2008.11.05

■こっそりサプライズ。パズルのメッセージボード。

妹の結婚式当日、私の友達と三の丸ホテルのスタッフから、あるサプライズが…。

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですcherry

 
  
披露宴の席についたら、
テーブルの上に、白いハンカチが。
0811051

    
  

  

  

  

  

  

  
   

「Kさん(友達)から、『使ってね』、とのことです」
とのメッセージ。

 
私が泣いてしまった時の涙をふいてということで、
友達が届けてくれていたんです。
  

  
そして、さらにさらにテーブルの上には、
妹カップルと私の写真が
パズルのピースになったものが置かれており。

 
????

 
実はこれサプライズだったんです。

 
友達と、ホテルのスタッフから、
妹が結婚する私へのメッセージボード。

 
それがジクソーパズルになっているんです。

  

結婚式が終わった後、パズルを完成させました。

  
それがコレです! 

0811053     

      

    

  

  

  

  

  

  

  
    

みんな忙しいのにー。

 
いつの間に書いてくれたんでしょうか。

 
この写真だって、
このために友達があえて撮ってくれたものだし。

 
あの時は、全然気がつかなかったよ。ちゃみ。

 
みなさん、ありがとうございます。

 
サプライズ、かなり驚きました。
すごくすごーくうれしかったです。

 

こっそりサプライズ、最高happy02

      

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますbicycle。先日買ったばかりの部屋着用のスウェット洗ったら、ものすごいホコリみたいな「ボアボア」が抜けました。抜けすぎです。洗濯機がボアボアで大変なことになり、干す時も、ボアボアが飛んで大変でした、惨事だ…。それで、かなりブルーになっています。これって、不良品なんじゃ…。

恋の携帯小説掲載中です。↓ もし、信じていた人が大きな嘘をついていたとしたら?
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.04

■妹の結婚式レポート。ひっそりと涙する姉の予定だったのに…。

11/2、最愛の妹の結婚式はあっという間でした。私は、花嫁の姉としてひっそりしていようと思ったのですが、あるコトが起こり…。

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですbell

 
  
妹の結婚式は、
茨城県水戸市にある「三の丸ホテル」で行われました。

 
チャペルは、グリーンがめちゃめちゃきれいでした。
0811061

    
  

  

  

  

  

  

  

    

  

     

  

妹の幼なじみで親友のMちゃんが友人代表で挨拶。
0811062

    
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

私もMちゃんと妹のことは、ずっと見てきたから、
Mちゃんの挨拶、泣けました。

  
ずっごくいい挨拶でした。
Mちゃんありがとう。

  

 
妹とふたりで。
0811063   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   
結婚式当日は、親族ってバタバタとしているし、
「いろんな写真を撮らなくては」
という使命感があったので、
妹との2ショットがほとんどなく。

 
白のウエディングドレスでの
ふたりでいっしょに写真は一枚もなかったです…weep

 
    

そんな中、ある出来事が起こってしまいました。

 
親族は控えめにしているはずの結婚式。
末席で、嫁ぐ妹の姿を見て、
涙をこらえてひっそりとしているはずが…。

    

    

   
やったーhappy02。当てたー。
   
0811064   

   
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

そう。
当たってしまったんです。
色ドレス当ての抽選に。

 
100名以上のゲストの中から、
なぜ私が当たるのか…。

 
狙ったわけでなないんです。

 
自分で言うのもなんですが、
私、引きが強いんです。

 
こういう抽選で、当てる確率が結構あって。

 
でも、まさかまさか、当たるなんで思わずに、
披露宴が始まる前に、
何気なく抽選箱に名前を書いて入れただけなのに…。

 
当たってしまった。

 
ごめんね。妹よ。

 
しかも、当たった瞬間うれしくて、
おおはしゃぎしてしまいました。

 

   
そしてそして、このふたり。
甥っ子の颯太と泰希。

 
お色直しの入場の時、
ドアオープンの役をやりました。
0811065   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   
かわいかった。

 
でも、このドアオープンの事前の練習、
私めちゃめちゃ付き合ったんです。

 
「まあねえ、ちょっとやってみて」
と言われて、
披露宴の歓談の時に、私が花嫁の役で、
何度も何度もふたりが扉を開けた瞬間、挨拶してました。

 
それを見ていた人、笑ってましたよぉ。

 
さらに、颯太と泰希は、カメラマンとしても活躍。
デジカメを使いこなし、
大人では撮れないなかなか撮れないショットをGETしてました。
0811066  

   

  

  

  

  

  

  

  

   

  

  
披露宴では、私の友人でもあり、
三の丸ホテルでピアノを弾いているKが、
ピアノの生演奏をしてくれました。
0811067   

   

  

  

  

  

  

  

  

  

  
Kは写真嫌いで、
この先ふたりで写真を撮るなんてないかもしれないので、
記念に載せちゃいます。

 
K、ありがとう。
ピアノのおかげで、
披露宴がより上品な雰囲気になったと思う。

 
特に、両親への手紙の演奏は、
泣けましたっ。

 

   
これは、妹の友達Tちゃん。
0811068   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   
私は前に一度会っただけなんだけど、
このブログをよく見てくれていて、
メールでもやり取りしてるので、
まるで自分の友達みたいです。

 
Tちゃん、これからも妹をよろしくお願いします。
いつもブログ見てくれてありがとうね。

 
  
 
結婚式、すごく楽しくて、あったかくって、
何度も涙が出ました。

 
三の丸ホテルのスタッフのみなさん、
プランナーの根本さん、立川さん、
ありがとうございました。

 
お料理もものすごく評判よかったです。
とってもおいしかったです。

  
結婚式って、いろいろ考えたりするのは、
結婚するふたりだけど、
来てくれた人たちによって完成していくんだなあって、
今回強く強く思いました。

 
来てくれたみなさんの力ってすごい!

 
ありがとうございました。

 
由紀、しあわせになってね。
いつも笑っていてね。

 
そしてこれからも、
修平と私と仲良しきょうだいでいようね。

 

   
こんなに小さくて、かわいかったんだよお。
それがお嫁さんになるなんて、ね。  

0811069

  

     

  

  

  

  

  

  

  

  

       

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますsun。結婚式の写真は、自分でも撮りましたが、彼が一眼と替えの望遠のレンズ持って、めちゃめちゃ撮ってくれました。料理もあまり食べられなかったんじゃないかな。ありがとうね。あ、私も、席にいることはあまりなかったけど、料理は完食しました。だって…。

大人の恋のケイタイ小説連載中です。↓ 恋はいつだって少し切ない。だから…。
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.18

■結婚と恋との違いって?

なんで結婚ってするんだろう。好きなら好きって気持ちだけで、ずっといっしょにいることと、結婚することの違いって何?

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。  

  
私は、結婚してから、
より自分らしく生きているような気がしてる。

   
だた好きなだけでいっしょにいるっていう恋も、何度かしてきた。
でも、私の場合、
好きで好きで、でも先が見えない恋をしていた時は、
気がつかないうちに「好き」っていう気持ちのヒモで
体をぐるぐるに縛られてしまっていたような気がする。

  
好きだから、
嫌われるのがこわくて、終わりが見えるのがこわくて、
「好き」って気持ちにしがみつきたくなってた。

  
自分の気持ちや意見を言う時、
「こんなこと言って大丈夫かな」って心で確認してた。

  
自分に気持ちが向いてほしくて、
尽くしすぎてしまうことがあった。

     
でも結婚は、その縛っているヒモがとれて、
自分の気持ちに自由に動くことができるようになった。

  
好きって気持ちがなくなったわけではなくて、
なんて表現したらいいのかな、うまく言えないけど、
今までは、相手の目をじっと見て「好き」って言っていたのを、
今度は顔なんて見なくても、いつでも好きな時に、どこを向いてでもいいから、
「好き」って言っていいような感じっていうのかな。

