« ■28歳なんて、結婚できるかどうか悩む必要なんて全然なかった。 | トップページ | ■藤原紀香はホームラン婚?そしてあの披露宴の感想。 »

2007.05.31

■さっきすごい雨が来た。あの時…、別れが来た。

さっき、雨がダッーと降ってきた。そして風も、嵐みたいにゴーって吹いてきた。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。

  
空気が重くなって、雨の匂いがしてきたから、
これは大雨が来るって感じがして、
部屋のTVもラジオも消して、雨が降るのを待っていたんだ。

  
そしたら、来た。
すごい雨が来た。

  
でも、もうやんじゃったけど。

  
今は、雷が小さく鳴っています。

  
ずっと前の、ある人との別れの時ね、
なんとなく彼から、悲しい言葉を言われるような気がしていたけど、
そんな予感は無視していた時期があった。

   
すごく遠くに「別れる」って言葉は浮かんでいたけど、
まさかね、って思って、心に何の用意もしなかった。

  
でも、来た。
すごい別れの言葉が来た。

 
何の用意もしてなかった私は、
つらさと悲しみのどしゃぶりの中にたたずむしかできなかったです。

 
でも、心の奥では、
「やっぱりなあ」って気持ち、あったんだ。

  
こうなること、すごく怖くていやだったけど、
分かっていた部分、あったと思う。

  
なのに、無防備で…。

  
傷つくだけ傷ついちゃった。

  
あの時の別れから、私は
「やっぱり。そうでしょう」っていう、
気持ちのカサを持つようになりました。

  
すごい雨の音の中にいたら、
なぜかあの時のことを思い出してしまいました。

   
明日は晴れるといいな。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いしますblog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

|

« ■28歳なんて、結婚できるかどうか悩む必要なんて全然なかった。 | トップページ | ■藤原紀香はホームラン婚?そしてあの披露宴の感想。 »

コメント

nagisaさん
>「どこかで恋に溺れている自分を、冷静に見ることのできる心」。
 どうしたらそのような心を持つことが出来るんでしょうか。
 
うーん。
どうしたら持つことができるんだろう。
 
これって、人それぞれなんだと思うんです。
そして、難しい。
 
恋の渦中にいると、自分の気持ちのコントロールができないですよね。
頭では分かっていても、「じゃあどうすればいいのよ」って感じになってしまう。
 
私もそうでした。
溺れているって分かっていても、恋は盲目って分かっていても、
その自分をやめることがなかなかできなかったです。
 
じゃあどうやって、冷静な心を持つようにしたのか。
 
私は、あくまでも私の場合ね。
私は、人の話をよく聞くようにしました。
 
自分の恋を「そんな恋は間違っている。やめた方がいい」っていう意見を言われても、
「そんな、全然彼のことも分かってない!」って思う心もあったけど、
人が言ってくれた、その言葉を何度も何度も心の中に入れました。 
 
興味本位じゃない、自分のことを考えて言ってくれる言葉を、心の中にどんどん入れました。
 
溺れている自分に言い聞かせるみたいに。
 
恋に溺れている時は、自分の考えや判断は正しくないって思ったから。
 
そうやって、冷静な心を大きくしていたような気がします。
 
でも、溺れる自分を冷静に見る方法は、
やっぱり自分じゃなくちゃ見つけることができないような気がします。
 
「溺れている」って分かっているnagisaさんなら、
本当は自分がどうするのか、分かっているような気がするんだけどな。
 
答えを出すのをこわがっちゃだめです。
そして、答えを出した自分は信じてあげていいと思います。

投稿: まりこ→nagisaさん | 2007.06.12 午後 04時24分

まりこさん

コメントありがとうございました。
彼と付き合うことを決めた時
お互い外国で生きていこうとしている身なので
大きな覚悟はしました。
付き合い始めてからお互いの持っていた印象と
実際の性格が違っていて
何度か衝突もありましたが
「どんなことでも必ず正直に気持ちを伝える」
というルールを決めていたので
乗り越えてきました。

正直、今私は恋に溺れていると思います。
そして彼は現実を見て行動していると思います。
まりこさんがおっしゃった
「どこかで恋に溺れている自分を、
冷静に見ることのできる心」。
どうしたらそのような心を持つことが出来るんでしょうか。
彼への感情が先に立ってしまって
どうしても現実的に合理的に二人の関係・自分の未来を
見ることが出来ないんです。

投稿: nagisa | 2007.06.08 午後 02時33分

15歳さん
勝手に「15歳さん」ってよんでしまってごめんなさい。
コメントありがとうございます。

15歳というと、中学2年生?3年生かな。

>何かつらい事があるとここに来るんですけど、ブログを見終わるとスーーと心が晴れるんです
 
そうですか。よかった。
でも、これからたくさん恋する15歳さんに、
なんか切ない恋愛話を聞かせてしまっていいんだろうかって、少し不安です。

ま、大丈夫か。
 
これから、恋以外でも、苦しいことはたくさんあると思います。
でも、そのすべての経験は、未来の自分にすごく役に立ってくれるはずだから、
逃げずに乗り越えてください。
人生に無駄な経験なんてないです。
  
