2024.01.10

#自分の力じゃどうにもならないコト。止められないココロ。

Img_0997_   
  
生きていると、自分の力じゃどうにもならないことにぶつかることってあると思う。
好きなのに別れなくちゃいけない時とか、相手の心が他に移ってしまう時もそう。
いくら努力してもがんばっても、どうにもならない。

    
努力すれば、なんとかなるって教えてもらったはずなのに。
がんばったらがんばった分だけ、報われるんじゃなかったっけ…。

    
恋にはそれは通用しない?
想えば想うほど、遠くに行ってしまうこともあるの?
がんばればがんばるほど、離れてしまうことがあるの?

     
あの人からさよならを言われた時に、そう思った。
私のやること「すべて」がイヤだって言われた時に、そう思った。

    
じゃあ、私はどうすればいいの?って。

  
あの人の心を取り戻すには、どうすればいいの?

   
がんばっちゃいけない。
でも、このままだったら、あの人の心は向こうに行ってしまう。
もう取り返しのつかないことになってしまう。
どうすればいいの。

     
でも結局は、
去っていくあの人に、自分の気持ちを伝えただけで、
努力なんてひとつもできなかった。

    
自分の力じゃどうにもならないことってあるんだってことを知った。

    
どうにもならない。
離れていく心を引き止めることは、何をやってもできなかった。

      
生きていくってままならいことが多いと思う。

  
自分が好きだからって、相手も好きになってくれるとは限らなくて、
いっしょにいたいと思っても、そう思ってはもらえないこともあって。

      
でも、そこにも意味があるのかな。
すべての経験に意味があるのかな。
その意味は自分で見つけるしかないんだよね。

    
がんばりたいのにがんばれない。
自分の力じゃどうにもならない。
これって、すごくつらいことだし、じれったい。

    
目の前を流れる風景を見るように、
ただただ去っていく人をながめていることしかできない無力感。

     
手をのばしても、届かなくて、
もう終わりを見ていることしかできなくて。

    
恋の努力とか、がんばりって難しい。

  
#好き #さようなら #あの人の心を取り戻すには #無力感
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.28

#ただ「好き」を伝えたい。別れるってわかっていても。

Img_0913_   

「好き」っていう気持ちを伝えるのって難しい。
言葉にするのは簡単かもしれないけど、
「好き」の温度とか、どんな風に「好き」なのか、そういうのを伝えるのって、難しい。

  
好き。
このひと言を伝えるのって、どうしたらスムーズにできるんだろう。
こんなに好きなのに、この気持ちを伝えたいだけなのに。

  
好きな人に、「好き」って気持ちを伝える時。
こわい。勇気が必要。ダメかもしれないから、覚悟もしなくちゃいけないし。
ドキドキだ。

  
私は自分から言葉で「好き」って告白したことはない。
態度で示すというか、
言葉にしなくても相手に気持ちを分かってもらおうとはするんだけど。

  
でも、男の人から潔く「好きだ」って言われることは、
少し憧れる。
言ってもらいたいな。

  
じゃあ、付き合っている人に「好き」を伝えるのは?
付き合っているなら「好き」を言葉にするのは、できると思う。
言葉にするだけなら。

  
でも、その時の「好き」の温度とか、
相手を想う気持ちの大きさとか、切なさとか、
そういうのを伝えるのは難しいと思う。

  
ただ好きなだけじゃない。
大切に思っていて、ありがとうも含んでいて、
そういう気持ちを「好き」って言葉にのせている時があるんだけど、
あなたは分かってる?

  
こんなに好きなのに、
あなたには、多分この複雑な気持ちは伝わっていないんだってことを感じて、
悲しくなる時がある。

  
そして、別れていく人、もうさよならが迫っている人に、伝える「好き」もある。

  
好きだった。ずっとずっと好きだった。
そして、今でも好き。

  
その気持ちを伝えてしまうことは、
自分のプライドもなくすことだし、相手も困惑するかもしれない。

     
それでも、伝えなくちゃ、
これまでのふたりとしての存在がなくなっちゃうことになるから、
だから、「好き」って言ってしまう別れもあると思う。

   
憎む気持ちや責める気持ちがあっても、
「好き」って言わずにはいられない時が…、あると思う。

    
でも、さよならの時の「好き」ほど、悲しい好きはないよね。

  
好き。
ただ言葉としてはこのひと言だけなのに、
深くて、切なくて、悲しくて、あったかくて、泣きたくなるような気持ちもあったりして、
そんないろいろな好きがあるんだと思う。
 
