« ■彼以上に愛せるひとには出会えないかもしれない。 | トップページ | ■泣いてすがらなかったのは、弱かったから。泣いてすがったのは、それが最後の希望だったから。 »

2008.06.10

■結婚してたのは、私のほうでした。

「私は、自分が結婚していて。不倫をしていたことがありました」というコメントをいただきました。とても、とても切ないコメントでした。

      
Photo今日のblogの順位は?ココです。 今日も読んでくださってありがとうです。

 
   
  >不倫って、待ってるほうが辛いんだと思ってました。

   結婚してるほうは、帰る場所があるんだから、いいじゃない、って。

   でも、そんなことは、なかったです。

  
優さんから、こんなコメントをもらいました。

   
結婚している側からの不倫って、
結婚していない側とは違った苦しさがあると思う。

  
うまく言えないけど、
別れの後、
前に進むっていうより、
横の人生に戻るっていうか、スライドするっていうか。

  
別れたから、
すべてを新しくして、すべてをゼロにして、
新しい自分で生きるっていう事が、難しい気がします。

 
  
  >彼が居れば、誰を傷つけても、

   家族も友達さえもなくしてもいい。

   そういいきれるほどの、強さも、勇気も、

   覚悟もなかった私は、

   きっと不倫なんてしちゃいけなかったんですよね。

  
不倫の恋には、
厳しい覚悟は必要だと、私も思います。

 
本当に好きなら、いっしょになりたいなら、
自分も他人も傷つける覚悟。
責任を負う覚悟。

 
そんな人生への覚悟を持って貫いた不倫の恋なら、
それは、運命の出会いといえるような気がします。 
  
  

  >わかっているのに。

   後悔もあります。

   なにもかも捨てて彼を選べばよかったという後悔じゃなくて・・・

   であったことへの後悔です。

       
   であったことを後悔してしまうほど、愛していました。

   過ごした時間を忘れてしまいたいくらい、愛していました。

    
優さん。
優さんが書いたこの言葉を読んで、
この気持ちの苦しさ、伝わってきました。

  
逃げるとか、責めるとかじゃないんですよね。

 
「出会わなければよかった」っていう気持ちって、
不倫の恋の終わりに限らず、
別れた直後に思うこと、多い気がする。

 
こんなに苦しい別れなら、
こんなに傷つくなら、
出会わなければよかったって。

 
でも、
どんな出会いにも、意味はあるんだと思う。

 
無駄な出会いなんてひとつもなくて、
どんなにどんなに傷ついていても、
その出会いには、きっと意味がある。

 
私はそう思うの。

 
大事なのは、
この出会いや、この別れを、
自分の中でどう力にしていくか。

 
力にしてくいっていうと変か。
うーん、消化して、
自分の人生にプラスにしていくっていうか。

 
後悔する時期を超えて、
自分にとって、
必要な出会いだったって思えるような人生を
作っていけることが大切で。

 
私はそう思います。

 
人生に無駄な経験なんて、ひとつもないと思います。

  

  >「待っててね」といった私と

   「待ってるね」といった彼。

   最初にうそをついたのは、私でした。

   
 
優さんのコメントの最後に書いてあったこの言葉。

 
この言葉に、
優さんの気持ちがぎゅっとつまっている気がしました。

 
胸が痛い。
この言葉へのコメント、パコソンの手が止まって動きません。

  
   
優さん、
苦しい時はまたいつでもコメント書いてください。

  
      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさんありがとうです。今日、天気予報で晴れるって言ってたのに、東京、くもっています。もっとからっと晴れてほしいー。太陽の光がほしいー。今日は、家で仕事して、部屋を片付けて、税理士さんへ提出する書類をまとめて、そして運動します。あー、もう時間がないぞっ。

切ない大人の恋のケイタイ小説連載中です。↓ 全話掲載中。久々に読むと新鮮。
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■彼以上に愛せるひとには出会えないかもしれない。 | トップページ | ■泣いてすがらなかったのは、弱かったから。泣いてすがったのは、それが最後の希望だったから。 »

