« ■どんなに好きでも、びくびくしながらの「好き」は、本当の恋じゃない。 | トップページ | ■生まれ変わったら、またあなたに会いたいけど…。 »

2008.03.26

■終わった恋の思い出は、ぴかりと光ることがある。

終わった恋の思い出って光るよね。ものすごくぴかっと光ったり、ほんのりあったっかく光ったり。だから悲しくなる時も、あるよね。

   
Photo今日のblogの順位は?ココです。 今日も読んでくださってありがとうです。

 
     
好きだった人との、終わった恋の思い出って、
もちろんつらい別れの記憶は、心に強く残るけど、
楽しかった思い出は、
特別な光を持って、残っていると思う。

  
別れて時間がたてばたつほど、
楽しかった思い出は、きれいになっていく気がする。

  
そして、その思い出は、
ふとした時に、浮かんできて、
ぴかりと光る。

  
ああ、あんなに楽しかったのにな、
あんなにしあわせだったのにな、
って。

  
その思い出は、
まぶしいくらいに光る時もあるし、
ほんのり見える光りのように、優しく光る時もある。

 
でも、その光る思い出が、心に浮かぶと、
元気になる時もあるけど、
なんとなく切なくなる方が多いかな。
特に春は。

  
笑顔になる思い出じゃあない。

  
笑顔の思い出かもしれないけど、
それを思い出す、今の自分は、
切なさの方が多かったりする。

  
あーあ。  
うす曇の春って、
なんか、かすかな切ない感情も、
ぐっと心の表面に押し出すような気がするー。

  
あの人は元気かな。

       
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。昨日の全力の買出しにより、足の痛みがかなり上のレベルに。痛くて、今、ちょっと横になってしまった。でも、休んでいるわけにはいかない、今の状況。やるぞ、やるぞ。やるぞ。気合で、どうかあと1週間、乗り切れますように。

切ない恋のケータイ小説連載中です。↓
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

同じ結果でもその日の気持ちで感じ方が違う。毎日の占いはココです。

|

« ■どんなに好きでも、びくびくしながらの「好き」は、本当の恋じゃない。 | トップページ | ■生まれ変わったら、またあなたに会いたいけど…。 »

