« ■生まれ変わったら、またあなたに会いたいけど…。 | トップページ | ■期間限定じゃがりこ「SPICY CHEESE」味。そしてポテロングのカレー味。 »

2008.03.28

■「抱きしめて…。キスをして」。ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第4章6話更新。

奥さんに会ったことを、彼に伝える。その時彼は…。自分がどれだけ好きだったか、本当の気持ちを言ってみる。その時、彼は、なんて言うのか…。
「泣きたい.jp」で連載中の小説「MOON&TEARS」の第4章6話更新です。

  
第4章6話は、27日(木)の夕方に更新されましたが、
 サイトのトラブルで、 内容が最後まで掲載されず、
 文章が途中で切れて終わっていました。
 すみません

 訂正し、再掲載になっていますので、
 昨日、読んでいただいた方、
 もう一度読んでください!

 今回の一番大切な部分が、切れていたので、
 ぜひぜひもう一度読んでください。

  

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。 今日ものぞいてくださってありがとうです。

 
    
別れるって分かっているのに、
もうふたりはダメだって分かっているのに。

  
それなら、もう会わずに、
自然消滅的終わっていけば、傷も少なくてすむのに。

  
でも、それでも、
好きだった気持ちが強いなら、
会って、きちんを終わりを見届けないと、
次に進めないのかな。

  
それとも、
もしかしたら、ふたりで会ってしまえば、
またいっしょにいることができる、可能性もあるのかな。

  
今回、葵は、裏切られた彼と再び会います。

   
そして、今まで言わなかった事実を、
彼に突きつけます。 
  

     
  >そして、冬星をまっすぐに見て言った。

   あの事を。
   

   「私、この前、冬星の奥さんに会った」

    
   「なんで……」
   
   冬星が絶句するようにつぶやく。
  

  
さらに、自分の気持ちをぶつけます。

  

  >私の『好き』は、冬星の思っている『好き』とは違う。

   私は人生をかけて好きだった。

   いっしょにいたかった。

   結婚したいと思っていた。
  
   いっしょに生きたかった。

     
   そういう『好き』だよ。
    
                            「MOON&TEARS」の第4章6話より

 
  
今回は、ひとつの恋に結果がでます。

 
葵が、冬星を抱きしめて、そしてキスをする気持ちって。

      
   
ケータイ小説「MOON&TEARS」は、下記サイトでの連載中。

    
残り、あと少しですが、
ぜひぜひ、小説更新のお知らせメールが届く、
会員登録(無料)をご利用ください。

  
毎週、書いていますが、
管理人のマキさんが書く、更新のお知らせメールは、
本当に本当に、おもしろいです。

  
普通のお知らせメールとは、
全く違います!

  
マキさんの心が、言葉にあふれています。

  
ぜひぜひ、みなさんにもマキさんメール、読んでもらいたいです。

    
詳しい登録方法は、
コチラを参照ください。

   
会員登録は、無料です。
本名も住所も書く必要はありません。

 
  Photo_3     

    

    

  

泣きたい.JP  http://nakitai.jp/

   

最終回まであと3つです。(今回の6話を入れるとあと4つ)。

    
最後まで、お付き合いください。

             
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。いつもクリックをしてくださるみなさん、ありがとうです!毎日出かけているような気がします。今日は、渋谷方面へ。私の計算ミスで、必要だったものの枚数が足りませんでした。くぅー。今日こそ、今日こそ、最後の買出しにしたいです。ケーキ食べようかな。

|

« ■生まれ変わったら、またあなたに会いたいけど…。 | トップページ | ■期間限定じゃがりこ「SPICY CHEESE」味。そしてポテロングのカレー味。 »

コメント

nanakoさんへ
>いまさら後悔しても、いろいろ考えても仕方のないことだけど、それでも彼が、葵のように少しでも救われていてほしいと思う。あんな苦しい恋でも、少しでも彼が幸せを感じてくれる瞬間があったことを信じていたい。
 
「好き」っていう言葉が救いになる時ってあると思います。
私はそうでした。
 
物語の中の葵の気持ちは、私の気持ちです。
 
彼の別れる前に言った、
「好きだった」っていう言葉に、救われました。
 
でも、その救われた言葉を、別れた後、ものすごく残酷だと思った時もありました。
 
「救い」と「残酷」。
両方あったかな。彼の残した「好きだった」っていう言葉には。
 
「好き」が深かった恋って、
そんなものなんじゃないかなあって、私は思います。
 
別れても、言ってくれた言葉に救われる事は、あると思います。

投稿: まりこ→nanakoさん | 2008.06.14 午後 05時18分

ayumiさん
>まりこさん、人間は不公平ですよね?
 こんなにも辛い思いしてる人が何人もいるのに、のほ ほんと生きて幸せになってる人もいて。
 
私も、不公平だなあって思う時、あります。
 
不公平ってあるんだと思います。
 
例えば恋でいったら、
一度も失恋したこともない人もいるだろうし、
好きな人と、何の問題もなく、すぐに結婚できる人もいる。

でも、それがベストがどうか、
しあわせかどうかは、分からないと思うんです。
 
ayumiさんのコメントにあった、
 
 >男運ないから仕方ないよ。
 みたいなこと言われて本当にショックだったことがありました。
  
こんな言葉を平気で言えることって、
しあわせなことなのかなって思ってしまいます。
 
人を傷つけても平気、
平気っていうか、気がつかないことは、もしかしたら不幸なことなのかもしれないし。
 
そう思うと、何が公平で不公平で、
何がしあわせで不幸なのか、分からなくなってきちゃう。
 
うーん。
 
でも、やっぱり「不公平だ…」って思ってしまうコト、あるけど。

ふー。

投稿: まりこ→ayumiさん | 2008.06.11 午後 01時58分

じのりんさんへ
>今回、とてもせつない展開でPCにむかって
 ウルウルきてしまいました。
 
こう言ってもらえてうれしいです。
ありがとうございます。

私も、書いていてこの部分は、胸が痛かったです。
 
>別れが透けて見えるキス。 哀しいですね。
 
経験した人だから分かる、この切なさ。

私は…。

切なかったですっ。
 
>足、大丈夫ですか? 痛みがはやくおさまりますように。

あぁぁ。心配してくださってありがとうございます。
 
この3月末の時に比べて、今はかなり足の具合はいいです!
最近では1番いい感じです。
 
このままずっと痛みが治まってくれるといいなあ、と思ってます。

投稿: まりこ→じのりんさん | 2008.06.06 午後 09時05分

yaeさんへ
>第4章6話の修正前に読んでいましたが、
 「今回もいいところで終わっちゃうなぁ。続きが気に なるぅ!」
 と思っていましたので途中で切れていたとは思いもしませんでした(笑)
 続きが読めた感じで得した気分です♪
 
この時は、ご迷惑をおかけしてしまって、すみませんでした
 
私も自分のケイタイでサイトを見て、もう驚いてしまって。
「入稿した原稿が切れてる…。原稿の最後が切れてる…」って。
 
でも、気づいたのが夜遅くだったので、サイトの人に連絡できずで、
じりじりした気持ちで夜を過ごしました。
 
>そうそう、管理人マキさんのお知らせメールは私も毎週楽しみです。
 残すところあと3回。。最終回は早くみたいけど、
 終わってしまうのも何だか寂しくなってきました~
 
ありがとうです。
マキさんのメールよかったですよねえ。
 
でも、もうマキさんメールも、小説も終わりを迎えてしまって…。
 
私も寂しいです。
 
yaeさんが寂しいって言ってくれて、うれしかったです。
ありがとうです。

投稿: まりこ→yaeさん | 2008.06.06 午後 08時58分

すうさんへ
>私が本当のことを知っていると、彼は知りません。
 私は、不倫は絶対に嫌です。
 ましてや、子供のいる相手はありえない。
 そう思っていたのに、彼から離れる決心がつかない。
 
苦しい恋愛をされている(いた、になるのでしょうか)んですね。
すうさんのブログ、拝見しました。
 
どうすることが一般的に正しいのかも、
どこへ進めばいいのかも、何を決心すればいいのか、
そんな事、分かっているのに、それができないこと、
ありますよね。
 
分かってるの。全部。
でも、できない。
 
好きって気持ちが消えない。
 
これってすごく苦しいですよね。
 
私は苦しかったな。
 
すうさんとは、状況は違うけど、自分の本当の気持ちを抑えて付き合っていた時、
すごく苦しかったです。
 
「もう終わりにしなくちゃ、終わりにしたい」
っていう気持ちと、
「やっぱり彼が好き。離れることなんてできない」
っていう気持ちに挟まれて、
もう人生を投げたくなった時もありました。 
 
でも、自分の進む道は自分でしか選べないし。
 
だから、
どこへ進むことが一番しあわせになれるのか、
苦しくても自分にじっくり向かいあって、選ぶ道を決めました。
 
こわかったし、自信はなかったけど、
ここにいちゃ何も変わらないし、
ここにいることの方が苦しいかもしれないって思って、
新しい道を行くことを選びました。
 
>今は息をするだけで心が痛くなります。
 
ああ、苦しい。
このすうさんの言葉に、
どれだけ苦しくて、切ないかがこめられている気がしました。
 
苦しい時は、またいつでもコメント書いてください。

投稿: まりこ→すうさん | 2008.06.05 午後 07時59分

かぐらさんへ
>でもなんで別れてしまったんだろうとか
 何が悪かったんだろうとか
 もっと上手に愛せなかっただろうかとか
 いろいろ考えちゃって最近まいってます。
 
別れてからどんなに時間がたっても、
こう思う時ってあると思います。
 
終わった恋に未練があるとかじゃなくて、
あの時に戻りたいとかじゃなくて、
もう自分の中で終わりにできた恋でも、
苦しい終わり方だった場合、
かぐらさんが言うように、
 
>どうして他の人を好きになっちゃんたんだろう?って
 あんなに愛してくれていたのに。
 
こう思う時ってあるんだと思います。
 
>私は、彼に「彼女ができたこと」を確認することは
 ないだろうけど、
 きいたとしても心の傷は残ってしまうのですよね。
 
なんとなく確認したくなってしまう気持ち、ありますね。
でも、聞きたくないような、でも確かめたいような。
 
私は自分から確認したわけじゃなく、
聞いてないのに友達が教えてくれたんですが、
やっぱり「彼女がいる(私の場合は結婚したでした)」って聞いて、
傷つきました。
 
>でもそれが私の糧になると思っていかなければならないんですよね。
 
人生に無駄な経験なんてないです。
どんな経験も、自分の生きる力になっていくと思います。
  
>なんか決意表明みたいになってしまいましたけど
 いつもまりこさんのブログに勇気もらってます。
 
こちらこそ、いつもブログを読んでいただいて、ありがとうです。
私もいただくコメントに勇気とか、力をもらっています!

投稿: まりこ→かぐらさん | 2008.06.05 午後 07時37分

>でも、
冬星のその言葉に、やっぱり私は救われてた。

まりこさん、この数日間ずっと考えてました。
私が言った「それでも好き」って言葉は、彼をもっと苦しめることになっていなかったのかなって…。
私も彼に冬星と同じような言葉を言った。そして、葵が言うように、私は現実とは離れた非現実の世界で彼に恋をしていました。いつもふわふわと浮かんでいるような、甘く切ない世界にいました。

彼ともうダメになると思ったとき、後悔したくない一心で、ずっと言えなかった「好き」を伝えた。何度も何度も。
そのときの私は彼に対して「ずっと好きって言ってあげられなくてごめんね。あなたにだけ辛い思いをさせてごめんね。本当は大好きだったのに、伝える勇気がなくてごめんね。」そんな気持ちでした。

ちゃんと伝えること伝えて、後悔はないつもりだったんです。だけど、なんだか考えてしまって。

私が家庭を捨てるつもりがないことを、彼はわかっていたし、ふたりの未来なんて最初からなかった。それもちゃんとわかっていて。
そんな状況で、私の「それでも好き」って言葉は、彼にはどんな風に聞こえたんだろう。

彼のためには、口が裂けても言うべきじゃなかったんじゃないかって、今になって思うんです。
自分ひとりの片思いなら、気持ちの整理もつけやすい。
自分ひとりの片思いだったって、彼に思わせてあげておいたほうが、彼もあんなに苦しまなくてすんだんじゃないかと。。。

そんな寄り添った気持ちのまま、友達としてでもつながっていたいなんて言った私は、なんて自分勝手だったんだろうって。。。
だから、彼はあんなに無理をして、それでも友達になろうとしてくれて…。

いまさら後悔しても、いろいろ考えても仕方のないことだけど、それでも彼が、葵のように少しでも救われていてほしいと思う。あんな苦しい恋でも、少しでも彼が幸せを感じてくれる瞬間があったことを信じていたい。

そして、今彼が、笑って前を向いていてくれることを、彼が幸せでいてくれることを、ただ、ただ、願っていたい。。。

やっぱりずるいけど、彼のこと、本当に好きでした。。。

投稿: nanako | 2008.04.03 午後 10時51分

こんにちは。
新しい生活が始まって、時間が経つのが早く感じます。

かぐらさんの気持ちすごくよくわかります。
思わず一緒だ...と泣いてしまいました。
時々、振られたときの記憶が鮮明蘇ってきて、悲しくて、苦しくて涙がでる。
なんでこんなに傷ついて、なんでこんなに悲しくてって考える。
付き合う前の独り身にもどっただけなのに、前とは違う。
コウさんの決意、強いなぁって羨ましいな。
きっとすごく辛いのに、大人だな。
私はただただ弱くなってるばっかりな気がする。
成長できてるのかな...
きっとできてないな。まだ立ち直れないし、乗り越えられてない。
悲しいな。
彼にとって私はただの踏み台だったんだろうな。
幸せにしてるんだろうな。イヤだな...
こんなちっさい自分もイヤだな。

まりこさん、人間は不公平ですよね?
こんなにも辛い思いしてる人が何人もいるのに、のほほんと生きて幸せになってる人もいて。
男運ないから仕方ないよ。みたいなこと言われて本当にショックだったことがありました。
私は幸せになれないって言われてるみたいで悲しかった。
幸せに生きてる人には苦しんでる人の心はわからないですよね。
そんな人間になりたくないな...

なんか暗いコメント...ごめんなさいm(_ _)m

投稿: ayumi | 2008.04.01 午後 06時23分

まりこさん、こんばんは。
今回、とてもせつない展開でPCにむかって
ウルウルきてしまいました。
別れが透けて見えるキス。 哀しいですね。
今後の展開が楽しみです。
足、大丈夫ですか? 痛みがはやくおさまりますように。

投稿: じのりん | 2008.03.29 午前 12時40分

まりこさん、こんばんは!
第4章6話の修正前に読んでいましたが、
「今回もいいところで終わっちゃうなぁ。続きが気になるぅ!」
と思っていましたので途中で切れていたとは思いもしませんでした(笑)
続きが読めた感じで得した気分です♪
そうそう、管理人マキさんのお知らせメールは私も毎週楽しみです。
残すところあと3回。。最終回は早くみたいけど、終わってしまうのも何だか寂しくなってきました~

投稿: yae | 2008.03.28 午後 07時39分

私も葵と似たような状況になってしまいました。
いつの間にか不倫をしていました。
全く同じというわけではないのですが。。

私は相手に彼女がいることを知っていて、もしかしたら結婚しているかもしれない、
そんなことを思いながら一緒の時間を過ごしていました。

ずっと都合の悪いことには触れませんでした。
私は彼の彼女のことを聞かない、責めたりしない。
彼に愛情表現を求めたりしない。
ただの都合のいい女でも、それでもいいからそばにいたかった。
私から別れ話をしたことはあったけど、いつも彼に流されていました。

でも、彼の彼女はいつしか奥さんになっていました。
それだけなら覚悟はできていたのですが、
子供が産まれたことまでも知ってしまいました。

私が本当のことを知っていると、彼は知りません。
私は、不倫は絶対に嫌です。
ましてや、子供のいる相手はありえない。
そう思っていたのに、彼から離れる決心がつかない。

彼の言うことなんて信じちゃいけないのに、
信じてしまった私がバカだと思います。
私は彼のただの都合のいい女で、ただのオモチャにすぎなかったのに、
今までも、彼は私のことが好きなわけじゃないって、
バカな勘違いはしちゃいけないって、
ずっと自分に言い聞かせていたのに、
やっぱり本当のことが分かると、ツライものですね。。。
今は息をするだけで心が痛くなります。


投稿: すう | 2008.03.28 午後 02時40分

まりこさん

こんにちは。

もう3月も終わりになり、新しい季節を迎えようとしていますね。

今回の葵の気持ち、すごくわかってしまいました。

>多分、どんなに時間が流れても、
>私の心の傷は消えない。


>でも、私、冬星を好きだったことに後悔はない。

別れて4か月。
未だ時折涙が出て、心がからっぽだけど
場にはなじんで笑うことはできて。
でもなんで別れてしまったんだろうとか
何が悪かったんだろうとか
もっと上手に愛せなかっただろうかとか
いろいろ考えちゃって最近まいってます。

どうして他の人を好きになっちゃんたんだろう?って
あんなに愛してくれていたのに。

でも、好きだったことに後悔はないし
一緒にいた時間は楽しかった。
ただそれだけを思えばいいんですよね。

私は、彼に「彼女ができたこと」を確認することは
ないだろうけど、きいたとしても心の傷は残ってしまうのですよね。

でもそれが私の糧になると思っていかなければならないんですよね。

なんか決意表明みたいになってしまいましたけど
いつもまりこさんのブログに勇気もらってます。

私も人に勇気をあたえるような人間になりたいです。

ありがとうございました。

投稿: かぐら | 2008.03.28 午後 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■「抱きしめて…。キスをして」。ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第4章6話更新。:

« ■生まれ変わったら、またあなたに会いたいけど…。 | トップページ | ■期間限定じゃがりこ「SPICY CHEESE」味。そしてポテロングのカレー味。 »