« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018.12.27

#いい事も悪い事も、ずっと同じ状態も続くことはないって、知っている

Photo_2  
 
 
今年も暮れていきます。
  
  
毎年毎年ですが、今年もバタバタな年末です。
  
  
どんな1年だったか。
  
  
走り抜けた1年でした。
  
  
走っているので、まわりの景色が流れるように見えていました。
   
  
過去の思い出も、時々心をよぎり、ちょっとあの時のつらさを思い出したり。
  
  
でも、それをずっと考える時間も余裕もなく。
  
  
忙しすぎてイライラしたり、
乗り越えられないんじゃないかと、ドキドキしたり。
   
  
自分だけどうして…と憤ってみたり。
  
 
起こっている悲しい出来事を、もう受け入れるしかないとしんみりしたり。
 
 
でも、しあわせだなと思えて、笑ったり。
  
 
笑ったり。
  
  
大変だったけど、笑った1年でもありました。
  
   
でも、
どんなに大変でも、まあなんとかなるなって。
  
  
来年もそんな感じで過ごしていくような気がします。
  
  
どんなことでも、ずっと同じ状態が続くことはないし。
  
 
いい事も悪い事も、ずっと同じ状態も続くことはないって、知ってるので。
  
 
来年もいい年でありますように。
 
 
いろいろ乗り越えられる1年でありますように。
 
  

#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #今年も終わり #来年もがんばる #人生とは #同じ事は続かないから

| | コメント (1)

2018.12.07

#終わった恋に覚悟はある?彼への想いを投げるって、簡単じゃない。

Photo_3

  
  
終わった恋への「想い」や、
相手への「まだ好き」という気持ちは、
どうすれば遠くに投げられるんだろう。
   
 
「好きっていう気持ちを投げる」って、簡単じゃない。  

   
すごく覚悟のいることだと思う。
  
 
執着せずに、でもあきらめもせず。
   
  
彼とはいっしょになれなくても、
自分の気持ちが届かなくても、
それは仕方のないこと。

  
でも、分かっていても、
それでも「好きっていう気持ち」は消せない。
  
 
だから、消すとか、失くすとか、忘れるとかじゃなく、
一度つらさや執着が渦巻く心の中から、出してみる。
   
 
その「彼が好きで」っていう気持ちを、
冷静にながめる強さを持つっていうこと。
 
 
それが、「気持ちを一度外に投げること」かも、
と私は思っています。
   
 
「好きで好きで、どうしようもなく好きで」っていう、
執着してしまう気持ちがあったら、
気持ちを、想いを投げることは難しいことかもしれない。 
 
 
恋の終わりって、相当な覚悟が必要だって、思う。

  
終わった恋を、あきらめるのも、
終わってしまったけど、想い続けるのも、
その人の事が、好きだった気持ちが深かれば、深かっただけ、
強い覚悟が必要だって。

  
どれだけ、覚悟ができるかが、
その人の強さになっていくような気がします。

 
だから、まだ覚悟を持てない時は、
「彼への想いを外に投げる」ことは、できないかもしれない。
   
  
それなら、無理に投げることはしなくていいのかもしれないです。
   
 
「好き」の気持ちを終わりにするにも、続けるにも、
覚悟を持てるまでは、どこにも動けない気がします。

  
外に出してみようって思える時が来た時にしか、
気持ちは投げられないです。
 
 
彼しかいないって。
もう人生は終わったって。
そう思っていた時期がありました。
 
 
でも、人生は、自分が思っているより、いろんな事が起こります。
   
  
道はひとつじゃなかったです。
   
  
あの別れも、違う場所に行ったり、
違う誰かに出会うための、ひとつの出来事だったと、
今、やっと思えます。
  
 
でも、あの別れてしばらくの時期は、
そんなこと、全然思えなかったし、信じていなかったけど。
  
 
でも、でも。
苦しさやつらさを越えた先に、
あの時は思ってもいなかった今の景色を見ることができています。
      

#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #好きだったから #東京の夕暮れ #夕焼け #夕暮れ #ダレカニミセタイケシキ #忘れらないl恋 #昔の恋

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »