« ■チョコレイトディスコと虹色バス。 | トップページ | ■たかがプリンごときで、気分は落ちる時もある。 »

2008.04.18

■私が選んだ未来。-ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第4章9話最終回更新-

その時、自分が選んだ未来、進もうと思った方向は、正しいんだと思う。決めたら迷っちゃだめだ。自分を信じて進むんだ。
「泣きたい.jp」で連載中の小説「MOON&TEARS」の第4章9話、最終回の更新です。
  

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。 今日ものぞいてくださってありがとうです

 
    
今回で、「MOON&TEARS」最終回です。

  
ここまで読んでくださったみなさん、
ありがとうございます。

本当に本当にありがとうございます。

  
最終回で、葵が選んだ未来、
みんなどう思うのかな。

  
「そうかあ」って納得するのかな。

  
それとも、
「なんで…」って思うのかな。

 
「だめだよ。そんなんじゃ」
って言いたい気持ちになるのかな。

  
「泣きたい.jp」の管理人のマキさんの、
お知らせメールの言葉を引用させてもらえば、

  
  >葵の選択を、

   みなさんとあーでもないこーでもないってお話できたら、

   きっとお茶が何杯あっても足りないくらい

   話が尽きないだろうなぁっと思います。

私も、まさにこの気持ちです。

 
   
今回、この作品を書いて、
私も3つの恋をしたような気持ちになっています。

  
胸が痛くなったり、
ドキドキしたり、
現実じゃないのに、
現実に起っている出来事として、
考えてしまう時もあって。

  
小説を書くって、こんな風になるんだって、
不思議な経験をさせてもらいました。

 
  
最終回の葵の言葉です。

  
  >人生は月みたい。

   満ちては欠けて、欠けては満ちて。

   それを繰り返す。

   
   いい時もあれば、悪い時もある。

   でも、それを繰り返すことで、自分の人生は作られていく。

   そうやって、人生は満ちていく。

   
   私もそうやって、生きていく。

   
                       -「MOON&TEARS」の第4章9話より-

  
  
葵がこういう思いになった理由は?
選んだ未来は?

   
最後、じっくりじっくり読んでもらえるとうれしいです。

 
景色まで思い浮かべてもらえれば…、
そういう気持ちで書きました。

    
 
携帯小説「MOON&TEARS」は、下記サイトでの連載中。

  
小説更新のお知らせメールが届く、
会員登録(無料)をしてくださったみなさんに、
私から「あとがき」のメールを送りたいと思っています。

  
もし受け取りを希望される方は、
ぜひぜひ会員登録(無料)をしてみてください。

  
「MOON&TEARS」は今回で終わりですが、
また何か、お届けできるものがあったり、
作品以外でも、お知らせできるものがあれば、
その時は、管理人のマキさんを通して、
お知らせメールを送りたいと思っています。

        
詳しい登録方法は、
コチラを参照ください。
簡単です!

   
会員登録は、無料です。
本名も住所も書く必要はありません。

 
  Photo_3     

    

    

  

泣きたい.JP  http://nakitai.jp/

   

「MOON&TEARS」を読んでくださったすべてのみなさん、
ありがとうございました。

  
空色の、切なくて透明感のある
サイトデザインをしてくださった
WEBデザイナーの中西さん、
ありがとうございました。

 
そして、毎週毎週、
心のこもったお知らせメールを書いてくださった、
管理人のマキさん、ありがとうございました。

 
マキさんからのお知らせメールは、
マキさんの熱意で、熱く赤く光って見えました。

      
そしてそして、
株式会社エル・エス・ディー
「泣きたい.jp」の小松さん、
ものすごく多くの作家の中から、
私をみつけてくださって、
ありがとうございました。

   
いろんな人に、
いろんな何かに、
感謝したい気持ち。

  
ありがとう。

             
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックをしてくださるみなさん、ありがとうございます。近々、「MOON&TEARS」の打ち上げが予定されているようで…。楽しみー。その時の模様も、ブログでアップできれば、したいと思っています。来週からは少し打ち上げモードで、いろんな人とごはん食べに行けることになりそう

|

« ■チョコレイトディスコと虹色バス。 | トップページ | ■たかがプリンごときで、気分は落ちる時もある。 »

コメント

ゆきさんへ
auのケイタイでは、
ラストまで読めない事を教えてくださってありがとうございました
 
ゆきさんが教えてくれたので、すぐに対応できて、
auをお使いの方にも、最後を読んでもらえることになりました。
 
本当にありがとうございました。
 
そして、最後まで読んでくださってありがとうございました。

投稿: まりこ→ゆきさん | 2008.06.30 午前 12時34分

じのりんさんへ
>素敵な小説でした。 
 自分も葵といっしょに泣いたり、悩んだり・・・・。
 
ありがとうございます。
書いている私が言うのも変ですが、
葵って、本当に生きているみたいな気がしちゃって。
 
今も、悩みながら、でも元気にどこかで生活している気がしてなりません。
 
いっしょに泣いてくれて、悩んでくれて、ありがとうです。
うれしいなぁ。
 
>最近、つらい別れがありましたが、まりこさんの言葉や
 小説に救われた感じです。
 
じのりんさんの心に、生きていく強さがあるから、
小説の中や、ブログの中の私の言葉から、
今の自分に必要なものを探し出しているような気がします。
 
>いつもパワフルなまりこさん、見習いたいなぁ・・・。
 大きなお仕事したあとは、ゆっくり休んでくださいね!
 そして、また次回作を楽しみにしています。
 
パワフルなのかな。自分では普通だと思うのですが…。
 
ものすごく元気な時と、全然何もしない時のギャップがあるかもです。
 
今は、ゆっくり休みすぎちゃってます。
もうそろそろ動き出さなくては、と思う最近です! 
 
コメントありがとうございました。
  
お返事遅くなってしまって、ごめんなさい。

投稿: まりこ→じのりんさん | 2008.06.30 午前 12時31分

トモカ☆さんへ
ごぶさたしてるー。
コメントもらっているのに、返事が遅れてごめんね
 
最後まで小説を読んでくれて、
毎回楽しみにしてくれて、
コメント書いてくれて、ありがとう。
 
>苦しい辛い経験をしても時とともに自分にとって大切なことだったって思えるようになる。時間はかかったとしても前に進める。毎週読んでいて苦しくなった時もあったけど、最終回読み終わっていま優しい気持ちです。
 
苦しい経験、つらい経験って、無駄じゃないよね。
自分の人生に厚み与えてくれるものだと思います。
 
その苦しい経験に縛られちゃいけないけど、
忘れてもいけないものだと思っています。
 
トモカちゃんが、書いてくれた小説へのいくつかの感想には、
すごく重みがあって、私の方が教えられること、多かったです。
 
ありがとう。
 
今年の夏は、うちの実家に遊びに来る?
ロッキン行かないで、べらべらおしゃべりしよーよ。

Yの結婚式の前に会えるといいな。

投稿: まりこ→トモカ☆さん | 2008.06.30 午前 12時22分

かれんさんへ
コメント、そして「MOON&TEARS」への感想、ありがとうございます。
 
このコメントへのお返事は、ブログの本文の方で書きたいと思いますので、
もう少し待っていてください。

>そうだ!前の日記の方にネット小説は批判されがちで・・・って書いてあったけど、立派な小説です!とても感動しました。まりこさんはすごいです!!また次の作品を期待しています。長々と失礼します☆
 
あぁぁ。
この言葉、うれしいし、胸にしみました。
ありがとうです。
 
書いてよかったです。
そして、これからも書き続けていきたいです。
 
元気を、力をありがとうです。

投稿: まりこ→かれんさん | 2008.06.30 午前 12時12分

auの携帯でわ、ラストが読めないんです!
続きが気になるので、どうにかして下さい(><;)

投稿: ゆき | 2008.04.20 午前 09時08分

素敵な小説でした。 
自分も葵といっしょに泣いたり、悩んだり・・・・。

最後は、すごく透明ですがすがしい気分になれました。
満ちては欠ける月がずっと自分を見守っていてくれる
ような・・・。
最近、つらい別れがありましたが、まりこさんの言葉や
小説に救われた感じです。

いつもパワフルなまりこさん、見習いたいなぁ・・・。
大きなお仕事したあとは、ゆっくり休んでくださいね!
そして、また次回作を楽しみにしています。

投稿: じのりん | 2008.04.18 午後 06時26分

マリコさぁ~ん。ご無沙汰してましたぁ
小説更新されてすぐにドキドキしながら読みました。
葵の選んだ道。なんだかほっとしました。
誰にでも弱い部分があるから誰かに頼ってしまいたくなるけどいろんな経験をして葵は自分のことをいままでより深く見つめることが出来て気づいて自分で未来を決めることが出来てうらやましくも思えました。
きっと清清しい気持ちでいま葵はいるんじゃないかなって想います
苦しい辛い経験をしても時とともに自分にとって大切なことだったって思えるようになる。時間はかかったとしても前に進める。毎週読んでいて苦しくなった時もあったけど、最終回読み終わっていま優しい気持ちです
毎週の楽しみが終わってしまって寂しいけどまたの機会を楽しみにしてまぁすまりこさんおつかれさまでした

余談です。明日、夏以来久しぶりにYと会うよ

投稿: トモカ☆ | 2008.04.18 午後 02時18分

MOON&TEARSはあたしにいろんなことを気づかせてくれたり楽にしてくれたりしました!とても素敵なお話です。

自分でゼロから作る未来、いいですね。
与えられたチョイスの中から選択するんじゃなくって、自分が一番納得いくものを自分作って選ぶ。やっぱり運命は自分の手で切り開いていかないとって思いました。

あたしは結局、葵の答えが出る前に自分の答えを出しました。まりこさんの、「信じる」とか「その好きはまっすぐ?」などの日記を読んでそうだよね、そうだよね、このままじゃいけない、と決心しました。

2年間一緒だった彼と別れてものすごく辛いです。お互い好きだったのに、価値観が違くて相手を受け入れられなかったんです。あたしは好きだったらなんでも出来る、なんでも乗り越えられる。どうして合わないとか言うんだろう?合わないんじゃなくって、合わせるんだって思ってた。けど、好きだけじゃダメなんだ・・・ってやっと気づきました。だから、お互いもう傷つけあうのやめようって、自分たちの幸せを願って、自分らしく生きるために別れを決断したのに。。。

一緒にいたときは大好きだけど別れた方がずっと楽になれる、すごい苦しい、もう嫌だよーって思ってたのに。別れたら今度は、辛くても一緒にいた方がマシだ。いや、もしかしたら今度こそ乗り越えられるんじゃないか・・・とかって思ってしまいます。そんなことないのに。そんな風に考えて今まで別れる決心がつかなかったり、離れたりくっついたりしてきたけど、結局同じだったってこと分かってるのに。バカですねー。。。

でも、一緒にいてこの先も分かり合えない不安を抱えていたり、乗り越えられない辛さで苦しんでいたときよりは、今のこの辛さには何倍も意味があるんだって言い聞かせて、毎日必死に耐えています。

人間って悲しい。どうして分かり合えないんだろう?あたしと彼がまだ子供だったから?好きになりすぎて期待をいっぱい持っちゃうから?なんでだろう。こんなに好きなのに。あたしの想いは届かなかったのかな。あたしも彼の想いを受け入れられてあげられなかったのかな。
あたしも自分の手でちゃんと未来を切り開いていかないと。自分が変われば未来も変わるから、チョイスがないんじゃない。チョイスは自分で作るんだって。

そうだ!前の日記の方にネット小説は批判されがちで・・・って書いてあったけど、立派な小説です!とても感動しました。まりこさんはすごいです!!また次の作品を期待しています。長々と失礼します☆

投稿: かれん | 2008.04.18 午後 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■私が選んだ未来。-ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第4章9話最終回更新-:

« ■チョコレイトディスコと虹色バス。 | トップページ | ■たかがプリンごときで、気分は落ちる時もある。 »