2018.08.21

#海で泳がなくなったのはいつごろからだろう…。あの恋が終わった時からかな。

Photo
   
  
海で泳がなくなったのはいつごろからだろう。
プールが楽しみじゃなくったのは、いつごろからだろう。
 
 
海は好きだけど、海で泳ぐって、もう何年もしていない。
 
 
数年前に旅行に行った時は、
泳いだっていうか、海の中で遊んだけど、
近くの海で泳ぐってことは、もうずーっとしてないです。
  
    
実家から海水浴ができる海までは、10分ぐらいなのに、
夏になっても全然足を運んでないし。
  
  
プールにだって全然行きたいと思わない。
  
   
子供の時は、あんなにプールに行くのが楽しみだったのに。
  
  
高校の時は、夏休みの課外の後、
制服の下に水着を着て、
学校の帰りに直行で海に行っていたのに。
   
  
高い波に巻き込まれて、ごろんごろんなって、
苦しい思いをしたけど、楽しかったのにな。
 
 
友達を声をあげて笑っていたのにな。
  
 
ちょっと前は、毎年水着を買っていたのにな。
  
  
今は、全然泳ぎに行きたいって思わない。
 
  
なんでだろうなあ。
  
  
子供の時は、あんなに暑さも、太陽も、雲も、海も、
雷も台風も、
大好きだったのに、な。
   
  
今は、海をながめたり、散歩したりするだけ。
  
  
それだけで、満足。
  
  
うーん。
あの大きな失恋をした時から、
あんまり海には行かなくなった気がする。
  
  
夏がきらいになった時期もあったしな。
  
  
あの人のコトを好きになったのが夏の始めで、
その夏の間ずっーと、その人への恋の気持ちが動いていた。
 
  
あの夏は、そんな夏でした。
  

   
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #夏空 #海と失恋  #青空 #カコソラ 

| | コメント (0)

2018.04.25

#自分をふったあの人に、「かわいそう」とだけは思われたくない。

Photo
 
 
別れた人に、ふられた人に、自分をどう思わせたいか。
そんな事を、友達と話していました。
そんな事、話したって仕方ないんだけど。
  
  
友達も、私も、ふられて別れた経験があって。
  
  
あの時は、つらかったよね、とか、
でも、今は別れてよかった思う、とか、
そんな事を話していたら、
「別れた相手に、どう思わせたい?」っていう話になって。
  
  
友達は、

「自分がふって不幸になって、ひどい事をした」

って思わせたいって。
  
  
私は…。
  
  
うーん。
  
  
友達と同じに思う時もあるし、
でも、全然逆に、

「自分と別れて、しあわせになってよかった」

って思ってもらいたいと思う時もあるし。
  
  
あ、でもこれには、
「しあわせになったんだ」って後悔させたい気持ちもあって。
  
  
こう思ってしまうって、私って、やっぱり心が狭い…。
意地悪だ…。
  
  
まあ一番強く思う事は、

「かわいそうとだけは思われたくない」

って事。
  
  
前にも書いたけど、
ある人と別れることになり、最期に会った時、
私、ボロボロになってて、
体重もすごく減っちゃってて、
顔もやつれていて。
   
  
彼の最後の私への印象は、
多分、「かわいそう」だったと思う。
   
  
実際に、別れ話をしている時にも、
「かわいそうで…」
って言われたし。
   
  
でも、今でも、「かわいそう」って思われていたら、
すごくイヤだ。
   
  
私、あなたと別れてかわいそうなんかじゃなかったし。
   
  
別れたから、今にたどりつけたし。
   
  
なーんて事を、
ふられ経験がある友達と話しました。
   
  
そんな事、話している時点で、
ふたりとも、まだ過去に、何かしら気持ちが残っているのかもしれないよね。
   
  
未練があるとかじゃないけど。
   
  
自分をふった人への、強がりなのかな。


だとしたら、
変な強がり。
   
   
   
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #切ない気持ち #別れた人へ #人生って #まだ好き #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.04.16

#自分の気持ちから逃げちゃだめだ

Photo

「どうやったら、失恋から立ち直れますか?」
という質問を時々受けます。
   
  
私は、これっていう方法はないと思う。
   
  
無理に元気になる必要もないし、
泣くことをがまんすることもしなくていいと思う。
  
  
相手を、その時は恨んでも憎んでも、
それは仕方のないことだと思う。
   
  
そんな自分の気持ちの波を、どうやりすごせるかなんじゃないかな。

 
やっぱり好きで、別れられないって気持ちにもどる時だってある思う。

  
でも、それは決して弱いんじゃなくて、当たり前のこと。
すごく好きだった人、大切だった人を失おうとしてるんだもの、
気持ちはめちゃめちゃに揺れると思う。

  
それは、仕方のないこと。

  
じゃあ、その悲しみがなくなるまでは、どうしてればいいの?

  
私は、じっと耐えてた。
ふとんにくるまりながら、気持ちの波が去るのを、
時々目をつぶりながら、じっと待ってた。

  
でも、自分の気持ちからは逃げなかった。
さみしさとか、孤独とか、不安とかから逃げなかった。

  
絶対に、この別れは間違ってない。
仕方のないこと。
もし、本当にあの人と縁があるなら、
自分から動かなくても、きっとまたいっしょになるだろうし、
もし、そうじゃなかったら、きっと新しい恋に出会えるはずだって、
必死に心の中で唱えていた気がする。

  
恋を、大切な人を、大好きな人を、
失う時は、自分から逃げちゃだめだと思う。

  
このブログでも、何度も書いているけど、
私たちの心は強いから。
思っているより、ずっとずっと強いから、
大丈夫。

  
自分を信じて、今のつらさを乗り越えてほしいです。
    

    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #不安と孤独 #失恋立ち直る方法 #人生 #でも進みたい #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.04.06

#「今」は続かない。闇も続かないし。未来って変わる。

Photo
   
  
海外在住の友達と久々に電話。
10年前は、ふたりとも今みたいな未来に立っているとは思わなかったよね。
   
  
友達のIちゃんは、もう15年以上の付き合い。
 
  
最初に就職した会社で部署が同じで。
  
  
お互いのいろいろな恋愛を知っている。
   
  
10年以上前、
同じような時期に大失恋して、
お互いに擦り切れた心をひきずって、
毎週金曜日に、ボロボロになりがら、遊んでたんだよね。
   
  
ふたりとも、転職もしたばかりで、
なんとなく置かれている状況がいっしょだった。
  
  
Iちゃんも私も、
好きだった人が違う人を好きになってしまって、
ふられた。
   
  
ふたりとも、ちょっとヤケになってた時期でもあり。
   
  
クラブをはしごして、
遊んでも遊んでも、何も満たされず。
  
  
あの頃、Iちゃんといっしょに見てた朝は、
まぶしくて、
夏の匂いが漂ってて、
太陽の光が痛かったな。
   
  
でも、そんな不健康な時期からそんなにしないで、
Iちゃんは、今のだんなさまに出会って、
結婚。
   
  
まさか、それから数年後に、
だんなさまの仕事の都合で海外に行ってしまうなんて。
   
  
Iちゃん、ふたりのお子さんのママになっていて、
今も元気です。
    
   
絶望の夜の中にいた時、
ふたりとも、
こんな楽しい未来に自分が立っているなんて思わなかったよね。
   
  
真っ暗闇が続くような気がしてた。
  
  
「抜け出したい。きっと抜け出せる。抜け出してやる」
   
  

