« ■今だから書ける恋。みんなの恋と別れの物語。 | トップページ | ■大きなサカナみたいなうろこ雲。東京タワー上を通過中。 »

2007.11.02

■今がどんなにしあわせでも、過去の傷は消えない。

別れの後、新しい恋に出会ったとしても、昔の恋のつらさは消えない。どんなに今がしあわせでも、あの頃の苦しさはなくならないと思う。

 
Photo今日のblogの順位は?ココです。

  
ふられて失恋した後、新しい恋をすれば、
この苦しさから解放されると思っていた。

 
新しい恋ができれば、このつらさなんて、
なくなってしまうって思ってた。

 
でも、新しい恋に出会って、違う誰を好きになっても、
終わった恋のあのつらさが、なくなることはなかった。

  
別れた人への想いを引きずっているとか、
別れの苦しさが、全然なくならないっていうわけじゃなくて。 

  
心の傷が消えないの。 

  
新しい恋が始まって、すぐの頃は、

「ほら。やっぱりあの人と別れて正解。
 私、こんなにしあわせだし」

って、別れを見返すような気持ちになったこともあった。

 
でも、しばらくすると、

「どうして、あの人とは、こんな風になれなかったんだろう」

って、ふと思う時もあって。

  
未練があるとか、戻りたいとかじゃないんだけど、
胸の奥がうずく感じがした。

  
今がどんなにしあわせでも、
過去の傷は消えることはない。

って、私は思う。

 
そばにいてくれる彼にも、きっと心に傷がある。

  
でも、傷があるから、お互いに思いやることができたり、
この「好き」な気持ちを大切にしたいって思うんだろうな。

  
新しい恋をしたからって、
過去の苦しさが消えてしまうことはない気がする。

  
私、恋の経験って、
過去の恋の上に、新しい恋が上書きされるんじゃなくて、
横に並んでいくんだと思ってる。

  
終わった恋も、つらい想いも、苦しいあの日々も、
経験として、自分の中にストックされて、
生きる力になるって思ってる。

 
それは、恋以外の、どんなつらい経験でも。

 
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。今日、新しく封を開けた、チョコレートが激うまー。おみやげでもらったんだけど、最高においしいです。大切に食べます。チョコレートは、頂き物だけで1年過ごしたかも。

ケイタイ小説連載中です。→ 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■今だから書ける恋。みんなの恋と別れの物語。 | トップページ | ■大きなサカナみたいなうろこ雲。東京タワー上を通過中。 »

コメント

インコさん
>今でも好きだった気持ちの残骸はこの心に残っているのですが、それでもまた一緒になりたいと思うこともなくなりました。
 
「好きだった気持ち」って、残りますよね。
もう好きじゃないのに、思い出が遠くに薄れていっても、
「好きだった気持ち」は残っているんですよね。
 
私も「好きだった気持ち」に縛られて、苦しかった時期がありました。
 
>そしてどうしたいわけでもないんです。哀しみと温もりだけが胸に刻み込まれたような感覚でしょうか…。

あぁぁ。この感覚分かるよう気がします。
 
意識しなくても、気が付くと、この気持ちに包まれていたりして。
  
>その時初めて、私は今の彼のこともちゃんと愛しているんだと自覚できました。「愛には色々な形がある」知ってはいても、実感したのはこれがはじめてでした。
  
そんな人がそばにいてくれるなんて、その人への自分の気持ちに気が付くなんて、
別れは無駄じゃなかったんですね。
 
>言葉と文化の壁を越えて、私を満たし歩み寄ることをあきらめない彼との愛情を大事に育てつつ、時にはそっと過去を振り返り恋の切なさと温もりの間で女であることを楽しもうと思います。
 
