« ■また同じように失恋するのが怖い。また繰り返すと思うと進めない。 | トップページ | ■「本当に聞きたいことは、何?」。ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第3章3話更新。 »

2008.01.24

■新しい恋がしたい。別れた人と同じような人と。

新しい恋をするにはどうすればいいか、だったかな。前にそんなことを本で読んだことがある。それには、「比較しちゃいけない」って書いてあった。

   
Photo今日のblogの順位は?ココです。

  
     
不倫の彼と別れた友達と、話していて思い出したの。

  
友達は、その別れた彼をずっと忘れられないんだって。
でも、もうその人との別れはふっきって、
新しい恋がしたいんだって。

そう言ってた。

  
話を聞くと、
出会いがまったくないわけでもない気はしたんだけど、
その友達にしたら、
「それは出会いじゃない」って。

   
前に、誰かを紹介してって言われたから、
ある人を紹介っていうか、
いっしょにごはんを食べに行ったことがあったんだけど、
あっさり「違う」って言われたの。

   
で、また紹介してほしいって言われたんだけど、
話してをしていて気がついたんだ。

  
「彼みたいに○○じゃないと…」

「彼みたいな○○じゃないと、私はだめだから…」

 
そんな言葉が、次々出てくる彼女は、  
新しい誰かじゃなくて、
別れた不倫の彼と同じ人を求めてるって。

 
それを言ったら、
「そうだと思う」って。

  
でも、それじゃあ、新しい恋なんてみつからない。

 
その友達の求めている彼は、別れた彼しかいないんだもの。

  
その彼と同じ人なんて、他にいないよ…。

  
その時、思い出したの。
前に本で読んだ言葉を。

  
恋ができないと悩んでいる人への言葉だったと思う。

   
新しい恋をしたいなら、

「誰かと比較しないこと。他人と比較しないこと」

って書いてあった。

 
心に残る「誰か」と比較してしまったら、
それじゃあ、マイナスを数えるだけで、
目の前に誰が現れても、好きになるはずない。

  
興味なんて持てないって。

 
友達に
「別れた彼と同じ人を求めているなら、
もう誰も紹介できないし、紹介しても無駄な気がする」
って言ったら、
「そうだよね…」って言ってた。

 
その本に書いてあったよ。
「比較しちゃいけない」って。

 
目の前の人のありのままを見ることって。

 
でも、分かっていても、
それができないのが難しいところなんだけど。

 
でも、友達は、どうしても新しい恋はしたいんだって。

  
うーん。
難しい。

   
   
今日は、天気はよさそうだけど、たくさんの雲が流れていて、
東京は風が強いです。

   
まだ春の気配を感じないなあ。

       
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。またしても、昨日読んだ何かの記事に、「考え事をする時には、甘いものが大切」って書いてあった。だから、さっそく、原稿を書きながら「焼きチーズケーキベリーソースのせ」をオーダーしました。間違ってないよね。

切ない恋のケータイ小説連載中です。↓
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■また同じように失恋するのが怖い。また繰り返すと思うと進めない。 | トップページ | ■「本当に聞きたいことは、何?」。ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第3章3話更新。 »

コメント

kanaさん
>相手のありのままを見るということは、
 自分自身もありのままを見てもらうということですよね。
 でも、つい、よく見られたいって
 無理をして自分を作って、かっこつけて…
 素の自分には自信が持てないし、情けない状態です。
 
自分自身のありのままを見せるためには、
自分が自分を好きでいなくちゃだなあって思うんです。
 
そして、自分の弱いところとか、ダメなところとか、イヤなところとか、
そういうのも認めて、許してあげるというか。

もちろん、直さなくちゃいけない部分は、直せばいいと思うけど、
ぜーんぶの自分をまずは好きでいないと、
自分以外の人に、ありのままを見せることって難しいような気がします。
 
