« ■想い続けていた人が選んだのは友達だった。-雑誌「with」連動ブログ7- | トップページ | ■このブログの記事、本にならないんですか!? »

2007.02.04

■引くに引くけない恋。彼を彼女には渡せない。

ふたまたをかけられている彼女。自分は2番目と言われながらも、彼と別れられないのはなぜ?って聞いたら、もうここまで来たら後にはひけないって気持ちなんだって。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。

  
仕事で知り合ったMは、ある彼ともう2年も付き合っているんだけど、
その彼から付き合う直前に、「実は彼女がいるんだ」と言われて、
それでもその時は、もうお互いに好きだったから、
「2番目」という条件を受け入れて付き合うことにしたんだって。

  
でもMは、2番目でいる気なんて全然なくて、
いつかは彼が1番目の彼女と別れるって信じているの。

  
1番目の彼女も、Mの存在は知っている。
彼もそのことは分かった上で、Mとの関係と続けている。

 
生活は普通じゃないよ。
平日の時間がある時と、週末はMとMの部屋で過ごして、
日曜とか、休みの日とか、夏休みとかの長期休暇は、1番目の彼女と過ごす。

  
それを、それぞれの彼女は知っていて、納得している。

  
「納得なんてしてないよー。自然とそうなっちゃうっていうか…。
 私ががまんすると、彼女がよろこぶでしょう。だから週末は絶対に譲れない」
ってMが怒りながら言ってた。

  
1番目の彼女も、同じみたいなんだけど。

  
どちらかが彼に「別れたい」って言えば、
彼はもう一方の彼女のところに行くだけ。

  
だから、彼と離れたいって言った方が損というか、
負けになるって状況みたい。

   
「あきらめなかったら、いつか彼は自分の方に来てくれるって思うと、
 こっちからみすみす彼を手放すことなんてできないよ」

 
Mの話を聞いていると、なとなく気持ちは理解できるの。

  
待っていれば必ず来てくれる人を、
待たない手はないっていうのかな。

  
相手が根負けするのを待っている。

  
がまんした方が勝ちの、がまん大会になっているんだと思う。

  
「引くに引けない」ってこういうことを言うのかな。

  
でも、このままどちらの彼女も彼をあきらめなかったら?

  
これも恋愛のひとつのカタチ?

  
こんな状況普通じゃないって分かっていても辞められない。

  
まるで、ギャンブルみたい。

  
パチンコとかスロットとか、
次は出るかも、次は大丈夫かもって思う気持ち。

  
今自分がこの席をあきらめたとして、次に座った人に大当たりが出たら…。

  
それを思うと今は大損しながらも、辞めることができなくなる。

  
Mの恋もバクチだね。

  
そう言っても、それを知っていても、彼のことがあきらめきれないMの恋です。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!  

|

« ■想い続けていた人が選んだのは友達だった。-雑誌「with」連動ブログ7- | トップページ | ■このブログの記事、本にならないんですか!? »

コメント

ルルさん
「好きだからという理由でどこまで許されるのか」。
この問題って難しいですよね。
答えはないんだと思います。
人によって許せる範囲も違うだろうし。

人から相談されるって、その人に何か力を感じるからだと思います。
今のルルさんには、人に何かを与えられる雰囲気があるのでは。
これって、いいことだと思います。
充実しているってことのような気がします。

