2006.12.21

■彼氏ができない理由。「こだわりと理想の幅が広すぎる」。

「彼氏がほしい」と言う友達の中に、彼ができるとタイプと、なかなかできないタイプがいるのは何でだろう。見た感じもかわいいし、性格だって普通だし、違いって何なんだろう。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。

  
彼氏ができないタイプ=Aと、彼氏ができるタイプ=Bの大きな違いは、
こだわりと理想の「幅の広さ」だと思うの。

     
Aのコたちには、こだわりがある人が断然多い。
それは、直接男の人タイプじゃなくても、
例えば「音楽は○○系じゃなくちゃイヤ」、「映画はおしゃれ系」、
「服は……」、「カフェ・オ・レのミルクの量は」っていう感じで。

  
好きなものと嫌いはものがはっきりしていて、
嫌いなのものは認めないってことが多いような気がする。

  
そのこだわりは、理想の男性にも反映されてて、
別に、収入が学歴がっていう「高さ」はあんまり関係ないんだけど、
その人の趣味とか、好きなもの(映画、音楽、ブランド、本)に対しては、
すごく厳しいと思った。

  
あと、絶対ダメを決めすぎる。
「年下は絶対にダメ」「音楽の趣味が合わないと絶対ダメ」とか。

  
私は、実はそこが彼氏をできにくくしている、大きな原因だと思うの。
こだわりがありすぎて、相手を選別しすぎるのは、出会いの幅をかなり狭めると思う。

  
こだわりを持つのはいいことだと思う。
でも、相手にもそれと同じものを求めすぎることは、どうなのかな。
自分と同じ人間なんていないから。
価値観や趣味、興味は人それぞれだと思うんだ。

  
そのコたちの趣味にぴったり合う人を、探すとか紹介するって、かなり難しいよ。
でも彼女たちは、いっしょにごはんを食べながら言うんだよ。

  
「別に高い理想を言ってるわけじゃないと思うんだ。
 普通だと思うんだけどなあ」
って。  
うーむ。

  
まず「絶対ダメ」をやめてみることと、
趣味が違う人に対して「こういう人もいる」って、
自分と違う存在を受け入れることを始めてみると、
もう少し出会いのチャンスは広がるんじゃないかなって思うんだけどな。

    
でも、彼女たちにとっては、それがなかなか難しいようです。
でも、でも、そういう彼女たちが、自分にぴったりの人に出会えたら、
すごいマッチングで、しあわせだよね。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.27

■恋愛の掟。「彼を安心させない」こと。

私がいくつかの恋や失恋をしてきて、「こうしよう」と思ったことがいくつかあります。
そのひとつとしてが、「彼を安心させない」こと

  
いっしょにいて安らげないとかではないですよ。
そうじゃなくて、なんていうか、
「もうコイツは大丈夫だろう」っていう
女性として気を使わなくていい安心をさせないことです。

  
前のブログの「尽くす女はしあわせになれないの?」にも書いたけど、
私は、結構尽くしてしまう派だったんです。
でも、それでつらい恋愛になってしまうことが多くて。

  
それで、なんでこうなってしまうのか考えたら、
私があまりに彼に尽くすから、その人が
「コイツは何を言っても、何をやってもオレから離れないだろう」
って安心しちゃって、私に対して心配りがなくなるってことに気がついたんです。

  
だから私それから、好きになった人を安心させないことにしたんです。
全部の手を見せない。
尽くしすぎない。

  
「何かあったら、いつでも、どこか他へ心が行く気持ちがある」
っていうことを、何気なく見せることにしたんです。

  
そう思って人と接していたら、
意外と恋に限らず、いろいろな所で人間関係がよくなった気がします。

  
相手に、大事な存在だって思ってもらえることって、
すごく大事なんことなんだって気づきました。

  
「どんな無理を言っても大丈夫。少しひどいことを言っても大丈夫。
 コイツはオレのことが好きなんだから」
なんて思われたら、しあわせな恋になんてならないです。

「想ってくれていなくちゃ、大切にしてくれてなくちゃ、私はいつでもどこかに行きます」
っていう気持ちを持つことは、自分にとってもプラスだと思う。
尽くしすぎないようにするためにも。

  
だからと言って、高飛車になるわけではなく、
わがままを言うとかではなく、相手に冷たくするとかでもなくて、
常に冷静で少しだけあの人に「距離を置く」ことが、
安心させないことにつながるんだと思うのですが。

  
なんでも物事ってそうなんじゃないのかな。
完全に自分の物になったって思ったら、手を抜くと思う。

  
自分だってそう。
彼が自分の言うことをなんでも聞いて、どんなことでも許してくれたら、
彼の心に安心しきって、努力することなんてしなくなると思うから。

  
私は、ずっと彼に好きでいてもらいたいし、大切にしてもらいたいから、
彼を安心させない努力をしています。

  
彼も、時々どきっとすることを言われたりして、
大変だとは思うけど。

  
「彼を安心させない」。
これも、いい恋をするための、恋愛の掟のひとつだと、私は思います。

   
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。今のblog Rankingの順位を見てみてください。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.06

■恋愛の掟。「徹夜してでも合コンに行け」。

私の友達で、最初に高校生ぐらいから男の人と付き合い出してから、その後、一度も彼氏が途切れたことがないっていうコがいます。
すごいよね。

 
blog Ranking今日の順位は?

        
でも彼女自身は、そんな自分がイヤだって言ってるけど。

      
そのコは、誰かと付き合っていても、
この人と別れることになったら、ひとりになるかもしれないって
それが不安で不安で、無意識に次の人を探しちゃうんだって。

      
だから、彼氏がいても、他に好きな人ができてしまうようで…。
複雑な心理状況だ。

  
そんな自分がイヤだから、一人でいようと思うんだけど、
それができない人もいるんだよね。
でも、すぐに好きになってくれる人が現れるのは、うらやましいような気がするけど。

    
彼女のように、間がないくらいいつも彼氏がいる人と、
彼氏がほしくても、全然できない人がいると思うけど、
何が違うのか。

     
私の今までの経験と、友達の例をもとに検証してみると、  
大きなポイントは、
彼がほしいという気持ちの強さと、行動力にあると思う。

    
ただ、彼氏がほしいと思っていても、自分から動かなくちゃ恋はやって来ない。
じっと待ってるだけじゃ、いい恋なんてできない。

    
友達にいくら紹介してって言っても、
本気で恋をする気がなくちゃ、何人紹介されても、そこで終わると思う。

    
私の友人にもいる。
何人も紹介しても、「なんか違うの」って言って、2度目は会おうとしないコが。
飲み会によんでも、少しひき気味で見ていて、自分から話しかけようとはしないコが。

  
そんなコたちって、みんな待ってるんだよね。
黙っていても自分を好きになってくれる、理想の人を。

    
私は、違うと思う。
自分から誰かを好きになりたいなって思わなくちゃ、
いろいろな人と触れ合ってみなくちゃ、
好きになることも、好きになってもらうことも、
全部のチャンスがすごく少なくなると思う。

    
間がなく彼氏ができる友達は、
とにかく、出会いの場を求めて行動する。
紹介もネット、仕事関係も、どこでも恋愛の場だと思っている。

   
まあ、彼女の例は極端だと思うけど、
いつでもどこでも、恋愛モードでいることは、絶対に重要だと思う。

    
いいなって人が現れてから、恋愛モードになっても、それじゃあ遅い。

      
私が、恋がしたいっていう人によく言うコトバは、
「仕事で徹夜してでも、誘われたら合コンに行け」。

    
仕事柄、徹夜で撮影、徹夜で原稿ってことが多かったけど、
私は、どんなに疲れていても眠くても、
合コンに行ってました。

    
紹介してくれるっていう話があれば、とりあえず出かけていました。

    
そして、その場では、直接の出会いはなかったけど、
その積極的に動いていた時期に、好きな人に出会うことができた。

    
やっぱり、「恋したい」って強く思う気持ちが大切で、
さらに具体的に行動することが、
新しい恋に出会える運気を呼ぶんじゃないかと思うんだけどな。

    
違うかな。
私の勝手な思い込み?

    
徹夜してでも合コンに行け。     
  
 
コレ、私の勝手に力説している、恋愛の掟のひとつです。 

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.17

■尽くす女はしあわせになれないの?