苦しい時はいつでものぞきに来てくださいね。

投稿: まりこ→15歳さん | 2007.06.07 午後 08時37分

えまさん
あの「勘」って何なんでしょうね。
自分でも「まさか…」って愕然として、
でもなんとなく納得するような、あの気持ち。
もう味わいたくないです。 
 
>このブログにたどり着かなかったら、
 今の私にはなれませんでした。
 
こんなコメント…、うれしいです。
 
自分の気持ちを、思いつくままに書いているだけなので、
自分勝手な言葉になっていないか、時々心配になります。
だから、こんなこと言ってもらえると、書いていこうって気持ちになります。
 
ありがとうございます。
 
またいつでものぞきに来てくださいね。


投稿: まりこ→えまさん | 2007.06.07 午後 08時28分

nagisaさん
コメントありがとうございます。
恋愛って、本当に人それぞれだから、
正しい答えとか、正しいアドバイスっていうのはないと思っています。  
だから、私の思うこととして書きますね。
  
未来に、「絶対大丈夫」ってことはないと思うんです。
例えば「3年後に結婚しよう」って約束したって、結婚する保障なんてどこにもない。
 
例えば「3年間は結婚しない」って言っていても、1年後に結婚するかもしれない。
 
未来は、今いる場所からは決められないと思うんです。
  
人の気持ちとか、状況って、驚くほど変わります。
同じ状況がずっと続くってない気がします。
 
しあわせも、ふしあわせも、よろこびも、悲しみもみんなずっとは続かないと思うんです。
  
だから、今いる場所から、いくら「未来」のことを考えても、
答えは見えないんだと思います。

未来の分からない状況よりも、
「じゃあ、今自分は何をしなくちゃいけないのか」が大切なんだと思うんです。
 
そして、自分にとって「しあわせ」って何なのか、
じっくり、自分の心に向かい合わなくちゃいけないような気がします。
 
自分が求める、
>毎日好きな人と一緒にいておやすみとおはようを隣で言えるような生活
が、自分にとって1番のしあわせだと思うなら、今はつらくても、自分が目指す未来を選ぶ。
 
自分とは考え方が全然違う、
>私と1ヶ月会わないとしても全く平気な人なんです。
っていう彼と、どんなにつらくてもいっしょにいることが、
自分にとって1番のしあわせだと思うなら、何年でも待つ。
 
自分の本当の気持ちがどっちなのか、それは、自分で決めるしかできないです。
 
人を好きになるって、「覚悟」が必要だと思います。
自分の望みだけが叶う恋はないです。
失う覚悟、何かをあきらめる覚悟も、必要な恋はあると思います。
nagisaさんは、彼との恋に覚悟を持っている?
 
そして、「好き」っていう感情に溺れちゃだめ。
「好き」に溺れたら、何も見えなくなります。
自分の本当の気持ちさえ見えなくなると思います。
私がそういう時期があったから。
 
どこかで恋に溺れている自分を、冷静に見ることのできる心は、必要だと思います。
  
そして、そして、前のブログにも書いたけど、
いっしょになる運命のふたりなら、どんなに離れることになっても、
いっしょになれるんだと思います。
いっしょになってしまう、人生の流れみたいなものが、本人たちが意図しなくても、やってくるんだと思います。

これはあくまでも私の考え方。
 
どうするか。
決めるのは自分でしかできないです。

投稿: まりこ→nagisaさん | 2007.06.07 午後 07時47分

僕は15歳の子供なんですけどまりこさんのブログを見ると自分がちっぽけに感じちゃいます。つらい時このブログを見つけて拝見しました。いつも、何かつらい事があるとここに来るんですけど、ブログを見終わるとスーーと心が晴れるんです。そのブログは僕の支えにもなっているんですね。
うまく言い表せないんですけど・・・

投稿: | 2007.06.03 午後 07時05分

私もまりこさんと同じ様な経験をしたことがあります。
こういうの、勘って言うのでしょうか?
予兆もないのに、なぜか「来る」予感もしていて
でもまさかね。なんて思って認めたくない自分の方が大きかった。

別れた日、
彼と久しぶりに会う約束だったので、会うまではドキドキしてすごく気持ちが高ぶっていたけれど、どこか心の奥の方でモヤモヤがありました。

予感は的中。

普段、当たって欲しい勘は当たらないのに、
なんでこういうときに当たっちゃうんですかね(笑)

