« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018.04.25

#自分をふったあの人に、「かわいそう」とだけは思われたくない。

Photo
 
 
別れた人に、ふられた人に、自分をどう思わせたいか。
そんな事を、友達と話していました。
そんな事、話したって仕方ないんだけど。
  
  
友達も、私も、ふられて別れた経験があって。
  
  
あの時は、つらかったよね、とか、
でも、今は別れてよかった思う、とか、
そんな事を話していたら、
「別れた相手に、どう思わせたい?」っていう話になって。
  
  
友達は、

「自分がふって不幸になって、ひどい事をした」

って思わせたいって。
  
  
私は…。
  
  
うーん。
  
  
友達と同じに思う時もあるし、
でも、全然逆に、

「自分と別れて、しあわせになってよかった」

って思ってもらいたいと思う時もあるし。
  
  
あ、でもこれには、
「しあわせになったんだ」って後悔させたい気持ちもあって。
  
  
こう思ってしまうって、私って、やっぱり心が狭い…。
意地悪だ…。
  
  
まあ一番強く思う事は、

「かわいそうとだけは思われたくない」

って事。
  
  
前にも書いたけど、
ある人と別れることになり、最期に会った時、
私、ボロボロになってて、
体重もすごく減っちゃってて、
顔もやつれていて。
   
  
彼の最後の私への印象は、
多分、「かわいそう」だったと思う。
   
  
実際に、別れ話をしている時にも、
「かわいそうで…」
って言われたし。
   
  
でも、今でも、「かわいそう」って思われていたら、
すごくイヤだ。
   
  
私、あなたと別れてかわいそうなんかじゃなかったし。
   
  
別れたから、今にたどりつけたし。
   
  
なーんて事を、
ふられ経験がある友達と話しました。
   
  
そんな事、話している時点で、
ふたりとも、まだ過去に、何かしら気持ちが残っているのかもしれないよね。
   
  
未練があるとかじゃないけど。
   
  
自分をふった人への、強がりなのかな。


だとしたら、
変な強がり。
   
   
   
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #切ない気持ち #別れた人へ #人生って #まだ好き #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.04.19

#神様は不公平。人を傷つけた人が順風満帆な人生を送るのなんて。

Photo
   
 
どんなに人を裏切っても傷つけても、
何事もなかったように進んでいっちゃう人っている。
 
 
これは、私のグチです。
そして、友達のグチでもあります。
   
  
失恋って、100%どちらかが悪いってないと思う。
それは分かってるんだ。
   
  
ふられる方にも、何か原因があるって分かってるの。
   
  
だから、どっちが悪いってことはなくて、正しいってこともなくて、
結果があるだけなんだって、分かってる。
  
  
分かってるんだけど…。
   
  
自分をふった人や、裏切ったり、だましたりした人が、
何事もなかったように、生活していると思うと、虚しくなる時がある。
   
  
ふられて別れて少ししかたってないのに、
その彼が結婚したって聞いた時は、カラダがさーっと冷たくなった。
  
  
怒りというか、「それはないんじゃ…」っていう気持ちだった。
  
  
そんなの、別れた彼のことなのに。
彼がどんな道を選ぼうと、私には関係ないことなのに。
そんなの分かってるのに。
   
     
友達をだまして裏切った彼が、
会社でどんどんキャリアを築いて、家庭円満で、マンション買って、
なんて聞くと、なんとなく納得できない気分になってしまう。
   
  
「会社に悪の事実を電話しちゃおうか」。
なんて冗談で言ったりしたけど、友達は笑ってなかった。
  
  
神様は不公平だって思ってしまう時がある。
  
  
なんで人を傷つけた人が、何も傷つかないで、順風満帆な人生を歩んでいくの?
って。
  
  
心は少しは傷ついているのかな。
  
  
もちろん、

「相手にしたことは自分もされる時がくる」

って言葉は信じているのだけれど。
   
  
と、友達をごはんを食べながら、グチを言ってしまう時があります。
   
  
まあ、自分たちも楽しくしあわせなんだけど。
   
  
別れてよかったって思ってるんだけど。
  
  
だめな人間。私たち。
心が狭い。
  
    
人生のいろんな波にもまれた先輩が言ってたことがあった。
  
  
「人を傷つけて、上にあがっていく人もいるのよ。
そうやって成功していく人もいるの。そういう人もいるのよ」

って。
  
  
人生って…。
     

      
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #切ない気持ち #ずるいな #人生って #でも進みたい #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.04.16

#自分の気持ちから逃げちゃだめだ

Photo

「どうやったら、失恋から立ち直れますか?」
という質問を時々受けます。
   
  
私は、これっていう方法はないと思う。
   
  
無理に元気になる必要もないし、
泣くことをがまんすることもしなくていいと思う。
  
  
相手を、その時は恨んでも憎んでも、
それは仕方のないことだと思う。
   
  
そんな自分の気持ちの波を、どうやりすごせるかなんじゃないかな。

 
やっぱり好きで、別れられないって気持ちにもどる時だってある思う。

  
でも、それは決して弱いんじゃなくて、当たり前のこと。
すごく好きだった人、大切だった人を失おうとしてるんだもの、
気持ちはめちゃめちゃに揺れると思う。

  
それは、仕方のないこと。

  
じゃあ、その悲しみがなくなるまでは、どうしてればいいの?

  
私は、じっと耐えてた。
ふとんにくるまりながら、気持ちの波が去るのを、
時々目をつぶりながら、じっと待ってた。

  
でも、自分の気持ちからは逃げなかった。
さみしさとか、孤独とか、不安とかから逃げなかった。

  
絶対に、この別れは間違ってない。
仕方のないこと。
もし、本当にあの人と縁があるなら、
自分から動かなくても、きっとまたいっしょになるだろうし、
もし、そうじゃなかったら、きっと新しい恋に出会えるはずだって、
必死に心の中で唱えていた気がする。

  
恋を、大切な人を、大好きな人を、
失う時は、自分から逃げちゃだめだと思う。

  
このブログでも、何度も書いているけど、
私たちの心は強いから。
思っているより、ずっとずっと強いから、
大丈夫。

  
自分を信じて、今のつらさを乗り越えてほしいです。
    

    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #不安と孤独 #失恋立ち直る方法 #人生 #でも進みたい #恋は終わったあともまだこんなにせつない #進め #進もう #ススメ

 

| | コメント (0)

2018.04.13

#あきらめどきはいつですか?夢や恋のあきらめどきは…。

Photo  
   
  
「もうあきらめたらどうですか」。
こんな言葉を言われちゃったら、どういう気持ちになりますか?
  
  
仕事で、年に何回かは会う、多分、50代前半ぐらいだと思う。
  
  
男の人で、堅実でまじめな人。
  
  
その人と、仕事の打合せしてた時、
お互いの仕事の話になったの。
  
  
その人とそんなに親しくないから、
自分の個人的な事は話さなかったけど、
お互いに、
「これから先どんな仕事がやりたいか」
っていう話になって。
   
  
それで、私は、まあ「夢」として、
将来やりたいと思っていて、
今もそれに向って、ちょっと動いている仕事の事を、
少しだけ話したの。
   
  
そしたら、その人が、

「もうあきらめたらどうですか。
今、自分がやってる仕事をもっと伸ばした方がいいんじゃないですか」

って。
   
   
「あきらめどきっていうのもあるでしょう」

って…。
   
  
一瞬、返す言葉が見つかりませんでした。
  
  
うーん。
それはそうなんだけど…。
   
  
でも、あきらめたら、すべてはそこで終わっちゃう。
  
  
「そうですけど…」って困って笑う私にその人は、

「自分の思っていなかった人生が、成功っていうこともあるんですよ」

って。
   
  
分かる。それは、分かるの。
   
  
自分の思ってなかった方へ、一歩進んでみたら、
新しい人生が開けること、知ってる。
  
  
でもでも、でも、
それと、夢をあきらめることって、
少し違うような気がしてて…。
  
  
違うかな…。
 
 
私の逃げかな…。
  
  
本当はあきらめなくちゃいけないのに、
あきらめたくなくて、逃げてるのかな。
   
  
それから、その人との、その件については、
価値観が違うから、話しても仕方ないと思い、
「そういう考えもありますよね」って、終わりにしたんだけど。
  
  
その人、最後に言ったの。

「僕は本当は、○○になりかったんだけど、

あきらめて、今の道に進んだんですよ。

でも、今はこっちを選んでよかったって思います。

○○の世界は、レベルが高い人が多いから、

自分がそこにいたら、大変だったと思う。

今、自分がいるところは、

そんなにレベルが高い人間がいないから、楽なんですよ」
   
   
それが、しあわせなコトかどうかは、
その人しか分からないです。

 
でも、私は、別に楽になりたくて、生きているわけでも、
がんばっているわけでもない。
  
  
自分の行きたい方に、
いつか手が届くかもしれないものに向って、歩いていきたい。
   
  
って、思っている事自体が、悪あがきなんだろうか…。
  
  
その人の目には、
「もうあきらめればいいのに…」って映るのかな。
   
  
何が正しいんだろうな。
  
  
夢ってどこまで追いかけていいんだろう。
  
  
あきらめどきって、どこでそう決めたらいいんだろう。
 
 
見切りをつけるとか、気持ちを切り替えるとか、
どこで、それをしたらいいんだろう。
  
  
難しい。
  
  
夢も、恋も、
どこまで追いかけていいのか、
どこであきらめなくちゃいけないのか、
難しいし、分からないです。
   
  
その人が言ったことも、正論だと思うし。
   
  
でもでもでも、なあ。
なんかモヤモヤした気持ちになっちゃった。
   
  
ちょっと悔しいというか。
    
  
でも、こんな気持ちになったのは、
痛いところを突かれたからなんだろうな。
   
  
ちょと言い訳みたいのも、その人にしちゃったし。
   
  
言い訳なんてしなければよかったと、ちょっと後悔。
  
  
あーあ。
   
  
でも、夢も、まだあきらめたくなくて…。
 
 
もうちょっとがんばりたいです。
  
  
  
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #夢 #あきらめられない夢 #人生 #でも進みたい #恋は終わったあともまだこんなにせつない #立ち止まる恋

 

| | コメント (0)

2018.04.10

#目の前の優しさより、傷つけられる恋に心が…、ひかれてた。

Photo

      
 
目の前にしあわせがあるのに、
そのしあわせに手が届きそうなのに、
つらい恋に心がひかれてしまう時があった。
 
 
目の前のしあわせより、
傷つけられる恋に、心がひかれてしまう時があるような気がする。
   
  
なんでなんだろう。
   
  
しあわせになれないし、
好きでいたって苦しいって分かっている恋に、
心をひかれてしまう。  
  
  
なぜ。
  
  
苦しみの中での恋は、
最高に甘い気持ちになれる一瞬があるから?
  
  
その瞬間のしあわせに、一気に心がおぼれてしまう?
   
  
だからなのかな。
   
  
自分で手を伸ばせば、新しい未来があるのに、
目の前に違う優しさや、違う恋があるのに、
苦しい恋に立ち止まってしまう。
  
  
そんな時がありました。
  
  
いっしょにいると9つらくて、
楽しいのは1だけだったかもしれない。
   
  
それなのに、離れらない恋をしていた時があります。
  
  
あの時の私は、
何を怖がっていたのかな。
      

    
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #別れた彼 #別れられなかった恋 #彼女 #苦しい恋 #恋は終わったあともまだこんなにせつない #立ち止まる恋

 

| | コメント (0)

