« ■10年ぶり以上の再会。みなさんお元気でしたか? | トップページ | ■追われるこの感じ。夏休みの終わりってこういう感じだった。 »

2007.08.28

■思いっきり泣くこともできない。突然さよならなんて…。

突然、何の前ぶれもなく、付き合っている人から、「別れよう」って言われたら、あなたはどうする?
そんな予兆もなく、この前会った時は、普通に笑っていたのに。
今日会ったら「さよなら」だなんて。

  
今日のblogの順位は?ココです。

        
友達のGが、突然のさよならを言われた。
笑って遊んだデート。
そして次に会った時に、別れの言葉。

    
全く、全然考えていなかった「さよなら」。

     
「別れよう」って言われた時、 
「えっ…」って言葉を失ったって。

    
「…どうして?…私何かした?」。

        
そのGの言葉への、彼の答えは、

「何もしてないよ。俺たち合わないと思う。
 ずっとそう思ってた。
 ごめん。お前は何も悪くない。オレの気持ちの問題だから。
 ごめん…」。

     
これを言われたら、もう何も言えなかったって。
あまりに突然のことで、
その場では、
「あ、そうなんだ」って、受け入れるしかできなかったって。

      
「だって、何を言ったらいいの?
 謝られたら、何も言えない。
 私は悪くないって言われたら、原因は私にないなんて言われたら、
 ふたりは合わないって言われたら、そんなこと言われたら、
 何って言っていいのか分からない…」。

    
そうだよね。
何も言えないよね。
Gの性格ならなおさら。

   
好きの気持ちがなくなったからって、謝られるのって、
すごく悲しい。
みじめな気持ちになる。

   
謝られたら何も言えない。
責めることさえできない。

   
私もふられる時、
「オレの気持ちの問題」って言われたことがある。

   
気持ちの問題。

  
それは、もう好きじゃないってこと。
あなたの気持ちの問題だから、
私が努力することも、何かをすることもできないってことだ。

      
突然さよならを言われて、
この「あなたが好き」っていう気持ちは、
どこに持っていけばいいんだろう。

   
まだあなたのことが、こんなに好きなのに。
これっていう理由もなく、恋が終わっちゃったら、   
私はどこへ行けばいいのよ。

    
そんな気持ちになるような気がする。

   
Gの彼への気持ちは、
今も、ぽっかり宙に浮いたままです。
    

まだ、おもいっきり泣くこともできないって。

      
恋が終わる時は、
その別れの理由、
何かを責める理由を与えてよ。

   
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。友達の新しい就職先が決まりました。会社の場所は、六本木の東京ミッドタウン内だって。やるなあ。

|

« ■10年ぶり以上の再会。みなさんお元気でしたか? | トップページ | ■追われるこの感じ。夏休みの終わりってこういう感じだった。 »

コメント

こすしさん
コメントありがとうございます。
 
こすしさんへのコメントの返事は、ブログの本文で書きたいと思います。
もう少し待っていてくださいね。

投稿: まりこ→こすしさん | 2007.09.16 午後 06時58分

まりこさん、初めまして。そして、少し前のブログなのにコメントすることをお許しください。(しかも長いです・・・)

私も突然の別れを最近したばかりで、今までにない苦しさで途方にくれています。

彼は、同級生でした。それまでも2年ほど友達してきましたが、特に何もなく、半年前、突然向こうから言われ、付き合うことになりました。

初めての彼氏でした。今までどうしても付き合うまで行かなかった私に、本当に希望の光が見えた瞬間でした。

半年とはいえ、本当に長い時間、一緒にいました。学校では実習があり、その班も同じだったのです。私は上手く行っているとばかり思っていました。

それがこの夏の旅行の最終日の夜、何気ない会話から、別れたいと言う話になってしまったのです。

それまで、特にケンカをしたこともありませんでした。

しかし、彼は、もう知りたいと思えるところがない、優しいところが好きだけど、付き合ってみたらそれだけだった、中身に魅力を感じられない、新しく好きな人ができたらそちらに行ってしまうだろう、自分を知ろうとしていない、もっと魅力的に生きたほうがいいと思う・・・
想像もできなかった言葉をいわれました。

私は今まで、外見で勝負できるタイプではないと思っていたので、中身を大切にしてきたつもりなのに、そんなことまでいわれてしまいました。

結局、話をしても取り付く島もなく、数日後、別れました。

けど、実習で毎日一緒なのです。辛くて辛くて、もうどうしたらいいのか分かりません。どうにか立ち直るヒントを得たいと本を読んだり、ネットで探したりしていたら、ここにたどり着きました。

全部ではないですが、長くてすいません。
まりこさんの本、読んでみたいので、明日にでも探しに行こうかと思います。

投稿: こすし | 2007.09.09 午後 10時16分

りんごまるさん
人の気持ちって難しいです。
自分じゃコントロールできないことも多いし。
 
「人を好きになる気持ち」は、難しいです。
 
>でも結婚は彼氏としたい。彼とは結婚を考えられないんです。
 
私は、恋と結婚って違うと思うんです。
結婚する人っていうのは、
それまで恋をしていた人とは、全然違うタイプってこともあるし。
 
でも、根本には「好き」っていう気持ちがないと、結婚はできないと思うけど。
 
>でも、でも、忘れられないんです。

忘れようと思えば思うほど、募ってしまう想いってありまよね。
そこが、難しいところ。やっかいなところで。
  
一晩で終わったから、
余計に想いが募ってしまったってこともあるかもしれないし。
 
心は本当に難しいです。
 
すべてを、自分の満足いくように、手にしようとすると、
こぼれてしまうものがあるように思います。
  
自分にとって何が1番大切なのか、
覚悟を決めて、前に進むことが必要な時ってあると思います。
  
コメントありがとうございました。
つらい時はまたコメント書いてください。

投稿: まりこ→りんごまるさん | 2007.09.06 午前 01時17分

yamameさん
>大きな悲しみの波に飲み込まれそうになった時には、 このブログに来て涙をぬぐいました。

このブログをみつけてくれてありがとうございます。
そんな気持ちの時に、読んでくれて、コメントをくださって、
ありがとうございます。

yamameさんの気持ち、分かる部分が大きくて、
読んでいて胸が苦しくなりました。

私が10年近く付き合って、別れを告げられた時の気持ちが、たぶります。
 
>暗闇の中でひたすら時間をやり過ごしてきました。

分かります。この気持ち…。
私は、時間をやり過ごすために、仕事に没頭しました。
没頭というより、逃亡だったかな。
 
>過ぎ去った思い出が次々と浮かんできて、半年近く経った今でも涙がポタポタと落ちて止まりません。
 
涙が突然出てきちゃうんですよね。
頭で「悲しみ」を認識する前に、感情の方がカラダを動かすって感じでした。
はっと気がつくと涙が流れていた時期、ありました。
 
yamameさんは、今は絶望の淵、悲しみの底にいるんですね。
何も見えない。真っ暗な闇の中にいる。
未来も光も、何も見えない。
そんな場所にいるんですね。
 
その場所にいることしかできない時期ってあると思います。
すぐに前になんて進めないし、進まなくていいんだと思うんです。
 
