2018.05.10

#運命の恋の話。20年後に再び恋するふたり。

 Photo

    
中学生の頃に付き合った人と、20年後に再会。
そして結婚したふたり。
  
  
これは、私が小学校の時から知っているふたりの恋の話です。
   
  
中学校の時に付き合っていたAとS。
男の子のAが中2の途中で、転校することになりました。
    
   
Aは、中学生が簡単に会いにいけないような、遠くに引っ越し。
    
   
中学生だから、遠距離恋愛っていうこともなくて、
それでふたりの恋は終わりました。
   
  
女の子のSとは、結構仲が良くて、
別々の高校に行ったんだけど、時々会ってました。
  
 
彼女は、きれいな子だったから、いつもそばには彼氏の存在があって、
中学校の時の恋なんて、笑って話せる思い出になってました。
  
  
Sとは高校を卒業してからは、もう会うこともなくなってしまって、
人づてに、美容部員になって、デパートにお勤めしているって聞いたことがありました。
  
  
そしてある日。
  
  
中学を卒業してから、どれくらいたった頃だろう。
もう20年近くたっていたはず。
   
  
中学時代の友達のひとりから電話があった。
 
 
「AとSが結婚することになったから、みんなで集まろうって話があるんだけど、来れる?」
って。
  
  
「AとSって、あのAとS?」って思わず言ってしまいました。
   
  
あれから20年もたってしまったふたりが結婚するなんて、信じられなかった。
   
  
友達に聞いたら、
偶然、本当に偶然仕事先で再会して、再び恋をして…。
 
 
そして結婚することになったって。
   
   
どちらかに離婚の経験はあったみたいなんだけど、
出会った時は、お互いにフリーで。
   
  
ふたりは、再び出会う運命だったとしか思えない。
   
  
全然違う遠く離れた場所に住んでいたのに。
   
  
それまで連絡なんてしたことなかったのに。
   
  
それなのに、偶然会うって…。
 
 
すごいな。縁の力って。
   
  
すごいな。運命が引き合う力って。
  
  
結婚をお祝いするために、みんなで集まる日には、
どうしても仕事の都合がつかずに行くことができなかったんだけど、
Sのあのはずかしそうに笑う顔が思い浮かびます。
   
  
恋は、誰にも何にもじゃまできない。
  
  
どんなに離れていたって、どんなに時間がたったって、
いっしょになる運命のふたりは、いっしょになるんだって思いました。
       

       
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #出会う運命 #幼なじみと結婚 #人生って #同級生と結婚 #離れても出会う恋 #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2017.08.07

■終わりは、すべてを無くすことじゃない。

Img_1226  
  
  
終わったところから始まることってあると思う。
  
  
恋でも、仕事でも、人生で起るいろんなことには、
終わったところから始まることって、あると思う。
 
 
失恋した時、その瞬間に、
自分の人生は終わったんじゃないかって、
そう思ったことがあった。
 
 
もうこの先、希望なんてないし、
これから、しあわせに生きていくことなんて、できない。
 
 
そう思ってた時期があった。
 
 
でも、その恋が終わったその時から、
違う道が開けていたし、
新しい何かが始まってた。
 
 
終わりじゃなかった。
 
 
終わりじゃなくて、始まってた。
 
 
新しい人生が始まってた。
 
 
恋だけじゃなくて、仕事もそうだった。
  
 
辞めたところから、次の生きていく道が始まっていたし、
ある人に裏切られたところから、
次の仕事のチャンスにつながる人と出会えてたし、
騙されたから、得ることができたノウハウもあった。
 
 
悔しくても、あきらめるしかなかった仕事があったから、
違う方向の仕事ができたこともあった。

 
そして恋も。
  
  
あの人に、ふられたから、
得ることができたものって、
悲しみより多かったと思う。
 
 
だから、終わることは、無駄じゃないって。 
失うことだけじゃないって。
 
  
終わりは、始まりでもあるんだって、
私はそう思います。
 
 
どんなに深く好きでいた人との恋が、
信じられないような終わりだとしても、
それは終わりじゃなくて、
違う道を進む時期がきた、合図のようなものかもしれない。
 
 
決して、すべての終わりなんかじゃないと思います。
 
 
遠野まりこ 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ まだ好き 恋は終わったあともまだこんなにせつない 切ない恋 恋愛 不倫  東京の景色 夏の景色 恋愛ブログ 恋が終わっても人生の終わりじゃない 失恋 別れたくない 終わった恋 恋愛の本 人気の本 恋愛エッセイ 人気のエッセイ 別れたくない 切ない まだ好き 花火 裏切られた 信じていたのに ひとりになるのがこわい 別れられない 失恋の後には希望もある 

| | コメント (0)