辛かったな。あの時は本当に。

でも私はまりこさんのこのブログのおかげで立ち直れました。

このブログにたどり着かなかったら、
今の私にはなれませんでした。

辛かったり、悩んでいるとき、このブログを見ると、
心がスーッと癒される感じがします。
特効薬ですね♪

まりこさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもブログ見に来させて頂きます。
応援しています。

投稿: えま | 2007.06.01 午後 11時21分

まりこさん、初めまして。
彼を想って寂しくなったり悲しくなると、いつもまりこさんのblogを拝見しに来ています。
まりこさんのblogにはとても心に響く言葉があふれていて、心の深い部分に染み渡る感じがします。長い文章になってしまいましたが、もしよろしければ私の話を聞いていただけますでしょうか。

私は28歳で、今アメリカで大学院に通っているのですが、今年の8月で卒業し、付き合っている彼と遠距離恋愛しなくてはならなくなるので途方に暮れてしまっています。そして私が一番恐れていることは距離が離れることによってお互いの気持ちが離れてしまうことなんです。Blogでまりこさんがおっしゃっていましたが、そこで離れてしまうようならやっぱり私達はそういう運命だったということなのでしょうが、そう思うしかないんだと自分に言い聞かせても、彼の心が離れてしまうことがとても怖くて怖くて仕方がないのです。

私達は付き合ってまだ半年で、彼はクラスメイトの3歳年下の中国人(永住権保持者)です。彼は9年間海外でひとりで生きてきて、つい数ヶ月前アメリカの永住権を取得しました。彼にとってはアメリカで成功する事と自分の家族の将来が一番で、自分が誰かを好きという感情は絶対に最優先事項にはならない人です。何かあれば自分がどんなにその人を好きでも、その人と別れて忘れることが出来るんです。普段もあまり連絡をくれないし、私と1ヶ月会わないとしても全く平気な人なんです。

私は彼とは全く逆のタイプで、彼とは一緒にいないとダメなんです。できるだけ会いたいし、話したい。それを彼に伝えると「君は子供だ。もっと大人になれ。今は他にもっとやらなきゃいけないことがあるだろう。僕は中国に帰る気はないし、日本で働くには日本語スキルが足りない。僕達が一緒にいるためには君がアメリカで仕事を見つけるしかない。」と言われてしまいます。私は今まで一度も遠距離恋愛の経験はありません。就職活動を初めてわかったのですが、今住んでいる州では私が仕事を見つけることは難しく、卒業後は今住んでいる州を離れてアメリカのどこかの州で仕事を見つけるか、見つからなければ日本に帰らなければならない、その2つしか選択肢しかありません。彼は私が遠い土地に行っても全く平気なようです。私は一体いつになれば一緒に暮らせるかわからないのに、何で彼は平気なんだろうと思ってしまうのです。万が一仕事が別の州で見つかったとしても、彼と暮らせるようになるには、私が数年そこで働いて職歴を得て、今の州のどこかの会社に転職するか、私が永住権を取得するかの2つの方法しかなく、どちらにしても移民法・ビザの関係で最短で6年はかかってしまうのです。

彼は中国人ですが永住権を持っているので仕事を見つけやすく、今住んでいるこの州から離れる気はないと思います。今はただ彼と一緒にいられるようになるまでのとてつもない長い時間を前に途方に暮れてしまって、ここ数ヶ月毎日泣いて暮らしています。知り合いも誰一人いない遠くの知らない街にひとりで行って、生きていかなければならないことにとても不安を感じています。彼は私が見知らぬ遠い土地で糧にしてがんばれるような将来の事を何も話してくれず、考えてくれているのかそうでないのかもわかりません。結婚の話を先日blogでされていましたが、私も28歳なのでできることならすぐにでも結婚したいと思ってしまっています。でも、彼は5年は結婚する気はないと言っていました。多分それを言ってくれたのは私に期待させないためだと思います。私達のこれからについて長期的な計画もなく、距離的に離れなければならず、彼は全然私の気持ちを表現してくれないので不安になってしまうのです。彼がどういう風に私達の将来を考えてくれているか話してくれたり、長期的な計画があったら、私もがんばれそうな気がするのですが。私は結婚するなら彼しかいないと本気で思っているのですが、好きというお互いの気持ちだけではどうにもならないことがあるんだと痛感しています。彼はよく「君により良い人生を提供してあげたい」と言いますが、私はごく当たり前の生活でいいんです。毎日好きな人と一緒にいておやすみとおはようを隣で言えるような生活、それが私の幸せなのに、彼はちがうようです。

大変長々とすみませんでした。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
もしよろしければアドバイスをお聞かせ願えないでしょうか。

投稿: nagisa | 2007.06.01 午前 04時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■さっきすごい雨が来た。あの時…、別れが来た。:

« ■28歳なんて、結婚できるかどうか悩む必要なんて全然なかった。 | トップページ | ■藤原紀香はホームラン婚?そしてあの披露宴の感想。 »