« ■歩いても歩いてもたどりつけない夜。満月。 | トップページ | ■引くに引くけない恋。彼を彼女には渡せない。 »

2007.02.03

■想い続けていた人が選んだのは友達だった。-雑誌「with」連動ブログ7-

会社の同期の友達が付き合い出したのは、私がずっと好きだったYさんだった。Yさんが選んだのは、私じゃなかった…。友達は私の気持ちは知らないし、全然悪くないのは分かってる。
でもでも、どうしても友達のしあわせを願えない。
詳しい状況は「with」3月号で。

    
今日のblog Rankingの順位は?ココです。

       
想いを寄せていた人と、友達が付き合うことになるのは、つらいことだと思う。
しかもみんな同じ会社だったら、毎日恋人同士のふたりを見ることになるし、
冷静な気持ちでいるのは大変なこと。

   
彼女は、この友達と彼が付き合う事実が受け入れられなくて、
怒りにさえなってきてしまっていることを悩んでいる。

    
友達は悪くないって頭では分かっていても、
心の中で友達を憎んでしまう。

  
友達にしあわせになんてなってほしくない。
すぐにふられればいい。

   
そんなことさえ思ってしまう。

  
だから、
「このどろどろとしたウミのような気持ちがなくなれば、
 きっとふたりのことを祝福できるようになるはず…」

    
そう思いながら過ごすことにしたんだって。

  
でもね、私は、「祝福できるようになるまで」って思わなくていいと思う。

  
人の気持ちはそんなにきれい事で片付けられない。

  
恨む気持ちとか、憎む気持ちとかって、どうしようもないし、
この場合、そんな気持ちを持ってしまうのは、彼女だけじゃないはず。

  
すごくつらいなら、
無理して今のような仲良しの友達付き合いをする必要もないと思う。
 

ただし、これは気持ちの上でのこと。  
相手を無視をするとかじゃなくて、
自分の心の中で、「こう思ってしまう自分がいる」ってあきらめること。  
応援しようと思わなくていいってこと。
ふたりのしあわせを願わなくていいってこと。

   
だから、いっしょにいるのがつらかったら、
友達と少し距離を置いてもいいと思う。
無理していっしょに笑うことはしなくていいと思うんだ。

   
自分の中には、人を恨んだり憎んだりする
「醜い心」もあるってことを受け入れればいいんじゃないかな。

  
そういう自分もいるってことを認めなくちゃいけないんだと思う。

  
以前ね、この彼女と同じような恋をしている人から相談されたことがあるんだ。

  
  「どうしたら友達と彼を応援できる気持ちになりますか。
   どうしたらふたりを許せますか」

   って。

 
どうしたら…。

  
多分それは、ふたりを応援しようとか、許そうっていう気持ちがなくなった時、
そんなこと考えることさえ忘れちゃった時に、
ふたりのことを祝福できるようになるんだと思う。
って答えたの。

  
黒い気持ちは、消そうと思っても簡単には消えないと思う。
だから無理して消そうとするんじゃなくて、
「気がついたら消えていた」を待つのが一番自然なんじゃないかって思います。

 
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

|

« ■歩いても歩いてもたどりつけない夜。満月。 | トップページ | ■引くに引くけない恋。彼を彼女には渡せない。 »

コメント

春菜さん
間違ってないと思いますよ。
春菜さんの言うように、何もかも手に入れるなんて、
そんな都合のいい話はないです。
  
彼も友達もそのままでいたいって、それは彼女の自己満足のような気がするな。

だから、春菜さんは自分を責める必要なんて全然ないですよ。
しかも、別に彼女と口も聞かないっていうんじゃなくて、
「流している」ってことができるのは、優しいと思うけど。

胸が苦しくなる記事書いちゃってごめんね。
ふ、ふ。

いつもブログを読んでくれてありがとうございます。
書籍化応援ありがとうです!
がんばります。

投稿: まりこ→春菜さん | 2007.02.06 午後 12時28分

こんにちは、まりこさん☆
少し前の自分みたいな記事を見つけて、はっとしてしまいました(笑)
苦しかったので、記事を読みながらまだ少し胸が痛みました。

レポートの山、テストの山がやっとメドがたち、春休みを満喫してる春菜です。まりこさんもすごくお仕事がんばってるみたいですね☆★ブログの書籍化、私もすごく望んでいたのでうれしいです!!頑張ってくださいね★

きっと今回の記事の女性は、苦しいのではないかなって思います。その友達のことを好きなら好きなだけ。私の場合は、気持ちの中で友達との「信頼」を切ってしまったことで楽になりましたし、彼女を許せたような気がします。その代わり、もう彼女を信用できる日は来ないだろうし、そんな日も望まないし、彼女を理解したいとも、私を理解して欲しいとも思えないですね。。。
人って何もかもを手に入れるのは無理なんですよね。それを私の友達はわかってなくて、私に以前のような付き合いを求めてきます。が、向き合わずに流す自分です。

元彼と友達が幸せになればいい、それは心の底から思うんです。だって両思いなんだから。でも、それと友達に対する「信頼」の問題は違うと思うんです。私は、元彼とのことを彼女にずっと相談してきた立場として、彼女の今の現状を見て。。。やっぱりもう信用しろってほうが無理だと思います。
…まりこさん、私間違ってますか??

投稿: 春菜 | 2007.02.05 午前 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■想い続けていた人が選んだのは友達だった。-雑誌「with」連動ブログ7-:

« ■歩いても歩いてもたどりつけない夜。満月。 | トップページ | ■引くに引くけない恋。彼を彼女には渡せない。 »