2017.07.27

■あなたがいるのに、他の誰かを好きになる。

Img_1164  
 
彼氏がいたとしても、例えば結婚していたとしても、
誰かを好きになってしまうことが、ある。
  
  
自分でそんなこと望んでいなくても、
他の誰かを好きになってしまうことって、あるんだと思う。
   
  
今そばにいてくれる人以外を、絶対に好きにならないっていうことは、
ないと思う。

  
どんなことにも、「絶対」はないって思う。
  
   
どんなにその人だけを見ていようと思っても、
突然、違う誰かを好きになってしまうことって、
あると思う。
 
  
自分だけはそんなことはない、って思っていても、
恋に落ちてしまうことって、あるんだと思う。
 
  
その時、どうするか。
 
 
何を選ぶのか。
 
 
そこが難しいところで、
人生の大きな別れ道で。
 
 
本当に難しいと思う。
 
 
新しい「好き」に出会ってしまっても、
今自分のそばにいる「大切な人」を選ぶのか、
それとも、
今のすべてを捨てても、新しい「好き」を選ぶのか。
 
 
それはその時の状況とかにもよるけど、
どちらを選ぶにしても、
身を切るようなつらさや、現実の厳しさはあると思う。
 
 
新しい「好き」になんて、
出会わなければよかったのにって、思うかもしれない。
 
 
でも、どんなに悔やんだって、どんなに苦しんだって、
気持ちは自分ではどうにもならない。
 
 
「好き」っていう気持ちをやめることは、できない。
 
   
「好き」っていう気持ちには、ものすごい力があるから。
 
  
苦しい。
 
 
人を好きになるのって、こんなに苦しいんだってことを知ってしまう。
 
 
でも、出会ってしまったら、
その出会いをなしにすることなんてできなくて。
 
 
そして、そこからの人生は、
自分で道を選ぶしかなくて。
 
 
苦しい。
 
 
人を好きになるって、苦しい。
 
 
誰も傷つけたくないのに、
誰かを傷つける結果になってしまう時があって。
 
 
自分を傷つける結果になってしまう場合があって。
 
  
今がすごくしあわせで、
自分は絶対に、他の人を好きなんてならないって思っていても、
思っていても、
そこに「絶対」がない時はある。
  
 
そして、相手だってそう。
  
  
信じていた人が、
自分以外の誰を好きなってしまう場合だってある。
 
 
絶対なんてないから。
 
 
絶対に他の人を好きにならないなんて、
そんなことない。
 
 
私はそうだった。
 
 
「絶対に自分から別れるっていうことはないと思うから」
って言った人は、
最後に、
「他に気になる人がいる」っていう言葉を投げて、
私とは違う未来に行ってしまいました。
 
 
あなたがいるのに、他の誰かを好きになる。
 
 

そういうことがあるってことを、
心のどこかに覚えておかなくちゃって、
思っています。
 
 
でもそれは、「恐れ」じゃなくて、
一人の人を好きになってしまった、
覚悟みたいな気持ちとして。
 
  

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ まだ好き 恋は終わったあともまだこんなにせつない 切ない恋 恋愛 不倫  東京の景色 夏の景色 恋愛ブログ 別れた人が忘れられない 失恋 別れたくない 終わった恋 恋愛の本 人気の本 恋愛エッセイ 人気のエッセイ 別れたくない 切ない まだ好き 花火 裏切られた 信じていたのに 

| | コメント (0)

2017.07.21

■どんなに悲しい恋でも失恋でも、悲劇のヒロインになっちゃだめだ。

Img_1163
 
  
  
失恋はつらくて悲しい。
大好きで信じていた人との別れは、人生の中で見たことにない闇に落ちていく。
    
  
でも、失恋とか、大切な人との別れは、自分ひとりが経験してるわけじゃない。
 
 
私も、失恋して、こんな悲しい想いをしているのは、
自分だけだって思って、落ち込んだ時もあった。
 
 
まわりの人、誰もがしあわせに見える時があった。
 
 
こんな苦しみ、誰にも分かってもらえないって、
卑屈になった時もあった。
 
 
こんなに不幸な恋の終わり方をするのは、
自分だけしかいなんじゃないかって思って泣いた。
 
 
でも、そんなことはなかった。
 
 
失恋した人はいっぱいいる。
同じような悲しい想いをしている人はいっぱいいた。
 
 
自分だけじゃない。
失恋した人、ふられたのは、自分だけじゃない。
 
 
この事は、どんなに悲しくても忘れちゃだめなような気がする。
 
 
悲劇のヒロインになっちゃだめだ。
 
 
自分の悲しみだけしか見えないと、別れの意味さえ見えなくなる。
 
 
相手に執着してしまう。
 
 
自分がなくなっちゃう。
 
 
自分の本当の気持ちや、未来が見えなくなる。
 
 
悲しい想いをしているのは、自分だけじゃないから。
 
 
失恋した人、ふられたのは、自分だけじゃないから。
 
 
だから、どんなにどんなに泣いてもいいけど、
自分だけが、悲劇のヒロインだなんて、
思っちゃだめだ。  

 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。今日も暑いー。
 

遠野まりこ 東京の夕暮れ 恋は終わったあともまだこんなにせつない 切ない恋 恋愛 不倫 東京の景色 夏の景色 恋愛ブログ 別れた人が忘れられない 失恋 別れたくない 終わった恋 恋愛の本 人気の本 恋愛エッセイ 人気のエッセイ 別れたくない 切ない まだ好き 花火
人気のブログ 

| | コメント (0)

2009.10.15

■恋すると変わるアラフォー友人多しっ。

5年ぶりぐらいに、友達2人と夜ご飯。そのひとりは、来年1月に結婚することになって。恋する友達は、輝いていました。
  

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですmaple

   
 
先週、無事ディスプレイの仕事が終わって、
時間ができるかと思ったら、
なんかバタバタだった…。

  
台風もきて、外出も多く、ブログが空いてしまいました。

 
   
昨日の夜、
10年以上前に私がOLを辞めて、
雑誌の編集という仕事を始めた時、
いっしょに泣いたり、悔しがったり、笑ったりして、
支えてくれた友達というより、仲間に5年ぶりに会いました。

 
Yちゃんが、来年結婚することになったお祝いで。

 
Yちゃん、最高に輝いてた。
お肌もツルツル。
笑顔も柔らかく。

 
恋して、結婚を控えている人独特の輝き方をしてたなあ。

 
もう、そばにいるだけで、こっちもしあわせオーラに包まれちゃう。
笑顔になって、優しい気持ちになりました。

 
おめでとうYちゃん!

 
 
5年前に会った時は、
かなりヘビーな恋をしていて、話を聞いても何も言えなかった。

 
いっしょに働いていた時は、
ちょっと尖っていて、
アウトドアなんで大キライ。
タバコをばんばん吸いながら原稿書いていたYちゃん。

 
今度結婚する彼に出会ったのが2年前。
今は、彼といっしょに郊外にバイクで出かけて、
自然の中にいるのが好きだって。

 
タバコは止めてた。

 
  
あまりの変わりようにびっくりしました。

 
でも、今のYちゃんが、本当のYちゃんのような気がした。

 
つっぱって仕事して、いろんな事にぶつかっていたYちゃんは、
無理していたんだろうなって。

 
編集の仕事も辞めて、
今は、OLさんになってた。

 
でも、すごいすごいしあわせそうだった。

 
自分の本当の道を見つけたって顔だった。

 

  
恋すると変わる。
本当の自分になれる恋すると変わる。
そういう場合もあるんだなって思います。

 
最近、そういうコトに出会うことが多く。

 
アラフォーの友達で、結婚が決まる友達は、
特にそういう気がする。

 
変わった部分に、その人の本当がいるような気がする。

 
 
もうひとりいっしょにご飯食べた友達Wちゃんは、
3歳の娘ちゃんのママになってたし。

 
信じられない。
あの変わり者のWちゃんがママ。

 
しかも、ちゃんとママしてて。

 
時間は流れてるなと強く思いました。

 
私は…。

 
   