2018.04.06

#「今」は続かない。闇も続かないし。未来って変わる。

Photo
   
  
海外在住の友達と久々に電話。
10年前は、ふたりとも今みたいな未来に立っているとは思わなかったよね。
   
  
友達のIちゃんは、もう15年以上の付き合い。
 
  
最初に就職した会社で部署が同じで。
  
  
お互いのいろいろな恋愛を知っている。
   
  
10年以上前、
同じような時期に大失恋して、
お互いに擦り切れた心をひきずって、
毎週金曜日に、ボロボロになりがら、遊んでたんだよね。
   
  
ふたりとも、転職もしたばかりで、
なんとなく置かれている状況がいっしょだった。
  
  
Iちゃんも私も、
好きだった人が違う人を好きになってしまって、
ふられた。
   
  
ふたりとも、ちょっとヤケになってた時期でもあり。
   
  
クラブをはしごして、
遊んでも遊んでも、何も満たされず。
  
  
あの頃、Iちゃんといっしょに見てた朝は、
まぶしくて、
夏の匂いが漂ってて、
太陽の光が痛かったな。
   
  
でも、そんな不健康な時期からそんなにしないで、
Iちゃんは、今のだんなさまに出会って、
結婚。
   
  
まさか、それから数年後に、
だんなさまの仕事の都合で海外に行ってしまうなんて。
   
  
Iちゃん、ふたりのお子さんのママになっていて、
今も元気です。
    
   
絶望の夜の中にいた時、
ふたりとも、
こんな楽しい未来に自分が立っているなんて思わなかったよね。
   
  
真っ暗闇が続くような気がしてた。
  
  
「抜け出したい。きっと抜け出せる。抜け出してやる」
   
  

そうは思っていたけど、
あの時の別れの闇や痛みは、
あの時の心の重さや暗さはそのままで、
それを引きずった未来なのかと思っていた。
   
  
でも、Iちゃんも、私も、
あの頃の心の闇に縛られてないよね。
   
  
もちろん、あの時の心の傷や痛みはゼロにはならないけど、
それを引きずった「今」があるんじゃなくて、
あの頃の想いの上に、「今」があるっていう感じがする。
   
  
今がどんな状況でも、
それがずっと続くってことは、ないんだ。
     
  
私はそう思う。
  
  
どんなに絶望に中にいても、
未来はある。
  
   
今、どんなにつらくても、
反対に、どんなにしあわせでも、
未来は、どんどん変わっていく。
   
  
私はそう思うんだ。
   
  
悪い方に変わるとかじゃなくて、
未来って、思いもよらない方に、風がふいて、
進む方向が変わるっていう意味で。
   
  
だから、未来は楽しみで、
ちょっとこわくて。
  
  
私は、
変わることを、恐れないでいたいです。
  
  
変わる風が吹いてきたら、
その時、手に持っているものは、
先に進むために、
ぱっと手放せる気持ちを持っていたいです。
  
 
見てみたいです。
  
   
いろんな未来を。
いろんな風景を。
いろんな自分を。
 
     
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #諸行無常 #あの頃  #がんばれ #恋は終わったあともまだこんなにせつない #絶望の先 #闇は続かない

 

| | コメント (0)

2018.04.02

#夜桜が…。櫻の樹の下には…。

Photo  

     
 

夜桜。

 

桜がいきなり両手を広げて、花びらを散らしていく瞬間を見てしまった、
ような不思議な景色でした。

 

この後、風が吹いて、バァーと花びらが舞いました。

 
梶井基次郎の「櫻の樹の下には」の小説が、
ふっと頭をよぎりました。
 

この夜の桜は、この瞬間の桜は、
息をのむほどきれいだったけど、ちょっと怖かった。


自分が吸いこまれてしまいそうでした。
 

       
#遠野まりこ

#大和書房 

 

Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです。
 

 遠野まりこ #夜桜 #桜の景色 #春の景色 #写真が好き #恋は終わったあともまだこんなにせつない #千鳥ヶ淵

 

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »