« ■私のコメント掲載の雑誌「with」3月号が発売になりました。 | トップページ | ■切ない片思い。届かなかった想いはどこへ。-雑誌「with」連動ブログ2- »

2007.01.28

■よりなんて戻さなければよかった…。-雑誌「with」連動ブログ1-

雑誌「with」の3月号の読者アンケートで、よりを戻した人のうち、約6割が「よりを戻さなければよかった」って思っている結果が出ている。
一度壊れた恋をもとに戻すって、難しいし、覚悟がいることだと思うし、そんなに簡単なことじゃない。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。 

  
私のまわりにも何人か、一度別れてよりを戻したコがいるけど、
それでうまくいったカップルは、ほとんどいないのが現実。

  
別れた理由が
「彼の○○がイヤだから」って性格的なことや、人間性の部分の場合、
いくら相手が「今度は直す」って言ったとしても、
それは直らないって考えた方がいいと思う。
反対に自分もそう。

   
性格や欠点なんてそんなに簡単には直らない。
変わっていくには、かなり長い目で見る気持ちが必要だと思う。

  
私のまわりでは、よりを戻した多くのコは、その理由として
「寂しかったから」、「ひとりになって不安になったから」って言っている。
寂しさに耐えられずに、別れた彼に戻ってしまったって。

  
でも、もし「寂しい」が1番の理由なら、
よりを戻したとしても、うまくいかないと思う。

  
ふたりの間に起こった根本的な別れの問題を解決しないなら、
心の寂しさなんて埋まらないと思う。

  
中には
「寂しさに耐えられないから、とりあえずよりを戻して、その間に違う人を探す」
っていうコもいた。

  
そんなことをしてたんじゃ、いい恋なんてできないのに。
しあわせな恋愛なんてめぐってこないのに…。

  
大きな悲しみとか、孤独とか、不安とか、
そういうのを乗り越えないと、
次の新しい恋になんて進めないと思うんだ。

  
いっしょにいたとしても、不安と不満の繰り返しになると思う。

  
私は基本的に1度ダメになったものを、
もとに戻すのは難しいと思っている。

  
もちろんよりを戻して、また恋人の関係を続けている友達もいるよ。

  
でも、そのふたりはお互いにすごく努力しているし、
猜疑心(さいぎしん)とか、過去の事実と戦っている。

  
そういうのを乗り越えていかないと、
ふたりの未来はないって覚悟していっしょにいる。
まわりから見ても、時々心が痛くなるような時もあるほど。

  
そうなんだ。
一度壊れた恋に戻るって、相当の覚悟が必要なんだと思う。

  
過ちも、欠点も、そういうの全部受け入れる気持ちがなくちゃ、
よりを戻しても無駄なんだと思う。

  
そして、よりを戻したから、寂しさや孤独がなくなることはないの。

  
余計に、大きくなることもある。
そして、「なんでよりを戻しちゃったんだろう…」っていう後悔や、
自分を責める気持ちとも戦わなくちゃいけない時もある。

   
でも、そう思っても、
せっかく戻ってきた恋を、また手放すなんてどうなんだろう
って気持ちもあって、関係を続けていく。

  
だから6割もの人が、「よりなんて戻さなければよかった…」って後悔しているんだと思う。

   
よりを戻すなら、
相手の欠点は直らないものって思った方がいいし、その覚悟が必要。

  
もし、寂しいだけが理由なら、
寂しさから逃げないで、それを越えていかなくちゃ。

   
さよならの辛さの先に、新しい自分がいるんだし、
その先にしか新しい恋はないと思います。

  
※詳しいデータについては、「with」3月号を読んでみてください。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!今週もがんばって更新します。東京は初雪いつ降るんでしょうね。

|

« ■私のコメント掲載の雑誌「with」3月号が発売になりました。 | トップページ | ■切ない片思い。届かなかった想いはどこへ。-雑誌「with」連動ブログ2- »

