2018.12.07

#終わった恋に覚悟はある?彼への想いを投げるって、簡単じゃない。

Photo_3

  
  
終わった恋への「想い」や、
相手への「まだ好き」という気持ちは、
どうすれば遠くに投げられるんだろう。
   
 
「好きっていう気持ちを投げる」って、簡単じゃない。  

   
すごく覚悟のいることだと思う。
  
 
執着せずに、でもあきらめもせず。
   
  
彼とはいっしょになれなくても、
自分の気持ちが届かなくても、
それは仕方のないこと。

  
でも、分かっていても、
それでも「好きっていう気持ち」は消せない。
  
 
だから、消すとか、失くすとか、忘れるとかじゃなく、
一度つらさや執着が渦巻く心の中から、出してみる。
   
 
その「彼が好きで」っていう気持ちを、
冷静にながめる強さを持つっていうこと。
 
 
それが、「気持ちを一度外に投げること」かも、
と私は思っています。
   
 
「好きで好きで、どうしようもなく好きで」っていう、
執着してしまう気持ちがあったら、
気持ちを、想いを投げることは難しいことかもしれない。 
 
 
恋の終わりって、相当な覚悟が必要だって、思う。

  
終わった恋を、あきらめるのも、
終わってしまったけど、想い続けるのも、
その人の事が、好きだった気持ちが深かれば、深かっただけ、
強い覚悟が必要だって。

  
どれだけ、覚悟ができるかが、
その人の強さになっていくような気がします。

 
だから、まだ覚悟を持てない時は、
「彼への想いを外に投げる」ことは、できないかもしれない。
   
  
それなら、無理に投げることはしなくていいのかもしれないです。
   
 
「好き」の気持ちを終わりにするにも、続けるにも、
覚悟を持てるまでは、どこにも動けない気がします。

  
外に出してみようって思える時が来た時にしか、
気持ちは投げられないです。
 
 
彼しかいないって。
もう人生は終わったって。
そう思っていた時期がありました。
 
 
でも、人生は、自分が思っているより、いろんな事が起こります。
   
  
道はひとつじゃなかったです。
   
  
あの別れも、違う場所に行ったり、
違う誰かに出会うための、ひとつの出来事だったと、
今、やっと思えます。
  
 
でも、あの別れてしばらくの時期は、
そんなこと、全然思えなかったし、信じていなかったけど。
  
 
でも、でも。
苦しさやつらさを越えた先に、
あの時は思ってもいなかった今の景色を見ることができています。
      

#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #好きだったから #東京の夕暮れ #夕焼け #夕暮れ #ダレカニミセタイケシキ #忘れらないl恋 #昔の恋

| | コメント (0)

2018.10.23

#別れの切なさが遠くに感じる日は、苦しみから抜け出せる日は、いつ?

Photo

   
  
終わった恋、好きの気持ちを残したまま終わってしまった恋は、
いつまで苦しい切なさを残すのか…。
  
  
好きだった。
 
 
あの人のことを、本当に本当に大好きで、
ずっと未来はいっしょだと思っていた。
  
 
そんな人との別れは、
終わったあとも、ずっと心を縛っていて。
 
 
>いつになったら、悲しみとか苦しさとか、悔しさとか、そういうものから抜け出すことができるんですか?
  
  