好きになったら、その相手に尽くしすぎて、結局そんな女性はしあわせになれないって聞いたことがある。

      
私は、尽くし型の恋愛をしてしまうタイプだったと思う。
相手のためなら自己を犠牲にしても平気なところがあった。

      
尽くすことって、好きな人のために自分ができることをするんだから、
本人にしたら全然苦じゃないんだよね。

      
相手のために自分の予定を変えることも、
ごはん作ることも、
自分勝手なことを言われることも、
全然平気なの。

     
でも、それがよかったかっていうと、私はよくなかった。

    
尽くすことが悪いこととは思わない。
尽くしすぎること、がダメなんだと思う。

     
尽くしすぎると、自分って人間がなくなってしまう気がするの。
自分がない人間といっしょにいても、それはおもしろくないと思うし、
相手はどんどんわがままになっていくと思う。
わがままにならざるを得ないもかもしれない。

  
だから、尽くしすぎることって、相手をダメにしてしまうんじゃないのかな。

      
付き合いはじめの頃の
お互いが好きで好きでっていう時期はいいんだよね。
でも、少しでも心が離れそうになったり、
相手に気になる女のコが現れたりしちゃうと、
尽くしてきたことが、すべてマイナスになる気がする。

    
私、別れる時、最後に言われたことあるもん。
「お前がオレのためにすること、すべてがイヤになった」って。
それって…。

    
でも、これが現実。

    
もしかして、尽くしすぎることって、自己満足なのかもしれない。

    
「私はあなたのことがこんなに好きで、
 だからこれだけのことをやってあげているのよ」って顔して、
相手が望んでいないことまでやってしまって、よろこんでいたのかもしれない。

  
だから、尽くしすぎることを辞めたの。

    
尽くすことと、尽くしすぎることの線引きは難しいけど、
私は、ある時から、相手に対して、少しわがままに生きることにした。

    
全部を相手に合わせなくていいし、
わがままを言うことは悪いことでもないし、
自己犠牲は絶対によくないって言い聞かせてる。 

      
今も時々、「尽くしたい病」が出てきそうにはなるけど、
でも、それはしあわせになれないってわかっているから、
ぐっと気持ちを抑えるんだ。

      
何年か前に、苦しい恋愛ばかりの、やっぱり尽くしてしまう友達が、
「このままじゃ、私たちしあわせになれない」って言って、
尽くすのを辞めたら、すごく優しい人とあっという間に結婚したし。

    
やっぱり女の子は、
愛されることでしあわせになれると思う。
相手を安心させすぎないで、少しは追ってもらわなくちゃだね。

  
このコトについては、また書きたいと思います。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.10.06

■自分の気持ちから逃げちゃだめだ

すごい雨。風も吹いてる。やっぱりこんな天気の日は、気分も滅入ってきちゃうな。
K3100053   

     

     

  

  

  

  
   
夜に、イラストレーターの友達と仕事の打合せ&ごはんの約束してるんだけど。
大丈夫かな。会いたいけど、雨の中、来てもらうの大変かも。
あんまり雨がひどいようだったら、連絡してみようっと。

  
「どうやったら、失恋から立ち直れますか?」
という質問を時々受けます。

  
私は、これっていう方法はないと思う。

  
無理に元気になる必要もないし、
泣くことをがまんすることもしなくていいと思う。

  
相手を、その時は恨んでも憎んでも、
それは仕方のないことだと思う。

  
そんな自分の気持ちの波を、どうやりすごせるかなんじゃないかな。

 
やっぱり好きで、別れられないって気持ちにもどる時だってある思う。

  
でも、それは決して弱いんじゃなくて、当たり前のこと。
すごく好きだった人、大切だった人を失おうとしてるんだもの、
気持ちはめちゃめちゃに揺れると思う。

  
それは、仕方のないこと。

  
じゃあ、その悲しみがなくなるまでは、どうしてればいいの?

  
私は、じっと耐えてた。
ふとんにくるまりながら、気持ちの波が去るのを、
時々目をつぶりながら、じっと待ってた。

  
でも、自分の気持ちからは逃げなかった。
さみしさとか、孤独とか、不安とかから逃げなかった。

  
絶対に、この別れは間違ってない。
仕方のないこと。
もし、本当にあの人と縁があるなら、
自分から動かなくても、きっとまたいっしょになるだろうし、
もし、そうじゃなかったら、きっと新しい恋に出会えるはずだって、
必死に心の中で唱えていた気がする。

