2024.01.15

#悲しみを受け止めなくちゃ前には進めない。

Img_1084_  
 
以前雑誌「with」の取材があって、
いろんな恋愛についてコメントをさせてもらった取材後の感想。
 
 
その時の特集が「失恋」だったので、切ない恋の話をいっぱい聞いた。
全部ではないけど、その時話を聞かせてもらった失恋した多くの女の子は、
悲しみの底まで行かないで、途中でもがいているような気がした。

     
自分の抱える全部の悲しみに向き合ってしまったっら、心が耐えられる自信がない。
別れを認めてしまったら、もう彼に会えなくなってしまいそうでこわい。
まだ、もしかしたらって期待を持っていたい。
彼がもどってきてくれるのを待っていたい。

    
そんな気持ちで、苦しんでいるような気がした。

     
その気持ちになるのはすごく分かる。
でも、事実に向かい合う前に、失恋の悲しみにフタをしてしまっている人が多いような感じがした。

    
「ふられた自分」を受け入れてないっていうか、認めていないっていうか。

     
ふられるって相手に自分を否定されたことだと思う。
いらないって言われたことだ。

     
それは悲しいコトだけど、事実。

     
その事実を、一度きちんと自分の中に受け入れないといけないと思う。
悲しいし、味わったこのないような絶望感を感じると思う。

    
でも、そういう悲しみから逃げちゃだめで、
受け止めなくちゃ、きちんと前には進めないと思う。

       
それを避けて、次の道に進もうとしても、
その悲しみのつらさは、避ければ避けるほど長く続くような気がする。

     
悲しみの底に行って、絶望の淵を見ることで、
そこでやっと、もう上にあがるしかないって思えるんじゃないかな。

     
もう後がないから、前に進むしかないことを知る。
泣きながらでも、進むしかないってことが分かるから、歩き出せると思う。

     
彼がまた振り向いてくれるかもしれない、
元に戻れるかもしれないっていう気持ちを持つことは悪いことじゃない。

    
でも、だからといって、
今、目の前に起こっている「ふられた」っていう事実から、
目をそらしちゃだめだと思う。

      
もし、彼とまたいっしょにいられることになったとしても、
一度、彼から心を離して、冷静に自分自身を見つめなくちゃ、
戻ったとしても、同じような結果が待つことになると思う。

      
「別れ」を認めることで、自分の本当の気持ちを見ることができるし、
彼のことを客観的に見ることもできて、
それまでの彼との関係を冷静に振り返ることができるんじゃないかな。

     
新しい恋をしようって思うのも、
彼とやり直そうって考えるのも、彼を振り向かせようって考えるのも、
一度大きな悲しみを乗りこえてからだと思う。

      
こわいから、悲しいから、失恋の傷口を見ないで、
次に行こうとしても、事あるごとにその傷口はしくしく痛む。

      
傷の大きさを見なかったら、直す方法も分からない。

    
こわいけど、自信がないかもしれないけど、
悲しみから逃げちゃだめなんだと思う。

    
悲しみを受け入れて、その悲しみの置き場所を自分の中に見つけたら、
次に進む気持ちも力も、勇気も湧いてくるんだと思う。

       
「失恋」した自分から逃げないで、じっくりとしっかりと自分に向き合うことが大切で、
そうすることが、つらい恋の経験を無駄にしないことのような気がする。

       
このブログでも何度も書いているけど、
心は自分が思っているよりずっと強いはずだから、大丈夫。
新しい自分で、新しい恋ができるはずだと、私は思います。
 
 

#失恋 #ふられた #悲しみを受け入れる
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2024.01.12

