« ■ヤツがいる…。ベランダにヤツがいる…。絶対にいる…。 | トップページ | ■パルテノペ恵比寿店でピザランチ。チーズたっぷりでした。 »

2008.08.21

■裏切られた彼に、別れた後に会った時。

付き合っていた人に、ひどいウソをつかれたことがあって。それが分かったのは、別れた後で…。その彼と、別れた後に会った。

    
Photo今日のblogの順位は?ココです。今日も読んでくださってありがとうです

 
  
この前書いたブログ、
「しあわせだったと思えた終わった恋。そう思っていたのに…」
の記事に、えりぃーさんから質問のコメントが届きました。

 
別れた後に、
ウソをつかれて、裏切られた事を知った彼に、
私は会いました。

 
会って、
どうして私を騙したのか、聞きました。
という部分に、

   
  >まりこさんの彼は聞いたら何て言ってたのですか?

   それを聞いてまりこさんはどう思いましたか?

   もし差し支えなければ教えて頂きたいです。

  
   
彼は、私の「どうして騙したの?」という言葉に、
しばらく何も言いませんでした。

 
私の「信じていたのに…」っていう言葉にも、
何も答えずに…。

 
そんな彼に、

「あの事もウソだったんだよね。
 あの事も、あの事もウソだったんだよね。
 私、バカみたい…」

って言ってしまいました。

   
どうして、私を騙したのかは、
結局答えを聞くことはできませんでした。

 
ただ、「すまない」っていう言葉だけで。

 
それで、もういいや、帰ろうと思った時、
最後にね、
彼が言い訳みたいな事を言おうとしたの。

 
  
その時、私、

「もうあなたが何を言っても信じられない。
 ウソとしか思えないから」

そう言って、彼の言おうとしたこと、
さえぎっちゃったんだ。

    
それが私の本音だったし、
優しい言葉なんて聞きたくなかった。

 
ひどい彼で、私の中で終わらせたかったから。

  
少しでも、救われるような言葉を言われてしまったら、
自分の心が揺れてしまう気がしたから。

   
彼の言いかけた言葉は聞かずに、
席を立ちました。

 
だから、えりぃーさんの

それを聞いてまりこさんはどう思いましたか?

っていう質問には答えられないんです。

 
  
  >いつか自分の中で気持ちが割り切れるようになって、

   もしその時もまだ気持ちを伝えたいと思ったら、

   連絡してみようかなと思います。

 
そうですね。

 
私も、もう別れたんだから、もう関係ないんだから、
彼に会わないって選択もあったけど、
彼に会わずに、
自分の気持ちを胸に閉じ込めていたら、
逆に、いつまでも彼のことを想ってしまいそうで。

 
だから、彼と会いました。

   
彼から、何か言葉を聞きたいとかじゃなくて、
自分の気持ちを投げるために、
彼に会いました。

  
再び会うことで、
傷をさらすようで、つらい部分もあったけど、
すっきりしました。

   
だから、えりぃーさんも、
気持ちが割り切れるようになっても、
彼に思うコトを伝えたいと思ったら、
その時は、会いに行っていいんだと思います。

 
   
傷は消えないけど、
その傷も、前に進む力になる時がくるはず。

 
私はそう思います。
       

      
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします。

★blog Ranking参加中。クリックしてもらえるとうれしいです。クリックしてくださるみなさん、ありがとうございます。友達とのご飯の約束が、ちょっと増えそうな感じ。会えるのも、今のうち。年末に向って、仕事の忙しさがピークへ向います

切ない涙のケイタイ小説連載中です。↓ 全話掲載中。時々読むと新鮮かも。
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■ヤツがいる…。ベランダにヤツがいる…。絶対にいる…。 | トップページ | ■パルテノペ恵比寿店でピザランチ。チーズたっぷりでした。 »

コメント

nicoさんへ
>仕事以上に愛せる人ができれば、それはそれで幸せ。でも、たとえ、そんな人が見つかったとしても、私はいつも自分の足で立っていたいと思っています。
 
私も、いつも思っています。
「自分の足で立っていたい」って。
 
例え愛する人がいても、大切に想える人がいても、
自分の人生は自分で立っていたいなって思っています。
 
自分の足で立っていられるから、
誰かを支えられるし、自分も支えられるし。
 
そして、そばにいてくれる人も、それは恋人でも友達でも、
自分の足で立っていてほしい。
 
そう思っています。
 
>思い上がりかもしれませんが、いまの職場で自分は必要とされているという自負があります。
それは、自分なりに、仕事や、周りで働く人たちに誠実に接してきた結果だと思っています。
 
思いあがりなんかじゃないと思います。
 
必要とされるには、それだけの努力が必要で、
その努力には、自信を持ってもいいと思うんです。
 
自信過剰になったり、相手にその自信を押し付けることはよくないけど、
自分のやってきたことに、自分が自信を持ってあげなくちゃ、
がんばりがもったいない。
 
その努力と自信が、自分を支えてくれると思うし。
 
私はそう思います。
 
>でも、私はしたたかに生き抜いていこうと思っています。
 
したたか、OKですよ。
 
恋だけが人生じゃないし、
恋の終わりですべてが終わるわけないし。
何かをあきらめる必要もないし。
 
がんばってください。
 
私もnicoさんの決意宣言を聞いて、元気をもらいました。 
  
私も、がんばります。

投稿: まりこ→nicoさん | 2008.08.27 午後 11時31分

まやさんへ
コメントありがとうございました。
 
>彼からの返事は、「自分(彼)は誠実な性格なので、それはできない、直接2人きりで会うのは今の彼女への裏切り行為になる」というものでした。
 
誠実って、何なんだろう。
誰かに対して誠実になれば、
その誠実さは、違う誰かにとっては残酷さになってしまうものなんだろうか。
 
まやさんのコメントを読んで、そんなことを思いました。
 
新しい恋には誠実であれば、その前の恋はもう関係ないなんて、
それは本当の誠実なんじゃない気がしてしまいます。
 
>彼にとっては、別れた私のことは、本当にどうでもいい人になってしまったんだなあ、と思いました。
 
こういう気持ちになりますよね。
悔しい。
 
>結局、会ってもらえませんでした。
 
でも、会っていたら、もっと傷ついていたかもしれないですよね。
もう分かり合えない場所にいってしまった人なら、なおさら。
誠実さを武器にして、まやさんを平気でもっと深く傷つけてきたかもしれない。
  
会って傷ついて、そうやって別れを受け入れることができる場合もあるし、
会わずに、次に進める場合もある。
 
それは、その恋によっていろいろで。
 
この記事に書いた私の終わった恋も、
結局は彼の気持ちとか、別れの真相は聞いてないんですよね。
 
自分の気持ちをぶつけただけで、答えは聞いてないです。
 
別れの理由はいろいろある。
でも、本当の本当の理由って、
残酷だけど、「好きじゃなくなった」ことに行き着くような気がします。
 
好きじゃなくなることにも、好きになることにも、
その理由は、後からついてくるような気がして。
 
だから、別れの理由は、結局「好きじゃなくなった」で、
その事実をどう受け入れて、どう越えていくが、大切な気がします。
 
>今は仕事が切羽詰まってきたので、気合いを入れてがんばります。
 
仕事や忙しさが、自分を支えてくれること、あると思います。
 
私は支えられました。
 
倒れそうになるぐらい仕事してしまいました。
でも、それがその時の自分も、今の自分も支えてくれています。
 
まやさん、がんばれ。
 
>まりこさんも、お体に気をつけて、頑張ってくださいね。
 
ありがとうございます
 
また苦しい時は、いつでもコメント書いてください。
 
ブログの本文だけでなく、コメントまで読んでいただいて、
ありがとうございます。

投稿: まりこ→まやさん | 2008.08.27 午後 04時21分

まりこさん、心のこもったお返事ありがとうございました。心の励みになりました。

私って、男性的なのかもしれませんが…
仕事って恋愛と同じぐらいの位置を占めているのです。

思い上がりかもしれませんが、いまの職場で自分は必要とされているという自負があります。
それは、自分なりに、仕事や、周りで働く人たちに誠実に接してきた結果だと思っています。