そうは思っていたけど、
あの時の別れの闇や痛みは、
あの時の心の重さや暗さはそのままで、
それを引きずった未来なのかと思っていた。
   
  
でも、Iちゃんも、私も、
あの頃の心の闇に縛られてないよね。
   
  
もちろん、あの時の心の傷や痛みはゼロにはならないけど、
それを引きずった「今」があるんじゃなくて、
あの頃の想いの上に、「今」があるっていう感じがする。
   
  
今がどんな状況でも、
それがずっと続くってことは、ないんだ。
     
  
私はそう思う。
  
  
どんなに絶望に中にいても、
未来はある。
  
   
今、どんなにつらくても、
反対に、どんなにしあわせでも、
未来は、どんどん変わっていく。
   
  
私はそう思うんだ。
   
  
悪い方に変わるとかじゃなくて、
未来って、思いもよらない方に、風がふいて、
進む方向が変わるっていう意味で。
   
  
だから、未来は楽しみで、
ちょっとこわくて。
  
  
私は、
変わることを、恐れないでいたいです。
  
  
変わる風が吹いてきたら、
その時、手に持っているものは、
先に進むために、
ぱっと手放せる気持ちを持っていたいです。
  
 
見てみたいです。
  
   
いろんな未来を。
いろんな風景を。
いろんな自分を。
 
     
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #諸行無常 #あの頃  #がんばれ #恋は終わったあともまだこんなにせつない #絶望の先 #闇は続かない

 

| | コメント (0)

2018.04.02

#夜桜が…。櫻の樹の下には…。

Photo  

     
 

夜桜。

 

桜がいきなり両手を広げて、花びらを散らしていく瞬間を見てしまった、
ような不思議な景色でした。

 

この後、風が吹いて、バァーと花びらが舞いました。

 
梶井基次郎の「櫻の樹の下には」の小説が、
ふっと頭をよぎりました。
 

この夜の桜は、この瞬間の桜は、
息をのむほどきれいだったけど、ちょっと怖かった。


自分が吸いこまれてしまいそうでした。
 

       
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #夜桜 #桜の景色 #春の景色 #写真が好き #恋は終わったあともまだこんなにせつない #千鳥ヶ淵

 

| | コメント (0)

2018.03.30

#ドアを開けてよ。彼女がいても。

Photo
    
  
彼の部屋に行ったら、そこには女性がいた。
ずっと前に付き合っていた彼との、衝撃の出来事です。
   
  
こんなことって、ドラマの世界のことだと思っていた。
  
  
自分がこんな出来事に遭遇するなんて、夢にも思ってなかった。
   
  
その日は、前の日の夜に何度連絡しても、彼に連絡がつかなかった。
留守電にもならなくて。
   
  
その頃、彼は体調を壊していたから、
何かあったのかもって、すごく心配になった。
   
  
だから、次の日、彼の部屋に行ったの。
  
  
電話はつながらないままだった。
  
   
駐車場には、車はあった。

     
  
玄関の前について、ベルを押す。
  
  
…………。
   
  
何の応答もなくて。
   
  
もう一度ベルを押す。
  
  
…………。
   
  
何?いないの?
  
  
でも車あるし。
   
  
ドアを開けてよ…。
   
  
そしたら、少ししてドアが開いて、
彼が驚いたような顔して出てきた。
   
  
ふっと見ると玄関には、女性の靴があった。
   
  
何?なんのこの状況?
   
  
理解できないよ。
   
   
なんで…。何…。


「何やってるの…」。
   
  
それを言うのがせいいぱいいだった。
   
  
彼は、

「違うよ。会社の同僚で、昨日みんなで飲んでいて、
 後輩の○○もいっしょにうちに泊まってさっきまでいたんだ。信じてくれ」
  
って。

   
 
私は、彼の部屋には一歩も入ることなく、帰った。
  
  
その時の話は、恋は終わったあともまだこんなにせつないの中に書かれているので、
よかったら、読んでみてください。
  
    
うーん。あの時は、本当に驚いた。
  
  
悲しいっていうより、驚きの方が大きくて、
ひとつぶの涙も出なかった。
  
  
こういうことって、現実に起こるんだなあって、
すごく客観的だったことを覚えてる。
  
  
結局は、その彼とは後々別れたけど、
人生っていろいろあるんだなって、最初に実感した出来事だったかもしれない。
 
 
あの日、私が「帰る」って言った時、
私の腕をつかんだ彼の手の強さは忘れられない。
   
  
車で追いかけて来たあなたを、ふりほどいて歩いた駅までの道の風景は、
まるで、映画のシーンを見ているような感覚で覚えてる。
    
  
運命ってなんだろう。
   
  
でも、誰の人生も、
思っているよりドラマティックなんだよね。きっと。
   
  
悲しい思い出。一生忘れられない出来事です。
 
 
今、考えても心臓がドキドキしてしまいます。
     
    
結局聞けなかったけど、
あなたが私と別れてすぐに結婚したのは、その時の彼女?

     
  
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #別れた彼 #信じられない出来事 #彼女 #がんばれ #恋は終わったあともまだこんなにせつない #絶望の先

 

| | コメント (0)

2018.03.12

#あきらめちゃだめ。必ず手はある。どうすればいいのか考えるの。

Photo   
       
    
すごくつらいことがあったり、何か問題が起こった時、
「絶望的だ」って思った時、少しだけ考え方を変えると、
気持ちが楽になったり、前に進む勇気が湧く場合がある。
   
 
「何か大変なことが起こった時は、これは、ゲームって思うようにするの。
ここをクリアするために、がんばるぞって思うんだ」

って、友達が言ってたことがある。
   
 
それを聞いた後で、自分でもそう思うようにしてみた。
   
 
誤解を恐れずに言うなら、

「人生はゲームだ」。

そう思ったら、どうかな。
   
 
どんなに追い詰められても、手は必ずある。
 
 
何かしら解決手段はある。
   
 
リアリティがないとかじゃなくて、
リセットが効くとかじゃなくいて、
そういうゲーム的なことじゃなくて、
どんなに追い詰められても、かならず手はある。
   
 
何かしら解決方法はある。
   
 
そして、その手はひとつじゃないっていう意味でのゲーム。
 
 
そういうゲームに参加しているという発想。
 
 
勝ち負けのゲームじゃない。
  
  
次に進む道を探すゲーム。
  
  
その道は何通りもある。
  
   
だからあきらめちゃだめ。
  
  
必ず手はある。
  
 
どうすればいいのか考える。
   
  
それは、解決への道だから、考えるのは楽しいはず。
   
  
目の前の状況に、ドキドキするけど、
これは、次へ行くための途中経過。
 
 
ここを過ぎれば、次に行ける。
  
  
進めるんだから、その進む手を考えることを楽しまなくては。
  
  
私は時々そう考えてみる。
   
  
何か大きな問題が起こって、つぶされそうになった時、
深呼吸をして、ちょっと考え方を変えてみる。
   
  
そうすると、「よしやってやるぞ」っていう気持ちが湧いてくる。
   
  
前に進みたい。
新しい場所に行ってみたいし、私は進めるはず。
  
  
だから、次に行く手を捜せ。
  
  
この目の前にある、困難や問題をどうやってクリアするのか、
考えるんだ。
   
  
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #タイル #タイルと明かり #前向きに #がんばれ #恋は終わったあともまだこんなにせつない

 

| | コメント (0)

