« ■宮沢りえちゃんが言ってた。10代、20代の後悔は…。 | トップページ | ■彼とは戻れるかもしれない。でも、新しい道もあるかもしれない。思い込んでいる気持ちを外に。 »

2007.11.06

■空が好きなのに。空を見れない時があった。

夕方の空がすごく透明できれいだったから、ベランダに出て写真を撮っていたら、彼に言われた。「空が好きだね」って。

  
Photo今日のblogの順位は?ココです。

    
   0711061_2    

   

  

  

  

  

   

  

  

  

  

  

   

          
毎日、空を見てる。
わりと長い時間。

    
この部屋から見える景色が、空の面積が広いからかな。
リビングのイスに座っていると、目の前が空です。

   
昔から、空を見るのが好き。

     
実家にいた時も、
ふとんの中から窓の外を見ると、空が見えてた。

     
夕方の海への犬の散歩の時も、
砂浜から山の方の空を見ていた。

    
でも、失恋して悲しみのどん底にいる時は、
空を見るの忘れていた。

  
忘れていたのかな。
見れなかったのかな。

     
下ばっかり見てた気がする。

    
自分のすぐそばばっかり見てた。

      
心を閉ざしていたかった気がする。     
希望を持ちたくなかった気がする。

   
もうこのままでいいって思ってた。

    
もう誰も好きにならないでいいって思ってた。    
この暗い場所にずっといようと思ってた。

     
空なんて見る気持ちになれなかった。

    
でも、ある日、電車を待っていて、何気なく空を見たら、
突然気持ちの霧が晴れた瞬間があったの。

      
つらいのは自分だけじゃないんだって、急に思えた。

  
なんでかな。
理由は分かんないけど。

    
自分がどんなに落ち込んでいても、日常は進んでいく。 
時間は進んでいく。

    
悲しみにじっとしていても、
そんなのおかまいなしだ。
時間は。日常は。

      
そう思ったら、なんか元気が出てきた。

     
その時見た空は、真っ青だった。

  
駅のホームから見た空。
今もその空を覚えています。

      
それから、どんなに悲しいことがあって、
落ち込んんだ時があっても、
空を見上げるようにしています。

      
空を見るのが好き。

   
月を見るのも好きだけど。

 

Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。「笑っていいとも」に、小島よしおがレギュラーで出るの楽しみにしているにー。今日は、バンジージャンプしてた。どうなるのかっ。小島よしお。

ケイタイ小説連載中です。→ 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■宮沢りえちゃんが言ってた。10代、20代の後悔は…。 | トップページ | ■彼とは戻れるかもしれない。でも、新しい道もあるかもしれない。思い込んでいる気持ちを外に。 »

コメント

りんこさん
コメントありがとうございます。
このブログを見つけてくださって、ありがとうございます。
 
>私も知ったときは悲しみというよりも、体の力が抜けて震えました。
 
こういう時って、「怒り」とか「悲しみ」より、力が抜けるんですよね。
体の力も。心の力も。
 
>今は許してくれるまであきらめないと言ってくれる彼と、しばらくは距離を置こうと告げて、会っていません。本当にこれからどうしようか迷っています。
 
自分の心が難しいですよね。
彼をどこまでを受け入れられるか。
 
好きだけど、許せない気持ちもどこかにあって。
でも好きで。
 
自分の気持ちとの戦いのような気がします。
 
答えは自分でしか出せないし。
 
>ただ、ここのたくさんのことばに励まされたので、ありがとうと言いたかったのです。
 
そのためにコメントを…。
ありがとうございます。
 
つらい時はいつでもコメント書いてください。

投稿: まりこ→りんこさん | 2007.11.21 午後 11時36分

初めまして、こんにちは。
初めて拝見させていただきました。とっても感動して涙が
でました。
つい先日、長くつきあっていた彼の浮気というか言ってしまえば二股が発覚し、とまどっています。
私も彼もまだ若いのですが真剣に結婚の話もしてましたし、本当にお互い愛し合っていたとうぬぼれていました。
彼はひたすら謝っていました。
私も知ったときは悲しみというよりも、体の力が抜けて震えました。
今は許してくれるまであきらめないと言ってくれる彼と、しばらくは距離を置こうと告げて、会っていません。本当にこれからどうしようか迷っています。
長々とすみません。ただ、ここのたくさんのことばに励まされたので、ありがとうと言いたかったのです。