客観的に見たら痛いのかもと思うんですけど、自分の世界を持って輝いている姿を、彼に見せつけたいのかもしれません。

仕事以上に愛せる人ができれば、それはそれで幸せ。でも、たとえ、そんな人が見つかったとしても、私はいつも自分の足で立っていたいと思っています。

と、潔いことをいいつつ、長い間、彼に囚われていることは事実です。彼は、よくも悪くも縁のある人みたいなので。

彼の元部下の元彼女たちは、別れた直後に会社を辞めています。でも、私はしたたかに生き抜いていこうと思っています。

なんか決意宣言みたいになってしまいました。
ごめんなさい。

でも、つまずいても、回り道しても、前を向いて歩いていけたらと、今は、そう思えるようになったので…

投稿: nico | 2008.08.25 午前 04時33分

りんこさんへ
コメントありがとうございます。

>僕の我がままで私は全然悪くない。一緒にいた時は好きだったし彼女のことも忘れていた。でもこのままいったら、自分に嘘をつくことになる。 そう言われました。
 
こう言われてしまったら、何も言えない。 
 
悪くないって言われて、でも別れはどうしようもないって言われたら、
もう何も言えない。
 
>その時は泣いて取り乱して冷静に話もできず、(待ち合わせをしたので)自分の車に戻ってしまいました。
 
こうなってしまうと思います。
急に別れを言われて、冷静なんかでいられないです。
取り乱して当り前。
 
りんこさんの行動は、当り前なんじゃないかな。
 
私も、突然別れを切り出されたことがあります。
 
その時は、私の部屋だったんですが、
もう頭が真っ白になってしまって、言葉が出なかったです。
何を言っていいのかも、何を聞いていいのかも、分からなかった。
 
だから、何も話さずに、とりあえず彼には帰ってもらって、
後日、きちんと会って話しをしました。
 
後日といっても、1ヵ月以上後だったけど。
 
>翌日、もう一度会って話がしたいと思い、連絡をしたら着信拒否されていました。
 
うーん。
これはつらいですね。
 
何も話せない。
もう自分の気持ちを直接言葉で伝えることもできないなんて。
彼の気持ちを聞くこともできないなんて。
 
つらすぎる。
 
彼は、どうしてそこまで、何をそこまで拒否したかったんだろう。
 
誠実さは…、どこ?
 
