« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018.05.29

#尽くす恋には終わりが来る?

Photo
 
   
 
尽くしすぎてしまうことって、恋にとってはいいことだけじゃない気がする。
もしかしたら、マイナスの方が大きいのかも。
  
   
最近私のまわりで、
尽くす恋が苦しい恋に変わっていく人が多い。
   
  
「こっちが強気でわがままだった頃の方がうまくいってた気がする」
  
  

友達のFがそう言ってた。
 
  
相手からの「好きだ」で始まった恋は、
最初は、彼がFに合わせるような感じだった。
  
  
Fがちょっとすねて、わがままを言えば、
彼は困って、それでも、Fがよろこぶ言葉を言ったり、
食事に行ったり、
彼はFのわがままに困りながらも、うれしそうだったみたい。
  
  
でも、Fは、根がそんなわがままな子じゃなくて、
本当は相手に合わせることが好きで、
いろいろやってあげることが好きで。
   
  
だんだん彼に尽くすようになっていった。
  
  
そしたら、彼は、そんな尽くすFに、
キツイ言葉を言ったり、文句を言ったり、
Fがごはんを作ることとか、
彼のためにすることが、「当り前」みたいになっていっちゃって。
  
  
Fを大切にしなくなっていった。
  
  
でも、Fって、そういうパターンが多い。
 
 
尽くしすぎて、ふられるっていうパターンが。
   
  
私も、昔は、尽くしすぎる恋をして、傷つくことが何度もあった。
 
 
別に相手に「やってくれ」って頼まれたわけじゃなく、
自分がやりたいからやっていたはずなのに、
だんだん、その自分のやっていることに、
相手から、「好き」の見返りを求めてしまうようになってた。
 
  
多分。
  
  
自分では、見返りなんて求めていないと思っていたけど、
彼に別れの言葉を言われた時に、
「どうして?こんなにいろいろしてきたのに」って思ったから。
  
 
それって、「してあげた」って思いながらいっしょにいた心の証拠だ。
  
  
「尽くす」って自己満足してしまう部分が大きいと思う。
  
  
好きな人にために、いろいろやっている自分に満足して、
それが「好き」の大きさだと思ってしまう。
  
  
そんなことじゃないのにね。
   
  
人を好きになるって、
  
  
相手を大切にするって。
  
  
好きなら、別に何かをしてあげなくても、
お互い好きでいられるはずなのに…。
  
  
尽くしすぎていると、
尽くしていることをやめてしまうと、
相手の心が離れてしまうんじゃないかって思ってしまう。
  
  
始めは、相手のことが好きだからやっていたことが、
「相手に好きでいてもらう」ための行動になってしまう。
  
  
それがどんどんエスカレートしてしまって。
  
  
始めはそうじゃないのに、
「こんなにしてあげているんだから、好きでいてくれているはず」
になってしまってた。 
私は。
   
  
尽くしすぎてしまうと、相手と対等じゃなくなるんだと思う。
恋の場合は特に。
   
  
相手の「好き」より、
自分の「好き」が大きくなりすぎてしまうのかな。
  
  
それがこわくて、もっと尽くしてしまう。
そして、ふたりのバランスが崩れていく。
  
  
私、別れる時に言われたことがある。
  
  
「お前が、オレのためにしてくれること、全部がイヤになった」って。
  
  

最悪。
  
  
彼が好きで、
そして彼に好きでいてもらいたいからしてきた事が、
結局、恋が終わる理由になるなんて。
   
  
その後も、何度か尽くしすぎてしまう恋をして、失敗して。
  
  
だから、思う。
  
  
「尽くしすぎる恋」はよくないって。
  
  
気持ちは、「好き」は対等でないと。
   
  
いつも対等っていうのは、無理だけど、
時々、どっちかの「好き」が重くなってしまう時はあるかもしれないけど、
「好き」の重さが行ったり来たりしながら、
バランスを保つことって、すごく大切なんだと思う。
   
  
「好きだからしてあげてる」って思うようになったら危険。
   
  
「こんなにしてあげているのに、どうして…」って思うのも危険。
  
  
好きな人のために、何かをすることは大切だと思う。
   
  
でも、それには「ほどほど」が必要なんじゃないかな。
  
  
相手を想いっぱなしじゃなくて、
相手に想ってもらうことも、必要で。
  
  
相手に尽くすだけじゃなく、
相手に尽くさせてあげることも、時には必要。
  
  
恋って、そういうバランスが必要な気がします。
  
  
難しいけど。 

         

# 遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #別れた彼 #尽くす恋 #人生って #うまくいかない恋 #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.05.18