コメント

みっちさんへ
>まりこさん、はじめまして。コメントは初めてです。
 
コメントありがとうございます。
初めてのコメントいただいていたのに、
お返事が遅くなってしまいすみませんでした。
 
信じていた人に、
この先、ずっといっしょにいると思っていた人に、
別れの言葉を言われるって、生きていく力がなくなります。
 
私はそうでした。
 
>今勉強したい気持ちを押えてみっちと一緒にいたら、 この先の人生で必ず後悔してしまうから。
 だから別れて本気で自分の事に取り組みたい。

これが、みっちさんの彼の気持ちなんでしょうね。
嫌いになったとかじゃないけど、
気持ちが離れていってしまった。
それが全てで。
 
私が以前付き合っていた人も、
みっちさんの彼と同じような人でした。

「結婚すると、守りに入ってしまって、仕事に全力が傾けられないから、
だから誰とも結婚しない」
って、言われました。

結婚を考えていた人に、この言葉を言われてどれほどショックだったか。
 
>私は「会えなくてもいい、別れることの方がよっぽど辛く悲しいから、一緒に頑張って乗り越えていきたい。私は待っていられる」って言ったけど
 
同じような言葉、私も言いました。
 
でも、ダメなんですよね。
 
>何ひとつ悪くない。俺が悪いんだ
 
この言葉を言われたら、もう何を言っていいのか、どうしていいのか、
分からないです。
 
何を責めていいのか、何を恨んでいいのかも、分からない。
 
つらいですよね。
 
でも、このまま、このままの彼といっしょにいても、
しわせになれるかどうか。
それは分からない。
 
今、ひとりになるのは、胸がつぶされるように苦しいかもしれないし、
孤独で息ができなくなりそうになるかもしれない。
 
でも、別れる道も、このまま無理にでもいっしょにいる道、
どっちの道を選ぶのも、苦しい気がします。
 
私、彼からもう別れようって言われて、
それでもいっしょにいた時期があるんです。
 
初めは、それでも、そばにいられることで、気持ちは落ち着いていたんですが、
やっぱりだめなんです。
 
自分に気持ちが向いていない、彼のそばにいればいるほど、
虚しくなって、ひとりの孤独より、深くて黒い孤独に、心が縛られて、
おかしくなりそうになっていきました。
 
結局、私から別れることにしたんですが。
 
苦しかったな。あの恋。 
 
でも、乗り越えることできました。
 
今は、まだ心は痛む時はあるけど、笑って、あの恋を話せるようになりました。
 
人生に無駄な経験はないと思います。
 
そして、
その人が乗り越えられない経験や出来事はやってこないんだそうです。
 
私はこの言葉を信じて、いろいろ乗り越えてきました。
 
あと、もし本当に「縁」があるふたりなら、
一度別れても、どんなに遠くに離れても、
いっしょになってしまうんですって。
 
私のまわりでも、ひどい別れ方をしても、
ものすごく距離も時間も離れていても、
数年後、10数年後にいっしょになった人たちがいます。
 
それは奇跡のようだったけど、
「縁」ってあるんだと思いました。
 
だから、私、別れた時はいつも、
「もしこの人と縁があるなら、今別れても、またいっしょになるだろう」
って思うようにしていました。
 
そう思うと、不思議と気持ちが楽になって、
とりあえず、彼のことはふきって、置いておいて、
しばらくは自分の道を歩こう、
って思えたんです。
 
縁があれば、どんなに離れていても、またいっしょになってしまう。
 
この言葉、心の支えになりました。
 
結局は、別れた彼とは「縁」はなく、全然違う人と結婚しましたが、
あの時、いろんな事にしがみつかずに、前に進めたことが、
今につながっていたんだなって思います。
 
みっちさん、
苦しい時は、いつでもコメント書いてください。
 
書くことや、自分の気持ちを吐き出すことで、
気持ちは楽になるし、
自分を冷静に見つめられる事、あるように思います。
 
苦しい中で、コメントを書いてくださって、
ありがとうございました。

投稿: まりこ→みっちさん | 2008.05.26 午後 05時17分

まりこさん、はじめまして。コメントは初めてです。宜しくお願いします。
色々読ませていただきました。今の私に当てはまる事がたくさんあって、涙がでました。
毎日毎日辛くて苦しくて・・・ぴかりと光るいい思い出になるのか今は考えられません・・・長くなりますが聞いて下さい。

私、今月9日に2年半付き合った彼から突然別れて欲しいと言われました。会って話をしましたが、彼の気持ちは変わりませんでした。

彼は年下で私とは年齢差があったので、告白する時に遊びじゃなく真剣に思っている事を伝えないと、私がOKしてくれないと思っていたらしく、結婚を真剣に考えて付き合うと言ってくれました。
私もすぐには返事ができず、2週間すごくすごく悩みました。でも悩んでいる間に彼が誠実で真面目なところが見えてきて、この人なら・・・って思い、付き合うことを決めました。
食べ物の好みも、趣味も、色々なことが一緒でとても気が合いました。
運命の人だ!って本当に思いました。
付き合って一年くらいしてから、彼の仕事がとても忙しくなってきて、残業・休日出勤当たり前で、ほとんど休みなく働き、そのせいで私との時間が少なくなり、ゆっくり会える事がありませんでした。
彼は成績を上げて結果を出さないと結婚もできないと目標を立てて頑張っていたみたいです。
だけど、昨年12月に上がると思っていた評価が悪かったんです。初めての挫折。
自分は本当に頑張ってきたから、会社に納得できず、このままこの会社にいてもダメかもしれない、だけど今仕事を変えたらまた結婚が先延ばしになってしまう。と、彼はそのことをあまり私に言わずに、一人で考え悩んでいたんです。
そしてその色々な思いを引きずったまま、私に何も相談せず、今月別れを決めたんです。

彼は「ずっとみっちと一緒にいると思っていたけど、今は自分の可能性に賭けて色々資格の勉強したいし、この先やりたい事やってみたい。
空いてる時間を自分の時間に使いたくて、みっちを一番に考えられなくなってしまったんだ。
今ですら辛い思いさせてるのに、これ以上辛い思いさせたくないし、結婚だってこれ以上先延ばしにできないのに俺は結婚できる状況じゃなくなってしまう。
今勉強したい気持ちを押えてみっちと一緒にいたら、この先の人生で必ず後悔してしまうから。
だから別れて本気で自分の事に取り組みたい。
俺は不器用だからみっちと付き合っていてはどうしても集中して自分の事に取り組む事ができない。
俺は本当に最低でみっちの事を裏切ったよ。自分勝手でごめんなさい。幸せにできない」って。
私ショックで頭が真っ白になり、体は小刻みに震えてものすごく泣きました。本当は嫌だよ-!って泣き叫びたかった。
私は「会えなくてもいい、別れることの方がよっぽど辛く悲しいから、一緒に頑張って乗り越えていきたい。私は待っていられる」って言ったけど、「自分がダメなんだ。いつになるのかもわからないのに待っててくれなんて言えない。自信がないんだ。俺が弱いから・・・みっちは何ひとつ悪くない。俺が悪いんだ」って。彼は何回か泣いていました。

彼をとても信じていました。前に彼は何があってもみっちの事は嫌いにならないし、自分から別れることはしないって言っていました。
だから彼から別れたいなんて絶対ないと思っていたんです。だけど絶対なんてないんですね。
人の心って変わっていくんですね。

お恥ずかしい話ですが、私は今までこんなに大恋愛も大失恋も初めてで、こんなに辛いことなんだと今頃わかりました。
ご飯は食べれなくなって仕事も休み、体重は一気に5キロ痩せました。
まだ毎日泣いてばかり。仕事には出ていますが、波がひどくて彼の事が頭から離れないし気が狂いそうに悲しくなります。
これから恋愛できる自信もないし、彼しかいないって思っているから引きずりそうで自分が怖いです。
長くなって本当にごめんなさい。
またおじゃましますので宜しくお願いします。

投稿: みっち | 2008.03.26 午後 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■終わった恋の思い出は、ぴかりと光ることがある。:

« ■どんなに好きでも、びくびくしながらの「好き」は、本当の恋じゃない。 | トップページ | ■生まれ変わったら、またあなたに会いたいけど…。 »