コメント

すみれさんへ
>以前(数年前)とてもつらい時にまりこさんの本に出会い、たくさんの言葉に力をもらって何度も繰り返して読みました。大好きな本です。
 
そうだったんですね。
本、読んでくださっていたんですね。
ありがとうございます。

大好きな本って言ってくださって、ありがとうございます。
うれしい…。
 
>先月予定より早く小さめの女の子を出産しました。
 
おめでとうございます。
女の子の赤ちゃん。
これからママを支えていくんだろうなあ。
 
>今は離れて別々だけど、本当に「縁」があればいつかまた一緒にいれる未来があるかもしれないと少し落ち着いて考えられるようになりました。
 
縁って、本当にあると思います。
 
誰にもどうすることもできない力で、
気持ちとかも関係なくて、どうしようも流れっていうか。
それが「縁」のような気がします。
 
>出会ったことも、愛し合ったことも、なかったことにはできないし、
 彼を想うとまだまだつらい。

 けど自分で決めたこと間違ってなかったっていつか思えるように
 新しい生活がんばっていきたいです。
 
その人の人生に起る出来事に、
越えられない出来事は起こらないんだそうです。
 
その人なら越えれる、その人なら大丈夫だから、
出来事は起こるんだそうです。
 
すみれさん、ママがんばってくださいね。
 
新しい道、がんばってください。
 
>いつもブログ楽しみにしています。
 またコメントさせてくださいね。
 
ありがとうございます。
 
すみれさん、NYからも、時々コメント書いてください

投稿: まりこ→すみれさん | 2008.07.26 午後 05時29分

まりこさん、こんにちは。
コメントへのお返事ありがとうございました。

以前(数年前)とてもつらい時にまりこさんの本に出会い、たくさんの言葉に力をもらって何度も繰り返して読みました。大好きな本です。

今回またこんな苦しい状況で、まりこさんのブログを見つけいろんな言葉に毎日元気をもらうことができました。

先月予定より早く小さめの女の子を出産しました。

生まれてきた目の前の小さい小さい命に、今まで自分の勝手でたくさんの負担をかけてきたんだと思うと涙がでました。

彼を想う気持ちは以前と少しも変わりません。今も大好きで大好きでしょうがない。

あんなに愛されたことも愛したことも今までなかった。

けど、まりこさんの言うように「運命の人」でなかったのかな。

今は離れて別々だけど、本当に「縁」があればいつかまた一緒にいれる未来があるかもしれないと少し落ち着いて考えられるようになりました。

秋には子供と一緒に旦那のいるNYに行くことになります。

愛とか深いところでつながれなくても、気が合って人生のパートナーとして同じ方向に歩いていける旦那と本当「縁」が強いのかも知れません。

結婚はそれでいいと今まで思ってきたし。

>今の自分が選んだ道に、間違いはないと思うんです。
覚悟を持って決断をしたすみれさんの未来に、
笑顔がいっぱいありますように。

こんな素敵な言葉嬉しいです。
今まで笑顔なんて考える余裕がなかった。

出会ったことも、愛し合ったことも、なかったことにはできないし、
彼を想うとまだまだつらい。

けど自分で決めたこと間違ってなかったっていつか思えるように
新しい生活がんばっていきたいです。

いつもブログ楽しみにしています。
またコメントさせてくださいね。

投稿: すみれ | 2008.07.20 午前 02時33分

だいさんへ
>私は、夫のもとに帰りました。
 いまだに彼のことは毎晩夢に見ます。
 何をしていても彼の事ばかり考えてしまいます。
 でも、優しい夫のもとにいれば
 昔のように夫を愛せるようになるかな。
  
 なんて考えている私は、本当に最低な人間ですね。

このブログにもよく書いているのですが、
本当に「縁」があるふたりなら、
どんな事があってもいっしょになるんだと思うんです。
 
言い方を変えれば、
離れたくても、別れたくても、いっしょにならざるを得ないというか。
 
だから、もしかしたら、だいさんとだんな様が、
とても強い「縁」があるのかもしれない、
そうも考えられるような気がするんです。
 
だから、別にだいさんは、最低な人間でもなんでもなくて、
今のように考えても、別に何も悪くないんだと思うんです。
 
もし、もし、もし、本当に別れた彼と「縁」があるなら、
これから先、だいさんは、すべてを捨てても、どんなに傷つこうと、
彼を選ぶんだと思います。
もう彼を選ぶことでしか生きていけないような、状況になる。
 
それが運命の人との恋のような気がします。
 
コメントありがとうございました。
 
お返事遅れてしまってすみませんでした。

投稿: まりこ→だいさん | 2008.07.17 午後 05時03分

すみれさんへ
>初めて言葉にしたのでうまくまとめられなくて長くなってしまいました。
 誰にも理解されないかもしれないけど、まりこさんに読んでもらえたら嬉しいです。
 
読ませていただきました。
 
苦しい中で、コメントを書いてくださってありがとうございます。
 
誰にも言えず、
ずっと想いや不安を胸に秘めていたのは、苦しかったですよね。 
 
人を好きになるってキレイゴトじゃないと思います。
 
何が正しいとか、間違っているって、まわりが決められることじゃないし。
 
ある人にとってはひどい事が、
違うある人にとっては、最高のしあわせだったりすること、
あるんだと思います。
 
すみれさんの恋愛は、確かに複雑だし、本人にしか分からない想いがあると思います。
 
人生って、今、この選択が、どこにどうつながっているかって、分からない。
  
でも、その時自分が強い気持ちで決断したことは、
間違っていないんだと思います。
 
その選択が、思いもかけない方向に行ったりもするし、
望んでいた場所にたどりつくこともある。
  
それは、先に進んでみないと分からないことで。
 
でも、今の自分が選んだ道に、間違いはないと思うんです。
 
覚悟を持って決断をしたすみれさんの未来に、
笑顔がいっぱいありますように。
 
もうママになられているのかな。
 
お返事が遅くなってしまいすみませんでした。

投稿: まりこ→すみれさん | 2008.07.16 午後 02時54分

優さんへ
>思い出はいつまでも綺麗な気がして怖いです。
 
多分そうなんだろうなあって思います。
 
ひどい別れだったにも関わらず、
思い出すのは、楽しかった時の方が多いです。私…。
 
でも、その綺麗な思い出が、
これから先の自分を支えてくれることがあります。
 
未練とか、戻りたいとかじゃなく、
思い出が、選んだ道を歩く支えになってくれる。
そんな時がやってくると思います。
 
道を決めたんだから、
そう思えるように生きていかなくちゃですよね。

投稿: まりこ→優さん | 2008.07.16 午後 02時31分

さとみさんへ
いつも読んでくださってありがとうございます。
 
>まりこさんは「不倫から始まっても、それを貫いて一緒になれたら、運命の出会い」という考えのようですね。
私は、結婚が恋愛の最終形だと思いません。
 
うーん。結婚が恋愛の最終形だとは思っていなんです。
 
いっしょにいたいふたりが、いっしょにいられることが、
私はいいなと思っています。
それが結婚というカタチじゃなくても。
 
ただ私は、
好きな気持ちだけでいっしょにいる恋は選べなかったんですけど
 
>私たちは、お互いに既婚で出会い、それぞれ自分の家庭を大切にしている部分を認めた上で、好きになってしまいました。
だから、いくら相手が好きでも、結婚しようなんて思わない。
家庭を守る努力をしている姿にも、惹かれたのです。
同じ立場だから、分かり合えました。
そういう意味では、既婚同士だからこそ成り立った関係です。
子供のことも、夫婦間の悩みも、全て話して相談します。
互いの家庭がうまくいくよう、支えあっているのです。

こういうカタチの恋愛もあるんですね。
人を想うって、本当に本当にいろんなカタチがあるんですね。

>既婚同士だからこそ成り立った関係

こういうカタチの恋愛もあることを知りました。
 
何かを得るには、何かを失う時がある。
失うことが覚悟。
私は今までそう思っていたけど。
 
でも、さとみさんは、彼といっしょにいるには、今の家庭も必要なのかもしれないって、
失うんじゃなくて、
ふたつを持ち続ける覚悟もあるんだって思いました。
 
恋は複雑で、難しい。
 
改めてそう思いました。
 
コメントありがとうございました。
 
お返事が遅れてしまって、すみませんでした

投稿: まりこ→さとみさん | 2008.07.16 午前 03時29分

ぷぅさんへ
>3ヶ月後。偶然の再会がきっかけに
 「これからは2人で乗り越えよう」ってやり直したけど・・・
 
偶然に再会するって、
ぷぅさんと彼との縁、運命なのかもしれないって思いました。
 
やっぱり、離れない「縁」ってあるんだなあって。
 
>離婚が決まるまでさらに3ヶ月。
 彼と一緒にいても落ちつかない、そんな毎日でした。

 あの期間があったから今はどんなことでもがんばれる気がします。
 もう二度と離れたくないって思うから。
 
そういう日々を過ごすことが、ふたりの未来には必要だったのかもしれない。
 
乗り越えた先には、何かしら得るものがあるんだと思います。
 
>ただ、今でも後悔があります。
 今がどんなに幸せでも、あの時の私の覚悟が親を泣かせたことは忘れられません。
 
誰かを傷つけてしまって得た恋。
だからこそ、大切にしていかなくちゃいけないような気がします。
 
誰も誰も傷つかない恋の方が少ないのかもしれないですね。
  
コメントありがとうございました。

投稿: まりこ→ぷぅさん | 2008.07.15 午後 10時26分

恵子さんへ
>でも、普通に仕事して、友達とお茶して、カラオケしてます。

 人間って、なんですか。

恵子さんと同じような気持ちで日々を過ごしている人は、
多かれ少なかれ、いると思います。 
 
私もそういう気持ちで毎日を過ごしていた時期もあったり、
今も時々、分かっていながらも、引き下がれなくなったり、
他人を羨ましいと思ってしまう時あります。
 
ひどい失恋をした時は、結婚していたり、しあわせな恋をしている友達に、
嫌悪感を抱いてしまった時期もありました。
 
自分で最低だと思いながらも、その気持ちはどうしようもなくて。
 
性格悪いって、思いました。
 
でも、そんな黒い気持ちを持ちながらも、
毎日、普通に仕事して、友達とごはん食べたり、笑ったりしていました。
 
人間ってそんなものなんじゃないのかなあって思います。
 
悲しみとよろこびとか、しあわせと不幸とか、
善と悪とか、涙と笑顔とかが、
行ったり来たりしてしまうもの。
 
笑顔で笑って過ごしているいる人も、苦しみや悩みを抱えている。
 
自分だけが、苦しいんじゃない。
 
そんな気がします。

投稿: まりこ→恵子さん | 2008.07.15 午後 05時22分

はじめまして。

1ヶ月前、大好きな人から突然別れを告げられました。
その2日前までは、来年の話をしたりして過ごしていたのに。

私は既婚で、彼は独身でした。

私は少しずつ離婚に向けて進めていたのですが、
その経過を彼にきちんと話さなかったのが悪かったんでしょうね。
「早く来てね」「待ってるよ」と言ってくれていた彼に、
最後は「なんで離婚しなかったの」と言われてしまいました。

私の気持ちは固まっていたんですが、
夫や親のことを考えると、なかなか言い出せず・・・

そして何より、
私と一緒になることで彼が不幸になってしまうんじゃないか
という不安が大きかったです。
夫を裏切った私が罰を受けるのは仕方ないけど、
それに彼を巻き込んでしまったらどうしよう・・・
そんなことばかり考えてました。

結局、私が覚悟出来てなかったんですね。
彼は「周りや親が何と言おうと関係ない」って言ってくれてたのに。

彼はいま、別の女性とお付き合いしています。
その女性から告白されて、私との付き合いを考え直し
別れを決意したようです。
彼の幸せを願っていますが、
その女性は裏表の激しい人で、とても複雑な思いです。
でも彼が選んだ人だから・・・
そう心に言い聞かせています。