#10年以上ぶりの再会。別れた彼への気持ち。

Photo  

 
5月は、気持ちがいい季節。
風は強い日が多いけど、そんな風に吹かれる景色も好きです。
 
  
この前、別れてから10年以上たつ人に、再会しました。
でも、私ではなく、友達が。
  
  
大学時代のみんなが集まる機会があって、
私は行けなかったのですが、そこで友達が彼に会いました。
  
  
友達、写真を送ってきてくれました。
  
 
写真を見るまでは、別れて10年以上もたつ彼を写真でも今の姿を見たら、
どういう気持ちになるんだろうって、自分の気持ちも想像できなかったけど…。
  
  
写真見るのは、楽しみなようなちょっとこわいような。
   
 
だって、すごく太ってたり、老けていたり、全然違っていたらちょっとイヤだなって。
 
 
友達ともそんな話をしていました。
 
 
それで、友達が送ってきてくれた写真を見たら。
  
 
彼、全然変わってなかったです。
 
 
あの頃のままって感じでした。
  
 
笑ってました。
 
 
よかったな。
笑っていてよかったな。
 
 
なんか、しあわせな気持ちになりました。
  
 
こんな気持ちになるなんて、自分でも思ってなかったです。
   
 
彼も私も今がしあわせでよかったです。
    
   
写真で見れてよかった。
  
 
でも、直接会いたくはないけど。
ふふふ。
  
 
やっぱりあの時のつらさや、悔しさは、今も心にあって、
ちょっと痛いから、な。

 

       
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #別れた彼 #10年ぶりの彼 #人生って #まだ心は痛むけど #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.05.14

#別れても、好きだったから。

Photo
   
 
友達の恋が復活した。
 
   
別れて2年かな、3年かな。
 
    
友達は、心の奥でずっと彼のことが好きだった。

  
家庭がある彼のことを。
 
  
別れを選んだのは、友達の方で。
新しい人生を歩こうって、
あの時、心がちぎれそうな決断をした恋。
 
    
でも、いくら時間を過ぎるのを、
じっと待っていても、
「好き」っていう気持ちは、消えなかったんだ。
 
   
「またお付き合いすることにしたんだ」
  
って言った彼女の顔は、
すがすがしかったし、
明るく強く笑ってた。
 
  
彼には、
今はどうしても離婚できない理由があって。

  
理由を聞けば、
私にもその複雑で難しい事情はわかる。

  
でもそれって…。
それって…。
 
    
でもそれじゃぁ…。
 
  
私の友達は、どこまで待てばいいのかな。
 
   
犠牲にしなくちゃいけないものは?
 
  
友達には、笑っていてほしいです。
 
  
この恋の先にどんな未来があったとしても、
彼女が今回の決断に後悔しないで欲しいです。
         

        
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #出会う運命 #不倫の恋 #人生って #別れても好き #別れられない恋 #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.05.10