 
#好き #さようなら
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.21

#別れがこわいから、次々と恋するの。1番好きな人とは付き合わないの。

Img_0841_
  
「別れ」がこわいから、今いっしょにいる人がいたとしても、
次の恋を探してしまう友達がいます。だから恋は次々続く。
でも、ひとつの恋がしあわせな結末を迎えることはないんだよね。


友達のWは、人から見たら、恋がとぎれたことないモテるコ。
でも、それはとぎれないんじゃなくて、
付き合っている人がいても、いつも次の恋を探しているから、
新しい好きな人ができて、別れているだけなんだ。

  
Wは、それをすごく悩んでいる。
でも同じことを繰り返してしまうんだって。

  
いっしょにいると、絶対にふられるような気がするの。
だから、別れて一人になるのがこわいから、
誰かといっしょにいても、次の恋を探しているんだと思う。

これがWの恋している時の気持ち。

  
分かる部分もあるん。
私もふられた経験があるから、付き合っている人がいても、
「またふられたらどうしよう」って気持ちになってた時があった。

  
でも、だからといって、好きな人がいる時に、
あえて新しい恋を探すことはなかったし、そんな余裕なかったけど。

  
Wはめずらしいタイプだと思う。
でも、少し違うけど、似たような恋をしているTという友達もいます。

  
Tは、1番好きな人とは付き合わないの。
2番目に好きな人と付き合う。

  
理由は、
だって、1番好きな人と付き合って、別れることになったら、
もう2度と会えなくなるでしょう。
それに、すごく好きな人から、別れる言葉は聞きたくないから

  
うーん。
だから、1番好きな人とは友達の関係でいて、
2番目に好きな人と付き合うのか…。

  
これっていいことなのか、私は少し疑問。

  
別れをこわがっていたら、本当の恋なんてできないと思う。
失うことを恐れていたら、本当にほしいものは、手に入らないと思う。

  
もし、すごく人にさよならの言葉を言われることになったら、
それは、その時に考えればいいことなんだと思うんだ。
その時に考えるしかない。

  
未来に「さよなら」がないふたりかもしれないのに。
もったいないよ。

   
いつかWにも、さよならがこわくない人が現れるのかな。
いつかTは、1番好きな人に心をぶつける勇気が湧くのかな。

  
でも、その人その人で幸福の価値観は違うから、
何かしあわせなのかは、その人以外分からない。

  
だから、もしかしたら、WやTにとっては、
今の状態がしあわせなのかもしれないとも思います。

  
でも、ふたりにそう言ったら、どっちとも
「しあわせじゃないよ。自分を変えられるなら変えたい」って言ってました。

  
ふたりには、もっと未来が明るい恋をしてほしいです。
まだ来てない「別れ」をこわがることは、本当にもったいないと、私は思う。
 
 

#別れがこわい #2番目に好きな人 
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.20

#わがままは受け入れる方が愛がある?それとも聞き流せる方が長続きする?

Img_0849_  

時々気持ちが落ちる時がある。
どうしよいうもない閉塞感。
ひどいことを言われわけでも、されたわけでもないのに、
そばにいてくれる彼との間に、深い溝を見てしまう瞬間に、その気持ちはやってくる。

    
他人と自分は同じ人間じゃないから、
全く同じ考えや感情になれるなんてあり得ない。
分かってるそんなこと。

    
でも、いっしょにいてくれるあなたなら、
もしかしたら、私のこの複雑な気持ちを分かってくれてるかもって、
期待してしまう。

     
でも、やっぱりそんなことは無理で…。
当たり前なのに。

  
彼には彼の考え方があって、私とは違う。
お互い理解することはできても、同じ行動を取ることはできない。

     
分かってる。
分かってるけど、ついつい「なんで分かってくれないの」って気持ちになってしまって。
そんな時、彼にひどい言葉を言ってしまうことがある…。

      
あなたは、私のことを考えてるって言うけど、違うよ。
あなたは、他から見たらどう思われるってことを一番に考えてる。
私の気持ちなんて見てくれてないよ…。

    
そんな時、ただただ困ったように私を抱きしめるあなた。
でも、抱きしめてくれるって分かっているから、
そんなこと平気で言えるんだよね。

      
私はずるい。
彼の弱さを知っていて、その弱さに甘えることを知っている。

    
私は、自分が傷ついていると思うと、
同じようにあなたにも傷ついてほしいと思ってしまう。

    
ごめんなさい。

    
好きになればなるほど、傷つけ合うことも多くなる。
そして、それを癒し合うことで、許し合うことで、気持ちは深まっていくこともあると思う。

    
どこまで相手を受け入れられるかなのかな。
がまん大会みたい。

    
恋は修行だな。

  
人を好きになるって、愛するって、
どれだけ相手を受け入れられるかって部分が大きいと思う。
でも、受け入れすぎて、最後は心がパンクして、別れを選ぶしかなくなる恋もある。

