« ■ひとりごはん。うれしい気持ち。 | トップページ | ■夜ごはん前のおやつ。ソースマヨもんじゃ。 »

2008.02.22

■「でもそれは、私のためじゃなかった」。携帯小説「MOON&TEARS」の第4章1話更新。

好きな人の心の中をのぞいてみたい。考えていることを、気持ちを知りたいって、そう思う時があるけど、その気持ちが、自分の予想しないものだった時、どうする?
「泣きたい.jp」で連載中の小説「MOON&TEARS」の第4章1話更新。
  

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。

 
    
誰かの心の中を知りたいって思う時って、
もしかしたら、その心や気持ちを、
自分の中で予想しているのかもしれない。

 
それは、自分にとってプラスの答えのように。

  
ある程度の答えを予想して、
心の中をのぞこうとしているのかもしれない。

  
でも、その答えが、
全く予想していないことだったら?

  
思いもかけない言葉が、
その人の口から出てきたとしたら?

    
  
   >俺さあ、ふられた時の、

    あの悔しさにまだ縛られているんだよねえ。実は。

  
気になっている人にこんな言葉を言われたら…。

 
   >こわいんだ。生きていくのが。

     このままでいいんだろうかって。

     このままの俺でいいんだろうかって。
  

     俺、心の奥でずっとこわがってるんだよな。
  

                          -「MOON&TEARS」第4章1話より-

  
主人公の葵は、
気になる涼と、久々にじっくり話すことになります。

  
そして、涼の心の奥を知ることになります。

 
  
どんな人でも、心の中には闇がある。

 
  
葵は、涼の闇に足を踏み入れます。

  
その時、葵はどう進んでいくのかな。

  
昔の葵じゃなくて、
今の葵は、逃げないで涼と向き合えるのかな。

  
そして、その先、どう進んでいくのかな。

  
   
物語は、最終章に入りました。

  
動き出してしまった運命の流れは、
どんどん速くなっていきます。

   
     
携帯小説「MOON&TEARS」は、下記サイトでの連載中。

  
ぜひぜひ、小説更新のお知らせメールが届く、
会員登録(無料)をご利用ください。

  
更新のお知らせのメールは、
管理人のマキさんから届くのですが、
このメールが、マキさんの日記のようでおもしろいです。

 
お知らせメールというより、
友達とメールのやり取りをしているような気分になります。

  
作品への感想も必見です!  

    
詳しい登録方法は、
コチラを参照ください。

   
会員登録は、無料です。
本名も住所も書く必要はありません。

 
  Photo_3     

    

    

  

泣きたい.JP  http://nakitai.jp/

   

4章は、少しの間、
みなさんにも、
旅行に行っているような気分で読んでいただければと思います。

 
まずは、夜の新幹線に乗っているイメージで。

   
      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。今日からは原稿書きの仕事に没頭します。人と会うことはほとんどなく、一日ほとんど言葉を発することもなく、地味な生活になりますが、頭の中はフル回転なので、変に気分がハイになります。こわいって。

|

« ■ひとりごはん。うれしい気持ち。 | トップページ | ■夜ごはん前のおやつ。ソースマヨもんじゃ。 »

コメント

しおりさんへ
>正直・・葵の今の状況が自分と似すぎてて痛い。
 3つの道・・。
 何を選んだらいいのか未だにまとまらなくて・・
 複雑な気持ち。
 
コメントありがとうございました。
 
もう「MOON&TEARS」では、葵は答えを出しましたが、
しおりさんは、どうですか?
答え、出ましたか?

>葵が涼に期待してた気持ちも分かる。私もそういう人が今いるから。
 でもその人も過去の傷を背負ってるから、何だかお互い触れられず、
 いつの間にか傷つけ合ってた。
 
お互いに過去に傷や、心に痛みを持っている者同士って、理解できてしまうから、
うまくいくこともあるし、
でも反対に、気持ちが分かりすぎるから、
しおりさんのように、
触れられずに傷つけてしまうこともあるんですね。
 
でも、相手の気持ちが分かるっていう事は、大切な事だと思っています。
 
その自分の想いを、どう相手に分かってもらえるか、
が難しいとは思うけど。
  
>正直辛いよ見てて↓
 葵には早く幸せになってもらいたい。
 
あぁぁ、辛い気持ちにさせてしまってすみませんでした。
 
最終回、葵の選んだ道に、しおりさんはどんな感想を持ってくれたのでしょうか。
 
葵は、「しあわせ」を選んだっていうより、
自分らしく生きる未来、
しあわせになるための未来を選んだ気がしています。
 
コメントいただいて、
もうだいぶ時間がたってしまってからのお返事ですみません。 

投稿: まりこ→しおりさん | 2008.05.03 午後 05時42分

正直・・葵の今の状況が自分と似すぎてて痛い。
3つの道・・。
何を選んだらいいのか未だにまとまらなくて・・
複雑な気持ち。

行ったり来たりしてるから、きっと何一つ手に入らないんだろうなって思ってる。

小説を見てて、自分を客観視してみたら
やっぱり恥ずかしくなったけど

でもよっぽど人間らしいと思ってしまった。

どーせなら正しい道に早く飛び込んで1秒でも早く幸せになりたい。
こう思ってしまうのは私だけだろうか・・

葵が涼に期待してた気持ちも分かる。私もそういう人が今いるから。
でもその人も過去の傷を背負ってるから、何だかお互い触れられず、いつの間にか傷つけ合ってた。

正直辛いよ見てて↓
葵には早く幸せになってもらいたい。

投稿: しおり | 2008.02.22 午後 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■「でもそれは、私のためじゃなかった」。携帯小説「MOON&TEARS」の第4章1話更新。:

« ■ひとりごはん。うれしい気持ち。 | トップページ | ■夜ごはん前のおやつ。ソースマヨもんじゃ。 »