  
本当は、結婚したらもっと自由じゃなくなると思ってた。
でも、結婚したら前よりもっと心が自由になれた。
驚くほど。

  
「好きでい続けなくちゃ、強く好きでいなくちゃ」
って思っていた気持ちでぐるぐる巻きになった心から、
はらはらと何かがはがれていくように、すごく楽になった。

  
そして、心が自由になれたから、
恋愛では向かい合い過ぎていた相手の気持ちを、
結婚後は、少し遠くから見れるようになった気がする。

      
彼といっしょにいると、進む方向に迷いがなくなるし、人生がこわくない。
生きることがこわくなくなった。

  
恋愛と結婚の違いを感じたのは、この辺かな。
あくまでも私の場合ですが。

  
でも、こんな気持ちになれたのも、
失恋して、自分も含めて、人の気持ちの弱さとか、儚さとか、残酷さとか、
失っても相手を想ってしまう切なさ、人を好きになるつらさ、強さ。
そういうのを知ったからだと思う。

  
もしかしたらこの先、気持ちがすれ違ってしまうことがあるかもしれない。
心が離れることもあるかもしれない。
何があるかは分からない。

  
けど今は、先をこわがることなく、
自由な気持ちで、彼のことを好きでいたいと思います。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.12.13

■奥さん友達と語る。言ってほしい「しなくていいコト」。

神田うのちゃんが婚約会見の時に、確か「家事はしなくていいって言ってくれたから…」みたいなことを言っていたような気がする。
昨日、結婚している友達とごはんを食べながら、そのことについて話しました。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。

    
「自分がだんなさんから、○○しなくていいよって言われるなら、○○は何?」

  
友達Hは、
「お金の心配しなくていいよ、かな」だって。
ふ、ふ、ふ。

  
「だってさ、それって、好きなことしていいって言うことでしょう。
 働いてもいいし、働かなくてもいい、家事もしなくていいし。ね」。

  
友達Oは、すごく迷って考えてた。
そんなに○○があるのかな。

  
「働かなくていい、かかなあ。あ、でもな、週の何日かは働かなくていい、かかなあ」。

  
Oのだんなさんは、自分で会社をやっているので、
Oはそのアシストをしていて、忙しいのです。

  
「あっ。でもやっぱり、本当に子どもはいいからねって、心から言ってほしい…」
えーん。その気持ち分かる。
O、やっぱり気にしちゃうよね。

  
私は
「朝起きなくていいからね」だな。

  
朝、めちゃめちゃ弱いんです…。
これ言ってもらえたら、心がぱぁと軽くなると思う。
もっと料理作れるような気がする。
家事もバリバリ進むと思うんだけど。

   
人によって、
「○○はしなくていからね」は違うね。
これからも奥さん友達に会ったら、聞いてみようっと。

  
昨日のごはん、とっても楽しかったです。
O、Hちゃん、また行こうねー。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

■少し悲しい結婚の理由。愛はどこ?

男友達のひとりKと仕事の打合せをしながら、いっしょにごはんを食べたことがあった。その時、Kが話した「結婚した理由」を聞いた時、びっくりして、少し落ち込んだ。

        
Kが結婚した理由は「好き」が1番じゃなかった。
男の人ってそういう人が多かったりするのかな。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。 

       
Kは結婚が早い方だった。
「どうしてあんなに早く結婚したの?」って聞いたら、
「うーん。結婚した方が仕事で評価されるから」って。
「?」
「結婚してると、家庭を持っているってことで一人前に扱ってもらえるんだ。ウチの会社は」

      
Kの言葉を聞いて、一瞬言葉が出なかった。

      
「……好きとかじゃないんだ」
「いや。そりゃ好きだよ。それじゃなくちゃ結婚しないよ。
 でも、なんていうか、社会的にも結婚していた方がいいかなって思って、
 それで早く結婚したって感じかな」

    
そういう評価をする会社もあるし、
社会的にもそういう雰囲気が、まだ少し残っている部分があるのは感じてる。
けど、自分の身近にそんな人がいたのはショックだった。

  
Kの奥さんはそれでいいの?
その理由で結婚されたその奥さんの存在って…。
結婚ってそんなものなの?