     
「好き」の気持ちが大きい方が、相手を愛する心が深いのか、
それとも、聞き流せる方が、関係は長続きするのか。

        
私を黙って抱きしめるあなたは、どっち?
 
 

#好きの気持ちが大きい #好きを聞き流せる #恋愛の正解とは
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.19

#不倫の恋とか、絶望的な恋とか、自信のない恋とか、しあわせすぎる恋とか…。

Img_0840_  

恋人同士が、強く抱きしめ合ったり、キスしたり、そういうことをするのは、
未来が見えないから。不安だから。
だから、こわいから強く抱きしめ合う。
恋にはそんな時がある。

    
さよならの言葉がどちらの口から出てしまわないよう、キスを繰りかえす時がある。

   
こわい。こわい。あなたを失うのがこわい。
だから安心できるまでキスしてほしい。

     
終わりがない恋なんてあるのかな。
手をつないでどこまでも行ける人生なんて存在するの?

    
こわいよ。
もしどちらかの気持ちが変わってしまったら、この時間はどこへ行くの?
あなたを失ってしまったら、私はひとりで生きていくなんてできない。

     
好きなのに。
こんなに好きなのに。
こんなに好きなのに。

     
それなのに、終わりの風景が突然吹く風のように、
心をよぎるのはなぜ?

     
ねえ、この恋に終わりなんてあるの?
ねえ、この恋に希望なんてあるの?

    
時々あなたといっしょにいると、
心がちぎれそうになるの。

    
こわい。こわいよ。

    
心に開いている、大きくて真っ暗な不安の穴は、
いくらこの手で押さえても全然ふさがらない。

  
不倫の恋や、絶望的な恋をしている時は、こんな気持ちになると思う。
そして自信のない恋をしている時も。

  
でも、しあわせな恋をしている時だって、こんな気持ちになる時がある。

  
反対に、先がない恋の中に、ものすごい希望の光を見てしまったりもする。

  
人を好きになることは、光と闇を見ることなのかもしれない。

  
どんな恋にも、
深い闇にどこまでも沈んでいくような不安と、
すべてが輝くような、しあわせな瞬間があるんだと思う。
 
 

#不倫 #絶望的な恋 #しあわせな恋
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.13

#切ない片思い。届かなかった想いはどこへ。

Img_6633_   

以前取材させてもらった人の話。
2年間片思いの彼に、「ずっと好きだった」って告白したら…。
答えは「ごめん。前から好きな子がいて…」だった。
その時から1年たっても、彼のことが好きっていう想いが忘れられない。


届かなかった「好き」っていう想いは、
自分の中に置いておくしかないと思う。

   
その想いは、どこへも行けない。

  
でも、気持ちを告白したことは、決して無駄なことじゃないと思う。
もし気持ちを伝えなかったとしたら、違う苦しさを味わうことになったはず。
未来につながらない苦しさを。

  
私は、言ってしまった後悔よりも、
言わなかった後悔の方が大きいと思ってるんだ。
それは、恋じゃなくても、すべてのことに言えると思う。

  
やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が大きい。
って思ってる。

  
彼女は、すごく苦かったと思う。
告白して、「他に好きな子がいる」って言われて、
しかも、彼はその他の子に告白して付き合うことになったんだもの。

  
そして、彼は彼女のことを避けはじめて、それまでの友達の関係も崩れていく。

  
もう告白なんてしなければよかった…って思うのも分かる。

  
でも、それでもやっぱり、気持ちを伝えたことは正しいと思う。

  
「もしあの時、告白していれば、彼と付き合うことになったかも」
って、もう取り返しのつかない後悔より、
「言ってもダメ、言わなくてもダメだった」って思える方が、
次の道に進めると思う。

  
そして、これから彼女に必要なことは、 
「まだ彼が好き」っていう自分の気持ちを、受け止めていくことなんじゃないかな。

  
彼女はエピソードの中で、
「他の男の人を無理に好きになろうとしても…」って言ってたけど、
無理に好きになる必要なんてないし、
そんな気持ちのままじゃ、人を好きになんてなれないよ。