#運命の恋の話。20年後に再び恋するふたり。

 Photo

    
中学生の頃に付き合った人と、20年後に再会。
そして結婚したふたり。
  
  
これは、私が小学校の時から知っているふたりの恋の話です。
   
  
中学校の時に付き合っていたAとS。
男の子のAが中2の途中で、転校することになりました。
    
   
Aは、中学生が簡単に会いにいけないような、遠くに引っ越し。
    
   
中学生だから、遠距離恋愛っていうこともなくて、
それでふたりの恋は終わりました。
   
  
女の子のSとは、結構仲が良くて、
別々の高校に行ったんだけど、時々会ってました。
  
 
彼女は、きれいな子だったから、いつもそばには彼氏の存在があって、
中学校の時の恋なんて、笑って話せる思い出になってました。
  
  
Sとは高校を卒業してからは、もう会うこともなくなってしまって、
人づてに、美容部員になって、デパートにお勤めしているって聞いたことがありました。
  
  
そしてある日。
  
  
中学を卒業してから、どれくらいたった頃だろう。
もう20年近くたっていたはず。
   
  
中学時代の友達のひとりから電話があった。
 
 
「AとSが結婚することになったから、みんなで集まろうって話があるんだけど、来れる?」
って。
  
  
「AとSって、あのAとS?」って思わず言ってしまいました。
   
  
あれから20年もたってしまったふたりが結婚するなんて、信じられなかった。
   
  
友達に聞いたら、
偶然、本当に偶然仕事先で再会して、再び恋をして…。
 
 
そして結婚することになったって。
   
   
どちらかに離婚の経験はあったみたいなんだけど、
出会った時は、お互いにフリーで。
   
  
ふたりは、再び出会う運命だったとしか思えない。
   
  
全然違う遠く離れた場所に住んでいたのに。
   
  
それまで連絡なんてしたことなかったのに。
   
  
それなのに、偶然会うって…。
 
 
すごいな。縁の力って。
   
  
すごいな。運命が引き合う力って。
  
  
結婚をお祝いするために、みんなで集まる日には、
どうしても仕事の都合がつかずに行くことができなかったんだけど、
Sのあのはずかしそうに笑う顔が思い浮かびます。
   
  
恋は、誰にも何にもじゃまできない。
  
  
どんなに離れていたって、どんなに時間がたったって、
いっしょになる運命のふたりは、いっしょになるんだって思いました。
       

       
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #出会う運命 #幼なじみと結婚 #人生って #同級生と結婚 #離れても出会う恋 #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.05.01

#恋をしなくちゃつまらない人生なの?

Photo   
     
  
「恋」って、していなくてはだめなの?
恋をしていない人はつまらない人生を送っているの?
 
   
私は、もちろん恋することは楽しいことだし、
生きがいみたいなもののひとつにはなると思う。
  
  
でも、じゃあ恋がない人生は、
恋をしている人と比べてつまらないかっていうと、
そんなことはないと思う。
   
  
前に失恋して、落ち込んでいた時に、
確か内館牧子さんの本だったと思うんだけど、(間違っていたらごめんなさい)

「恋をしている人生と、恋をしていない人生の違いは、

コップの水に、レモンが浮いているか浮いていないかの違いぐらいのもの。

レモンが浮いていたら、もちろんそっちの方がいいけど、別になくても困らない」

というような事が書いてあった。
   
  
私がその本を読んだ時、
新しい恋をしなくては、と思ってはいるんだけど、
なかなか出会うことができなくて、なんかすごく焦っている時期だった。
   
  
恋をしていないと、彼氏がいないと、
女としてダメな人間なような気がしてた。
   
  
でも、この本を読んだ時、

「そうか。そうなんだよね。別に彼氏がいなくたって、人生大きな問題はないんだ。

よく、考えたら、今だって結構楽しいし、彼がいないからって困ることなんてないじゃん」

  
って、すごく気持ちが楽になったことを覚えている。
   
   
「コップの水にレモンが浮いているかどうかの違い」って、
すごく言い当ててると思います。
   
  
レモンが浮かべたあったら、確かにお水がおいしく感じられるし、得した気分になる。
   
  
でも、「水を飲む(生きる)」ってこと自体には、そんなに関係がない。
味の違い、気分の違いだけで。
    
  
それが分かった時、肩の力が抜けたような気がして、
生きるのが少し楽になったような気がしました。
   
  
恋は確かに楽しい。
  
 
でも、それがないから死んじゃうかっていうと、そんなことは全然なくて。
  
 
恋してなくても、自分の好きなことをやって、
人生いきいきしている人はいっぱいいる。
  
  
反対に、恋に落ちているから、苦しい日々を過ごしている人もいっぱいいる。
   
  
だから、恋していないことを、
むやむみ悲観することはないって思います。
   
  
うまく言えないけど、
恋をしていないことに劣等感を持っていたり、暗い気持ちでいると、
ますます恋が遠くに行ってしまう気がする。
   
  
笑顔のところにこそ幸福は来るみたいな。
   
  
焦っていてもその焦りが、相手に伝わって、
恋になる手前に終わってしまう例も見てきました。
   
  
「恋をしている、していないの違いは、

コップの水にレモンが浮いているかどうかの違い」

って本当にそう思います。
   
  
でも、だからと言って「もう恋なんてしなくてもいい」っていうのは違うと思うけど。
   
  
「もう恋なんて…」って思ってしまったら、ますます恋は遠くに行くと思います。
   
  
「恋したいな。誰かを好きになりたいな」って思う気持ちは大切で、
具体的に動くことも大切で、
でも、悲観的になる必要はなく、焦ってはダメで。
  
  
って、難しいことなのかな。
 
 
そんなことないよね。
   
  
私はひとりの時はいつでも思っていました。

「恋したい」
「大好きになれる人に絶対に出会うはず」って。
    
  
でも、その出会うまでの時期は、

まあひとりも楽しいし、この時にしかできない経験をしておこうって、

思うようにしていました。
  
 
まあ、不安で眠れない夜もあったけど。
  
  
恋をしようって言ったり、しなくても焦るなって言ったり、
矛盾しているようだけど、
悲観的にならずに、恋に向かわなくては、
というが私の想いです。
   

    
    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #切ない気持ち #別れた人へ #人生って #恋してなくても #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »