« ■真夜中ブログ。ケータイ小説の評価について。携帯電話で書く小説じゃないし。そして野望。 | トップページ | ■六本木。東京タワー。東京ミッドタウン。マンションから見た月。 »

2007.11.22

■「終わりにできないあなたとの恋が」。ケータイ小説「MOON&TEARS」の第6話更新。

付き合っている人が、実は結婚していた。騙されていた…。それが分かった後のこの恋はどこへ行くの…。
「泣きたい.jp」で連載中の「MOON&TEARS」の第6話が掲載されました。

 
Photo今日のblogの順位は?ココです。

 
  
彼が結婚している事実が分かって、
その事実を知ったことを彼に直接会って告げる。

  
じゃあ、その後、この恋は終わってしまうの?

 
裏切られたと分かっても、騙されたと分かっても、
それでも、「好き」っていう気持ちが消せない恋をしたことがありますか?

   
それが、どんなにつらい事が知っていますか?
どれだけ自分の弱さを責めてしまう事だと思いますか?

  
分かっていても、未来はない恋なのに、
続けてしまう苦しさは、
暗闇の中で甘い気持ちをかすかに感じるような、
絶望の中に、あきらめの癒しがあるような、
そんな不思議な感覚があると思います。

  
第6話では、主人公の葵の、
絶望の中の、「好き」の気持ちをばらまいてみました。

   

  
      >そんな言葉を信じたんじゃ、

       冬星にとって、都合のいい女になってしまうことも、

       私はあの人の日常にはいないことも、

       遊びかもしれないってことも、

       全部分かってる。

                        -「MOON&TEARS」6話より-

  

  
第1章が今回で終わります。

 
次回からは第2章が始まります。

  
第1章、こんな終わりでいいの?こんな…。
  

 「切ない。葵ちゃん、どこへ向かうの?
  しあわせに向かえるの?」

 
って書いていて思いました。

  
「MOON&TEARS」は、下記サイトでの連載中です。

  
会員登録(無料、アドレス・ニックネーム記入のみ)すると、
もう少ししたら、
小説更新のお知らせメールが届くようになるとのことです。

Photo_3     

    

    

  

泣きたい.JP  http://nakitai.jp/
 

    
応援よろしくお願いします。

 
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。会う人に、「これはハッピーエンドにはならないの?」と聞かれますが、それは内緒です。何が「しあわせ」かは、本人じゃなくちゃ分からないし。

|

« ■真夜中ブログ。ケータイ小説の評価について。携帯電話で書く小説じゃないし。そして野望。 | トップページ | ■六本木。東京タワー。東京ミッドタウン。マンションから見た月。 »

コメント

nagisaさん
>彼がいつか連絡をくれるんじゃないかと
 そんな期待を消せずにいます。
 
いくら「そんな事はない」って思おうとしても、
期待してしまうんですよね。
あの別れる前のふたりを思い出すと。
 
私も、なかなか期待を消せない時期がありました。
もうはっきり「他に気になる人がいる」って言われたのに、
「でもでも、もしかしたら」って、期待してました。
悲しい。
 
>彼を好きという気持ちを手放すことができたら
 楽になれるのだろうけど
 やっぱり難しいです。
 
手放すか。
 
私は今でも「好きだった気持ち」は手放せてないです。
相手をまだ好きとかじゃなくて、
あの時「好きだった気持ち」は、心の奥に生きています。 
 
恋は、手放そうとすればするほど、
忘れようとすればするほど、
執着してしまうことがあるように思います。
 
手放したらもう二度と、会えないような気がするし、
ふたりの過去が無になってしまうような気がするから。
 
執着は苦しいです。
 
ブログにもコメントにも何度も書いているけど、
もし、本当に縁があるふたりなら、
どんな別れがあっても、距離があっても、
いっしょなってしまうものなんだって思って、
私は、別れた人への想いを、一度外に投げてみました。
 
縁があれば…って思って。
 
覚悟は必要だったけど、彼への執着を投げたら、
前に進み始めることができました。
 
別れて少したった時だけど。
 
でも、難しいです。
気持ちを、想いを手放すのって。
 
勇気と覚悟と、希望が必要だから。
 
また苦しい時はコメント書いてください。
 
小説、読んでくださってありがとうございます。
切ない気持ちを、別れを受け入れる難しさを、
書いていきたいと思っています。

投稿: まりこ→nagisaさん | 2007.11.26 午後 03時20分

まりこさん、お久しぶりです。
携帯小説拝見させて頂きました。

私も裏切られたと、騙されたとわかった今でも
彼の事を「好き」と言う気持ちが消せずにいます。
私の場合は偶然街で会うなんてこともないし
私からは連絡も取れないので
彼の事を好きな気持ちは最後に彼と会った時のままです。

「全てが片付いたら連絡する」
騙されたのだとわかっていても
彼の言ったことはやっぱり本当で
彼がいつか連絡をくれるんじゃないかと
そんな期待を消せずにいます。

彼を好きという気持ちを手放すことができたら
楽になれるのだろうけど
やっぱり難しいです。
彼に会いたくて、愛されたくて
愛したくて、、、苦しいです。

投稿: nagisa | 2007.11.24 午前 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■「終わりにできないあなたとの恋が」。ケータイ小説「MOON&TEARS」の第6話更新。:

« ■真夜中ブログ。ケータイ小説の評価について。携帯電話で書く小説じゃないし。そして野望。 | トップページ | ■六本木。東京タワー。東京ミッドタウン。マンションから見た月。 »