  
もっと自分の中の心の闇を見つめなくちゃ。
告白して後悔するみじめな気持ち、不安、孤独から逃げちゃだめ。  

  
そんな自分がいることを認めて、
彼を忘れられない弱さを受け入れて、
じゃあ、そこからどうするか、
そんな自分でどう歩いていくかって、肝をすえる気持ちになれば、
もっとまわりが見えてくると思うし、
告白した彼にも、気軽に話しかけられるようになると思うんだ。

  
自分のしたこととか、自分の弱さとかから、逃げちゃだめなんだんと思う。
恋も人生も。

  
落ち込み覚悟で、もっと自分の心の闇をのぞいてみることが、
ある時には必要なんだって思います。

  
そうすれば、次にどうしたらいいのか、見えてくる気がするから。
 
 

#言わなかった後悔は #失恋 #片思い
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.11

#親友に取られた彼。本当は結婚していた彼。

Img_0774_
  
5年も付き合っていた彼、自分の親友のキスの現場を見てしまって結局ふられたり、
その後、告白されて付き合った彼は実は結婚していたという裏切りを受けたり…。
もう私の恋に3度目の正直なんてないような気がする。

という人に取材をしたことがある。
 
 
失恋って、普通にふられただけでも人間不信になりそうになるのに、
好きだった人に、彼女のように裏切られると、
もう誰も好きになれないって気持ちになるの、分かる。

  
彼女は、2度も相手に「2番手」にされて別れている。
そんなことが続けば、もう恋をするのが怖くなるし、
また裏切られるんじゃないかって、人間不信になるのも当り前かもしれない。

  
相手には本命がいて、最後にはふられるっていう恋の辛さ、すごく分かる。
私も経験があるから。

  
もう誰も信じられないって、
もう恋なんてしたくないって思ってしまう気持ち、知ってる。

  
自分に何か人間的な欠陥があるのかなって、
思えてしまうんだよね。

  
だまされやすいっていう性格も多少あるかもしれない。
人を簡単に信じやすいっていうか。

  
でも、私自身、裏切られた彼との恋愛を振り返った時、
これが原因なんじゃないかなって思う点が1つある。

  
それは、
「相手に尽くしすぎてしまうこと」。
このことについては、以前のブログ「尽くす女はしあわせになれないの?」
でも書いたけど、
相手に「こいつは大丈夫」って思われてしまうのって、
よくないし、そう思われたら、しあわせな恋は成立しないと思う。

  
彼女が「尽くしすぎていた」かどうかは分からないけど、
夜中の雨の降る深夜に、彼のマンションの前で、立って待っていたり、
結婚を意識しはじめたとたん、彼が急によそよそしくなった時、
そのことについて何も聞かなかったり、
「尽くしすぎてしまう」傾向は見られる気がする。

  
「いつも同じパターンで失恋。私はしあわせにはなれないのかな」
って彼女は言ってるけど、しあわせな恋をしたいなら、
今までの自分の恋愛パターンを変えなくちゃだめだと思う。

  
今と同じ自分のまま、また恋愛しても、同じ結果になる可能性は高い。

  
「ありのままの自分でいちゃいけないの?」って思うかもしれないけど、
人を好きになった時の自分が、果たしてそれが本当の自分かな?

  
本当は、いろいろ聞きたいのに怖いから不安だから、何も聞けない。言えない。
になってない?

  
本当に好きに人には、
ずっといっしょにいたいって思っている人には、
自分に自信を持って、
自分の気持ちを、心にためないで言うことが大事なんだと思うの。

  
そして、同じような裏切りが2度も続いてしまったから、
もう3度目はないって思ってしまう気持ちは分かるけど、
また新しい恋には出会えると思う。

 
自分が少し変わって、
相手の優しさにすがるだけの恋を辞めれば、
きっと今まで出会わなかったような人と会えると思うな。
 
 

#彼は既婚者 #裏切り #尽くしてしまう
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.09

#好きな人の過去の恋を全部知りたい?