こんな質問を、時々コメントにもらいます。
 
 
いつ抜け出すことができるのか。
  
  
いつ忘れることができて、
いつになったら新しい恋に進むことができるのか。
   
  
それは、人それぞれで、
「いつ」って言うことはできないけど、
気がついたら、その時がきている気がする。
  
 
その人への「想い」の記憶とか、好きだった感覚は、
なくなることはないかもしれないけど、
薄れる時はくると思う。
  
  
切なさが遠くに感じる時は、くると思う。
 
  
私には、10年ずっと好きだった恋があった。
  
  
終わりがあるなんて考えたこともない恋。
   
  
それが、ある日突然終わってしまって。
   
  
彼に新しい恋が始まってしまって、
私への気持ちは切れてしまった。
   
  
でも、その恋が終わっても、
私の「好き」な気持ちはなかなか消えてくれなくて、
苦しさに心が縛られていた。
   
  
新しい出会いもあったし、
前向きな気持ちにもなって生きていたけど、
心の奥には、まだ熱を持っているあの人への想いがあって。
  
 
時々ふいに、切なくて、悲しくて、悔しくなってた。
  
  
でも、ある時、心が軽くなったのを感じたの。
  
  
ふっと、もう大丈夫だって思えた。
  
  
それは、
彼と付き合っていた年月と、
別れてからの年月が、同じになった時ぐらいの時期。
   
  
別れて10年ぐらいがたった時、
ああこれでもう心が縛られなくてすむ、
ってそう思える時がきた気がする。
   
  
別れを受け入れるまでにかかる年月は、
人それぞれだと思います。
 
 
そんなに間をあけずに、
次の恋にいける人もいれば、
ずっと別れに立ち止まってしまう人もいると思う。
   
  
人それぞれ。
 
 
だから、
忘れられないことや、
悔しい気持ちがなくならいことに、
焦る必要もなくて、急ぐ必要もない。
   
  
私は、別れのいろんな苦しさから抜けるまでに、
10年かかってしまったけど、
その10年の間に、恋をして付き合って、また別れがあったりして、
ずっと10年間、ひとつの恋の終わりに縛られていたわけじゃなかった。
   
 
ただ、いつも心のどこかに、切なく縛るものがあって。
 
 
その縛ばられた気持ちが、
ふっと軽くなったのが、別れてから10年後だった。
  
 
私の場合は、
別れの切ない苦しさが、遠くにいってくれるまで、
その人といっしょにいた年月が必要だったんだなって、思います。
   
 
今でも、ものすごく時々だけど、
胸の奥がチクっと痛い時はあるけど、
想いも切なさも、思い出も、好きだった気持ちも、
遠くに感じられるようになったかな。

 

      
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #いつ忘れられるのか #東京の夕暮れ #泣きたくなる #夕焼け #カコソラ #終わった恋を忘れられるのにかかる時間 

| | コメント (0)

2018.07.31

#終わった恋の秘密があるのなら、一生私に言わないで。

Photo
  
   
過去の恋のこととか、忘れられない人のこととか、消えない心の傷のこととか。
そんな恋の秘密があるなら、今言えない秘密があるなら、
私には一生言わないでほしい。
   
  
ずっと秘密にしていてほしい。
もし、今言えない、終わった恋の秘密があるなら。
そう思う。私は。
   
  
誰にでも、昔の恋の思い出はあると思う。
悲しい別れの記憶もあるかもしれない。
  
  
でもそれは、その人のものだから、
その人と、終わった恋の相手のものだと思うから、
それは私にはいらないって思ってしまう。
   
  
付き合って、いっしょにいるうちに、
過去の恋の話とか、思い出とかは、聞いたり話したりするけど、
話せない部分もあると思う。
  
 
それはそれでいいと思うんだ。
私は。
    
   
好きな人の過去のすべてを知ることと、
その人のことを深く知ることとは、違うと思っているから。
  
 
もちろん、過去に結婚してたとかは別だけど。
  
 
別れた人のことが、今でも好きで好きでどうしようもないっていうこととかは、
それは、付き合う以前の問題だと思うけど。
  
 
そんなんじゃなくて、
もし、終わった恋の傷が残っていたり、
誰かのことが「今でも好き」ではなく、
誰かへの「好きだった」記憶として残っていて、
それを今はまだ黙っておこうと思っているなら。
 
 
それなら、それは、いつか言うんじゃなくて、
一生黙っていてほしい。
  
 
一生秘密にしておいてほしい。
   
  
心の傷があることは、
いっしょにいればなんとなく分かるから、
私は、それだけでいい。
   
  
心の傷も含めて、
今のあなたが好きになったんだから。
  
 
傷の理由は言わなくていいから。
   
  
私も言ってない心の傷の秘密があるし。
一生言わない終わった恋の秘密があるし。
  
 
だから、それは一生言わない。
  
  
だからだから、そばにいてくれる人が、
もし心に、終わった恋の秘密を持っているなら、
私に一生言わないでほしいの。
  
  
言わなくていいからね。
  
  
それは罪でも、嘘でもないから。
  
  
私はそう思っています。
   

    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #秘密の恋は秘密のままで #心の傷は秘密のままで  #東京の夕暮れ #ゆうやけこやけ部

| | コメント (0)

2018.06.12

#抱きしめてもらいたい時がある。ぎゅっとしてもらい時が、ある。

Img_3653_3

 

