« ■どちらかが「さよなら」を言い出すのを待っている。 | トップページ | ■もう私からばっかり電話するっていう関係はやめる。 »

2007.02.07

■運命の恋の話2。「あなたは絶対に私を見つけてくれる」

突然彼の前からいなくなった彼女。その理由は?数年後に彼が見つけた彼女が笑顔で言ったコトバは?信じられないような事実って?
信じる力ってこんなにも強いんだ。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。 

     
私が知り合いなのは、男性の方。
大学時代の友達の先輩で、よくごはんに連れていったもらった人です。

  
見た目も性格も豪華な人で、見た目はかなりこわい人なんだけど、
でもものすごく優しい人だった。

  
先輩には大学時代付き合っている人Lさんがいたんだけど、
卒業のちょっと前に突然いなくなってしまって。

  
先輩もいろいろ探したんだけど、消息は分からずだった。

  
そして、先輩はある公務員職について、転勤してしまいました。

    
それから5年後ぐらいかな。
先輩の直接の後輩にあたる、私の友達Mから電話があった。

  
「先輩今度結婚するんだよ。Lさんと」。

  
「Lさんって、あのいなくなったLさん?」。

  
そう。
先輩は、あのいなくなってしまったLさんと結婚する。

  
友達からね、ふたりが再会した時の話を聞いたんだ。
その時思ったことは、こんなこと奇跡だ…ってコト。

    
先輩の仕事は転勤が多くて、あれからも何度も転勤になったんだって。
それである時、その転勤先の道を車で走っていたら、
見たことがある人が歩いていたんだって。
それがLさん。

  
そして、Lさんの脇には、小さな女のコがいたんだって。
先輩にそっくりな女のコが。

  
先輩が慌ててかけ寄ったら、Lさんはにっこり笑って言ったんだって。

  
「いつか絶対に見つけてくれると思ってた。 会えると思っていた」って。

  
ウソみたいな話だけど、実話です。

  
Lさんが突然消えた理由は、
先輩との赤ちゃんを授かったことだったんだって。
先輩は、それを反対するような人じゃ全然なったんだけど、
Lさんは、先輩の就職のことを考えてしまったんだって。

  
先輩が就こうとしている公務員職は、すごく厳しいところだから、
学生の時に子どもが出来たなんて言ったら、
まわりからいろんなことを言われると思ったんだって。
もしかして、就職自体がダメになるかもって思ったんだって。

  
だから先輩の前から姿を消して…。
って、すごすぎるよ。

  
しばらくしてから、先輩の結婚式におよばれした友達から、
その時の写真を見せてもらいました。

 
先輩ものすごくうれしそうに笑っていた。
そして肩には、先輩にそっくりな女の子が笑顔で乗っていました。

  
こういうこともあるんだよね。
運命だとしか思えない。

  
Lさんはこわくなかったのかな。
「もしかして、もしかして、このまま一生彼に会えなかったら」
って思わなかったのかな。

  
だって、見つけてもらって会える確率なんて、
どれくらいの低さなんだろう。

  
すごいな。

  
信じるってここまでの奇跡を起こしてくれるの?

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

|

« ■どちらかが「さよなら」を言い出すのを待っている。 | トップページ | ■もう私からばっかり電話するっていう関係はやめる。 »

コメント

春菜さん
こんにちは。
無償の愛って、難しいと思います。
自分の子どもとかじゃなくて、好きな人にって、
特に難しいんじゃないかと思います。
 
そして、春菜さんの書いてくれた、
「お互いに通じてるからこそお互いが苦しんじゃう場合もある」
って言葉、すごく考えさせられました。

確かにそうだなあって。

そこをどう乗り越えて行けるかが、
その先のふたりの未来を作っていくんでしょうね。
 
彼女は、すごい人だと思います。
私ならこわくて待てないし、黙って姿を消すなんて出来ないです。

でもそういう人がいるんですよね。
心が強くなりたいな。
愛をそこまで信じたいです。

投稿: まりこ→春菜さん | 2007.02.09 午前 02時21分

こんにちは、春菜です。
ふたつの恋のお話、ふたつ目のほうに少し涙しました。彼女さんの、芯の強い思いが、まぶしいですね。
自分の保身や先の不安よりも、相手を思いやれる強さと優しさ。。。
私が今、どうしても欲しいものです。

スキな人の幸せを願うって、簡単なはずなのに難しいことに最近気づきました。
前の恋で、一方通行じゃダメなんだって知って。でも、お互いに通じてるからこそお互いが苦しんじゃう場合もあるんだなって。

そういう部分を含めて、それでも相手の幸せを願う。。
無償の愛って、程遠いです。。。。

投稿: 春菜 | 2007.02.09 午前 12時44分

yukiさん
こんにちは。
そうなんです。こんな話本当にあるんですよー。
一切脚色ナシです。

「縁」の力ってあると思います。
だから、どんなに好きでも、離れることになる理由には、
自分たちではどうにもできない「縁」の力が働くこともあるんだと思います。

今そばにいてくれる人とは、
強い縁がありますようにって、願ってしまいますよね。

また遊びに来てくださいー。

投稿: まりこ→yukiさん | 2007.02.08 午前 02時25分

まりこさんこんにちは。
以前一度コメントさせていただいたyukiです。
2つの恋の話本当にすごいですね…
物語みたいな奇跡みたいな
そんな話があるなんて。
でも、そういう話を聞くと、本当に
人と人って縁で結ばれているのかも・・・って思っちゃいます。
今一緒にいられる人もこれは強い縁なのかも、って信じられたら幸せですよね!

投稿: yuki | 2007.02.07 午後 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■運命の恋の話2。「あなたは絶対に私を見つけてくれる」:

« ■どちらかが「さよなら」を言い出すのを待っている。 | トップページ | ■もう私からばっかり電話するっていう関係はやめる。 »