結局、kanaさんの言う通り、
>恋って、自分を見直すきっかけにもなる、つらいけど大切なことですね。
なんですよね。
 
恋だけじゃなく、いろいろな経験すべてが、大切なんだと思います。

kanaさん、20代半ばなんだあ。
いいなあ。これからいろいろ恋もできるし、経験もできるし。
 
できることがいっぱいですね。
  
>これからも応援してます。
 このブログは私にとって、元気を与えてくれます。
 がんばってください。
 
ありがとうございます。
私もこんな風に書いてもらえるコメントに元気と力をもらっています。

がんばりますっ。

投稿: まりこ→kanaさん | 2008.02.18 午前 10時11分

トモカ☆さん
>自分のことを思ってくれている相手と昔の彼を比較してしまうことで
 勝手に罪悪感みたいな気持ちがわいて自分を攻めてしまったり・・
 
そういうこともあるかあ。
罪悪感って、なんとなく分かる。トモカちゃんの気持ち。
 
でも、罪悪感を持ってしまうって、もしかしたら昔の彼に、
まだ気持ちが残っているのかもしれないよね。
少しだけかもしれないけど、何かしら気持ちが残ってしまうから、悪いなあって。
 
>自分の心の中だけでとどめておくことができるならば
 比較してしまうことは少しでも前に進むためには
 仕方の無いことかなと想ったりもします。
 
そうだね。
その比較が、前に進む力になるならば、マイナスの比較じゃないならそうだよね。

前の彼と比較して、
今目の前にいる人の方が、こんなに楽しいし、しあわせを感じさせてくれるって、ね。

>でも「目の前の人のありのままを見ること」ができることが
 1番素敵なことですよね。。
 
そうだね。
でも、前の恋があるから、それと比べて、
今の恋の充実とか、しあわせを感じられることは多いと思うな。
私はそうかも。

投稿: まりこ→トモカ☆さん | 2008.02.16 午後 04時24分

はっぱさん
>まだ新しいところへ心を持っていきたくないという、 無意識の抵抗なのでしょうか。
 
あぁ。そういうこともあるかもしれないですね。
無意識のうちに、彼以外の人を認めようとしていないのか。
 
心って難しい。
 
>誰かに惹かれる時って、意外に違うタイプの人だったりしますものね。
 
いろんなタイプの人と付き合ったり、知り合ったりすることで、
自分がいっしょにいて、自分らしくいられる人を
見つけられような気がします。
 
「自分はこんな人が合うはず」って思っていても、
実際は全然合わなかったり、
「まさかこんなタイプは…」っていう人が、実は自分にぴったりの人だったり。
 
人を好きになるって、発見が多いです。

投稿: まりこ→はっぱさん | 2008.02.16 午後 04時16分

マロンさん
>でもまりこさんの本を買ったのは私ではなく・・・。
 ごめんなさい。
 以前はMARONでコメントを投稿していたかもしれません。
 紛らわしくってごめんなさい。
 これからは「マロン」で投稿させてもらいますね。
 
あぁぁぁ。ごめんなさい。
確かに以前いただいた時は、MARONさんだと思います。
マロンさんていう方もいて…。
すみませんでしたっ。
 
>比較していた自分がいたのが
 いつの間にか比較しなくなって
 いることにいつか気付く時が・・・。

 だから、比較してしまうなら
 していていいと思います。
 
そうですよね。
比較しちゃだめだとか、比較してしまうって思ってしまううちは、
まだ心が立ち直っていないことなんですよね。
多分。

だから、マロンさんの言う通り、
比較してしまう時は、気持ちに任せるしかないのかな。
 
うーん。
意識せずに、執着せずに、
時間に身を任せるしかない時期ってあるような気がします。
 
>そして、あぁ、彼だったらこういう
 風にエスコートしてくれてたなぁ。
 とか、彼はこの飲み物が好きだった
 っけ?って思い出したり・・・。

 でもそれは比較じゃあないですよね。

そうだと思います。

悲しくじゃなくて、まぶしくっていうか、懐かしく思い出せるようになったら、 
終わった恋が、過去の出来事になったっていうことのような気がします。
 
>まりこさん、思い出しましたか?
 社内不倫をして、相手がまだ
 同じ職場にいる・・・っていう
 ヤツです。

思い出しましたよ。
以前メールいただいた時は、
「あと1年は同じ職場で…」って書いてあった、マロンさんですね。
 
状況は変わったのでしょうか。
 
少しはつらい状態から、心が動くことはできましたか?