恋は、苦しいです。
でもその苦しみがあるから、気持ちが通じた時の、
あの気持ちを味わえるんだと思います。

投稿: まりこ→ルルさん | 2007.02.08 午前 02時09分

こんばんは。ルルです。今日は、前ふりを入れる元気はないです・・。今日は、巻き込まれる形である恋愛談を聞いてきました。その人は相手に依存していて、浮気性があっても一緒に居たいと言っていました。相談された方とは面識がなく今日で二回目でしたが、その人を見ていたら用があると断れませんでした。だって、それは昔の自分を見ている気がしたので。ただ、その対象になっている人とは友達(たまに会う程度ですが)なので、余分なことが言えない苦しい立場でした。正直に言ってしまえば、友達と俺は恋愛観では対象的です。その方は、何度も俺の前で友達に電話していましたが、友達は(最初俺に相談しているのは秘密だったので)他人事のような振る舞いだったと聞きました。そして、俺が元気がないのは、なんでこういう人にはうまくいって(カレカノ成立までは)なんで俺は駄目なんだと思ってしまったからです。話を戻して。相手は友達のことをすごく好きで別れたくないと言っていました。でも、好きだからという理由でどこまで許されるのかという俺自身が投げかけた疑問が自分にかえってきました。俺も今すごく不安ばかりで正直、人の別れ話など聞いている気分でもなかったです。俺も気になっている人の事を知りたくてあの手この手尽くしています。けれど、何もない・・。また、同じ目にあうという不安がよぎり、でも、自分の期待通りにはならないという冷静な面もある。知りたいと思うほどわけがわからなくなります。今、すごく苦しいです・・でも、自分で決めたみち自分でけじめをつけないと。電話して浮かれたわけじゃないですが、こういうことに苦しむ日がいよいよ到来です。ちなみに、その相手にもどちらを選ぶにしろ傷つくといいました。でも、新しい出会いきっとあると付け加えましたけど。俺もそうです。苦しいけど、いつか笑って話せる日が来る日を信じて。今はトライです。

投稿: ルル | 2007.02.06 午前 01時43分

ぴぃ☆さん
こんにちはー。
本、今は書店に置いてないんですよね。
ごめんなさい。

with読んでくださったんですね。
ありがとうございます。
はずかしい…。
あの写真は、身近な人たちからは、「いつもの方がいい」って言われることが多くて。
だから、ぴぃ☆さんに
「優しさが顔に出ている」って言ってもらえてうれしいです。

好きな気持ちを忘れるって、そんな簡単じゃないですよね。
「忘れよう」って思っているうちは、
多分どんなにがんばっても忘れられないんだと思います。
「忘れよう」って思ってることを忘れる時が、早く来るといいですね。

「ゆっくりと前へ」です。

「このブログの記事が本に」って書いていただきありがとうございます。
うれしかったので、ブログ本文に載せちゃいましたー。

また遊びに来てください。


投稿: まりこ→ぴぃ☆さん | 2007.02.05 午前 12時50分

すずのさん
コメントありがとうございます。
すずのさんのブログにもおじゃましました。
モテオーラが漂ってました。
ふ、ふ。

ランキング応援させていただきました。
でも、カテゴリーがパソコンだったので、驚きましたー。

また遊びに来てくださいね。

投稿: まりこ→すずのさん | 2007.02.05 午前 12時42分

私は元No1.ホステスです(^^)

とってもいいブログですね(^^)

参考になります!!
よかったら、私のも覗いてください☆

投稿: すずの | 2007.02.04 午後 07時14分

こんにちは、お久しぶりです☆
本、どこへ行っても「お取り寄せ」ネットで買おうかと思ってます。
with読みました!遠野さんのお写真見て、優しさが顔に出てるな~って思いました。
どの話も頷ける内容でした。
遠野さんのコメントも参考になりました。

先日振られた元彼、実は一度復縁したけどダメになりました。
で、この前告ってもダメで(笑)
やはりうまくいかないもんですね。
でも、そんな彼でも好きなんです。
のんびり忘れようと思ってるんですが、彼を思う気持ちと新しい恋を見つけようって思い、いまのとこ同時並行です(^_^;
ちょっと占いを信じてるとこあって、今までの彼と違うのは占い師も驚くぐらい相性がよい、と。
年に一回行くか行かないかですが、どの占い師にもそう言われて…
占い信じるのも程々って思うんですが(笑)

話長くなってすみません。
何が言いたいのか分からなくなってしまいました(笑)
このブログの記事、本にならないんですか!?

投稿: ぴぃ☆ | 2007.02.04 午後 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■引くに引くけない恋。彼を彼女には渡せない。:

« ■想い続けていた人が選んだのは友達だった。-雑誌「with」連動ブログ7- | トップページ | ■このブログの記事、本にならないんですか!? »