   
この話を聞いた時、私はまだ独身だった。
だから、結婚ってそんなものじゃないって否定したい気持ちが強かったけど、
もしかして自分が好きになった人が、そういう考えだったらどうしようって
少し不安になった。

    
でも、じゃあ実際結婚してみてどうだったっていうと、
社会的なためっていう理由は彼には全くなかった。

   
もし彼が、私との結婚に
「会社での立場がよくなるから」っていう理由を持ってるのが見えたら、
結婚はしなかったと思う。

  
私は「好き」だから結婚したいし、
ひとりの人間、大切な存在として、必要とされて必要とする人と結婚するのが、
大切だと思っている。

   
でも、私のまわりの男の人のには、Kと同じような理由で結婚している人が少なくない。
悲しい事実だけど。

    
うーん。
結婚っていろいろなスタイルがあるんだよね。
考え方も人それぞれだし。
その人の考え方は否定はしないし、そういう考えもあるんだと思う。
そして、それでしあわせになれることも事実。

    
私も、恋愛の延長だけに結婚があるとは思わない。
「好き」って気持ちだけでもないってことは知っている。
でも、それでも心の部分でつながる何かが、
結婚の1番の理由になってほしいです。

  
でも、最終的には、自分の考えとか想いが同じ人と結婚することが、
しあわせになれる結婚なんじゃないかなと思います。

    
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.11.06

■アットホームウエディングにおよばれ。

5日(日)は、親戚の結婚式におよばれしていました。最近は、友人中心のウエディングが多かったのですが、
5日は親族中心のパーティで、なんか心があったかくなるようなアットホームな結婚式でした。
新鮮だった。

  
その模様をちょっとだけアップします。

  
チャペルは、水戸駅前のホテルなのに、まるで森の中のチャペルみたい。  
1026_031     

  

  

  

  

  

  

  

  

小さなブライズメイドが、めちゃめちゃかわいらしかった。     
1026_032     

  

  

  

  

  

  

 

    

四つ葉のクローバーが好きな花嫁さんだったので、ケーキも四つ葉です。 
1026_033   

  

  

  

  

  

  

  

     

ゲストテーブルのお花は、持ち帰りのデザイン。コレがかわいいの。  
1026_034_1       

    

   

  

  

  

  

  

  

    

料理もすごくすごくおいしかったです。
写真は、食べることに夢中で忘れてしまった…。

  
会場は、茨城県水戸市の三の丸ホテルさんでした。

  
帰りの電車の窓から見た月は、満月みたいだった。
きれい…。  
1026_036

    

  

  

  

  

  

  

     

Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

■結婚してても誰かを好きになったことはありますか。

結婚したら、誰か他の人を好きになってはダメなのかな。心の中だけで、その人にときめいたり、ドキドキしたりするのは、いけないことなのかな。

    
私の結婚している知り合いには、2つのタイプがいます。

  
A.結婚してからは、一度も他の人を好きになったことがない
B.結婚してからも、人を好きになったことがある

  
そんな2つのタイプいるのは当たり前なんだけど、
一般的には、結婚したら他の人を好きになるなんてないだろうって思うでしょ。
でも、私のまわりは、そんなことはなくて、
2つのタイプが半々ぐらい存在するのです。

