2018.05.10

#運命の恋の話。20年後に再び恋するふたり。

 Photo

    
中学生の頃に付き合った人と、20年後に再会。
そして結婚したふたり。
  
  
これは、私が小学校の時から知っているふたりの恋の話です。
   
  
中学校の時に付き合っていたAとS。
男の子のAが中2の途中で、転校することになりました。
    
   
Aは、中学生が簡単に会いにいけないような、遠くに引っ越し。
    
   
中学生だから、遠距離恋愛っていうこともなくて、
それでふたりの恋は終わりました。
   
  
女の子のSとは、結構仲が良くて、
別々の高校に行ったんだけど、時々会ってました。
  
 
彼女は、きれいな子だったから、いつもそばには彼氏の存在があって、
中学校の時の恋なんて、笑って話せる思い出になってました。
  
  
Sとは高校を卒業してからは、もう会うこともなくなってしまって、
人づてに、美容部員になって、デパートにお勤めしているって聞いたことがありました。
  
  
そしてある日。
  
  
中学を卒業してから、どれくらいたった頃だろう。
もう20年近くたっていたはず。
   
  
中学時代の友達のひとりから電話があった。
 
 
「AとSが結婚することになったから、みんなで集まろうって話があるんだけど、来れる?」
って。
  
  
「AとSって、あのAとS?」って思わず言ってしまいました。
   
  
あれから20年もたってしまったふたりが結婚するなんて、信じられなかった。
   
  
友達に聞いたら、
偶然、本当に偶然仕事先で再会して、再び恋をして…。
 
 
そして結婚することになったって。
   
   
どちらかに離婚の経験はあったみたいなんだけど、
出会った時は、お互いにフリーで。
   
  
ふたりは、再び出会う運命だったとしか思えない。
   
  
全然違う遠く離れた場所に住んでいたのに。
   
  
それまで連絡なんてしたことなかったのに。
   
  
それなのに、偶然会うって…。
 
 
すごいな。縁の力って。
   
  
すごいな。運命が引き合う力って。
  
  
結婚をお祝いするために、みんなで集まる日には、
どうしても仕事の都合がつかずに行くことができなかったんだけど、
Sのあのはずかしそうに笑う顔が思い浮かびます。
   
  
恋は、誰にも何にもじゃまできない。
  
  
どんなに離れていたって、どんなに時間がたったって、
いっしょになる運命のふたりは、いっしょになるんだって思いました。
       

       
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #出会う運命 #幼なじみと結婚 #人生って #同級生と結婚 #離れても出会う恋 #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (1)

2007.01.16

■同じ部署の人を好きになってしまったら…。身近な恋の難しさ。

好きになった人が同じ職場だったら、毎日が楽しいかもしれないけど、もしもしその恋が終わってしまったら、つらいだけの日常に変わってしまう。それが、身近な恋の難しいところだと思う。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。  

  
私がある情報誌の編集の仕事をやっていた時、
その編集部にいたYさんを好きになりました。

    
Yさんは、少し変わっていて、無駄なおしゃべりは一切しない。
お昼はいつもひとりで食べに行く。
そして、おかしいのは、
スケジュールボードにお昼に食べに行く「物」を書いていたこと。
みんなは、14:00とか、15:00とか戻る時間を書くのに、
Yさんんは「そば」とか「カレー」とか、食べる物を書いて行くの。

    
ウケをねらってとかではなく、まじめに。
それが彼のポリシーみたいで。

    
すごくまじめな人なんだけど、行動のひとつひとつがすごく興味深くて、
私はそんなYさんの行動に釘づけでした。
そして、だんだん好きになっていきました。

      
まずは、毎日少しずつ話しかけていって、
Yさんがよく見るTV番組を聞いたので、
番組の翌日は、その感想をメールしました。

    
返事は、2回に1回ぐらいあったけど、
「そうですね」とか「見ました」みたいなひと言。
そのひと言でもうれしかったです。

   
そして、毎日少しのおしゃべりと、
メールのやり取りを繰り返したある時、
思い切って「今度みんなでごはん食べに行きませんか」って書いてみました。

    
Yさんからメールの返事は…。

    
私が送ったメールがそのまま送り返されてきました。

  
これって…?。
もうメールしないでってこと?

  
すごくショックでした。
「行けない」とか書いてあったるならまだしも、
送ったメールが、そのまま送り返されるって。

  
友達は、「間違って送り返しちゃったんじゃない?」
って言ってくれたけど、
それなら、その後にメールがきてもいいよね。

  
メールはそれきり来なかったです。

  
まあ、告白したわけでもなく、
まだ恋愛として成り立つ前だったので、
私自身もそれほど傷ことなく、笑い話で終わることができましたが。

  
そのメール以降も、普通に会話したりしてました。

     
恋愛って、同じ職場だと辛いですよね。
うまくいっている時は、毎日いっしょで楽しいけど、
もしうまく行かなくなっても、
毎日顔合わせなくちゃいけないし、仕事で会話もするだろうし。

  
告白して、ふられた場合も、なんか気まずいと思う。

  
私の友人Wは、同じ部署の人と付き合っていて、まわりも公認でした。
でも、ある日彼の方から終わりにしたいって言われて、別れました。

  
Wは彼のことがまだすごく好きだったから、
仕事中でも、彼の姿を見ると、涙が出てきちゃって、
仕事にならなくなったんだって。

  
だから、部署(違う営業部)の異動を申請したら、
営業から、事務職へ異動になってしまって、
しかも、彼とのウワサはねじまがって伝えられたみたいで、
みんなの好奇の目にさらされて辛い日々を送ることになってしまって。

  
その時期、Wが言ってました。
「あの人とのことで、会社辞めるなんて悔しから、がんばる」って。

  
そして、Wは根性で仕事を続けて、
結局、元の彼とは違う人と結婚することになって、寿退社しました。

  
恋は身近で始まることが多いけど、
あまりに日常に近いと、何かあった時がつらい。
ふたりの恋を、まわりの人がみんな知っているのもつらい。

  
別れた後って、
終わったこの恋のことを、何も知らない人たちの中で過ごしたいって思うはず。
別れた直後は、なぐさめられることに耐えられない時があるし、
同情されると、どんどん底へ落ちていくから。

    
過去を何にも知らない人の中で、暮らしていくことが、
心のリハビリになることってあると思います。

  
同じ職場で、一日いっしょにいるなんて、つらすぎます。

  
私のYさんの場合は、、失恋というより、
まだ恋するスタートにも立っていなかったので、大丈夫でしたが。  
でも、それからも「いいな」って気持ちはずっとあったけど。 

  
近すぎる恋は、
すごい楽しい日常と、すごい切ない日常が隣り合わせって気がします。 

  
P.S
1/16の15:00~1/17の15:00まで、
ココログメンテナンスのため、コメントの受付ができなくなります。
コメントいただける場合は、1/17の15:00~でお願いします。
記事の更新も1/17の15:00以降になります。つまんない…。
ではでは。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!更新がお休み中も、応援「ぷちっ」よろしくお願いしますー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)