グラグラつり橋に立つ人生だ。

Img_1039_  

私は仕事では、いつもギリギリのところに立っていると思う。
目に見えては、うまくいっているように見えるかもしれないけど、
失敗や敗北や悔しいこともすごく多い。
 
 
右へ落ちれば成功。
左に落ちれば失敗。
というグラグラ揺れる細いつり橋にいるような気持ちになる時がある。
 
 
つり橋にいて、安定じゃなく人生チャレンジしていたいと思ってしまう。
左に落ちるかもしれないけど、このグラグラつり橋を進みたいって思ってしまう。
新しいことをやってみたくなってしまう。
 
 
今の場所が安心で、ちょっとイヤなことも受け止めて、
この人生はしあわせ。
って思いたいし、
すごく心地よくて、自分らしくいられる場所にいることもあった。
 
 
でも、なぜかそういう場所にいると嵐のような出来事が起こって、
つり橋に戻らざるを得ないことになってしまう。
 
 
今も嵐の中で、グラグラなつり橋にいる状態。
今回もなんとか右の成功の方へ行くことができるよう、なんとかふんばりたい。
 
 
不安で泣きたくなる時もあるけど、
次はどうなるのか、ちょっとだけワクワクする気持ちもあり。
 
 
私はこのワクワクを信じて進む人生な気がする。
こわいけどー。
 
 
#うまくいかない人生でも #信じて進む人生

| | コメント (0)

2023.12.27

2023年、今年はいろいろ成し遂げられなかった。でも。

Img_0905_2023
  
結局時間があっても、年賀状、早めに手をつけることができなかった……。
12/27の今日、年賀状を買う。
涙。
 
 
今年は、来年いろいろ新しいことにチャレンジするための準備期間だったような気がする。
自分の意思とは別に、いろいろ手放す状況になったり、
ちょっと体調も壊したり。
 
 
でも、今年のこの時間があったから、
次の新しいチャレンジに行けるのかと思う。
 
 
これまでの人生から、
起こることに無駄なことはないし、
すべては良い方向に行くタイミングで起こっているし、
一見不幸に見えることが、未来のしあわせの道につながっているし、
ってことを分かっているから。
 
 
分かっていても、不安になってしまうことも多々あるけど。
自分を励まして、信じて前に進みたい。
 
 
迷って悩んで、暗い闇の中にいても、
私はあきらめたくないな。
遠くの遠くに光が見えたら、そこに向かって歩いていきたいです。
たとえたどりついた先に、また闇が続いてしまっても、
じゃあそこでまた手立てを考えて、とりあえず進むことはやめないでいたいです。
 
 
#2023年 #起こることに無駄なことはない 

| | コメント (0)

2023.12.16

#闇を知る。そして恐れない。人生に無駄な経験なんてない。

Img_5631_  

「闇を知る。そして恐れない」。
これはある本に書いてあった言葉。
これを見た時、これまでの苦しい別れの経験は無意味じゃないんだって言われたような気がした。


失恋とか、裏切りとか、大切な人との別れとか、
そういうのを経験してまだ立ち直れないでいた時に、
北川悦吏子さんの「生きるのに、必要な、29のこと。」っていう本を読んだ。

----------------------------- 
  
私はひどかった時代も覚えておくといいと思う。
人に裏切られてゴハンも食べられない時期があったとしても、
ひどい病気をして体や心を壊した時期があったとしても、
そんなことがあったことを憎まないと、いいと思う。

      
人生の闇の深さを知れば知るほど、
人生の光も感じることができるんじゃないか、と思うから。

     
深い闇を知った人ほど、
かすかな光もちゃんと、感じるようになれるんじゃないか、と思うから。

-「生きるのに、必要な、29のこと。」(大和書房)から抜粋-

-----------------------------

  
この言葉に、すごく救われた気持ちになったんだ。
涙が出た。

  
そうなんだって。
あの苦しい別れを経験したから、
どんな小さな光も見ることができるんだって。

  
見えなかった人の気持ちとか、自分の気持ちとか、
そういうものも少し分かるようになったかもしれない。

  
だから、あの別れも、言われた言葉も、信じられない裏切りも、
全部忘れなくていいんだって思った。

  
覚えていていいんだよね。
忘れなくていいんだって。

  
もし、今、恋に傷ついていたり、
真っ暗な闇の中にいて、生きる望みがないって思っていたり、
どう生きていっていいのか分からないところにいる人がいたら、
どうか、がんばって、もう少しだけ前に進んでほしいと思う。

  
もし、終わった恋から抜け出せなくて、涙が止まらなくても、
人生を、神様を恨みたい気持ちでいても、
時間が経てば、見えてくるものがあることを信じてほしいと思う。

  
私も、あの闇の中にいる時は信じられなかった。
光なんていらないとさえ思った。

 
もうずっとずっと、
このうねるような不安や孤独の渦から出ることなんてないって思ってた。

  
でも、今、こうやって人を好きなったり、
いろいろな経験は無駄じゃないって思えるようになってる。

 
起こることに無意味なことなんてない。

  
その人に越えられない出来事は起こらない。
乗り越えていけるから、大きな困難もやってくるんだと思う。

  
そして、乗り越えた先には、必ず得るものがある。

  
人生の闇の深さを知れば知るほど、
人生の光も感じることができるんじゃないか、と思うから

  
大丈夫。
心は強いよ。
自分が思っているよりずっと強い。

 
だから、前に進むことを止めないで。
 
  
#闇を知る #無駄な経験なんてない #失恋
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.12.12

#幸福の中にいる人からは見えない闇もある。正しさの中にいる人には分からない事実がある。

Img_0752_
 
経験しないと分からない痛みってあると思う。
むやみな励ましは凶器となるし、
優しさのつもりの言葉が、相手の傷をえぐることもあるんだってことを知っておかなくちゃいけないと思う。

      
どんなに大切な友達でも、例えそれが家族だとしても、
その人の抱える痛みと同じような痛みの経験をしていないと、
その人の傷の深さと、本当の痛みは分からない。

    
そのことを知らないで、
むやみに相手を励ましたり、なぐさめの言葉をかけることは、
それは優しさとは言えないと思う。

     
「がんばって」のひと言が凶器になる時もある。
「そんな人別れてよかったよ」の言葉が、
深い絶望の谷に突き落とすひと押しになることもある。

      
「そんなつもりはなかったの。ただ元気づけたかっただけ」っていう気持ちが、
相手を深く傷つけてしまうことだってある。

     
そのことを頭に入れた上で、
傷ついている人のそばにいなくちゃいけないと思う。

     
どんなに相手を思いやっているつもりでも、
経験のない痛みは、どうやったら癒されるのなんて分からない。

       
幸福の中にいる人からは、見えない闇もある。
正しさの中にいる人には、分からない事実がある。

       
私も、失恋を経験する前は、簡単に友達を励ましていた。
元気になってほしいっていう気持ちから、
今思えば刃物のような言葉を相手に投げていたと思う。
はずかしい…。

  
失恋した友達にかける「大丈夫」は、
私はしあわせなんだっていう立場から言っていたと思う。

    
でも、大きな別れをいくつか経験してきたら、そんなうわべだけの言葉は、
何の役にも立たないって分かったんだ。
そして、人を励ますことが怖くなった。

       
その人の本当の痛みを分からないかもしれない自分に、
言葉をかける資格なんてあるのかな?、この言葉はその人の心に届く?
そんな気持ちで、慎重に言葉を選ぶようになった。

      
大事な人を励ましたり、声をかけることは必要なことだと思う。
その気持ちは、相手を支えることになると思うし、大切なこと。

    
でも、
「自分には分からない痛みがある」、「自分の言葉が相手を傷つけるかもしれない」
ということを忘れちゃいけないと思う。

     
その事実を忘れないで、
大切な人が傷ついていたら、静かに寄り添っていたいと思う。

       
溺れた経験のない人に、あの水の中の苦しさは分からない。
登ったことのない山頂の美しさは、行ったことのない人には語れない。

    
経験したことのないことは、分からない。
 
 

#むやみな励ましは凶器 #自分には分からない痛み #相手を傷つける言葉
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.11.30

#悲しみやつらさの真ん中にいるだけじゃ、見えない景色があると思う。

Img_2994_  
 
しあわせすぎたり、悲しすぎたりする時って、
まわりが見えなくなってしまうことがあると思う。
そして、自分自身も見えなくなってしまうような気がする。

  
好きだった人にさよならを言われたら、それはもう失意のどん底に落ちると思う。
自分は最高に不幸で、悲しみの渦の中。
涙は止まらないし、なぐさめの言葉も心に入ってこない。

  
自分を救ってくれるものなんて何もない。
これからずっとひとりで生きていく覚悟をしなくちゃいけない。
日々は、なんとかやり過ごすことでせいいっぱい。

  
もうまわりなんて見えないし、見たくない。

  
あまりに悲しみに近すぎて、こんな気持ちになっている時は、
本当に何も見えないと思う。

  
自分がどうしていいのか、これからをどう考えていったらいいのか、
全く見えない。

  
でもそんな時ほど、
悲しみから離れて、遠くの景色を見なくちゃいけないって思う。

  
悲しみの猛スピードで走っている時こそ、
遠くの景色をながめる時間を持たなくちゃいけないんだと思う。

  
銀色夏生さんのだいぶ前の詩の本に、
走る車からは、近くの風景は流れてしまって見えないけど、
遠くの景色なら見えるっていうようなことが書いてあった。  
これって、目に見える風景のことだけじゃなくて、心の景色のことも言っていると思ったの。

  
悲しみの猛スピードで走っている時は、
自分の気持ちとか、すぐそばの状況って、どんなに目をこらしても見えないと思う。
でも、遠くの景色ならどんなスピードで走っていても見ることはできる。

  
そして、反対に、一度自分の心を遠くに離してみて、
猛スピードで走っている自分のことを見てみると、
その先にどんな景色があるとか、
そっちに行ったら行き止まりとか、
急な山道に入るとか、
明るく開けた場所に出られるとか、
そういうのが分かると思う。

  
近くにありすぎる景色は気持ちは、見えない。

  
これは、失恋の悲しみだけに言えることじゃなくて、
しあわせの真っただ中にいる時も同じだと思う。

  
自分がしあわせだからって、その気持ちをふりかざして、近くにいる人たちを傷つけてない?
まわりの状況を冷静に見れている?
満ち足りた状況にいるからこそ、
だからこそ、少し遠くから自分を見つめなくちゃいけない時もあるはずだから。

  
絶望と悲しみの真ん中にいる時は、
悲しいのは自分だけじゃなくて、同じような想いをしている人は他にもいるって、
走る気持ちの車の中から、同じような遠くの悲しみを見ることで、
見えてくる未来があるって思う。

      
悲しすぎて、何も見えないんじゃない。
何も見ようとしていないだけなのかもしれない。

      
もし、あなたが今、失った恋のつらさの中心に立っているのなら、
ちょっと顔を上げて、少し遠くの景色を見てみて。

  
天気はどう?晴れている?
風は吹いてる?そこから今何が見える?

  
まわりの人は、みんなそれぞれの苦しみや悩み、希望を抱えて、
でも淡々と生きているよ。

   
苦しいのは自分だけじゃない。
つらい経験をしているのは自分だけじゃないない。
その先には、何か得るものがあるはずだから。

  
悲しみから離れて遠くを見ることで、そういう景色を見ることができるんだと思います。
 
 

#失意のどん底 #つらい経験のその先 #失恋 #得るもの
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.11.24

#あなたを想ってくれる厳しい言葉。苦しさは自分でしか断ち切れない。優しいだけの言葉の綱は思いっきりつかんだら…。

Img_0669_
 
昔、苦しい恋をしてた。
彼といっしょにいると、辛くて涙が出ることが多いのに、
「その恋は終わりにした方がいい」って、誰か他の人から言われると、
それを素直には聞けなかった。

    
以前のブログでも書いたけど、怒ってばっかりの彼と付き合っていたことがあった。
http://beach.txt-nifty.com/blog/2006/10/post_8006.html

  
今思えば、何であんなこと言われたり、ひどいことをされたのに、
その人と付き合っていたのか、自分でも不思議に思うこともあるんだけど、
その時はすごく好きだった。

   
でも、あまりに振り回されて、疲れてしまった時があって、
編集者の知り合いのSさんに、ごはんを食べてる時に、彼の話をしたことがあった。

  
彼は自分の都合を優先させてくるんだけど、それに私が合わてしまうこと。
彼と私の意見が違うと、怒って言葉で追い詰めるてくること。
自分が全て正しいと思っている人だってこと。
でも、怒っても怒っても、私を抱きしめてくること。
だから、彼と別れられないってこととか、いろいろ。

  
それを聞いた彼女は、
「そんな人と、何で付き合っているの?時間がもったいないよ。
 彼は人として何かが欠けてる。すぐに別れた方がいい。変だよ」
って言ってくれたの。

  
今の私なら、
「ホントにそうだよね。そんな人の言葉で傷ついているのなんて、バカみたい」
って思える。

  
でも、その時は、アドバイスしてくれた彼女に対して
「違う。違う。彼のこと知らないからそんなこと言うんだ」
って思ってしまった。

  
「言わなきゃよかった…」とまで思った。

  
でもね、彼女の言うことは、その通りだった。
私が心の奥で思っていたことを、ズバっと言われたから、
反発してしまったんだと思う。

  
何人かの人に、彼との辛い恋の話をした時、
「分かる。その気持ち。でも彼とは離れられないよね」って言う人もいた。
そう言ってもらえると救われるような気がして、安心できた。

   
だから、そう言ってくれる人にばっかり彼の話をするようになってた。
逃げていたんだ。自分の弱さから。

  
そんな時、Sさんは、私の弱いところをはっきり言ってくれた。
私のこと、ちゃんと考えて想ってくれたの。
だから、きっぱり、きつい言葉で言ってくれたの。

  
その後もSさんの言葉は、ずっと頭から離れなくて、
その言葉に反発しながらも、そうなんだろうなって気持ちだったと思う。

  
そしてその言葉は、別れを決める時まで、心に響いてた。

  
もっと早く、その言葉に素直に耳を傾けられたらよかったのにな。

  
もし、今あなたが辛くて、苦しい恋をしているなら、
なぐさめてくれる優しい言葉だけじゃなくて、
あなたを想ってくれる厳しい言葉も聞かなくちゃダメだと思う。

   
優しい肯定の言葉は、その時は心が落ち着くかもしれない。
でも、先を見たら、何の解決にもつながっていないんだと思う。

    
だから、厳しい言葉を言ってくれる人がいたなら、
今すぐじゃなくてもいいから、
その言葉を否定するんじゃなくて、
少しでもいいから、自分の行動や考え方を変えていく勇気を持つべきだと思う。

  
苦しい状況から、救ってくれる人はいない。
そこから出るのは、最後は自分の力。
苦しさは自分でしか、断ち切れない。

  
優しいだけの言葉の綱は、思いっきりつかんだら、すぐに切れる。

  
でも、真実を伝える厳しい言葉の綱は、苦しい場所から這い上がる時、
決して切れない強い綱になってくれると思う。

  
その当時は気づかなかったけど、
怒ってばっかりの彼と離れようって決心させてくれたのは、
あのSさんの言葉だったんだって、今は思ってるんだ。
 
 

#厳しい言葉 #真実を伝える言葉 #別れられない 
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.11.22

#彼氏でも友達でも相手に期待しすぎてはダメだから

Img_8967  
  
相手に「○○をしてほしい」とか「○○であってほしい」とか、「こう言ってくれるはず」とか
って期待しすぎるのは良くないし、
それは相手の負担にもなると思う。

  
逆の立場だったら、自分も重いと思うだろうし。

  
人は自分とは違う。
自分が想ってるほど、相手は自分を想ってくれないことは多い。

  
頭では分かっているんだけどなあ。

  
時々、胸が苦しくなってしまう。

  
どうして連絡くれないだろう。いつも連絡するのは私の方からばっかり。
本当は私となんか会いたくないんじゃないかな、とか。
マイナス気持ちのスパイラルに巻き込まれていってしまう。

  
人はみんな、愛されたいし、1番大切に想ってもらいたい。
自分だけは特別って想ってもらいたい。  
そうだよね。

  
でも、現実は親でもない限りそんな風に想ってもらえることは少ないから。

   
誰に対しても、期待のしすぎはダメだよね。
そして、自分の想うよに想われていなくても、落ち込む必要もない。

    
人はみんな孤独だから。
自分のことを100%分かってるのは、自分しかいない。

 
人に100%分かってもらおうとしても無駄だし、
相手を100%理解してるなんて思うのはわがまま。

  
だから、完全には分かり合えないって思いながら、
相手と接していくことが大切なんだよね。
だから、思いやりが必要なんだよね。

  
と、自分にも言い聞かせて、気持ちを前に向かせます。
 

#分かり合えない #期待しすぎない #孤独 
 

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

2023.11.17

将来はまだ来ていない

Img_0658_  
 
少し前に、増田セバスチャンさんが出演されている番組を見た。
その時の増田セバスチャンさんの言葉にはっとした。
 
 
「将来はまだ来ていない」
 
 
確かこんなような言葉だった。
 
 
将来はまだ来ていないんだ。
これから来るんだ。
じゃあ、今落ち込んだり焦ったりする必要はなくて、
将来のために今はまだがんばれる時なんだ。
って思えてはっとした。
 
 
もうこの先はないかも。
もうやりたいことを追ったりするのは遅いかも。
もうだめかも……。
って思ってしまいそうになってたから。
 
 
年齢があがるにつれて、
もうこの先に新しいチャンスはないだろうって思えてしまうことが多くなっていた。
 
 
もうさんざんチャレンジしてきたから、
これから先は、今いる未来を歩いていくしかないんじゃないか、
って思ってしまいそうになる。
 
 
でも、まだ将来は来ていないんだったら、
ここからがんばりがいがある。
がんばっていいんだ。
 
 
「将来はまだ来ていない」 
 
この言葉、神様からの言葉だと思って、
信じて進もうと思えました。
 
 
#将来はまだ来ていない #神様からの言葉
 

| | コメント (0)

2023.11.10

#誰か手をつないで、安心できるその場所まで連れてって。

Img_6755_  

不安でいっぱいになる時がある。
不安。不安。不安。こわい。

    
これから自分の人生はどうなっていくんだろう。
進みたい方向に進めるの?

  
行きたい場所は分かってる。

      
でも、そこへ行く方法が分からない。

    
大丈夫っていうかすかな自信だけを頼りに歩いている今に、不安になるんだ。
根拠なんてなくて、道は真っ暗。明かりなんてどこにもない。

    
でも、そこにたどり着きたい。
そこがどんな場所だか見てみたい。

    
今、私が歩いている道で間違いない?

    
大丈夫って誰かに言ってほしい。
神様に太鼓判を押してもらいたい。

    
誰かが手をつないでくれて、その場所まで連れていってほしい。

    
こわいよ。
時々ものすごく自分の人生がこわくなる。

    
みんな不安の中で生きているの?
行きたい場所にたどり着く方法をどうやって見つけているの?

    
雨が降り止まないこんな夜は、自分の弱さが出てきちゃうよ。
 
 

#大丈夫って言ってほしい #不安な夜 #たどり着く先

ー過去記事PIC&追記ー

| | コメント (0)

より以前の記事一覧