Yちゃんからも、Wちゃんからも、

「全然変わってないっ」

と言われました。

 
「いっしょに仕事してた頃、
 いっつもダイエットの話してたよね。
 ワカメサラダをボールいっぱい食べて、
 お菓子食べながら、痩せなくちゃって言ってたよね」

というのが一番印象に残っているらしく…。

 
  
10年たっても、同じなんだね。私。
あはは。

 
  
10年前、池袋で必死に仕事していた仲間で会うと、
肩を抱き合いたくなる。

 
あの時、よくがんばったね。
って。

 
あの時があるから、今がある。

 
不条理な事が多かったけど、
決して無駄な経験じゃなかったね。

 
暗黒時代だったけど、
みんで夜中に笑っていたよね。

 
10年たった今、
友達も経験も、
すべてすべてありがたいです。

    

       
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますclover。Yちゃん、本当にキレイだった。もともとキレイなんだけど、輝きが違うっていうか。ニコニコ笑うYちゃん。愛されているんだなあと、しみじみ。
10年前の私は、ワカメとこんにゃくと納豆に凝っていたそうです。体操もしてたってcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.09.16

■忘れられない恋があってもいいって、今日は思えて。

秋の始まる頃の海って、さみしいけど好き。太陽の光が、細くきりっと痛いよね。秋の海、好きです。
    

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですsun

   
  
やっと原稿をアップして、いろいろ動けるようになりました。

 
といっても、10月中旬までにしなくちゃいけない仕事&イベントは
ぱっつんぱっつんで。

  
原稿の訂正もあるだろうし。

 
出張仕事も残ってるしー。

   
今年は、バタバタで、
夏の終わりにひたる時間もなかった…。

   
   
今日の東京、暑いです。

  
でも、もう夏の匂いじゃない。
秋の空気が部屋の中いっぱいです。

 
なんだかこういう日は、
終わった恋が心をよぎる。

      
 
忘れられない恋があるっていいと思う。
忘れられなくてもいいって、今日みたいな日は思えてしまう。

   
思い出せる恋があるって、しあわせだと思う。
それがつらい恋であっても。
終わりが涙の恋であっても。

      
    
夏の終わりって、恋の終わりを思い出させる。

   
終わりっていうか、
終わりを予感しながらいっしょにいた、
あの切ない気持ちを思い出しちゃう。

   
   
夏の終わりの海は、日の光が金色で、痛いんだ。
夏の光のギラギラした、焼け付くような痛さじゃなくて、
細く刺すような痛み。

    
波が引く音が大きくて、
夕暮れがきれい。

    
風には秋の香りがして。

   
影が長くなってるんだよね。

 
  
実家は海のすぐそばで、
この時期は、海も夕焼けも、すごくきれいだったから、
毎日にように海まで犬の散歩に行ってました。

 
   
秋は、切ないけど、
ちょっと優しい気持ちで過去を振り返れるような気がします。

 
いつもこんな穏やかな気持ちで、
終わった恋を振り返れるといいのにな。

 
   
でも、今日はちょっと暑いねー。
さっきアイス食べちゃったよ。
    

  
           
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますbicycle。原稿さ、早くUPして言われて、急いで書き上げてメールしたのに、メールした3日後ぐらいに、「ファイルが開けないので、もう一度送ってください」って返事がくると、がっくりする。……今日見たのか。じゃあ、なんで早くって言うんだよ…。悲しくなります。そして、今回UPした原稿について、何の連絡もないの。きっと、ものすごいキツイスケジュールで、直しが入るんだろうなあthink。ま、慣れてるからいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.27

■つらい恋、苦しい恋の先にあったんだね。結婚っていう未来が。

苦しい恋ばから選んでいた友達が結婚することに。いろいろあった彼女がたどりついた未来には、しあわせがいっぱいだといいな。
   

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですtulip

   
  
2,3年ぶりにメールがきた友達。
結婚が決まったって。

 
 
メールがきたのは、別に結婚のコトじゃなくて、

 「メールのアドレスが変わりました」

っていう連絡だったんだけど。

 
それに、

 「久々にみんなで会いたいね」

って返信したら、実は結婚が決まったって。

 

彼女の結婚、すごくうれしかったです。

 
   
もうだいぶ前だけど、
彼女は、すごいつらい、先の見えない恋をして、
その時、話を聞いたりしてたの。

  
手紙ももらったりして。

 
すごく苦しんでた。

 
  
その恋が終わった後の恋も、
難しい恋愛で。

 
逃げることも、進むこともできない恋。

 
でも、その時、彼女は笑った。

自分で選んだ恋だからって。

 
   
あれから、3年ぐらいたつのかな。

  
結婚するんだって。

 
   
まだ詳しい話は聞いてないから、
相手が誰なのかは分からないけど、
メールの内容は、
今までにないほっこりとした感じでした。

 
 「うちの親に挨拶にきてさ。

  変な汗かいちゃった」

だって。

 
なんだか、しあわせさが伝わってくるメールでした。

 
   
あれだけつらい恋をした後に、
もう次に恋愛なんてできないかもって言っていた時もあった彼女。

 
でも、たどりつけたんだよね。
今っていう未来に。

 
あのいくつかの恋があったから、
たどりつけた今なのかな。

 
  
 「いろいろ経験しまして、

  少しは人間まるくなりました」

っていう、彼女の言葉に、
ちょっと涙が出そうになりました。

 
   
9月になったら会う約束したの。

 
ふふconfident
楽しみだな。

 
まるくなった彼女に会うの。

 
    
      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますeye。先週、ケンターッキーのクーポン券があったので、ランチに行ったのですが、クーポン券を使ったにも関わらず、合計1000円越えてしまったshock。ひとりで、ケンタで1000円…。私ってバカ?それとも大食い?そんなに食べたわけじゃなかったんだけど。クーポン券の使い方を間違ったのか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.02

■心に闇を持つ人。冷たくて、誰にも触れない闇の池。

心に深い闇を持つ人が好き。そういう人は、なんとなく分かる。自分と同じような傷や闇を持つ人は、分かるんだ。
   

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですfish

   
  
心の闇っていっても、
恨みとか、嫉妬とか、そういう闇じゃなくて。

 
不幸に染められた闇じゃなくて。

  
過去の経験で、
自分が傷ついたり、
人を傷つけてしまったり。

  
それは、決して消えない傷だけど、
その傷の上に、今の自分の人生が成り立っている。

 
無駄じゃない経験になっている。

  
そんな闇。

 
  
心の奥に、
静かに、深く、冷たく水をたたえる池みたいな闇。

 
私は、そんな闇を持って、
でも、一生懸命、元気に生きている人が好きです。

 
   
今、そばにいてくれる彼も、
私が知らない、悲しみを、闇を、心の傷を持っているの、
分かるんだ。

 
でも、その闇があるから、
私は、彼のことを好きになったんだと思う。

 
   
つらい経験も、悲しみも、
傷つく怖さも、痛みも、
その人を作っていくんだと思う。

 
 
相手の心の中にある、
風も吹かず、
波もうたない、
しんとした闇の池を、
じっと見ていたくなります。

 
声もかけず、
ただただその人を見ていたくなる時があります。

 
その人の生き方を見ていたい時があります。

      

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございます。お世話になっていて、大好きだった方が、突然亡くなりました。こんなことがあっていいの…。なんで…。もっと話しておけばよかった。連絡すればよかった。まだ信じられない気持ちです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.06.30

■やっぱりだめだ…。似ている人を見かけると、さ。

昨日、電車の中で、別れた人にものすごく似ている人を見かけた。そしたらものすごく動揺しちゃったよ。
   

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですcherry

   
  
うーん。
心のどの辺りに傷が残っているんだろうか。

     
  
もう全然平気だし、
未練とかそういうのも、全く全くないのに。

 
思い出すことなんて、ほっとんどないのに。

 
  
似ている人を見かけただけで、あの動揺。
心の揺れ。

 
なんなんだろうか。

 
もう、条件反射みたいになっているのかな。

 
    
似ている人を見かけるたびに、
いつも同じ反応が起る。

 
  
心臓がドキドキする。
手と頭が熱くなる。
めまいがする。
足が地面から浮くような感じになる。

 
  