>だから、気持ちだけは伝えたいと思い、しばらくして手紙を書きました。
 
私も、別れた彼に、伝えきれなかった気持ちを手紙に書いて渡したことがあります。
 
りんこさんと同じように、彼がそれを読んだかどうかは分からないけど、
気持ちを投げられた気がして、手紙を書いたことで、少し前に進めた気がします。
 
>自己満足になるけど何もしないより手紙送ることで少し楽になりました。
 
それでいいような気がします。
自己満足でいい。
こういう時は、自己満足を許してほしい。
私はそう思ってしまいます。
 
>たまに頭と心がチグハグになる時はあるけど、本気で彼を好きになれたように、いつかまた誰かを好きになりたいです。少しずつでも前に進みたい。
 
この気持ちで、前に進んでいければ、
いつかまた誰かを好きになる日は、くると思います。
 
人生に無駄な経験はない。
 
私は、今は、失恋の経験ができてよかったと思っています。
 
心に傷があるから見えること、分かること、あります。
 
また苦しい時はいつでもコメント書いてくださいね。
 
ブログの記事だけでなく、コメントまで丁寧に読んでくださって、
ありがとうございます。

投稿: まりこ→りんこさん | 2008.08.24 午前 01時20分

nicoさんへ
>それなのに…人生って、本当に皮肉です。
 彼にメールした一か月後、彼が異動になり、私の上司になってしまいました。
 
そんな事ってあるんですね。
まるでドラマだ…。
 
うーん。
つらいですね。

いくら気持ちがふっきれたと言っても、
上司として日々の関係が続いているんですもんね。
 
うーん。
 
>同じ会社って、本当に面倒ですね。
 
いろんな部分が面倒かもしれないです。
気持ちだけじゃなくて、ひと言話す言葉にも、行動にも、
まわりに対しての気づかいも。
 
>でも、私は、絶対に会社を辞める気はありません。
 ここは自分の場所だし、顔を上げて堂々と仕事をしようと思っています。
 
自分に、過去に、負けたくない気がします。
 
ここをどう乗り切るか、
自分の道がどこへ続いているのか、
この出来事が人生にどうプラスになっていくのか、
しっかり見てみたい。
私はそんな気持ちになりました。
 
負けるな。
 
>まだまだ残暑が続いていますが、どうぞお体大切になさってくださいね。
 
ありがとうございます。
 
お互いに、体調気をつけましょうね。
 
カラダが弱ると気持ちも弱る。
 
ふんばりましょうね。

投稿: まりこ→nicoさん | 2008.08.24 午前 12時38分

はじめまして、まやと申します。
まりこさんのブログや皆様のコメントに力をもらっています。
ありがとうございます。
私は別れて1年半になりますが、ふっと思い出してはつらくなりますが、だからと言って、手が止まったり落ち込んだりは、長い年月がかかりましたが、やっと、なくなりました。
1年半前、彼へ電話しても急に連絡が取れなくなり、つながったと思ったら、「別れようと思っている、別れの理由はメールに書いたから、メールを見るように、君にも言いたいことはあるだろうから、言いたいことはメールで聞いてくれ」と言って、電話を切られました。
メールを読んで、彼の別れの理由に腑に落ちないところがあって、自分の心に踏ん切りをつけたかったので、別れてから二週間後にメールで、会って話をしたい、と連絡を取りました。
すると、既に新しい彼女と一緒に暮らしている状況でした。
電話をしても、彼曰く「彼女に悪いから」という理由で出てもらえないので、その時の自分の気持ちをメールで伝えました。
自分の気持ちを整理するために会ってほしい、もう一度付き合ってほしいとかそういうことではなく、本当のことを聞いて、自分の心に踏ん切りをつけたい、という主旨でした。
彼からの返事は、「自分(彼)は誠実な性格なので、それはできない、直接2人きりで会うのは今の彼女への裏切り行為になる」というものでした。
彼にとっては、別れた私のことは、本当にどうでもいい人になってしまったんだなあ、と思いました。
結局、会ってもらえませんでした。
悔しさや悲しさで苦しい日々を過ごしていましたが、まりこさん、皆様のコメントで元気を回復できた気がします。
まりこさんのコメントだったと思いますが、「直接会って話をしたりしなくても立ち直ることはできる」という主旨の言葉(はっきり憶えていなくて、すみません)を見て、心に引っ掛かっていたおもりが軽くなったような気がしました。
そうか、本当のことがわからなくても、私は立ち直れるんだ・・と、心が軽くなった気がしました。
ありがとうございました。
今は仕事が切羽詰まってきたので、気合いを入れてがんばります。
まりこさんも、お体に気をつけて、頑張ってくださいね。
長文、失礼いたしました。