でも、心は自分が思っているより強いです。
そして、時間の流れは、思っているより、傷を癒してくれます。
 
だから、もう少ししたら、少しずつでも前に進める気持ちが湧いてくると思います。

大丈夫。心は自分が思っているより本当に強いです。
人生に無駄な経験なんてひとつもないです。

そして、終わった恋は、それが突然の終わりだったにしろ、
予感しつつの別れだったとしても、
好きだった気持ちが深ければ深いほど、
忘れることはないんだと思います。
 
それは、つらいだけの記憶じゃなくて、
生きている力になる記憶になる時がくるような気がします。
 
つらい時は、いつでもコメント書いてください。

投稿: まりこ→yamameさん | 2007.09.05 午前 01時30分

注水さん
恋の終わりだけでも苦しいのに、
その後も、別れを告げてきた彼女とのやり取りに、苦しい想いをしているんですね。
      
自分はつらいから、さみしいから、
自分を受け入れてくれる人に、自分の感情をぶつけてしまう。
 
それを相手が受け入れてくれているから、
自分が相手を傷つけているって気がつかないのかな。
それとも、気がついていても、自分が大事なのかな。
 
うーん。

でも、もしそれでも、好きだった人から頼られれば、受け入れてしまう。
  
心って複雑です。
 
>まりこさんの本を読んで、まだ失恋を実感出来ない部分と強引にでも気持ちを断ち切らなければならないのかもと思う気持ちで毎日ぶれています。
   
自分の心が自由になるのは、どの道なんだろう。
未来の自分がしあわせになるのは、どの道なんだろう。
 
私は、こんな気持ちで、進む道を決めることが多いです。
 
目の前の事に縛られないで、
先にいる自分にどうする事がいいかって、自分に確認すること多いです。
 
未来の注水さんが、笑っていられる道を選べるといいなと思います。
 
どうするか決めるのは、注水さんだと思います。
彼女がどうこうじゃなくて、注水さんがどうしたいかだと思います。
 
苦しい中でのコメントありがとうございます。
本を読んでくださってありがとうございます。 
 
つらい時は、コメント書いてください。
 


投稿: まりこ→注水さん | 2007.09.05 午前 12時56分

まりこさんはじめまして。

突然の別れ。私も共感します。
実は先日長年付き合っている彼氏と婚約をしました。

その半年前、仕事関係で彼と出会いました。
何度かご飯に行き、会うようになり、そして一晩過ごしました。
その翌日からです。
それまで毎日あったメールと電話が全く無くなりました。
きっとその一晩で私と合わないことを確信したんでしょう。

私はまだ彼を好きな気持ちがあります。
忘れるために彼氏との結婚話を進めている気がします。
でも結婚は彼氏としたい。彼とは結婚を考えられないんです。
結果的にはあの日に終わって良かったんですよね。
そうでなかったら今でもズルズル関係が続いていたと思います。
でも、でも、忘れられないんです。
この気持ちが間違っていることは分かっているし彼氏には申し訳ないのですが…。
長々とすいません。

