« #「寂しいから誰かそばにいてほしい」。そんな恋は救われない。 | トップページ | #悲しみの底 絶望の淵② -真っ暗な闇にひとりきり- »

2018.06.20

#悲しみの底 絶望の淵①-もう会えない-

Photo
 
 
  
悲しみの底 絶望の淵。
  
  
大好きだったあの人と別れて、孤独と不安の中で過ごした日々。
その時のこれが私の気持ちだった。
   
  
だって私、ずっとあなたのことが好きだったんだよ。
ずっとずっと好きだったんだよ。
それなのに、もう会えないなんて。声を聞くことも許されないなんて。
私はこれからどうやって生きていっていい?
あの時言ってくれた言葉はウソだったの?
いっしょに過ごした時間は無駄だったの?
   
  
こんな心の言葉を繰りかえしてしまう毎日。
  
   
もう、どうやっても、何をしても、あの人に会うことはできない。
  
  
こんなことが人生で起こるなんて思ってなかった。
  
  
自分のこれからの人生がわからない。見えない。真っ暗だ。
  
  
でも、日々の生活と時間は淡々と進んでいく。
  
  
恋が終わってから数日後には、
少しは気持ちも落ち着いたように感じて、日常がはじまる。
  
  
仕事を一生懸命がんばる。
  
 
TVを見たり、本を読んだりして一日をやり過ごす。
   
  
友達が気をつかってごはんに誘ってくれれば、もちろん行くし、
別れたあの人の悪口も言ってみたりする。
 
 
ちょっと泣いたりしても、食事の帰りは笑って手をふることができる。
   
  
でも、あの頃、
誰かにどんなに優しくされても、楽しくおしゃべりしてたりしたとしても、
心がその場にない感覚だった。
   
  
誰の言葉も優しさも、心の中に入ってこない気がした。
   
 
遠くで笑って、遠くで話しているようで、
そんな中で、笑っている自分が不思議に感じた。
  
 
それが、絶望の淵を歩いていた時なんだって、
今になればよくわかる。
 
     

#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #絶望 #別れた今だから思ううこと

|

« #「寂しいから誰かそばにいてほしい」。そんな恋は救われない。 | トップページ | #悲しみの底 絶望の淵② -真っ暗な闇にひとりきり- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #「寂しいから誰かそばにいてほしい」。そんな恋は救われない。 | トップページ | #悲しみの底 絶望の淵② -真っ暗な闇にひとりきり- »