私は、夫のもとに帰りました。
いまだに彼のことは毎晩夢に見ます。
何をしていても彼の事ばかり考えてしまいます。
でも、優しい夫のもとにいれば
昔のように夫を愛せるようになるかな。

なんて考えている私は、本当に最低な人間ですね。

投稿: だい | 2008.06.13 午後 04時00分

大好きな人の手を離してしまいました。
彼の愛情は初めて心から信頼できる愛だったのに。

出会ったときにはお互いに結婚していました。彼は3番目の子供が生まれたばかりで、私は初めての妊娠で流産を経験した後でした。旦那ですら受け止め切れなかった流産の後の複雑な私に早くお腹が大きくなるといいねって言ってくれた優しい人でした。
この人はだめだって最初から分かっていたのに、愛し合うようになって、とっても矛盾しているのですが不妊治療と平行しての関係でした。毎月子供が出来てないとわかるとがっかりして、けどまた今月も一緒にいられると思うとほっとして。
誰にも言えなかったけど、一緒に仕事をしていたから朝から夜遅くまでほとんど毎日一緒でした。結婚しているみたいに。彼は一緒になりたいと言ってくれたけど、どうしてもそこまでできなかった。たとえ離婚したとしても3人の親であることは一生変わらないし、責任もなくならない。それに彼に子供を捨てる人になって欲しくなかったし、私のせいで子供を捨てたことをいつか後悔されるのが怖かった。
けど自分が手に入れられないものを、彼が持っていることはとてもつらいことでした。あたしを抱きしめるその手でどんなふうに子供を抱きしめるんだろうと思うとたまらなくなって、私さえがまんすればそのまま続けていくことができたけどどうしても受け入れられなかった。
そんなふうに1年過ごして去年の夏とうとう体外受精をすることになり、たくさん話し合ってお別れを決めました。彼は子供を捨てられなかったし、私はお腹の大きい人や子供連れの人を直視できないくらい劣等感と嫉妬でどうしようもなかったから子供を産んで普通になりたかった。
これでだめだったら子供はあきらめようと体外受精は賭けでした。もう自分で決められなかった。子供がお腹にできれば気持ちがそっちに向いて自然と別れられると思っていました。
けど妊娠がわかっても、お腹がどんどん大きくなっても愛し合うことをやめられなかった。好きな気持ちは大きくなっていって二人で何度も何度も終わりにしようとしたのに結局最後の最後までお別れできなかった。
先月臨月に入って実家に戻り、会えなくなって一ヶ月がすぎました。あと2週間で予定日です。今も気持ちはなんにも変わってないし、たぶん子供が産まれても変わらないと思います。
旦那とは気の合う友達のような関係です。出産後は3年海外赴任も決まっています。
彼とはいつか「ただいま」を約束しているけど、今度会うならお互いに一人ずつがいい。
こんなつらい思いはもうしたくないから。きっと会わないほうがいいんですよね。気持ちはずっとつながってると信じて大好きなまま別々に生きていくしかないです。
けど、出会えてよかったと思います。一緒にいた時間は辛いこともあったけどほんとに幸せだった。

結局私たちはお互いのことよりも周りを優先してしまったんだなって思います。何にも考えないで全部やめてきてって言えたらよかったんだけど、できなかった。
けど今は間違ってないって信じるしかないです。
彼のためにも自分のためにも、これでよかったんだといつか思えるようになるって。

初めて言葉にしたのでうまくまとめられなくて長くなってしまいました。
誰にも理解されないかもしれないけど、まりこさんに読んでもらえたら嬉しいです。

投稿: すみれ | 2008.06.12 午前 03時59分

まりこさん、お返事ありがとうございました。

少し落ち着いた頃です。


これから先、私が歩んでいく彼のいない人生。

これから先、彼が歩んでいく私のいない人生。
そして彼が歩んでいく私のじゃない誰かとの人生。
それをおもうと自分勝手に胸がつぶれそうです。

重ねたうそが数え切れないくらいあるのに、気づいてて笑ってまっていてくれた。
人目を気にしてばかりの私を、彼はいろんなとこにいきたかっただろうにいっぱい我慢してくれて。