Img_6815_

いっしょにいる人の過去の恋って気になる?
全部知りたいって思う?それとも、知りたくない?
過去の恋、全部知るには、強い心と覚悟が必要だと思う。

  
私は、今の彼の過去の恋愛のいくつかは聞いている。
多分全部じゃないと思う。
でも、あえて私から聞こうとは思わないし、
彼の中だけにある過去の恋があってもいいと思っている。

  
それは、隠し事とかじゃなくて、
私が触れていけない部分だと思うから。
人にはそういう部分があるんだって思う。

   
じゃあ彼は?
彼は私の過去恋は、イヤというほど知っています。
だって、私の切ない恋愛のことを書いた本を読んでしまったから。
でも、これだって全部じゃないけど。

  
相手の過去の恋を全部知るって、大変なことだと思う。
「知る」ってことは、「受け入れる」ってことだから。

    
興味本位で聞いてしまって、後悔した友達もいるし、
あまりに衝撃的な恋だったから、聞いた後に別れた人もいる。

  
「好きだから、愛しているから、相手の全てを知りたい」。
っていうのは、自己満足なのかもしれない。  

  
あの人の過去の恋を知ったからどうなるんだろう。
今のあの人がいるのは、
過去の恋を含めていろんな経験があったからで。

  
過去の経験は消せないし、恋も消えない。

  
だから、もし興味だけで、過去の恋を知ろうとしているなら、
私はやめた方がいいと思う。

 
「どんな事実でも受け入れられる」って覚悟があるなら、
聞いてみてもいいと思うけど。

  
あとは、自分自身がいくつかの別れとか、恋の辛さを経験しているなら、
相手の痛みとかも共感できると思うけど、
もし、そんなにひどい恋愛や、別れを経験していないなら、
今の目の前にいる、その人をしっかり好きでいた方がいいと思う。
過去の恋は聞かない方がいいと思う。

  
「私は彼のことがこんなに好きなんだから、どんな過去でも受け入れられる。好きだからこそ、彼のすべてを知りたいの」

そう言って、彼の過去恋を聞いて、
結局別れることになった友達がいた。

 
他人の過去を受け入れるって、
思っているよりも簡単なことじゃないと思う。

  
もちろん、過去に結婚していたとか、そういう事実は聞いてもいいと思うけど。
 
 

#過去恋 #彼の過去恋 #すべてを知りたい
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.08

#ひとりで立っていることができなかったら、ふたりでも立っていることはできない

Img_1224_
 
好きになればなるほど不安になることってあると思う。

  
でも、自分のすべての時間や気持ちを、好きな人に注ぐっていうのは、
決していい結果を生まないと思う。

  
その人に全体重を乗せてしまったら、
相手はつぶされそうになるから、
すっと体をそらすのは当たり前のような気がする。

  
そして、いっしょにいても不安だっていう気持ちは、
相手にも伝わると思う。

  
予定を入れずに彼を待ち続けたり、
しつこいぐらいに連絡をしたり、
会った時は不安げな目で見つめられたら、
「重い」って思われても仕方ない。

  
恋って、対等でいなくちゃいけないと思うの。

  
「好き」っていう気持ちは、
どっちかが大きいかったり小さかったりと、
時々動くことはあると思う。

  
でも、ひとりで立っていることができなかったら、
ふたりでも立っていることはできない。

  
いくら好きでも、いっしょにいても、
生きていくのは結局ひとりなんだと思うんだ。

  
どんなに好きでも、その人の全ては分からないし、
一人で生きていける力があるからこそ、
相手も支えられるんじゃないかな。
私はそう思います。
 
  
#好き #不安 #恋は対等
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.07

#人を好きになるのがこわくなる。

Img_6837_  

1度でも、恋でひどく心が傷ついた経験があると、
人を好きになることがこわくなることってあると思う。

  
好きになってもらえないんじゃないか。
「好き」って言ってもふられるんじゃないか。
そういうこわさもあると思う。

  
でも、本当にこわいのは、
もしその人と付き合うことになったとしても、
その先には、またさよならが待っているかもしれないっていうことのような気がする。
その人を好きになること自体が、こわいのかもしれない。

  
好きになって好きになって大好きになってしまったその先に、
また悲しい別れがあったとしたら…。

  
それを乗り越える自信がない。
孤独で倒れそうになる絶望はもう見たくない。
あのひとりの不安に眠れない夜を、また過ごすなんてできないよ。

  
そう考えていると、人を好きになるのがこわくなる。
傷つくのがこわい。

  
でも、そのこわさを感じながらも、
人を好きになっていく気持ちは止められないんだよね。

  
こわくてこわくて、でも好きで好きで。

  
恋って苦しい。
別れを経験すればするほど、苦しくなるね。
でも、その甘さとか心地よさも知っていくんだけど。
 
 

#好きになるのがこわい #恋の甘さ #別れの苦しさ
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

より以前の記事一覧