すごくしあわせな感じが伝わってきます。
 
本当に大切な人の存在に気づけてよかったですね。
気づかせてくれるための、いろいろな経験だったのでしょうか。
 
インコさんのコメントを読んでいて、胸があったかくなりました。
 
暑いクリスマスかあ。
真夏の太陽の下で、過ごす年末なんて、うらやましい気がするけど。 
 
恋人同士が寄り添いやすいのは、日本の寒いクリスマスの方なのかな。
 
この前もそうでしたが、
オーストラリアからのコメント、不思議な感じがします。
うれしいです。

投稿: まりこ→インコさん | 2007.11.10 午前 01時30分

じのりんさん
まだ眠れない夜を過ごしているのでしょうか。

>彼ともう会わないようにしよう、彼のことは忘れようと決めたのに
 ついつい彼のブログを見てしまう弱い自分がいます。
 
ネットって便利なようでいて、便利じゃない部分、ありますよね。
 
別れた人の日記を見ることができるなんて、
ものすごく残酷なことだと思います。
 
じゃあ、見なければいいのにって思われるかもしれないけど、
それができないんですよね。
 
もうどうしようもなく不安な日々を過ごしているから、
悲しみに押しつぶされそうに生きているから、
せめて彼の今を知ることで、救われようとしてしまう。
 
私も、別れてすぐの頃、別れた人のことをネットで検索したことあります。
 
虚しくて、でも、自分を止めることができなくて。

すごく苦しかったです。
でも、それでも見てしまう自分がいました。
 
>自分はこんなに孤独で毎日振り払っても振り払っても彼の
ことが忘れられないのに、彼は別の人と幸せを噛みしめて
いる。 私のことなど1日で1秒たりとも考えもせず・・・。
 
でも、残酷だけど、これが終わった恋に現実なんですよね。
 
打ちひしがれます。
 
私、落ち込むところまで落ち込むました。
悲しみの底、絶望の淵を見ました。
 
でも、あの時、
そこまで行かないと、自分を落ち着かせることができなかったです。
 
中途半端な悲しみの中にいたんじゃ、
いつまでもそこから動けない自分がいました。
 
だから、もう落ちることろまで落ちました。
 
落ちたからといって、元気なんか全然でなくて、
涙だって止まらなかった。
 
彼のこと忘れることはできなくて、
責める気持ちばかりでした。
 
でも、でも、悲しみの底に来たら、
あとは、少しずつでも前に進むしかなくて、
なんとか這うように、前に進み始めることができた気がします。
 
>彼の幸せを祈ろう、なんてうわべでは
思っていたけど、彼の今の幸せを聞いただけで崩れそうに
なる自分がいるなんて。
 
祈ろうと思うだけ、じのりんさんは優しいと思います。

私は、今だって、別れた彼の幸せを祈れません。
不幸になってほしいとは思わないけど、どうでもいいやって気持ちです。
人間的に浅い私です…。
 
「今の彼の幸せを聞いただけで、倒れそうになる」なんて、
当り前です。

自分を責める必要なんてないです。
 
弱い自分を認めてあげていいと思います。
彼を許せない気持ちは、仕方ないって思っていいと思います。 
 
今じのりんさんに大切なことは、
自分を認めて、許して、甘えさせてあげるとこのような気がします。
 
「もういいや」って思うまで、ブログを見てしまってもいいかもしれない。
 
仕方ないような気がします。
 
今すぐに、立ち直ろうとか、彼の幸せを祈ろうって思わず、
自然に小さな力が湧いてくるまで、じっとしていていいと思います。

投稿: まりこ→じのりんさん | 2007.11.08 午後 03時53分

あーちゃんさん
あーちゃんの気持ち、少し分かります。
 
>二股・嘘・裏切り…どこが好きなのか聞かれてもわかららないけれどずっと忘れられない人です。そしてすべてを許せた人でもありました。

なんであんな人好きになったんだろうって思っても、
それでも好きだったんですよね。
自分でも、どこが…って思うけど、けど、好き。
 
私も、そういう恋をしたことがあります。
 
苦しいけど、いっしょにいれば傷つけど、好きなんですよね。
 
不思議だけど。
 
>きっといまの主人が一番一緒にいたい愛する人なんだとも思います。あの辛く悲しかった過去があるから今があり素直に自分の気持ちを言えるようになったり思いやりをもてるようになったりしたんだから、あんなに好きになれた大切な人が出来たことよかったと思います。
 
