« ■運命の恋の話1。20年後に再び恋するふたり。 | トップページ | ■運命の恋の話2。「あなたは絶対に私を見つけてくれる」 »

2007.02.06

■どちらかが「さよなら」を言い出すのを待っている。

今から友達と夜ごはんを食べに行きます。でも、待ち合わせまでに少し時間があるので、お茶をしながらの更新。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。

 
もう別れるって分かっているのに、いっしょにいてしまう時間って苦しかったなって思い出した。

    
ふたりの先はないのに、答えは「別れる」ってことしかないのに、
その最後の日が来るまで、会い続けるってなんなんだろう。

    
苦しいのに、会うことを辞められない。
最後の日が迫ってきているのが、ひしひしと感じられるのに。

    
どちらかが「さよなら」を言い出すのを待っている。
もう心がない方は、相手を出来るだけ傷つけないように、
なるべく自分からは別れを切り出すのを避けようとしてしまう。

    
「別れよう」、「別れたい」って言ってしまったら、
相手が傷つくことを知っているし、傷つけるのがこわいから。

    
でも、そんな気持ちでいっしょにいられる方は、どれだけつらいか…。

    
でも、でも、相手から別れの言葉を聞いてしまうのもこわいんだ。

     
だから、心が別れを受け入れらるようになるまで待ってようかなって。

    
もう少し。もう少しって…。

    
そういう気持ちであの人と待ち合わせていた時の気持ちを思い出しました。

    
今から楽しいごはんなのに。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!今日は春みたいにあったかかったけど、お気に入りのコートなので着てしまいました。

|

« ■運命の恋の話1。20年後に再び恋するふたり。 | トップページ | ■運命の恋の話2。「あなたは絶対に私を見つけてくれる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■どちらかが「さよなら」を言い出すのを待っている。:

« ■運命の恋の話1。20年後に再び恋するふたり。 | トップページ | ■運命の恋の話2。「あなたは絶対に私を見つけてくれる」 »