   
時々、何かがぐっと不安になって、誰かに抱きしめてもらいたくなる時がある。
   
  
そばにいてくれる人に、
抱きしめてもらいたくなる時がある。
  
  
それは、好きな人に限らず、
父とか母とか、友達とか。
    
  
そばにいてくれる人に、
ぎゅっと抱きしめてもらいたくなる。
    
  
自分の事を分かってくれて、
自分の事を信じてくれる人に、
ぎゅっとぎゅっと抱きしめてもらいたくなる。
   
  
自分が迷っている時とか、
不安につぶされそうな時とか、
新しい道を進む決心をした時とか、
悲しみで胸がつぶれそうな時とか。
   
  
そんな時、ぎゅっと抱きしめてもらうと、
なんか力が湧くっていうか、
勇気が生まれっていうか、
決心できるっていうか。
  
  
進むにしても、あきらめるにしても、
覚悟が決まる。
    
  
そんな気がする。
    
  
中学生の時とかは、
抱きしめるじゃないけど、
友達にぎゅっと手をつないでもらった時があった。
    
  
大人になってからも、
母にもだけど、
父にも、詳しく理由は言わずに、
「お父さん。ちょっとだけ、抱きしめてもらっていい?」
って言ったこともあった。
   
  
ぎゅっと抱きしめてもらうだけで、
なんで力が湧くんだろう。
  
 
なんで、あんなに安心できるんだろう。
   
  
不思議。
       

    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #前に進む力 #抱きしめてもらえると力が湧く 

 

| | コメント (0)

2018.04.16

#自分の気持ちから逃げちゃだめだ

Photo

「どうやったら、失恋から立ち直れますか?」
という質問を時々受けます。
   
  
私は、これっていう方法はないと思う。
   
  
無理に元気になる必要もないし、
泣くことをがまんすることもしなくていいと思う。
  
  
相手を、その時は恨んでも憎んでも、
それは仕方のないことだと思う。
   
  
そんな自分の気持ちの波を、どうやりすごせるかなんじゃないかな。

 
やっぱり好きで、別れられないって気持ちにもどる時だってある思う。

  
でも、それは決して弱いんじゃなくて、当たり前のこと。
すごく好きだった人、大切だった人を失おうとしてるんだもの、
気持ちはめちゃめちゃに揺れると思う。

  
それは、仕方のないこと。

  
じゃあ、その悲しみがなくなるまでは、どうしてればいいの?

  
私は、じっと耐えてた。
ふとんにくるまりながら、気持ちの波が去るのを、
時々目をつぶりながら、じっと待ってた。

  
でも、自分の気持ちからは逃げなかった。
さみしさとか、孤独とか、不安とかから逃げなかった。

  
絶対に、この別れは間違ってない。
仕方のないこと。
もし、本当にあの人と縁があるなら、
自分から動かなくても、きっとまたいっしょになるだろうし、
もし、そうじゃなかったら、きっと新しい恋に出会えるはずだって、
必死に心の中で唱えていた気がする。

  
恋を、大切な人を、大好きな人を、
失う時は、自分から逃げちゃだめだと思う。

  
このブログでも、何度も書いているけど、
私たちの心は強いから。
思っているより、ずっとずっと強いから、
大丈夫。

  
自分を信じて、今のつらさを乗り越えてほしいです。
    

    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #不安と孤独 #失恋立ち直る方法 #人生 #でも進みたい #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.04.06

#「今」は続かない。闇も続かないし。未来って変わる。

Photo
   
  
海外在住の友達と久々に電話。
10年前は、ふたりとも今みたいな未来に立っているとは思わなかったよね。
   
  
友達のIちゃんは、もう15年以上の付き合い。
 
  
最初に就職した会社で部署が同じで。
  
  
お互いのいろいろな恋愛を知っている。
   
  
10年以上前、
同じような時期に大失恋して、
お互いに擦り切れた心をひきずって、
毎週金曜日に、ボロボロになりがら、遊んでたんだよね。
   
  
ふたりとも、転職もしたばかりで、
なんとなく置かれている状況がいっしょだった。
  
  
Iちゃんも私も、
好きだった人が違う人を好きになってしまって、
ふられた。
   
  
ふたりとも、ちょっとヤケになってた時期でもあり。
   
  
クラブをはしごして、
遊んでも遊んでも、何も満たされず。
  
  
あの頃、Iちゃんといっしょに見てた朝は、
まぶしくて、
夏の匂いが漂ってて、
太陽の光が痛かったな。
   
  
でも、そんな不健康な時期からそんなにしないで、
Iちゃんは、今のだんなさまに出会って、
結婚。
   
  
まさか、それから数年後に、
だんなさまの仕事の都合で海外に行ってしまうなんて。
   
  
Iちゃん、ふたりのお子さんのママになっていて、
今も元気です。
    
   
絶望の夜の中にいた時、
ふたりとも、
こんな楽しい未来に自分が立っているなんて思わなかったよね。
   
  
真っ暗闇が続くような気がしてた。
  
  
「抜け出したい。きっと抜け出せる。抜け出してやる」
   
  

