« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019.01.25

#まりこさん、絶望のふち、闇のどん底にいったのは一度きりですか?

Photo
 
 
以前、ブログを読んでくださった方から、質問のコメントが届きました。
 
  
>まりこさんの場合、絶望のふち、闇のどん底にいったのは一度きりですか?
それとも何回かありますか?
 
 

私は、何回かあります。
   
  
またか…って。もうここから這い上がっていくことはできないんじゃないかって。
   
 
そう思ったことが何度かあります。
 
 
人生って、人によっていろいろ。
 
 
絶望の淵に一度も立たない人もいるし、
何度も何度も、闇の底を見てしまう人もいるし。
  
 
でも、私思うんです。
  
 
決して、闇の底を知らないことがしあわせで、
闇の底を見てしまったことが不幸っていうことは、ないって。
   
 
私は、何度か見た闇の中の景色は忘れません。
  
 
「絶望」っていう気持ちを知ったことは、自分の人生にとって、プラスだったと思っています。
 
  
>臆病になってしまったのか、恋の駆け引きよくわからなくなってしまいました。
  
 

私もそういう時ありました。
  
 
人を信じることも怖くて、
何を信じていいのか分からない時、ありました。
  
 
これから先、誰かを好きになることって、あるのかなって、
すごく不安になった時もありました。
   
  
恋ってどうやってするんだっけって、
本気でそう思った時期、ありました。
  
  
でも、、また好きになれる人に出会えましたよ。
    
 
それは、別れてからすぐにではなかったけど、
少し時間はかかったけど。
   
 
好きになれて、好きになってくれる人に、
出会うことできました。
    
 
その時は、恋ってどうやってするんだっけって考える前に、
気持ちがぐいぐい、ぐいぐい「好き」に動いていきました。
  
 
人を好きになった記憶は、
心が覚えているから、心配しなくても大丈夫な気がします。
  
 
 
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 #遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #絶望の底 #また好きな人に出会えた #人をすきになった記憶 #東京の夜 #月夜

| | コメント (0)

2019.01.11

#誰にも言えない恋の秘密を持っていますか?

Photo_2

 

好きになった人や、大切な人に、
自分の秘密を全部言う必要はないって思ってる。
 
 
もちろん、言わなくちゃいけない事実もある。
    
  
例えば、実は結婚しているとか、、他に好きな人がいるとか、
もし、結婚するなら、過去に結婚経験があるとか、子供がいるとか、
そういう事実は隠していてはいけないと思う。
  
  
言わなくちゃいけない事実と、言わなくもいい事実があるし、
そこはきちんと判断しなくちゃいけない。
   
  
でも、そうじゃなくて、昔の恋の話とか思い出は、
密やかに心にあってもいいんじゃないかなって思うの。
   
  
私はある。
  
  
誰にも言ってない秘密がある。
   
  
好きになった人に、自分の全てをさらけ出す必要ってあるのかな。
   
  
私は、相手にも少しは秘密を持っていてほしい。
悪い秘密じゃなくて、ね。
   
  
私が知らない、恋の思い出とかあるんだろうなあって思っていたい。
知らない部分を少しだけ持っていてほしいな。
    
  
全部知ってしまったら、いっしょにいる醍醐味がなくなる気がするから。
  
  
日常の中で、
「そんなこともあったんだ」、「そういう部分も持っていたんだ」
って気づくのは、新鮮。
 
 
それまで知らなかった事を聞いた時って、なんとなくうれしい。
  
  
そして、もっとその人を知りたくなる。
   
  
これはあくまで私個人の考えで、
秘密は絶対にダメ、イヤっていう人もいると思います。
   
 
でも、どうしよう。彼に衝撃的な秘密があったら。
   
  
それはちょっと怖いな。
   
  
私の秘密は…。
  
  
いつか話す時がくるのかな。
  
  
いやあ。ないかな。
あの秘密とあの秘密は…。
    
  
時に秘やかな思い出は、黒い宝になるのかもしれないです。
  
   

#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 #遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #秘密の恋 #好きな人に秘密 #彼には言えない秘密がある

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »