« ■大丈夫なんかじゃない。私は大丈夫なんかじゃない。 | トップページ | ■「THE COVER NIPPON」で買い物。そして言いまつがい。 »

2007.09.11

■もう来ないでほしい。07今年最後のセミ登場。

セミがキライで苦手なのに、またしてもセミの恐怖がやってきました。これが、本当に今年最後のセミであってほしいです。

  
今日のblogの順位は?ココです。

    
昨日、昼間に玄関の外で、
セミが、のた打ち回るように鳴いてました。

  
ヤツはいる。
玄関の外に。

  
でも、数時間後、セミの声は聞こえなくなり…。

  
そして夕方。
出かけようとして玄関の外に出たら、
マンションの廊下のど真ん中に、虫らしきものが…。

  
…………。
0709111     

      

      

     

      

     

     

     

        

        

        

       

         

近づくと…。ヤツだった。      0709112

      

     

     

      

         

            

       

         

  

    

     

     
     
でも、そこを通らないと、どこにも行けない。

  
生きてるのかな。
死んでるのかな。

  
そばを通って、
ビ、ビ、ビ、ジ、ジ、ジってなったらどうしよう。

 
私の足音や気配にセミが驚いて、
向かってきたらどうしよう。

  
ものすごい恐怖の中、
セミの右側を通りました。

  
全然動かなかった。

  
もうこれで本当に本当に、
セミは最後にしてほしいです。

  
夜、帰ってきたら、まだそこにセミはいました。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。今日は今から六本木で少し緊張の打合せです。雨、降らないといいなあ。

|

« ■大丈夫なんかじゃない。私は大丈夫なんかじゃない。 | トップページ | ■「THE COVER NIPPON」で買い物。そして言いまつがい。 »

コメント

ゆりさん
恋をしたから寂しくなくなることはなくて、
誰かを好きになって、好きになってもらえたからって、
孤独じゃなくなることはないんですよね。
 
人は、孤独なんだと思います。ひとりなんだと思います。
それを、分かった上で、誰かのそばにいたり、いてもらったりすると、
人を好きになる意味が分かるような気がします。
 
寂しさを埋めるためじゃないってことが。
 
>あせっているつもりはなくても、早く早くってどこかで思ってしまうんですね。そう思えば思うほど早くできない自分が辛くなるのに。
 
この気持ち分かりますっ。
 
本当に、早く時間が過ぎてほしいって思ってしまうんですよね。
時間が過ぎれば、傷が癒えてくれるって思うから。
 
「早く」っていう気持ちを忘れた頃が、
時間が過ぎたってことになるような気がします。
 
大丈夫。時間は、どんなにつらくても、確実に進んで行ってくれるから。
 
私の書く文章を好きって言ってくださって、ありがとうございます。
 
自分の想う事を言葉にしようとすると、
言葉がどんどん違う方向に行ってしまうようで、
いつも書いた後は不安になります。
 
不安だからまた書いてみる。

それを繰り返しているような気がしてて。
だから、文章が好きって言ってもらえると、なんか安心するというか、
うれしいです。
 
またつらい時はコメント書いてくださいね。

投稿: まりこ→ゆりさん | 2007.09.17 午後 02時44分

まりこさん、お返事ありがとうございます。とても嬉しかったです!あんな自分の気持ちだけ、書いたコメントだったのに、優しい言葉をかけていただいて・・私は全然大人じゃないです。弱い弱い臆病な人間です。

私はまりこさんのこのブログに出会って本当に救われています。失恋して自分が抱いている思いを、同じように抱いている人がいたんだ、そう思えたことで少し心が軽くなりました。

私はまりこさんの書く文章が大好きです。とてもまっすぐな言葉がたくさん並んでいて心にすとんと響いてくれます。かざらないで、ありのままの自分の気持ちを教えてくれるまりこさんに私もたくさんのことを教えてもらっています。
私もかっこつけずに、こうやって素直に自分の気持ちを伝えられる人間になりたいって思っています。
なんだか、生意気な言い方ですね・・ごめんなさい。

まりこさんのブログを印刷して辛い時はそれを読み返して心を落ち着かせています。特に今一番救われている言葉は、

‘生きていくのはひとり。誰かと一緒にいればひとりじゃなくなることなんてない。誰といても、1人でいることに変わりはないと思う。,というまりこさんの言葉です。

寂しがりやの私は人を好きになるたび一緒にいれば、この寂しさがなくなるかもしれないと思っていました。でも、そうじゃないんですね。誰といても寂しさを感じる瞬間があってもいいんですね、一人でいることにかわりはないんだから。そう思ったら心が少し楽になりました。

彼がいないんだという現実をちゃんと受け入れることは今でもまだなかなかできないけれど、まりこさんのブログに出会って、まりこさんの言葉に出会って、前よりは受け入れることができたかなって思います。

今でも彼に会いたくなるけれど、今会うことは私にとってはいいことじゃない、ためになることじゃない、会いたかったのはただただ彼をつなぎとめておきたかっただけでした。

彼と別れてもうすぐ一ヶ月、最後に彼にあってからはまだ四日、彼と別れてから時間がすぎるのが本当に遅いです・・

あせっているつもりはなくても、早く早くってどこかで思ってしまうんですね。そう思えば思うほど早くできない自分が辛くなるのに。

また長々とコメント書かせていただきました。まりこさん、本当にありがとうございます。まりこさんのブログに出会えたことを本当に感謝しています。
また遊びにきますね。

投稿: ゆり | 2007.09.11 午後 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■もう来ないでほしい。07今年最後のセミ登場。:

« ■大丈夫なんかじゃない。私は大丈夫なんかじゃない。 | トップページ | ■「THE COVER NIPPON」で買い物。そして言いまつがい。 »