思い出はいつまでも綺麗な気がして怖いです。


毎日のメール、電話。
日常から私が消えてしまうんですよね。

私も早く消さなきゃ。

投稿: 優 | 2008.06.12 午前 12時39分

こんにちは。
いつもブログを読ませてもらっています。

私も現在、不倫中です。
「不倫」っていう言葉、すごく不純な感じがして嫌いです。
相手を想う気持ち・好きになる感情は、独身でも既婚でも変わらないのに。

まりこさんは「不倫から始まっても、それを貫いて一緒になれたら、運命の出会い」という考えのようですね。
私は、結婚が恋愛の最終形だと思いません。

私たちは、お互いに既婚で出会い、それぞれ自分の家庭を大切にしている部分を認めた上で、好きになってしまいました。
だから、いくら相手が好きでも、結婚しようなんて思わない。
家庭を守る努力をしている姿にも、惹かれたのです。
同じ立場だから、分かり合えました。
そういう意味では、既婚同士だからこそ成り立った関係です。
子供のことも、夫婦間の悩みも、全て話して相談します。
互いの家庭がうまくいくよう、支えあっているのです。

本当に自分の家庭が大事なら、別れるべきなんでしょうね。
だけど好きで、唯一の存在なんです。
覚悟は、必要だと思います。
この関係を続けることには、毎日悩んでいます。

自分でも、この先どうしたらいいのか分からないのです。

投稿: さとみ | 2008.06.11 午後 12時57分

私も今の彼とは不倫から始まった恋でした。
結婚してたのも同じように私でした。
違ったのは、すでに別居中だったこと。
結局付き合い始めてすぐに家には戻らざるをえなかったんだけど。。。
私の場合は違った苦しみがありました。
離婚に彼を巻き込まないために一旦別れた期間。
別れたい人と一緒にいなければならないこと。
一緒になりたい人に会えない状況。
一向に進まない離婚話。
離婚をあきらめそうになった時に思い出すのは待っていてくれる彼でした。
待たせている事から逃げ出したくなった事も何度もあります。
何よりもその間にすごくつらいことがあった彼のそばにいてあげられなかったこと。
「どうしていてくれなかったの?」の一言はさすがにこたえました。
その当時の彼はまだ二十歳。
もっともっと楽な恋愛をさせてあげたかった。
3ヶ月後。偶然の再会がきっかけに「これからは2人で乗り越えよう」ってやり直したけど・・・
離婚が決まるまでさらに3ヶ月。
彼と一緒にいても落ちつかない、そんな毎日でした。

あの期間があったから今はどんなことでもがんばれる気がします。
もう二度と離れたくないって思うから。
ただ、今でも後悔があります。
今がどんなに幸せでも、あの時の私の覚悟が親を泣かせたことは忘れられません。

投稿: ぷぅ | 2008.06.11 午前 01時48分

私は不倫をして、別れてから、性格が悪くなりました。
いじわるになり、ひねくれました。
自分でもわかります。
他人が全員敵に見えて、毎日哀しい気分になります。
うまくいかないとわかっているのに
好きになりました
別れてしまいました

あたりまえです。

恋愛はうまくいかなければ、分かれるしかないので


苦しくて辛くて、他人にかまってられなくて
人とぶつかっても、謝れません
人と言い合いになっても、引き下がれません


日に日に性格がわるくなっています。


そんな自分が本当にかわいそうで
本当に辛くて

自殺する人って、こういう気持ちなのかなと思ったり

でも、普通に仕事して、友達とお茶して、カラオケしてます。

人間って、なんですか。

投稿: 恵子 | 2008.06.10 午後 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■結婚してたのは、私のほうでした。:

« ■彼以上に愛せるひとには出会えないかもしれない。 | トップページ | ■泣いてすがらなかったのは、弱かったから。泣いてすがったのは、それが最後の希望だったから。 »