投稿: りんこ | 2007.11.12 午前 10時56分

はっぱさん
>空はずっと変わらずそこにあるのに。

そうなんですね。

自分がどんなに落ち込もうが、悲しかろうが、
空はそこにあるんですよね。
 
自分の気持ちにはおかまいなく。
 
>あ、変わらず空は空だって気づくことも、いいのかな。
 
そうだと思います。
 
自分が苦しい中にいるからって、世界がすべて苦しさの中にあるわけなんてなく。
 
それを忘れちゃう気がします。

自分は最高に悲しくて、つらくて、苦しくて。
 
でも、そんなことはないんですよね。
 
苦しさを抱えている人は自分だけじゃないし、
自分は不幸のどん底にいるわけでもない。
 
空を見ると、そういうことに、はっと気づくような気がします。
 
それが、はっぱさんが言う「空は空だって気づく」ことのなのかもしれないです。

投稿: まりこ→はっぱさん | 2007.11.10 午後 05時33分

nanakoさん
いっしょに空を見ていた事が、
胸は痛いけど、なつかしい思い出になる時が来るといいですね。
 
>でも、今のように後ろ向きな気持ちのときは、やっぱり見れないんです。

そうなんですよね。
不思議と、気持ちが落ちている時って、空を見上げる気持ちになれない。
 
でも、それじゃいけないってことは分かっているんだけど。
 
>いつになったら、私も大好きな空を眺められる日が来るのかなぁ。。。
 
来ると思います。なつかしい気持ちで空を見上げられる時が。
 
切なくて、涙が出てきそうになるけど、
苦しいとかではなく、「ああ、そういう時もあったな」って、
甘いような、胸がちくっといたいような、
でも、心地いいような。
 
そんな不思議な気持ちで、「空」を見上げれる日は、来ると思います。

投稿: まりこ→nanakoさん | 2007.11.10 午後 05時26分

見上げるときの心の状態によって、見え方も違う気がします。
空はずっと変わらずそこにあるのに。
だからこそ、見上げるのが怖いというか・・・。
そんな感じがしてしまう。
そんな清々しく私を見ないで・・・って。

でもたまに見上げないと、心の中のもやもやが溜まる一方。
あ、変わらず空は空だって気づくことも、いいのかな。


投稿: はっぱ | 2007.11.06 午後 05時40分

まりこさん、こんにちは。
先日携帯の返信の件でお世話になったnanakoです。
ここ数日また気持ちが逆戻りしてしまい、家族に気づかれないように、こっそり一人で泣いている日々です。。。
私も空を見るのが大好きで、一日空を眺めて過ごせるくらいです。
彼にもよく空の写真を送ったりしていました。
同じ時間に、よく一緒に空を見上げたんです。
隣に並んで見ることはできなかったけど、私たちはいつも空を見上げることで、お互いを感じていました。
「空って見上げた景色が、同じことってないよね。
人の出逢いに似てる気がする。その時にしかない大切な瞬間
がある。」って彼が言っていました。
この前彼が好きだと言っていたうろこ雲が、とてもキレイだったんです。
彼もきっとこの空を見ている。この空を見ながら、私を思い出してくれてるよねって、信じて見上げていました。
でも、今のように後ろ向きな気持ちのときは、やっぱり見れないんです。
こうやって、それでも空を見上げてるのは、もう私だけなのかもしれない。彼はもう空を見上げる必要なんてないのかもしれない。。。自分だけが取り残されたような気持ちになって、なんか自分がみじめで、情けなくて。。。
もうこの空は彼とはつながっていないのかなぁ。
いつになったら、私も大好きな空を眺められる日が来るのかなぁ。。。

投稿: nanako | 2007.11.06 午後 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■空が好きなのに。空を見れない時があった。:

« ■宮沢りえちゃんが言ってた。10代、20代の後悔は…。 | トップページ | ■彼とは戻れるかもしれない。でも、新しい道もあるかもしれない。思い込んでいる気持ちを外に。 »