  
不倫とかまではいかなくて、
ときめいたり、ドキドキしたり、ダンナさんに内緒で食事に行ったり、
そういうレベルだけど。

  
これは、浮気ではないのか、浮気になるのか。
どっちなんだろう。

  
でも、結婚したから、他に誰も好きになってはダメって言われても、
心はコントロールできないから、
ときめいてドキドキすることぐらいは、普通のことかもしれないのかな。

  
ある結婚している友人に
「私は他の人をいいなって思ったことは一度もない」
って言ったら、ものすごく驚かれたし、
違う結婚している友人には、
「私もまりこと同じだよ。他の人を好きになるなんてあり得ないよお」
って笑われたし。

  
主婦もいろいろだ。

  
「好き」って気持ちもいろいろだから、
憧れとして好きなのか、
だんなさんより軽く好きなのか、
家庭を捨ててもいいと思えるぐらい好きなのか、
「好き」の度合いというか、種類もいろいろなんだろうな。

   
かといって、好きだけど、不倫の関係までは行かなくて、
その人の顔を見たり、おしゃべりしたり、
ごはんを食べられるだけで満足みたいだし。

  
友達のひとりが言ってた。
「だんなさん以外を好きになった時の気持ちって、初恋の時の気持ちみたいなの。  
わくわくしてドキドキして、楽しくて仕方ないの」。

  
なんか、そういう「好き」って気持ちなら、
結婚してても、誰かを好きになるっていうのもいいのかなって気になってしまう。

  
でもさ、意地悪に言うなら、
だんなさんをすごく好きなら、他の人には気持ちは動かないよね…。

  
目の前のいっしょにいる人に、
毎日ドキドキわくわくしていられたら、いいのにな。

  
それは、無理なんだろうな。
毎日いっしょにいて、ずっとそういう気持ちでいると、
疲れちゃうだろうし。

  
時々、そんな気持ちになれるといいのかな。
お互いに。

   
でも、私の結婚してて、今でも時々会う友人たちは、
みんなキレイなんだよなあ。
あと、仕事関係で会う人たちも。
ホントみんなキレイ。
だんなさんから「愛されています」っていうオーラーが出てる。

  
そういうコたちが、「他に好きな人ができちゃって…」
って言っても、なんかほほえましく思えてしまいます。
深刻さも感じられないです。

  
Photo最後にココを1回ぷちっとクリックお願いします。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、↑クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.10.15

■結婚も、失恋も、つらい恋も。

時々取材されることがあって、必ず聞かれることがあります。
「ウエディングの仕事と、失恋のことを書く仕事って、
対極にあるような気がするのですが、どうやって気持ちの切り替えをしているんですか」。

    
Photo_30      
  

    

    
 

 
   

確かに、好きな人同士がいっしょになるっていう「結婚」と、
好きだったふたりが離れる「別れ」って、ま逆な感じはするけど、
私は、どちらも根底の気持ちは同じだと思ってるんだ。

  
「好きな人といっしょにいたい」。

    
結婚はもちろん、いっしょになれる最高の時で、
失恋は、その願いは叶わなかったけど、
「いっしょにいたい」っていう気持ちは同じだと思う。

  
だから、ウエディング関係の仕事をする時の気持ちと、
せつない恋の話を書く時の気持ちには、
そんなに違いは感じていないの。

  
結婚も、失恋も、つらい恋も、
しあわせになるための出来事のひとつだと思ってるから。

  
光にたどりつくための、通過点なのかなって思ってる。

  
結婚が、失恋が、つらい恋が、
どれが幸福で、不幸かなんてないんじゃないのかな。

  
どれも、その人にとって必要な出来事なんだと思う。

  
そんな気持ちの私に、
ウエディングのプランナーをしてもらっているふたりって、
どうなのかな。

そういえば、私がプランニングを担当する女性からは、
結婚前にも関わらず、昔の恋の話を聞くことが多いかも。

  
つらい恋があったけど、
今、この人だって思える人に出会えてよかったですって
何度か聞きました。

  
そんな彼女たちの結婚式は、本当に感動的。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。blog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)