コメント

るっちさん
コメントありがとうございます。

恋に対して、求めるものとか、考え方が違うことって、あると思います。
でも、「好きだから」っていう理由で、
自分と違う考え方に無理矢理合わそうと思っても、
それはうまいくいかないような気がします。
  
「好きだから」なんでも受け入れられるってことはなくて、
がまんして合わせていることには、限界があると思います。

るっちさんらしくいられる人といしょにいることが、
本当にしあわせな恋なんじゃないかな。
  
神様って、その人が越えられない困難は与えないんだって。
だから、今起こっていることは、越えられるんだって。
  
その越えた先には、また違った道が、違った景色が広がっているはずです。
  
これから楽しいことはたんさんあるし、
いろんな人に出会えると思います。
  
前に進んでくださいね。

投稿: まりこ→るっちさん | 2007.02.21 午後 01時29分

昨日withを見て、遠野さんの存在を知ってブログ見ました。ほんとにほんとに癒されています。
あたしは今大学四年生です。実はあたし、おととい大好きな彼氏と別れました。彼氏とは、大学二年の一年間、お付き合いしていました。バイト先でであって、この人が運命の人だーって思うくらい、大好きで何もかもぴったりで、まだ学生なのに、結婚まで考えていました。彼はすごく優しくて尊敬できる人でした。浮気するような人じゃなくて、心から信頼してました。でも彼は、だんだん部活で忙しくなり、連絡が取れない日が多くなっちゃって。すごくすごく好きなのに自分の存在が彼の生活の邪魔になっている気がして。でも大好きだから自分から連絡するしかなくて。ある日、たえられなくなって、別れようって言ってしまいました。彼は引きとめなかった。それがすごく悲しかったです。それから半年後、やっぱり彼じゃなきゃだめだって思って、思い切って電話で自分の気持ち、大好きな気持ちを伝えました。でもだめだった。好きな人ができちゃったんです。その子と付き合っているって風のうわさで聞きました。あたしは、バイトもやめて、バイトの仲間とも会えなくなって、彼にも受け入れてもらえなくて、立てなくなるほどショックだったです。初めて死にたいと思っちゃいました。でも、それからがんばってがんばって、もちろんつらさや寂しさは消えなかったけれど、自分なりに努力して、友達の幸せを応援してあげられるようになったんです。もちろん完全に優しい気持ちになれたわけじゃなかったけれど。料理を習ってみたり、保育ボランティアを始めたり、がむしゃらに生きてきました。それで、去年の秋に、久々に彼から連絡が。。。たわいのないことだったけど、普通に友達に戻れた気がして。飲みに行くことになりました。彼と一緒に居る時間は、すごく居心地がよくて、すごく幸せで。好きだなって思ったけれど、言えなかった。そしたら、彼がいきなり抱きしめてきて、好きだよっていってくれて。。。あたしは、神様がくれたプレゼントなんだー。がんばったから神様が彼と結んでくれたんだって思いました。だから、不思議と戻ることに抵抗はなかったです。だけど、彼は前は相当無理していたようで、メールも電話も苦手だし、もっとさばさばした関係で居たいって。それで付き合い始めたのだけど、彼からはほとんど連絡はなくって、前のやさしくてまめだった彼とのギャップに不安になって。ちょこちょこけんかを繰り返し、毎日疲れてました。ちっちゃなけんかが大きくなって、お互いやなところを指摘しあって。最終的に、彼の「もう無理だよ。」って言葉に、ついにあたしは「わかった。無理なら別れよう。」っていっちゃった。そのあと、好き同士ならがんばろうって言ったけど、彼は自分をかえられないし、あたしが無理しているのも辛いって。付き合い方の価値観が違いすぎるって。学生最後の春休み、旅行を企画したり、ディズニーにいく約束もしていたんだけどな。彼は、もう行きたくないって。俺がキャンセルするからって。俺はもうがんばれないって。あたしは電話を切ったらもう一生連絡がとれなくなる気がして、必死に「あたしががんばるから。やなとこなおすから。付き合って!」って説得して。すごくすごくみじめだったな。最後に彼は、「もうるっちのこと、嫌いじゃないけど好きでもない。」って言った。すきだって言ってくれてたのに。もうだめなんだね。さすがに三回目の復縁は無いよね。彼はしっかりした人だから、きっとあたしのことなんか忘れて、仕事がんばって強く生きていくんだろうな。あたしはすごく弱くて泣き虫で。前に別れたときの辛い時間をすごすんだって思うとこわい。。今までは、彼に成長した姿を見てほしいって思ってがんばってきたけれど。。。こんな別れかたしたら、彼はもう二度と会ってくれないんだろうな。好き同士なのになんでがんばれないんだろう。あたしのすきが重かったからかな。理想の付き合い方が違うって大きなことなのかな。復縁ってむずかしいんだなーってすごく実感しました。どうしても、過去の事実を見てしまうから。空白の時間こわいなぁ。最後の楽しい春休み、旅行、行きたかったな。いまは遠野さんのブログを見ることで、この空白の時間を何とかやり過ごしてます。
ブログ知ってよかったな☆更新楽しみにしています。