そうですよね。きっと。
 
あのつらい恋があるから、
今のしあわせを、より深く感じることができるんだと、私も思っています。
 
人生に無駄な経験なんてないですよね。
 
今、そばにいてくれる人とめぐり会うための、
恋であって、別れであったんだと思います。
 
でも、別れた人を見かけしまうのは、ちょっと胸がちくりとしちゃう。
 
私なんか、一度すれ違っただけで、心臓が破裂しそうに、ばくばくなってしまいました。
 
コメントありがとうございました。
いつも読んでくださってありがとうございます。
 
>まりこさんの恋愛に関するひとつひとつの言葉が私の心にいつも響きます。
 
ありがとうございます。
こんな言葉いってもらえてうれしいです。

投稿: まりこ→あーちゃんさん | 2007.11.06 午後 04時00分

まりこさんこんにちわ。
7月末頃に大失恋をした際、書き込みをさせていただきましたインコです。その後早期社会復帰(笑)を果たし、しぶとく元気に忙しく生きています。喪失の苦しみと悲しみの只中にいた頃、決して死にたいと思ったことはありませんが、「こんな時に人は死んでしまえるような気持ちになるのか…」と虚ろな心に思ったことがありました。
この数ヶ月間の目まぐるしい変化の後、私の隣には「私が無条件の愛を注いだ人」はいませんが「私に無条件の愛を与えてくれる人」がいます。何もかも与えようとする今の彼の隣にいてさえ、過去の傷は優しく胸を刺すのです。あの人が居たあの頃に戻りたいのではないのですが…不思議です。あんなに好きだった人にはもう二度と会えないでしょう。あんなに焦がれて自分を投げ出すことも、もうないでしょう。今でも好きだった気持ちの残骸はこの心に残っているのですが、それでもまた一緒になりたいと思うこともなくなりました。もう手が届かないんです。どうすることもできないんです。
そしてどうしたいわけでもないんです。哀しみと温もりだけが胸に刻み込まれたような感覚でしょうか…。

わりと最近まで自分が前の失恋のリバウンドで今の彼と一緒にいるのではないかと感じていた時期が続き、自分の心の混乱を今の彼にぶつけ、彼を酷く傷つけてしまいました。ひどい話ですが、その時初めて、私は今の彼のこともちゃんと愛しているんだと自覚できました。「愛には色々な形がある」知ってはいても、実感したのはこれがはじめてでした。言葉と文化の壁を越えて、私を満たし歩み寄ることをあきらめない彼との愛情を大事に育てつつ、時にはそっと過去を振り返り恋の切なさと温もりの間で女であることを楽しもうと思います。

日本は恋人達が寒さに身体を寄せ合って、幸せな時を分かち合える素敵な季節で羨ましい限りです。身体を寄せ合えば汗の吹き出る蒸し暑いクリスマス(笑)がもうすぐオーストラリアにやってきます。

投稿: インコ | 2007.11.06 午前 01時30分

まりこさん、
辛くて、涙が溢れてこの気持ちをどうしたらいいかわかりません。
彼ともう会わないようにしよう、彼のことは忘れようと
決めたのについつい彼のブログを見てしまう弱い自分がいます。
さっき彼のブログで「今、(彼女と一緒に生きていることが
出来て)とても幸せ」という文章を読んでしまいました。
自分はこんなに孤独で毎日振り払っても振り払っても彼の
ことが忘れられないのに、彼は別の人と幸せを噛みしめて
いる。 私のことなど1日で1秒たりとも考えもせず・・・。
恋って残酷ですね。 彼の幸せを祈ろう、なんてうわべでは
思っていたけど、彼の今の幸せを聞いただけで崩れそうに
なる自分がいるなんて。 今日もまた眠れそうに無いです。

投稿: じのりん | 2007.11.04 午前 12時57分

はじめまして。いつも拝見してます。
まりこさんの恋愛に関するひとつひとつの言葉が私の心にいつも響きます。

私は先日3年間お付き合いをした彼と結婚しました。
でもそんな幸せと言われる中でも、ずっとずっと好きだった元彼が今も心の中から消えずにいます。
二股・嘘・裏切り…どこが好きなのか聞かれてもわかららないけれどずっと忘れられない人です。そしてすべてを許せた人でもありました。

けれどそれは離れてから気づいた事で…

一緒にいる方が辛くなり素直に言いたいことも言えずほかに好きな人が出来たと別れを告げたあの日からもう何年経っても会いたくて触れたくて仕方なくて。

きっといまの主人が一番一緒にいたい愛する人なんだとも思います。あの辛く悲しかった過去があるから今があり素直に自分の気持ちを言えるようになったり思いやりをもてるようになったりしたんだから、あんなに好きになれた大切な人が出来たことよかったと思います。

たまに元彼を見かけ心が疼いてしまうけれど、それはきっとこれからもずっと消えないんだと。

『終わった恋も、つらい想いも、苦しいあの日々も、
経験として、自分の中にストックされて、
生きる力になるって思ってる』

私もそうです。

 


投稿: あーちゃん | 2007.11.02 午後 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■今がどんなにしあわせでも、過去の傷は消えない。:

« ■今だから書ける恋。みんなの恋と別れの物語。 | トップページ | ■大きなサカナみたいなうろこ雲。東京タワー上を通過中。 »