身を引きました。
なのに、両想いなのかなって最近わかってしまい。。。
相手の人も、彼女を裏切れないから春菜と付き合えないけど、大切な存在で、一緒にいる時間が楽しくて。
彼女がいなければ躊躇なんかしないんだろうなって。

彼とは手もつないでいません。
私達はお互いの恋人にも、まわりの友人にも、責められなくちゃいけないようなことは何一つしていません。
でも、やっぱりお互いがいっしょにいること事態よくないと二人で話し合い、一度、話さず・目も合わせずの時期も作りました。でも、ダメなんですよね。
お互いになんか、苦しくて。
だから、お互いに縁があるならきっとそれは今じゃないんだねって話もしました。

でも、きっと彼も、自分の恋人に罪悪感が増えていくばかりなんだろうなって思います。


まりこさん。
でも、どんなに私たちが自分達を弁護しようと、していることは最低で、向き合うべき人を裏切っているんですよね。

誰かを幸せにしたいと思ってました。
誰かに幸せにしてほしいと思ってました。

でも、結局、こんなのは誰も幸せにならない。


苦しいです。

投稿: 春菜 | 2008.08.07 午前 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■別れた彼の彼女に会う勇気。:

« ■最近この部屋に霊がいる。って、彼が…。そんな……。 | トップページ | ■別れた彼に会おうと思った。もう会っても大丈夫だと思ったから。でも、彼には新しい彼女が。 »