« ■終わった恋の傷は疼く。それは結婚していたとしても。今、しあわせな恋をしていても。 | トップページ | ■恋の終わりは残酷。心が離れていくって、そういうもの。 »

2007.09.15

■誰も私に声をかけないで。優しくしないで。

失恋して、どん底にいた時、心がすべてを拒否していた時期があった。優しささえも拒否していたあの時期。

  
今日のblogの順位は?ココです。

  
心がすさむって、こういうことを言うんだなって、
あの時も、そう思ってた。

  
思いながらも、どうすることもできなかった。

  
彼との別れを知っている人には、優しくされると、
同情されているみたいで、みじめな気持ちになった。

 
それは、自分でもなんとなく分かるの。

  
プライドみたいなものや、
親しい人ゆえへの甘えみたいな感覚。

  
でも、失恋のことなんて全然知らない人、
仕事関係の人にも、優しくされるのがダメな時期があった。

  
恋には全然関係ないの。
雑誌の撮影の現場とかで、いろいろトラブルがあって、
バタバタしている時とか、
「大丈夫?」、「手伝おうか?」って言われるだけで、
涙が出そうになる時があった。

  
原稿の締め切りが迫っていて、
徹夜状態で原稿を書いている時に、
「無理しないで」って言われて、
ぐっと涙をこらてしまう時もあった。

  
誰も、失恋した私を励まそうしてるわけじゃないし、
助けようとしているわけでもない。

  
そんなの分かってた。

  
でも、そんなの分かっているのに、
心の中で、

「誰も私に声をかけないで。優しくしないで」

って叫んでいた。

 
変だよね。

  
心にぐっと力が入っていた。

  
そんな、心がすさんだ時期がありました。

  
ずっとじゃなかったけど。

  
失恋してから、半年ぐらいだったかな。

  
優しくされると、自分が倒れてしまいそうで、
ひとりの孤独の中にいることで、
自分を支えていた時期だったんだと思います。

    
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。天気が良くて、まだ少し夏みたいな感じの土曜日。絶好の休日日和だけど…。仕事するぞっ。

|

« ■終わった恋の傷は疼く。それは結婚していたとしても。今、しあわせな恋をしていても。 | トップページ | ■恋の終わりは残酷。心が離れていくって、そういうもの。 »

コメント

麻衣子さん
コメントありがとうございます。

>タイミングが悪かったのか、違い過ぎたのか、縁がなかったのか、今は、まだみつかりません。
 
恋の終わりって、これだって理由がない場合もあるような気がします。
 
切ないけど。
 
「ああ言えばよかった」「こうすればよかった」の後悔は、
終わった恋に向けるんじゃなくて、
次の恋のためのチカラにしたいですよね。
 
>まずは、自分を好きになれるようにしたいです。
 
これって、すごく大切な事のような気がします。
人を好きになる上でも、自分らしく生きていく上でも。

>少ない思い出の中彼と大洗に行ったことがあります。
 
えぇぇ。私も別れた彼とよく大洗の海に行ってました。
お互い悲しい海なんですね。大洗は。

でも、大洗という地名を、このブログで聞けるなんて、うれしいです。

ちなみに、
本「恋は終わったあともまだこんなにせつない」の中で出てくる、
彼を最初に好きになった時に、車で向かっていた海は、大洗です。

メールアドレスの事、大丈夫です。
心配してくださってありがとうございます。
このブログのコメントはアドレスなしで大丈夫なので。
 
またのぞきに来てください。
つらい時はコメント書いてくださいね。
その時も、アドレスなしの名前だけでOKです。

投稿: まりこ→麻衣子さん | 2007.09.21 午後 11時18分

はじめまして、栃木県在住のまいこです。
 
2ヶ月前に失恋をして、どん底で毎日泣いていましたがすがる思いでネットで「失恋ブログ」と検索してみました。
それからたびたび拝見させて頂いています。
 すごくいろんな気持ちが自分と重なって驚いています。

今までいろんな恋をしてきましたが、恋を失ってこんなに堕ちたのは、人生二度目です。
 ついこの前の失恋の話を聞いてください。たった2ヶ月半の恋愛だったけど・・・今もまだ好きで切ないです。
 
出会いは、友達の紹介でした。彼との距離は、車で50分の所、けして遠くないのだけれど付き合い始め「今の俺にとっては、遠い」(職が安定してなくお金がないという理由もあったのですが)といわれ、(あっ!気持ちが遠いんだ)ときずいてしまったのです。が、別れが怖くてそこには、触れずに距離を縮めてみようと思ったのです。でも、もおーそこから確実に自信を失い・・・空回りするばかり・・・焦って・・・怖くて何も言えなくなって・・自分を見失って・・・自分を嫌いになって・・・惨めになって・・・。
 一度だけ別れ覚悟で今までいえなかった彼への不満をぶつけたことがあります。ずっと溜め込んでた思いを一気にいったので彼は、「思った時に言ってくれれば、なんでもなかったけど、あの時そんなこと思ってたんだと思うと、もう素直に話せない」といわれ、彼の信用を失い・・・彼の心が閉ざされるのを感じました。  
   
  その後しばらくたって、自然と別れ話になりました。

彼も惨めだったといってました。私が親身になって話を聞くことが返って彼を惨めにしてしまったのです。(その気持ちも良くわかる。)「もっと笑い飛ばしてほしかった」って言われました。
 タイミングが悪かったのか、違い過ぎたのか、縁がなかったのか、今は、まだみつかりません。あの時あんなこと言わなければとか、いつかは、終わるとわかっていたような、でももっと頑張れたかもとか・・・渦の中です。

 でも先生のブログを読んで「怖くて何もいえなくなるような恋は、違うと思う」という言葉に救われました。

 まずは、自分を好きになれるようにしたいです。
PS、彼の出身が茨城の阿字ヶ浦のすぐ近くだったので遠野先生の実家の話を聞くとちょっと胸が苦しくなります。少ない思い出の中彼と大洗に行ったことがあります。無性に海が見たいけど、まだ見れそうにないです。
  
こうして書いていると、ここには書ききれない思いがいっぱい出てきます。みんなもこの画面の向こうに書ききれない思いをたくさん抱えているんだろうなあって思います。
       ながなが、とありがとうございました。

(アドレス入力したかったのですが、家族のPCなのでよくわからず未入力のままですいません)

投稿: 麻衣子 | 2007.09.15 午後 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■誰も私に声をかけないで。優しくしないで。:

« ■終わった恋の傷は疼く。それは結婚していたとしても。今、しあわせな恋をしていても。 | トップページ | ■恋の終わりは残酷。心が離れていくって、そういうもの。 »