投稿: まりこ→マロンさん | 2008.02.15 午後 10時16分

まりこさん、こんにちは。

新しい恋がしたいって気持ち、
すごくわかります。
そして、新しい出会いがあったとしても、結局は自分の心の中にいるあの人と比べてしまってるということも。

職場の男性の先輩に「このままずっと1人かも…」なんてグチを言ったときに、
「おまえは理想が高いんじゃないか?」
って言われたことがあります。

私にとって、前好きだった彼は、すべてが完璧な人ではもちろんなかったけれど、なぜか心惹かれてしまう人でした。
私の中の「理想の人」が彼だとしたら…。
彼と比べて「あぁ…、やっぱりだめ…」って自分からドアを閉じてしまっているなら、新しい恋なんてできなくて当然なんだろうと思います。

頭ではわかっているんですけとね。

相手のありのままを見るということは、
自分自身もありのままを見てもらうということですよね。
でも、つい、よく見られたいって
無理をして自分を作って、かっこつけて…
素の自分には自信が持てないし、情けない状態です。

もう、20代半ばなのに、今頃自分らしく素直になるにはどうしたらいいんだろう…なんて、青春時代のような悩みを持っている今日この頃。


なんだか、話が記事の内容とずれてしまってすいません。
恋って、自分を見直すきっかけにもなる、つらいけど大切なことですね。
彼に感謝、です。

これからも応援してます。
このブログは私にとって、元気を与えてくれます。
がんばってください。

投稿: kana | 2008.01.27 午前 09時44分

どうしても比較してしまう時があることよくわかります。
自分のことを思ってくれている相手と昔の彼を比較してしまうことで勝手に罪悪感みたいな気持ちがわいて自分を攻めてしまったり・・
比較してしまうことで相手を傷つけてしまったりすることはよくないと想うけれど、自分の心の中だけでとどめておくことができるならば比較してしまうことは少しでも前に進むためには仕方の無いことかなと想ったりもします。

でも「目の前の人のありのままを見ること」ができることが1番素敵なことですよね。。

 


投稿: トモカ☆ | 2008.01.24 午後 04時34分

確かに・・・新しい人を好きになる時って、
前の人と目の前に現れたその人を、比べなくなった時かもしれません。
ここがだめ、あれがだめ、って。
どうしても彼と比べてしまう。
まだ新しいところへ心を持っていきたくないという、無意識の抵抗なのでしょうか。
彼と同じ人が出てくるはずはない。だから、比べる。
わかっていて、比べているのかも。私はそうかもしれません。

誰かに惹かれる時って、意外に違うタイプの人だったりしますものね。

投稿: はっぱ | 2008.01.24 午後 02時23分

先日はコメントへのお返事ありがとう
ございました。でもまりこさんの本を
買ったのは私ではなく・・・。ごめんなさい。
以前はMARONでコメントを投稿していた
かもしれません。紛らわしくってごめんなさい。
これからは「マロン」で投稿させてもらいますね。

今日のこの記事・・・、なんか心にじわじわっと
来てしまいました。

「比較をしてはならない」・・・

確かに言っていることは正しいですよね。
新しい恋への近道かもしれません。

でも・・・きっと、そのお友達も
比較しなくても済むくらいの恋を
いずれすると思います。

比較していた自分がいたのが
いつの間にか比較しなくなって
いることにいつか気付く時が・・・。


だから、比較してしまうなら
していていいと思います。


だって、新しい恋の始まり方って
人それぞれだと思いませんか?

10人いたら、10種類の
恋の始まり、そして恋の
終わり方があるように・・・。


私はまだまだ新しい恋の
予感も音沙汰も全くないですけど
でも、新しい恋、いつかしたいなって
思ってます。


比較はしないかもしれないけれど
前の彼を思い出すことは
時折あると思います。

そして、あぁ、彼だったらこういう
風にエスコートしてくれてたなぁ。
とか、彼はこの飲み物が好きだった
っけ?って思い出したり・・・。

でもそれは比較じゃあないですよね。

昔の恋・・・ってやつを思い出している
だけ・・・です。


私の昔の恋・・・って昔でもなく。

そして恋と言ってはいけない
「不倫」でしたし・・・。


まりこさん、思い出しましたか?
社内不倫をして、相手がまだ
同じ職場にいる・・・っていう
ヤツです。

投稿: マロン | 2008.01.24 午後 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■新しい恋がしたい。別れた人と同じような人と。:

« ■また同じように失恋するのが怖い。また繰り返すと思うと進めない。 | トップページ | ■「本当に聞きたいことは、何?」。ケイタイ小説「MOON&TEARS」の第3章3話更新。 »