投稿: りんごまる | 2007.09.03 午後 11時32分

はっぱさん
>悪いのは私じゃないって・・・ひたすら自分が悪いということ言ってた・・・。
 
自分に非がないって言われても、心は離れていってしまう。
それは、いくら悪くないって言われても、
自分を否定されたことのように感じてしまう。
私はそうでした。
 
>頭では解っているのに・・・。
 
そうなんですよね。
頭では分かってる。

でも、気持ちがついてきてくれない。
心が、現実を受け入れるのを拒んでしまう。
 
恋の終わりは、つらいです。切ないです。
 
でもでも、そんなつらさを乗り越えて、みんな成長するっていうか、
いろいろ経験してこそ、
自分らしく生きれる道を見つけられるような気がします。 
  
またのぞきに来てください。
つらい時は、コメント書いてください。

投稿: まりこ→はっぱさん | 2007.09.02 午前 02時47分

インコさん
家族から離れてひとりでがんばっている中での、突然の別れ。
 
どこに心を休めに行っていいのか…。
何を頼っていいのか…。

体調を壊すのなんて、当り前の状況です。

それのに、インコさん、すごいです。
  
>時間は前にしか進まないので、必ず来る別の未来のために今はゆっくりと傷を癒そうと思います。人を愛するにはパワーが必要ですからね。

こう思えるなんて。すごい。
すごいです。
 
そう。時間は前にしか進まないんですよね。
自分は立ち止まっていても、
まわりは、そんなのおかまいなしに、動いていってしまう。
 
でも、前にしか進まない時間は、
自分が少しでも動いてみると、すぅっと、背中を押してくれる時もある。
 
時間ってすごいと思います。
 
ゆっくりで全然いいんですよね。
自分の心が前に進む速度に合わせていっていいんだと思います。

人生に無駄な経験なんてないです。
その人が越えられない困難は、やってこないって聞きました。

今回の別れは、次の恋に出会うために必要な出来事だったんだと思います。 
  
またのそきに来てください。
つらい時は、オーストラリアからコメント書いてください。

投稿: まりこ→インコさん | 2007.09.02 午前 01時56分

貴子さん
このブログが読めないほどの絶望感…。
大丈夫ですか?
心配です。
 
私は、ふられた後、音楽がまったく聞けない時期がありました。
気持ちがすべてを拒否するような感じで、
聞きたいのに、聞けないっていう、状況になったこと、あります。
  
そして、
早くすっぱり忘れた方がラクなはずなのに、
心のどこかで「彼を忘れたくない」っていう気持ち。
 
私も、ありました。

このことについては、ブログ本文の方で書きたいと思うので、
もう少し待っていてくださいね。

投稿: まりこ→貴子さん | 2007.09.02 午前 01時41分

彼の転勤をきっかけに一緒に暮らすはずだった私たちでしたが、その先にあったものは結婚ではなく、突然の別れでした。
私のことを嫌いになった訳ではないけれど、新しい場所で人生を賭けてやりたいことを見つけてしまったというのがその理由でした。彼には「自分のわがままだから」と言われました。

それから、今まで以上に仕事に打ち込んだり、新しいことを始めたり、空いた時間は何も考えないように沢山の本を読んだりして、暗闇の中でひたすら時間をやり過ごしてきました。
大きな悲しみの波に飲み込まれそうになった時には、このブログに来て涙をぬぐいました。
それでも、友人時代からの時間も含めて8年間にも及ぶ彼との沢山の思い出を消し去ることはできなくて、彼のことを思い出さない日は一日たりともありませんでした。
忙しく過ごしている日々の中、電車に揺られながら流れる景色をぼんやり眺めていると、昨年の今頃は・・その前の夏は・・、と過ぎ去った思い出が次々と浮かんできて、半年近く経った今でも涙がポタポタと落ちて止まりません。

ついこの間までは本当に幸せに過ごしていたのに、もう二度と、彼の顔を見ることも声を聞くことも叶いません。
ほんの少しでも私のことを思い出すことはあるのだろうか、それとも自由になって充実した毎日を過ごしているのだろうか、もう新しい人と新しい人生を歩み始めているのだろうか・・・
その答えを探すかのように、悲しくなるほど彼の夢を何度も何度も何度も見ました。

これから10年、20・・・、そして人生が終わる時、もう彼の顔を声もぼんやりとしか思い出せないくらい彼方の記憶になってしまったとしても、突然終わってしまった恋は、心の深い場所で永遠に生き続けているような気がします。

投稿: yamame | 2007.09.02 午前 01時31分

じのりんさん
コメントありがとうございます。
そして、本を読んでくださってありがとうございます。
2冊とも読んでくだすったんですね。
うれしい…。
  
じのりんさんも、苦しい別れの経験、あるんですね。
でも、
>恋の味を知りたければ失恋に勝る方法はない、と
 いう言葉もあります・・・・。
 
と、言えるなんて、別れの悲しみを越えることができた大人だ。
   
>でもその一方で幸せになるのが上手な人もいる。
 この違いは一体何なのでしょうね。
 
確かに。
失恋もなく、何の問題もなく、
好きな人と付き合えたり、結婚したり、
悲しい恋や別れなんて経験しない人、いますよね。
 
でも、悩みが全然なくて、苦しいこと、つらいコトが「ゼロ」っていう人は、
いないような気がします。
   
何かしら、悲しみは抱えているような気がするんだけどな。
人って、欲張りだし、わがままだから。
 
しあわせになるのが上手な人もいるけど、
しあわせな感じを人に見せるのが上手な人も、いるように思います。 
   
いつもブログ読んでくださって、ありがとうございます。
またのぞきに来てください。

投稿: まりこ→じのりんさん | 2007.09.02 午前 01時28分

はじめまして。注水です。私は男ですが、まりこさんの本を読まして頂きました。私がここに来たのも失恋があって、自分の気持ちに整理がつかない日々が続きました。失恋してから半年。いまだ涙が出てきません。からっぽになった心の空洞に音だけがいつまでも反響し鳴り止まない状態です。私も別れを告げられた時、「嫌いになったわけじゃないけど、他に気になる人がいる。でも私の事は大事な人。感謝してもしきれない程大切な人。」こんな事を最後の最後で言われ、時々仕事の悩みや新しい彼氏との愚痴などを一方的にメールしてくる。夜中に泣きながら電話がかかってくる。
私の中の気持ちを整理するより先に、次々に彼女から連絡が来る。泣く暇も与えないぐらいに。

まりこさんの本を読んで、まだ失恋を実感出来ない部分と強引にでも気持ちを断ち切らなければならないのかもと思う気持ちで毎日ぶれています。

投稿: 注水 | 2007.08.31 午後 11時10分

まだ自分の中で終わらせられない、私の恋と似た状況で心が痛くなりました。
私も突然スッパリ切られ、その状況について行ませんでした。
でも悲しいという気持ちだけははっきりしていて・・・。
悪いのは私じゃないって・・・ひたすら自分が悪いということ言ってた・・・。

所構わず涙が出る毎日でした。
今は常にそんな状態ではなくなりましたが、気持ちは
前に進めないままです。
頭では解っているのに・・・。
辛い思いをしてる方、多いんですね・・・。


投稿: はっぱ | 2007.08.31 午後 04時50分

爽oさん
コメントありがとうございます。
いつも読んでくださってありがとうございます。
 
>すっごく共感するお話だったので転載させてください。
 
ぜひぜひ転載してください。
その時は、ブログ名か、
「遠野まりこ」の名前を入れていただければと思います。
  
丁寧な、転載の確認のメールありがとうございました。
気に入った記事があったら、じゃんじゃん転載してください。
 
またのぞきに来てください。

投稿: まりこ→爽oさん | 2007.08.30 午後 05時38分

ゆうこ☆ミさん
みんなと会って、元気もらったような気がします。
 
>お互い別れが近づいてるのを感じながら別れるのなら どれだけ良かったか、どれだけ苦しまずに済んだか、 もっと楽になれたんじゃないだろうか・・・・ってグ ルグル思っちゃいます。
 
別れが近づいているのが分かっていた別れのつらさと、
突然の別れのつらさって、
違うんですよね。
 
別れが分かっていながらいっしょにいるつらさも、胸がつぶれそうに苦しい。
でも、覚悟みたいなものは持てるかもしれないし。
 
突然の別れは、あまりに急なことで、
別れの後に、自分の気持ちをどこに持っていっていいのか分からない。
  
それぞれに違った痛みがあるですよね。
いつか、それについてもブログで書いてみたいと思います。
 
Gのその後ですね。
今はまだ悲しみの中にいるけど、どう前に進んでいったのか、
私も、前に進めたGを書きたいです。

投稿: まりこ→ゆうこ☆ミさん | 2007.08.30 午後 05時32分

emiko-a.i.eさん
コメントありがとうございます。
このブログのコメントは、認証式なので、
すぐに反映されないんです。
不安にさせてしまってすみません。
 
もうひとつのコメントも読ませていただいてます。
 
Gと同じような恋の終わりだったんですね。
うーん。

つらいっていう気持ちだけじゃ、表現できないですよね。
何でっていう気持ちと、もう追いかけてもどうにもなっらない状況と、
あまりに突然で、別れを受け入れられない心。
 