そうは思っていたけど、
あの時の別れの闇や痛みは、
あの時の心の重さや暗さはそのままで、
それを引きずった未来なのかと思っていた。
   
  
でも、Iちゃんも、私も、
あの頃の心の闇に縛られてないよね。
   
  
もちろん、あの時の心の傷や痛みはゼロにはならないけど、
それを引きずった「今」があるんじゃなくて、
あの頃の想いの上に、「今」があるっていう感じがする。
   
  
今がどんな状況でも、
それがずっと続くってことは、ないんだ。
     
  
私はそう思う。
  
  
どんなに絶望に中にいても、
未来はある。
  
   
今、どんなにつらくても、
反対に、どんなにしあわせでも、
未来は、どんどん変わっていく。
   
  
私はそう思うんだ。
   
  
悪い方に変わるとかじゃなくて、
未来って、思いもよらない方に、風がふいて、
進む方向が変わるっていう意味で。
   
  
だから、未来は楽しみで、
ちょっとこわくて。
  
  
私は、
変わることを、恐れないでいたいです。
  
  
変わる風が吹いてきたら、
その時、手に持っているものは、
先に進むために、
ぱっと手放せる気持ちを持っていたいです。
  
 
見てみたいです。
  
   
いろんな未来を。
いろんな風景を。
いろんな自分を。
 
     
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #諸行無常 #あの頃  #がんばれ #恋は終わったあともまだこんなにせつない #絶望の先 #闇は続かない

 

| | コメント (0)

2018.03.25

#また誰かを好きになれる未来なんて、全然全然信じられなかったけど。

Photo_2   

  
ミネバさんから、コメントをもらいました。
     
  
【ミネバさんからのコメント】
 
まりこさんこんばんは。
  
  
どうしても聞きたくなってしまってコメントいれちゃいました。
   
  
まりこさんは今、幸せですか。
   
  
私は今まだ、次の恋なんて全く頭の中になくて、
それどころかもう一人で生きていく未来しか見えないのです。
  
   
でもそれをあまり寂しいと思ってなくて、
ただた虚無感しかなくて。
  
  
こんな気持ちが変わる事があるのでしょうか
  
   
----------------------------------------- 
    
ミネバさん
  
  
私は、今、しあわせです。
   
  
いろいろな経験があってよかったと、思えます。
本当に。
  
  
でも、あの時の絶望の気持ちや、
未来なんて見えなくて、真っ暗の中に立っていた時の、怖さは、消えていません。
  
  
あの時の自分は、まだ暗い中でたたずんでいます。
   
  
うまく言えないけど、
あの時の自分はあの時の自分で、私の心の中にいます。
  
  
でもでも、
あの時の自分が、光が見えない中でも、がむしゃらに前に進んでくれたから、
今にたどりつけました。
   
  
ミネバさんのように、虚無感しかなかった時、ありました。
   
  
また誰かを好きになれる未来なんて、全然全然信じられなかったし、
しあわせになんてなれないと思ってました。
   
  
でも、でも、でも。
   
  
未来は信じられなかったけど、前には進むことにしました。
  
  
じっとしているのがこわかったから、
とりあえず、目の前にある事をせいいっぱいやって、
がむしゃに進んできました。
   
 
そしたら、今にたどり着いていました。
 
 
今だって、いろいろあるけど、
しあわせです。
 
 
自分らしく生きれて、よかったと思います。
  
  
あの時の自分が、泣きながらでも、前に進んでくれて、がんばってくれて、
本当にありがたいです。
  
  
今は、そういう気持ちです。
 
 
一生懸命歩いている道が、自分の未来で、
進むべき場所、たどりつくばき場所なんだと思います。
 

私の未来も、まだまだですけど。
  

      
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #虚無感 #しあわせな未来 #前向きに #がんばれ #恋は終わったあともまだこんなにせつない #絶望の先

 

| | コメント (0)