2018.02.14

#優しいこと、正しいことが人を傷つける。

Photo
  
 
優しいこと、正しいことが人を傷つけることってある。
  
  
しあわせで、明るくて、笑っているところからは、
見えない場所はある。
  
  
正しいこと、優しいことだけが、
人を救ったり、癒すことではないって思う。
  
  
闇を知らなくちゃ、助けられない心もあるって思う。
  
   
同じ傷を負った人じゃなくっちゃ、
その本当の心の痛みはわからない。
   
  
何か大切なものを失ったことがない人には、
本当の心の喪失感とか、絶望感、焼けるような胸の苦しみは
どんなに心を砕いても知ることはできない。
  
  
でも、それは仕方のないことで、
その人を責めることはできない。
   
  
それでも、忘れてはいけない。
  
  
優しさが人を傷つけることがあるってことを。
  
  
正しい中からは見えない、真実があるってことを。
  
  
私は、自分がつらい別れを経験する前は、
失恋した友達に、

「いつまでも泣いてちゃダメだよ。前向きに」

「大丈夫だよ。きっとまた好きな人が現れるよ」

って、しあわせな立場から言葉をかけてた。
   
  
悲しくて眠れないって言ってる友達には、

「ダメだよ。無理してでも寝なくっちゃ力が出ないよ」

なんて、残酷にアドバイスしてた。
  
  
でも、自分が同じ立場になって分かった。
  
  
立ち直ることは、そんな簡単なことじゃない。
  
  
生きていくつらさは、そんなもんじゃないって。
  
  
それが分かってからは、
つらい立場に立つ友達に、優しい言葉を使うことがこわくなった。
  
    
かえって、冷静で少し突き放すような言葉をかけることが、
多くなったかもしれない。
   
  
事実をありのままに受け止めて、
変な励ましとかじゃなくて、絶望をどう受け止めるかを、
自分の時はどうだったかを伝えることしかできなくなった。
  
  
私ができることは、ただ事実を語っていくことだけ。
   
  
立っている場所の違うところから話す言葉は、
その人の心に入っていくことはできないから。
   
  
そのことをしっかり心に刻んで
言葉を使っていこうと思う。
   
  
「優しい」とか、「相手を思ってのこと」
っていう気持ちは、
時々、人の心をえぐる凶器になること、
自己満足になることを、
忘れてはいけないと思います。   
  
  
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #夕暮れ #東京の空 #夕焼け #東京の夕暮れ #カコソラ #切ない気持ち #恋は終わったあともまだこんなにせつない #好き #相手を想う 

| | コメント (1)

2018.01.22

#別れの日の雪。きれいだったんだ。

Photo_2

思い出す。別れたあの日。あの時も雪が降ってた。
覚えてる、あの寒さも、あの厳しい表情も、張り裂けそうだった心も、あの笑顔も。
 
 
雪の日に別れたことがある。


だから、こんな風に雪が降る日は、
記憶がぐっとあの時に戻る瞬間がある。
  
  
別れ話の後、
思わず雪の中であの人の手を握った。
  
  
でも、降る雪の中、私の手は握り返されることなく。
 
  
手も、心も凍るようで、
私は、雪の中にたたずました。
  
  
別れの時が、
あまりに印象的な景色だったり、
季節を感じすぎる時だったりすると、
つらい時がある。   

  
その時に似た景色や、
あの頃の季節に出会ってしまうと、
一気にその時の想いがよみがえるから。
   
  
泣きたいような気持ちが、
胸の奥につんとくる。
   
  
でも、あの時のあの日の雪、
すごくきれいだった。
  
  
みとれてしまうほど、きれいだったんだ。
 
  
あの時は、3月の季節はずれの雪でした。
     
   
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #雪の日 #東京の雪 #雪 #過去の恋 #写真が好き #切ない気持ち #恋は終わったあともまだこんなにせつない 好き #別れ話

| | コメント (0)

2018.01.11

#不幸にみせかけた幸運。見せかけの不幸。

Photo_2
  
   
以前見たNHKの番組「ファミリーヒストリー(FAMILY HISTORY)」で、
オノ・ヨーコさんと息子のショーンさんが出ていて、
こんな感じの会話をしていました。  

  
>ママはいつも「不幸にみせかけた幸運」だって言うんです。
 困った事や悪い事に思えても
 本当は一番いい事かもしれないんだって。
 何か大きな力が働いていることを信じなくちゃいけないんでしょ。
  
  
この言葉が心に残りました。
  
  
「不幸にみせかけた幸運」。
  
 
「見せかけの不幸」だ。
  
  
今だけの状況を考えると、
ものすごくピンチで、悲しくて、つらくて、がっかりで、手も足も出なくて、
絶望的で、もういいことなんて起こらないと思えて、涙が止まらなくて、
声も出ないくらい驚いて、
立ち止まってしまう、
っていう状況でも、
それは、未来のしあわせに続いているってこと。
 

いいことが起こるための、出来事のひとつで、
未来は、しあわせに続いているってこと。
   
   
「見せかけの不幸」に、心をやられない。

  
自分の未来を信じて、前に進まなくては。


絶望しないで、がっかりしないで、
前に進もう。


と、自分に言います。


今年もいろいろがんばります。
  
  
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #冬の花火 #東京の夜 #夜景 #過去の恋 #写真が好き #切ない気持ち #恋は終わったあともまだこんなにせつない 好き #別れても好き

| | コメント (0)

より以前の記事一覧