« ■泣いても泣いても涙は止まらなくて。でも…。 | トップページ | ■秋の夕暮れ。空が高くて。 »

2007.10.05

■ふたりがたどりついた未来。

好きで好きで、大好きで、でもいっしょになれない理由があって。

    
その理由をクリアするために、ずっと待つ。
ふたりでいっしょになれる日をずっと待って。

       
そしてやっとふたりいっしょになれたのに、

その人が突然逝ってしまったら…。

     
ふたりはいっしょになる運命だったのか、
離れる運命だったのか…。

 
生きていく力が…。

      
これが運命というなら、なんて残酷な…。

     
こんな残酷な運命にも、意味はあるのかな。

  
あるとしても、今その意味を知ったとしても、
心は素直にそれを受け止められない気がする。
  
 
この経験が、歌や詩にいかされるとしても、
「あの経験があったからこそ」とか、
「あの経験をいかしてがんばれ」って言われても、
悲しみは消えない。

  
経験が、人生のプラスになることさえ、心が拒否してしまうかもしれない。

 
やっといっしょになれたのに。
やっとだよ。
やっと…。

  
でも、どんな残酷な未来でも、
ふたりにとっては、必要な出会いで、
出会えたことはしあわせな事だったんだと思います。

  
うまく今の気持ちを言葉にできないけど、
ドリの歌、待ってます。歌える日が来るまで待ってます。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。人生には、どんな残酷なことも、驚くようにうれしいことも、いろいろな事が、淡々と起こるような気します。

|

« ■泣いても泣いても涙は止まらなくて。でも…。 | トップページ | ■秋の夕暮れ。空が高くて。 »

コメント

なんくるないさっさん
コメントを読ませていただいて、人生の残酷さを思い知りました。
 
私には到底分かることのない苦しみの中で、
なんくるないさっさんは生きてきているんですね。
 
もう、何て書いていいのか…。

>ただ、忘れようとするんではなく、
 忘れないこと…
 心の中にいつも生きてること…
 
私も、大切な身内を亡くした経験があります。
 
そして、なんくるないさっさんが書いてくれた事と同じような気持ちで過ごしてきました。
 
忘れないで生きていく。

もういくら手を伸ばしても、願っても、泣いても、
絶対に手が届かないけど、
忘れないで生きていこうと思い生きています。
 
時間だけでは解決できない事、知ってしまうのは、どれだけ苦しいのか…。
 
つらい経験のコメントありがとうございました。

投稿: まりこ→なんくるないさっさん | 2007.10.10 午後 08時43分

K.Mさん
コメント読んだ瞬間、言葉が出なかったです。

こんな事って…、こんな事って。

人生はすごいと思いました。
 
>幸せになれるのよ、何にも絶望しなければ ・・・。
 
K.Mさんのこの言葉、胸に深く刻みます。
生きていく力にします。
 
コメントありがとうございました。

投稿: まりこ→K.Mさん | 2007.10.08 午前 12時41分

もう十五年前の話しです…
婚約者を事故で失ってしまいました

まだ学生だった私はただただ途方に暮れる毎日で体重も20キロ以上痩せ、自分が生きる意味を毎日考え、食べては吐くという毎日を過ごしました。自分が食べるということは、自分が生きようとしている。同じところに行くつもりでも体は食べようとしている…当時は泣きながら食べ泣きながら吐き続ける毎日…一年ぐらい続きました

大事な人を失う辛さというのは………言葉では語れない…淋しさも哀しみも通り越し三途の川のたもとで毎日向こう側を眺めている感じでした

時間では決して解決できない、いまも出来ないままです

ただ、忘れようとするんではなく、
忘れないこと…
心の中にいつも生きてること…

そう思う事で私の心は、少しですが落ち着きました。
でも時間だけでは解決しない何かというものを知ってしまう人生は、いまもかなり辛いです

投稿: なんくるないさっ | 2007.10.06 午後 09時47分

>こんな残酷な運命にも、意味はあるのかな。
あるでしょうね。
3人の乳幼児を抱えて離婚した私は、優しい人に出会って婚約したの。
でも友人が起こした交通事故で彼は死んでしまった。

運命を呪い、自暴自棄になった私をまさに身を挺して護ってくれた人、
それが18才年下の今の夫です。

幸せになれるのよ、何にも絶望しなければ ・・・。
生意気言ってごめんなさい。

投稿: K.M | 2007.10.05 午後 05時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ふたりがたどりついた未来。:

« ■泣いても泣いても涙は止まらなくて。でも…。 | トップページ | ■秋の夕暮れ。空が高くて。 »