« #抱きしめてもらいたい時がある。ぎゅっとしてもらい時が、ある。 | トップページ

2018.06.13

#「寂しいから誰かそばにいてほしい」。そんな恋は救われない。

Photo

   

「寂しいから」っていう理由だけで、人を好きになっちゃいけないような気がする。
寂しさを埋めるために、誰かを求めたってその寂しさは埋まらないと思う。
 
   
生きていくのは、ひとり。
  
  
誰かといっしょにいれば、ひとりじゃなくなることなんてない。
  
  
誰といても、ひとりでいることに変わりはないと思う。
 
 
もし、ひとりの孤独から開放されたいからって、
誰かといっしょにいることを選ぶなら、
それは違うような気がする。
  
  
ひとりで生きていけない人は、
他の誰かといっしょにいても、寂しさから救われることはないと思う。
  
  
ひとりで生きていける強さがあるから、
誰かといっしょにも生きていける。
   
  
もし、ひとりで生きていけないふたりがいっしょにいたとしたら、
それは、お互い自分の心に足りないものを、求め合うことばかりで、
いくら与えてもらっても、
「もっともっと」って気持ちで、相手に依存していく。
  
 
そして、苦しくなって、どちらかがそこから逃げたくなるような気がする。
  
  
寂しいから誰かといっしょにいたい、
その寂しさから逃れるために、誰かといっしょにいる。
 
 
そんなんじゃ、その寂しさは、ずっとずっとついてくると思う。
  
 
「ひとり」っていう孤独を自分自身で支えられるから、
誰かを支えることができるんじゃないかな。
  
 
だから、ただ「寂しいから誰かそばにいてほしい」っていう気持ちで、
人を好きになることは、
求めるだけの気持ちでの恋は、
いっしょにいればいるほど、孤独が増していく恋になるような気がする。
 
 
人を好きになるって、
自分を支えてもらうってことより、
もしかして、相手を支えてあげることなんじゃないかな。
  
 
お互いが、
「大切な人を支えてあげたい」っていう気持ちでいっしょにいることが、
人を好きになることの本質なのかな。
  
 
人って自分が思っているより、強いところもあると思う。
自分を信じることって大事なんじゃないかと思う。
  
  
だから、人を好きになることに必要なことは、
自分を信じることでもあると思います。
 
   

#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #恋は終わったあともまだこんなにせつない  #孤独に負ない #人を好きになるってことは 

|

« #抱きしめてもらいたい時がある。ぎゅっとしてもらい時が、ある。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #抱きしめてもらいたい時がある。ぎゅっとしてもらい時が、ある。 | トップページ