うれしいとかの気持ちはゼロ。

 
心臓がドキドキするのも、

「ときめいて」

とかじゃなくて、激しく動揺してしまうから。 

 
あの別れるまでの、別れた時の
凍るような悲しみとか、つらさとかに、
一瞬、自分のカラダをぎゅっとつかまえられた感じになって…。

 
動けなくなる。

 
  
もう、やだ。
こんなの。
こんなになるのやだ。

 
   
似ている人を見かけただけで、
こんなに気持ちが激しく動揺するなんて、
なんか自分が負けているみたいじゃんーbearing

 
もう…。

 
  
これって、一生こうなのかな。

 
うー。

 
 

以前に、似ている人じゃなくて、
偶然本人と会って、すれ違っちゃったことがあって。

 
その時は、もちろんものすごい動揺だった。

 
それが、あまりに衝撃だったんで、
心に刻みこまれてしまったのかな。

 
それとも、あの別れがあまりにつらくて、
その記憶が、刷り込まれてしまっているのかな。

 
 
……どっちもイヤだよ。

 
もう、似ている人を見かけたくない…。

   

もうっっっー。

       

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますbell。最近、ホットペッパー(フリーペーパーの雑誌)のCMが恐ろしいほど頭から離れない。あの木村カエラちゃんが軽快に歌う「ホットペッパペポパ…♪」の歌が、脳内に侵入。昨日の夜は、寝ていても、一晩中あの歌が頭の中をまわっていた。あのCMは好きで、TVでかかると、よろこんで見ちゃうんだけど…。苦しいshock

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.06.26

■心の距離が遠くの友達に久々に電話。

10年以上、ゆっくり会っていない友達と電話。なんとなくぎこちなかった気がするー。重なる時間がなかったからな。
  

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうですbicycle

  
  
    
09062501  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

昨日の夕方の空。
夏と春が交差している感じがした。

 
気温はもう夏なんだけど、
夕暮れには、まだ春霞がうっすらで。

 
霞んでいる空気は、
写真には写らないなあ。
わざと空大きく撮ったのにー。

 
  
  
数日前に、ものすごく久々に電話で話した友達Hちゃん。

 
友達の結婚パーティで、
ちょこっとしゃべる機会はあったんだけど、
2,3年前に電話でちょっと話した時はあったけど、
ゆっくり話すのは、10年以上ぶり。

 
  
久々の電話。

   
話していて楽しいの。

 
楽しいんだけど、
心の中で共通の話題を必死で探しながら、
会話がとぎれないようにしている自分がいて。

  
  
10年も時間が空いてしまったから、
お互いの過ごした時間が重なり合わない。
っていう感じが。

 
  
昔、いっしょにいた頃の話になると、
盛り上がって、ゲラゲラ笑えるんだけど、
今の話、最近の話になると、
ちょっとぎこちない。

 
興味、関心が、
まったく別のところにある感じ。

 
心が遠くにある感じで。

 
お互い、全く違った人生を歩いているんだもんね。
仕方ないよね。

 
いいとか、悪いとかじゃなくて、
そうなって当り前。

 
   
女友達って、
恋愛とか、結婚とか、仕事とか、
そういう時期によって、
少し離れたり、また戻ったりする友情ってある気がする。

 
離れてしまうのはさびしいけど、
時間がたっても戻れることはうれしいし。

 
  
ずっとずっと続いていく友情もあるし。

 
ばっさりと途切れてしまう場合もある。

 
    
Hちゃんとは、来月ランチをする約束をしました。

 
Hちゃんも、電話で話していて、
私にギコチナサを感じたんだろうな。

 
   
ランチしている時、会話が途切れちゃったらどうしようー。

 
そんなことないか。

 
ベラベラしゃべってあっという間に時間たっちゃうか。 
 

 
今年は年頭に、

「なかなか会えなかった会いたい人に会う」

という年にすると決めたので、
ずっと会ってなかった人に突然電話したりしてます。

 
電話番号が分からない人には、
ハガキ。

 
会おうと思って会わないと、
一生会えないかもしれない人、いるもんね。

        

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございますconfident。今日の夜は、ちょっと仕事がらみのお食事会。しゃぶしゃぶなんだけど。一応仕事なので、気持ちは接待モードで、少し緊張。ガツガツ肉、いけないね。大人の気持ちで、しゃぶしゃぶにのぞもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