投稿: まや | 2008.08.22 午前 01時27分

初めてコメントさせていただきます。
私は3ヶ月程前、付き合っていた彼に突然別れを告げられました。原因は、以前アプローチしてダメだったか、付き合っていてダメだった人から連絡があったことによって気持ちが傾いてしまったのです。その後、連絡をとっていたようです。僕の我がままで私は全然悪くない。一緒にいた時は好きだったし彼女のことも忘れていた。でもこのままいったら、自分に嘘をつくことになる。 そう言われました。あんなに大事にしてくれたのに…。信じていたものが崩れ落ちた。その時は泣いて取り乱して冷静に話もできず、(待ち合わせをしたので)自分の車に戻ってしまいました。車の中でも泣いていました。彼の車は去って行きました。
翌日、もう一度会って話がしたいと思い、連絡をしたら着信拒否されていました。何で…悲しみは深くなりました。傾いた心を変えることはできない。だから、ちゃんと聞けなかったことを聞き、私の気持ちも伝えたかった。それで終わらせようと思ったのに。家に行こうと思えばできたかもしれない。でも、着信拒否をされたことで怖かった。弱いのです。
本当に好きな人は彼女だったんだな。色々考えてしまいました。ちゃんと話が出来なかったことも後悔しました。
だから、気持ちだけは伝えたいと思い、しばらくして手紙を書きました。読まないかもしれないし、自己満足になるけど何もしないより手紙送ることで少し楽になりました。
でもブログを読んで、会えていた方がやはりもっとふっ切れたなと思いました。手紙を出した以外は何もしていません。拒否されたことがやはり大きくて…。
楽になったとは言え、度々思い出します。
でも、想っているのは付き合っていた時の彼です。今の彼じゃない。たまに頭と心がチグハグになる時はあるけど、本気で彼を好きになれたように、いつかまた誰かを好きになりたいです。少しずつでも前に進みたい。
そう思えるようになったのも、まりこさんのブログ、また皆さんのコメントのお陰です。これからも、励みにさせていただきます。

投稿: りんこ | 2008.08.21 午後 11時11分

まりこさん、こんにちは。
以前に振られた彼のことで書き込みさせていただいたnicoと申します。

私も、あのコメントを書いた後で、彼の信じられない過去のことを耳に挟みました。
ものすごくショックを受けてしまい、彼に自分の気持ちをぶつけるメールを送ってしまいました。

彼の過去というのは、私と付き合う前に、元部下に手を出すということを何度か繰り返していたというものでした。
彼は独身ですし、二股をしていた訳でも、一緒に働いていた時に付き合っていた訳でもないようでしたが。
私も、彼の元部下ということもあり、「なんだ、私も彼の手に引っかかっていただけなんだ…」そう思うと、別れても大切な思い出だと信じていたモノが、一瞬にして薄汚れたモノに変わってしまい、悔しくて、悲しくて。

お酒の席で、彼の過去を聞いた後、泥酔状態で、彼に「あなたのしてきたことは吐き気がします」とメールしてしまいました。

もう彼女でもない私に、彼にあれこれいう資格などないことは十分承知しています。
翌日、彼に、そのことについては謝罪しましたが、「もう二度と関わりません。連絡先も削除しますので」と絶縁宣言しました。別れた後も、彼は私とのつながりは切りたくないみたいでしたが、それもずっと自分勝手だなと感じていましたし、やっと、きっぱり振り切れたと思いました。

それなのに…人生って、本当に皮肉です。
彼にメールした一か月後、彼が異動になり、私の上司になってしまいました。

同じ会社って、本当に面倒ですね。
もう同僚とは恋愛関係になりたくないです。

でも、私は、絶対に会社を辞める気はありません。
ここは自分の場所だし、顔を上げて堂々と仕事をしようと思っています。

実際、仕事で必要なことは、彼に普通に話しかけています。
そして、他の同僚たちと和気あいあいと一生懸命仕事に励んでいます。

まぁ、彼の方が、やりにくそうです。たとえ、私を不愉快に思っているとしても、仕事上、私を貶めるような力はないでしょうし、そんなことをするオトコではないことだけは信じています。


けじめをつけたつもりでも、なかなか縁が切れない彼と私。
まぁ、早くもっといい人を見つけるしかないのかな、とも思っています。


長文ほんとうに失礼いたしました。

まだまだ残暑が続いていますが、どうぞお体大切になさってくださいね。

投稿: nico | 2008.08.21 午後 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■裏切られた彼に、別れた後に会った時。:

« ■ヤツがいる…。ベランダにヤツがいる…。絶対にいる…。 | トップページ | ■パルテノペ恵比寿店でピザランチ。チーズたっぷりでした。 »