2018.02.28

#「結婚はできないけど、いっしょにいたい」って言った彼について。

Photo
   
   
以前付き合っていた彼に、
「結婚する気持ちはない」って言われたことがあります。  
「でもこのままずっと付き合っていたい」って。
  
 
でも、未来に結婚がない恋愛…。私は続けられなかったです。
  
  
彼との恋の詳しい内容は、
著書「恋は終わったあともまだこんなにせつない」(大和書房)の、
2つめの失恋の話のところに書いてあるで、
興味がある方は本読んでみてください。
  
  
その彼には、「好き」の先に「結婚」っていう概念がなかった。
  
  
「好きなら別に結婚なしないで、いっしょにいるだけで十分だろう」
という考え方でした。
   
  
「結婚して守るものができるのがこわい」とも言ってた。
   
  
守らなくちゃいけない家庭とか、子どもとができちゃったら、
リスクが大きい仕事ができなくなるって。

    
確かに、彼は企業買収みたいなこともやっていたみたいだし、
リスクを背負った人生だったかもしれない。
  
  
でも、それだから結婚しないっていうのはどうなんだろう。
  
  
結婚に対する考え方は、それぞれだし、これだっていう正しい答えはないと思う。
  
  
でも仕事だけで人生がいっぱいいっぱいの人って?
   
  
人生の中で、守りたいっていうものがないのってさびしくないのかな。
  
  
私は、そう思ってしまう。
   
 
私は彼って本当は弱い人間だと思ってる。
  
  
自分が大切な人なんだと思う。
  
  
「私がどうしたいか」っていうことを思ってくれる気持ちはなかった。
  
  
「結婚はできない。でも好きだからいっしょにいてほしい」って、
不倫みたいだ。
   
   
私は彼の気持ちには応えられなかった。
  
  
好きだからいっしょの未来を築きたかった。
  
  
でも、
「それがじゃあなんで結婚なの」って彼に聞かれた時、
うまく答えられなかったけど…。
  
  
なんで結婚なんだろう。
  
 
自分でも、具体的にはこたえられない。
  
   
ただそれは、理屈じゃないと、私は思う。
   
   
好きだからいっしょにいたくて、
その先には、いっしょに暮らす部屋があって、
いっしょに食べる料理があって、
いっしょにいる未来がある。
  
  
それが結婚なのかなって。
  
  
その彼と思い切って別れたこと、後悔してないです。
  
  
別れてよかったって思ってます。
  
  
だって、あの時別れたから、今にたどりつけたから。


あの時、これから先の人生が、すごくこわかったけど、
自分を信じて別れてよかったです。
  
  
ちなみに彼との別れの言葉は、
「私のことをふってほしい」でした。
  
  
その日は満月の夜。
ひとりで少し泣きました。
  
  
結婚に対する考え方は人それぞれだと思います。
  
  
だから、自分と考え方がいっしょの人にめぐり合うのが1番です。
   
   
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #夕暮れ #東京の空 #夕焼け #東京の夕暮れ #雲 #カコソラ #切ない気持ち #恋は終わったあともまだこんなにせつない #結婚はできない #弱い彼 

| | コメント (0)

2018.02.14

#優しいこと、正しいことが人を傷つける。

Photo
  
 
優しいこと、正しいことが人を傷つけることってある。
  
  
しあわせで、明るくて、笑っているところからは、
見えない場所はある。
  
  
正しいこと、優しいことだけが、
人を救ったり、癒すことではないって思う。
  
  
闇を知らなくちゃ、助けられない心もあるって思う。
  
   
同じ傷を負った人じゃなくっちゃ、
その本当の心の痛みはわからない。
   
  
何か大切なものを失ったことがない人には、
本当の心の喪失感とか、絶望感、焼けるような胸の苦しみは
どんなに心を砕いても知ることはできない。
  
  
でも、それは仕方のないことで、
その人を責めることはできない。
   
  
それでも、忘れてはいけない。
  
  
優しさが人を傷つけることがあるってことを。
  
  
正しい中からは見えない、真実があるってことを。
  
  
私は、自分がつらい別れを経験する前は、
失恋した友達に、

「いつまでも泣いてちゃダメだよ。前向きに」

「大丈夫だよ。きっとまた好きな人が現れるよ」

って、しあわせな立場から言葉をかけてた。
   
  
悲しくて眠れないって言ってる友達には、

「ダメだよ。無理してでも寝なくっちゃ力が出ないよ」

なんて、残酷にアドバイスしてた。
  
  
でも、自分が同じ立場になって分かった。
  
  
立ち直ることは、そんな簡単なことじゃない。
  
  
生きていくつらさは、そんなもんじゃないって。
  
  
それが分かってからは、
つらい立場に立つ友達に、優しい言葉を使うことがこわくなった。
  
    
かえって、冷静で少し突き放すような言葉をかけることが、
多くなったかもしれない。
   
  
事実をありのままに受け止めて、
変な励ましとかじゃなくて、絶望をどう受け止めるかを、
自分の時はどうだったかを伝えることしかできなくなった。
  
  
私ができることは、ただ事実を語っていくことだけ。
   
  
立っている場所の違うところから話す言葉は、
その人の心に入っていくことはできないから。
   
  
そのことをしっかり心に刻んで
言葉を使っていこうと思う。
   
  
「優しい」とか、「相手を思ってのこと」
っていう気持ちは、
時々、人の心をえぐる凶器になること、
自己満足になることを、
忘れてはいけないと思います。   
  
  
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #夕暮れ #東京の空 #夕焼け #東京の夕暮れ #カコソラ #切ない気持ち #恋は終わったあともまだこんなにせつない #好き #相手を想う 

| | コメント (1)

2018.02.07

#闇を知る。そして恐れない。人生に無駄な経験なんてない。

Photo   
      
  
「闇を知る。そして恐れない」。
  
  
これはある本に書いてあった言葉。
これを見た時、これまでの苦しい別れの経験は、
無意味じゃないんだって言われたような気がした。
  
  
失恋とか、裏切りとか、大切な人との別れとか、
そういうのを経験してまだ立ち直れないでいた時に、
北川悦吏子さんの「生きるのに、必要な、29のこと。」っという本を読んだ。


>「私はひどかった時代も覚えておくといいと思う。
 人に裏切られてゴハンも食べられない時期があったとしても、
 ひどい病気をして体や心を壊した時期があったとしても、
 そんなことがあったことを憎まないと、いいと思う。
  
  
 人生の闇の深さを知れば知るほど、
 人生の光も感じることができるんじゃないか、と思うから。
  
  
 深い闇を知った人ほど、
 かすかな光もちゃんと、感じるようになれるんじゃないか、と思うから」

                -「生きるのに、必要な、29のこと。」(大和書房)から抜粋-
  
  

この言葉に、すごく救われた気持ちになった。
  
  
涙が出た。
  
  
そうなんだって。
あの苦しい別れを経験したから、
どんな小さな光も見ることができるんだって。
 
  
見えなかった人の気持ちとか、自分の気持ちとか、
そういうものも少し分かるようになったかもしれない。
  
  
だから、あの別れも、言われた言葉も、信じられない裏切りも、
全部忘れなくていいんだって思った。
  
  
覚えていていいんだ。
忘れなくていいんだ、って。
  
  
もし、今、恋に傷ついていたり、
真っ暗な闇の中にいて、生きる望みがないって思っていたり、
どう生きていっていいのか分からないところにいる人がいたら、
どうか、がんばって、もう少しだけ前に進んでほしいと思う。
 
 
もし、終わった恋から抜け出せなくて、涙が止まらなくても、
人生を、神さまを恨みたい気持ちでいても、
時間が経てば、見えてくるものがあることを信じてほしいと思う。
  
  
私も、あの闇の中にいる時は信じられなかった。
  
  
光なんていらないと思った。
  
  
もうずっとずっと、
このうねるような不安や孤独の渦から出ることなんてないって思ってた。
  
  
でも、今、こうやって人を好きなったり、
いろいろな経験は無駄じゃないって思えるようになってる。
   
  
起こることに無意味なことなんてない。
  
  
その人に越えられない出来事は起こらない。
  
  
乗り越えていけるから、大きな困難もやってくるんだと思う。
   
  
そして、乗り越えた先には、必ず得るものがある。
  
 
>人生の闇の深さを知れば知るほど、
 人生の光も感じることができるんじゃないか、と思うから
   
  
大丈夫。
  
  
心は強いよ。
  
  
自分が思っているよりずっと強い。
  
  
だから、前に進むことを止めないでほしいです。   
   
 
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #ゆうやけこやけ部 #東京の空 #過去の恋 #写真が好き #切ない気持ち #恋は終わったあともまだこんなにせつない 好き #夕暮れ 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