そんなGにかける言葉が見つかりませんでした。
 
Gも「彼のイヤな所が思いつかなくて、気持ちが整理できない」って言ってました。
 
たくさんのブログの中から、
このブログを見つけてくださってありがとうございました。
 
つらい時は、コメント書いてください。

投稿: まりこ→emiko-a.i.eさん | 2007.08.30 午後 05時10分

まりこさん、はじめまして。
私もちょうど1ヶ月前にGさんと似たような状況で彼と別れました。私は仕事の都合上オーストラリア在住で、彼もオーストラリア人。故郷や家族から遠く離れた地で生きる私にとって、彼の存在は心の…魂の支えでした。あまりの喪失感に抗鬱薬のお世話になりながらも、少しずつ少しずつ前に進むための力を蓄えています。彼とのことが「過去」になるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、時間は前にしか進まないので、必ず来る別の未来のために今はゆっくりと傷を癒そうと思います。人を愛するにはパワーが必要ですからね。

投稿: インコ | 2007.08.29 午後 01時00分

まりこさま

こんばんは。
ご無沙汰しています。
3月に温かい励ましのコメントを頂いた、貴子です。

あれから少し経った頃は「前に進めるかな?」と
思えていたのですが、突然に大きな絶望感がぶり返してきて
しばらくこちらにお邪魔することすら
辛くてできない状態でした。

私も、別れの言葉を告げられた後、
別れるほんの少し前に彼がくれた
いつもの楽しいメールを
何度も読み返しては
『ほんの少し前はこんなメールをくれていたのに
 どうして?』と悩みました。

人の気持ちは日々変わるものなのでしょうけれど
時にそれはとても残酷ですね。

私はあれから、心の中のどこかで『彼を忘れたくない』と
いう気持ちが生きているままです。

早くすっぱり忘れた方がラクなはずなのに
どうしてなんだろう?と自分でも戸惑っています。

まりこさんもこんな気持ちになったことはありますか?

投稿: 貴子 | 2007.08.29 午前 11時52分

まりこさん、はじめまして。
先日まりこさんの2冊の著書を読み、自分の終わった
恋と重ね合わせて涙が出ました。
皆、苦しい恋をしているんだなぁ・・・。
でもその一方で幸せになるのが上手な人もいる。
この違いは一体何なのでしょうね。
そうそう、恋の味を知りたければ失恋に勝る方法はない、と
いう言葉もあります・・・・。 

これからもブログ楽しみにしていますね。

投稿: じのりん | 2007.08.29 午前 12時19分

まりこさん初めまして。
いつも、まりこさんのブログ見てます。
いきなりですみませんが、すっごく共感するお話だったので転載させてください。

投稿: 爽o | 2007.08.28 午後 10時04分

まりこさんこんばんは。
久しぶりの再会はとても楽しかったようですね☆
ィィエネルギーをもらってきたんじゃないですか!?笑

突然のさよならってホントに苦しいですよね。。。
お互い別れが近づいてるのを感じながら別れるのならどれだけ良かったか、どれだけ苦しまずに済んだか、もっと楽になれたんじゃないだろうか・・・・ってグルグル思っちゃいます。
突然のさよならに限って、別れの理由や意味も全く意味もわからなくて。突然だからこそ意味が分からないのかもしれないのかな・・・・。ホントに辛いですよね突然のさよならは…泣
「恋が終わる時は、
 その別れの理由、
 何かを責める理由を与えてよ。」
この言葉すごく納得できます。理由が見つからないせいかぽっかりしてて前にも進めないですょ、まりこさん。
良かったらGサンの今後も聞いてみたいです☆

投稿: ゆうこ☆ミ | 2007.08.28 午後 08時13分

はじめまして!私もほんの一ヶ月前にGさんと同じ状況に…。

Gさんの気持ちが自分のことのように痛み、苦しくなって初コメントしました。

このブログにお邪魔するようになったのも、その失恋がきっかけ…。その彼に最後に(タイミングで始まって、タイミングで終わっただけだよ)と…。

私も笑顔の彼が胸の中で、自分に時々微笑みかけてくる時があって苦しいです。

投稿: emiko-a.i.e | 2007.08.28 午後 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■思いっきり泣くこともできない。突然さよならなんて…。:

« ■10年ぶり以上の再会。みなさんお元気でしたか? | トップページ | ■追われるこの感じ。夏休みの終わりってこういう感じだった。 »