  
恋を、大切な人を、大好きな人を、
失う時は、自分から逃げちゃだめだと思う。

  
このブログでも、何度も書いているけど、
私たちの心は強いから。
思っているより、ずっとずっと強いから、
大丈夫。

  
自分を信じて、今のつらさを乗り越えてほしいです。

  
なんか、雨の中で、誰かにむかって叫んでいるような文章になってしまった。

 
mamasitaさん。負けないで。 

  
  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.05

■心が不安でふるえるような恋は恋じゃない

この前ブログに書いた「怒ってばっかりの彼」の話が、思った以上に反響が大きかったのに、驚きました。

  
やっぱり、怒ってばかりの人と付き合っている人って多いんだ。

  
でも、やっぱりそれはつらい恋で、もう終わりにしたいって思ってるの。
わかる。

  
この前の「怒っている彼」のまた違う話を書きます。

  
クリスマスの日、私の家でごはんを作って食べようって約束してたの。
その日も、私が帰り際に、急に仕事が入ってしまって、
待ち合わせの時間より、1時間遅れて家に到着。
もちろん、遅れるってことは、彼には連絡済み。

  
部屋に着いたら、彼が料理を作ってくれてて、
もう出来上がっていた。

  
私も、急いで料理作って、
ふたりで、食事をはじめたんだけど…。

 
彼は、私が帰って来てから、ほとんど口をきいてくれなくて、
「あー、また怒ってるな」って思ってたんだけど、
何も言わなかった。

  
もちろん、食事中も、会話なく、もくもくと食べるだけ。
クリスマスなのに…。

  
そしてどうなったと思う?

  
食事が終わったら、彼、「帰る」って…。

  
もう、言葉が出なかった。
よっぽど、私が遅れたことが、イヤだったんだろうな。
でも、仕事だよ…。連絡もしたし。

  
それなら、もう怒って帰ってくれればよかったのに、
なんで料理作って待ってるんだろう。

  
そこが、別れることを迷わせる部分だったんだけど。

  
でも、今思えば、料理を作ることで、
私のことをより悲しませて、私を悪者にしてたんだよね。

  
私自身にも、私が悪いって思わせるための行動だったの。

   
あー、あの時に気づいていれば、
「ばかみたい。子供じゃないんだから」って言ってたのに。

  
だから、今、怒ってばっかりの彼と付き合っている人は、
彼の行動を冷静に見てね。

  
自分が優位に立ったり、正しく見せることばかりじゃない?

  
それは優しいんじゃない。
自分が大切で、自分だけがかわいいだけ。

  
そんな人といても、絶対に幸せになんてなれないから、
目を覚ましてー。

  
自分の心が不安でふるえるような恋は恋じゃない。

  
恋は、もっとやわらかくて、安心できて、
自分が「素」でいても否定されないの。

  
それが、しあわせの恋の掟というものです。

    
  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです! 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.09.15

■恋するタイミング

曇りの一日か。
これで、晴れたらもう秋の日差しなんだろうな。
ちょっとさみしい。

  
エアコンの調子が悪くて、さっき修理にきてもらった。
全然冷えなくなっちゃったんだ。
修理を頼んだのは、先週の暑い時。
が、今日は涼しい…。
冷房が効かないって事実を伝えられなかったー。

  
でも、なんかガスの関係かもってことで、また午後から来てくれることになった。

  
タイミングが悪いってことあるよね。

  
反対にすべてがトントン進むタイミングもあるけど。

  
恋のはじまりってまさにタイミングだと思う。
ココに、この時間いなかったら、会っていなかったとか。
あの時、コンビニによらなかったら、会えてなかったとか。

  
出会いは不思議。

  
もう別れてしまったけど、
前に付き合った人とは、自転車置き場で出会った。
自転車を出そうとして、後ろにガンってひっぱったら、
たまたまそこを通りかかった彼に、当たってしまって。

それがキッカケで付き合いはじめたの。

  
ウソみたいだけど、本当の話なのです。

  
私の友達も、雨の日に、カサ立てのカサと取ろうとしたら、
手がぶつかって、そのぶつかった彼と付き合ったんだよ。
ドラマみたい。
でも、これも本当の話。

  
私も友達も、その偶然の出会いがあった時期って、
すごく出会いを求めていた気がする。
合コンにも積極的に参加してたし、
知り合いの人には、誰か紹介してって、すごくアピールしていた。

  
そんな積極オーラが、偶然の出会いを運んできたと信じています。

  
失恋した後、少しでも元気が出てきたら、
落ち込んでいるのはもったいない。

  
無理矢理にでも、外に気持ちを向けなくちゃいけないって思う。

  
自分が動くことで、運も動いてくる気がする。

  
例えば、行った合コンで出会いはなくても、
全然違う場所で、出会いがあったりする。
これは本当です。

  
「会いたい」「人を好きになりたい」っていう気持ちが
ものすごく大切!
って強く思います。

  

Photo最後にココを1回ぷちっとクリックお願いします。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)