投稿: るっち | 2007.02.18 午前 01時59分

sakumiさん
緊張のコメントありがとうございます。
確かによりを戻すって、相手によって感情が変わることなんですね。
そしてお互いに、気持ちにどう折り合いをつけて戻るかが
重要なんだと思います。

sakumiさんは、自分の気持ちに正直に動いているから、
今の大切な人に出会えたんですよね。
動きたくても、動けない人っていっぱいいると思うんです。
でも、みんな決断して、
sakumiさんのようなしあわせな恋にめぐり会えるといいのになって思います。

また、いつでも遊びに来てください。

投稿: まりこ→sakumiさん | 2007.01.29 午前 08時39分

こんばんは。
いつもこちらを心の拠所とさせていただいております♪(*^^*)
(緊張しながら)2度目のコメさせていただきます。

私は、4年前離婚しました。
その結婚は、彼からのアプローチで交際が始まり、プロポーズされ流れで結婚したんです。
当時は『愛されている方が幸せになれる』と思っていました…。
ずるい女の考えですネ。
でも、自分は愛していない人、戸籍で繋がっているだけの『夫』
となった彼と生活を共にし、好きだと言われても、抱かれても、、、
苦痛なだけでした。

次第にすれ違いも多くなり数年後に離婚したのですが、たまたま昨年会う用事が出来て再開したら、それから夫がもう一度…と、
復縁を言ってくるようになりました。

私には全く考えられない事でした。

決して彼に対して愛情が注がれているとは思えない生活だったのに、、、
愛情云々より、ただ独りの生活が寂くなったからでしょうね…。

前夫から何度か今夜会おうというような内容のメールも来たので、
年末に『覆水盆に返らず…だよ。もう今後は連絡しないから。』
と入れて送信して、それから連絡はとっていません。

私の中では前の事だから。。。


 ちなみに・・・
現在、離婚した翌年に出逢い、お付き合いしている彼がいます。
彼の事は心底『愛してる』と言えます。
今まで『好き』になった人はいましたが、『愛してる』と思えたのは
彼が初めてなんです。


この彼と【よりを戻す】となったら、冷静ではいられないと思います。
(いま別れる事すら考えられないです。)

よりを戻すには一方通行では叶わない事なので、彼にその気持ちがあればきっとまた…
というより、絶対元に戻りたい!って気持ちになるんでしょうね。。。


相手によって…と、すごく身勝手な考えですが・・・
これが正直な気持ちです。


またもや上手くお伝え出来なかったと思います。
溜まっていたモヤモヤを発散したい感がありまして…
ほとんど身の上相談みたいでゴメンナサイ(^^;)

これからwith3月号買いに行ってきます♪

投稿: sakumi | 2007.01.28 午後 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■よりなんて戻さなければよかった…。-雑誌「with」連動ブログ1-:

« ■私のコメント掲載の雑誌「with」3月号が発売になりました。 | トップページ | ■切ない片思い。届かなかった想いはどこへ。-雑誌「with」連動ブログ2- »