« ■出会いにも別れにも、優しさにも残酷さにも、しあわせにも不幸にも、意味はある。 | トップページ | ■朝の青空がまぶしい…。 »

2008.02.20

■絶望の中の「すがれる」ものはどこにある。

「何もかもが嫌になってしまいました。そんな時、どうしたらいいでしょうか」。
そんな苦しいコメントをもらいました。

   
Photo今日のblogの順位は?ココです。 今日も読んでくださってありがとうです。

 
  
  >まり子さんは、失恋したとき、

   仕事を一生懸命にしたとおっしゃっていましたが、

   私は今、やりたい仕事(保健室の先生)をできていないし、

   家族の介護、仕事、友人関係何もかもうまくいかず、

   八方塞で、辛いです。

   一つでもうまくいくことが、何かにすがることができたら

   少しは楽になるのに・・・

   こんなとき、どうしたらいいのかな。

  
ayumiさん、八方塞の状態なんですね。
うーん。そうかあ。

  
その人が抱えている問題は、
その人しか解決できないし、
まわりがどうこう言うことも、
答えを出すこともできないんですよね。

 
うーん。
   

  
もし、今、自分のまわりで起こっていることの、
すべてがうまくいっていないなら、
そのうまくいっていないものの中から、
うまくいくものを見つけるんじゃなくて、
全く関係なく、今ゼロのところから、何かを作り出して、
うまくいくように育てていくしかないのかもしれないって、
そんな気がするんです。

  
   
抱える問題はそれぞれで、重さも、状況も違うけど、
私も、八方塞の気持ちになった時があります。

   
10年近く付き合っていた彼にふられた直後。

   
書く仕事はしたいのに、就職のあては全然なくて。
もう頼れる人もいなくて。

 
会社は辞めてたし。

    
部屋も引っ越したばっかりで、
お金はどんどん出ていっちゃうし。

  
就職活動しても、超氷河期時代になってて。
マスコミ未経験の私は、
いくつの会社を落とされんだろう。

 
人として自信をなくしてました。

  
ayumiさんの言う、

一つでもうまくいくことが、何かにすがることができたら
 少しは楽になるのに・・・

まさに、この気持ちでした。

   
で、私は、その時どうしたかというと、
すごく小さなことだけど、
パコソンのスクールに通ったんです。

    
雑誌の編集者として必要だと言われていた、
ソフトが使えるようになるスクールに、行ったんです。

   
  
でも、そこに行ったからといって、就職できるわけでもなく。
実際に、そこでの勉強は、
実践ではあまり役に立つことはなかったけど。 

  
でも、そこに通うことが、
不思議と絶望の中での心の支えになっていました。

  
なんでだろう。
その理由は分からないけど、
毎日のようにそこに通うことが、
折れそうな心を支えてくれていました。

   
自分のやりたかった仕事に就けたのは、
そのスクールに通った、数ヵ月後のことでした。

 
  
なんか、何を言いたいのか、
分かりづらくなってしまいましたが、

「一つでもうまくいくこと」とか、
「何かにすがること」って、
自分で作っていけるんじゃないかって思うんです。

しかもそれは、
何もないところから見つけることができるし、
それが大切なことなんじゃないかって思うんです。

   
うまくいってない場所から見つけようとするんじゃなくて、
うまくいってないなら、
じゃあ全然別の場所を掘ってみようというか。

  
ayumiさんのコメントへの答えになっていないかな。

  
ごめんなさい。

 
ただ、どんなに八方塞でも、
どこかに光が差し込む場所はあるし、
その場所は自分で作れるって、私はそう思っているの。

         
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。今、同時に動いている仕事が3本。全部まったく違う分野。頭と心の切り替えがすごく難しいです…。切り替えられてない

切ない恋のケータイ小説連載中です。↓
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

今日の自分への言葉を聞こう。毎日の占いはココです。

|

« ■出会いにも別れにも、優しさにも残酷さにも、しあわせにも不幸にも、意味はある。 | トップページ | ■朝の青空がまぶしい…。 »

コメント

ぶいよんさんへ
コメントありがとうございました。
このコメントへのお返事は、
ブログの本文の方にも書かさせていただきましたので、
そちらも読んでみてください。
   
返事遅くなってしまって、ごめんなさい。
 
コメントをもらった時点で、すごくうれしくて、
胸が熱くなっていました
 
>この本は、私のために書いてくれたのか?!と思えるくらい、心に響きました。
 
多分、ぶいよんさんに向けて書いていたんだと思います。
同じような失恋をしたり、別れを経験している人のために、書いたんだと思います。
 
そういう人に、闇の中にいる人に、
「届け。届け。つらい想いをしているのは、ひとりじゃないから」
っていう気持ちで、書いていました。
 
>6年ごしの、遅い御礼になりましたが、
 私はこの先の人生でも遠野さんには、ずっと感謝していると思うし、
 この本はずっと私のパートナーとして、そばにいてもらうつもりです。
 
ありがとうです。
この言葉、私もずっと忘れないでいます。
 
本を大切にしてもらえるって、
こんなにうれしい事なんだなあって思いました。
 
ありがとう。

投稿: まりこ→ぶいよんさん | 2008.05.03 午後 05時26分

こさやんへ
コメントありがとうございます。

>いい記事ですね。次の記事もまた見にきます。
 
ありがとうございます。
ぜひまたのぞきに来てくださいー。

投稿: まりこ→こさやん | 2008.05.03 午前 02時05分

2/20にコメントくださった方で、お名前がなかった方へ。
 
コメントありがとうございました。
でも、お名前が書いてなくて、
以前もらったコメントがどれっだたのか、分からずで…。 
 
でも、まだ大変な状況なのかもしれないけど、
元気な感じが伝わってきてうれしかったです。
 
いつもブログ読んでくださって、ありがとうございます。
  
>まりこさんのことばをかみしめかみしめ
 ここまで歩いて来れました。ありがとうございます。
 
うっ。こんな言葉を言ってもらえてうれしいです。
ありがとうございます。
 
>楽しくてわくわくできることばかり考えるように
 するといいらしいです。

 夢のこととか、欲しいものとか、憧れの生活とか。

 リアルに強く思い描けば必ず実現するんですって。
 
これって、本当にそうみたいですよね。
私も本で読んだり、聞いたことがあります。
 
でも、時々それを忘れてしまって、あきらめそうになったり、
「でも無理だよ…」って思ってしまったり。
 
それじゃあいけなんですよね。
 
そうだ。そうだ。そうなんだ。

ありがとうございます。
「願う」気持ち、思い出しました。
 
>まりこさんのこれからのお仕事も期待しています。
 いつもありがとうございます!!
 
こちらこそ、ありがとうございます。
仕事、がんばります。
自分が行き着きたい場所を思い描いて、がんばりますっ
 
コメントのお返事が遅くなってごめんなさい。

投稿: まりこ→2/20にコメントくださった方で、お名前がなかった方へ。 | 2008.05.03 午前 02時00分

ayumiさん
>もうあんな笑顔戻ってこないんじゃないかって思ってしまう。
 それは、受けた傷が深すぎて、受け止めきれずに、
 どうしようもない状態にいるからなのかな。
  
今すぐには、受け止めきれなくて、
心からあふれてしまう気持ちがあるかもしれないけど、
傷は少しずつ癒えていくような気がします。
 
それはものすごく少しずつで、時間はかかるかもしれなけど。
  
>最近、友人2人が離婚の危機にいます。
 人の人生って本当に苦しい。いろいろある。
  
本当に、人生っていろいろですよね。
 
今のしあわせが、その先ずっとしあわせに続いているかは分からないし、
その逆で、
今のつらい状況が、その先にあるしあわせに続いているかもしれないし。
 
だから、どんな状況でも、
あきらめとか、絶望はしちゃいけないような気がします。
 
>いつもまりこさんは、視点を変えて、違った面から意見を下さるので、
 そんな考え方もあるんだなって思うことができて本当にありがたいです。
 
そう言ってもらえて、ありがとうです。
 
いろんな考え方を聞いたり、知ったりして、
そこから、自分の考え方を見つけていける事ってありますよね。
 
お返事が遅くなってしまって、本当にごめんなさい。

投稿: まりこ→ayumiさん | 2008.05.03 午前 01時43分

遠野さん、はじめまして。
私は、今年25歳になる恋愛ジャンキーな女です。
でも今は、5年付き合った彼と一緒に暮らしています。

私は19歳の春、大失恋をしました。
本当に辛くて辛くて、今でも鮮明に覚えています。

周りの人たちにいっぱい話を聞いてもらったり、
夜は寂しさに押しつぶされそうになるから、常に誰かと電話したり…と何とかその苦しさをまぎらわそうと必死でした。

そんなとき、本屋で、遠野さんの『恋はおわったあともまだこんなにせつない』に出会いました。
本屋で少しだけ立ち読みして、すぐに購入しました。
私は、普段は本なんてほとんど読まないのに、その本だけは、必死で夜も寝ずに夢中で読みました。

一言で言うならば、私はこの本に、助けられました。
本当です。
本当に、心が潰されそうな私を、遠野さんが助けて下さいました。
読み終わったあとに、すぐに、手紙を書こうと思っていました。
しかしそのときの私は未熟で、どこに手紙を送れば遠野さんに届けれるのか方法が分からなくて…

だけど、心のそこから、本当に遠野さんには感謝しています。

一言では言い表せれないくらい、感謝しています。

本当にありがとうございました。
遠野さんのおかげで、何とか立ち直ることが出来ました。
そして今は、とても幸せに過ごすことが出来ています。
遠野さんの、辛さに比べたら私の失恋なんてちっさいものなのかもしれない…とか、
無理に忘れようとしなくてもいいという言葉に安心したり、
この本は、私のために書いてくれたのか?!と思えるくらい、心に響きました。


そして、あの時の私の心を救って下さったこの本は、
私の周りの友人も救っています。
失恋をした友達には、いつもこの本を読むように勧めています。
みんな、必ず、この本を読んだ後は、少し元気が出た。といいます。

遠野さんは、天才!!!と、冗談抜きで思います。
この本は人の痛みを癒す力を持っています。

今では、私もあの大失恋のおかげで、人の痛みが分かるようになりました。
その当時はこんな辛い思いするくらいなら、好きにならんかったら良かったとか思ったりもしましたが、今となっては、あの経験はあって良かった、何よりこの本に出会えたことが良かったと思っています。

遠野さん、本当にありがとうございました。
6年ごしの、遅い御礼になりましたが、私はこの先の人生でも遠野さんには、ずっと感謝していると思うし、この本はずっと私のパートナーとして、そばにいてもらうつもりです。

投稿: ぶいよん | 2008.04.07 午後 06時23分

はじめまして、こさやんと申します。
いい記事ですね。次の記事もまた見にきます。

早く病院に行くことをうまく薦めてあげてください。私も薬で完全に治りつつあります。

よろしければ、僕のblogにも遊びにきてみてください。
よろしくお願いいたします。

『Standing Bar』立ち飲み風サロン、Webページ
 http://kosayan.cocolog-nifty.com/

以上

投稿: こさやん | 2008.02.20 午後 06時18分

まりこさん、おひさしぶりです。
コメントできるような恋をしていなくって、
でもいつも記事や小説を読ませて頂いて
気分転換させていただいています!!

相談していた彼との関係は停滞していて
のっぴきならない状況です(笑)

彼も、彼女も、私自身も、しっぺ返しを
山ほどくらって^^;

まりこさん、いつだったか、
「欲しくても手に入らないものは必要ないもの」
「いま、自分に必要なものは自ずと手に入る」
そんなようなことを書かれていましたよね?
「かなしみに溺れちゃだめだ」とも。

まりこさんのことばをかみしめかみしめ
ここまで歩いて来れました。ありがとうございます。

このブログと出会えたこともわたしに必要だったから。

まだ、あかるい場所には来れていないけど
光に向かって、わたし、元気に歩いています。
やっと最近になって、自分が感じる感情を
冷静にみれるようになってきました!進歩です^^

なんていうか、悲しんでる自分を、もうひとりの
じぶんが隣で見ている感じなので(笑)ちょっと楽です。

プラスでもマイナスでも、感情って出来事を引き付けてしまう
不思議なことがありますよね。

ayumiさんのこと読んで、一昨年、去年の自分みたいだと
思いました(涙)

同棲前からの浮気、嘘、鬱、家族の死・事故、友人たちの
急逝、お金のトラブル、経営難(自営業なのです)、別れ…
全てを呪って死ぬことばっかり考えていた時は(恥)
次から次へと不幸がやってくるんです>_<

自分が引き寄せてるんですって。

だからもう、かなしまないで、ayumiさん。

ムリに前向き前向きなんて思わなくていいと思います。

実際いまの環境が苦しいんだから、余計辛い。

楽しくてわくわくできることばかり考えるように
するといいらしいです。

夢のこととか、欲しいものとか、憧れの生活とか。

リアルに強く思い描けば必ず実現するんですって。

わたし、猫がだいすきですがいまは飼えないので
ブログとか見て癒されてたんですが(笑)
勤務先にノラちゃんが居つくようになったんですよ!!

まりこさんだって、希望のお仕事を思い描いて
スクールに通っていらしたんではないかなぁと思いました。

ayumiさん、あまりにも辛い時こそ、楽しいことを
想像して、引き寄せるチャンスだと思います。
幸せな時は無欲ですから。

共感しすぎてまた長くなりました。

まりこさんのこれからのお仕事も期待しています。
いつもありがとうございます!!

投稿: | 2008.02.20 午後 01時43分

こんにちは。
コメント取り上げていただいてありがとうございます。
私も最近、ジムに通い始めました。
身体を動かしているときは、汗をかいて健康的だし、
無心でいられるから、楽です。
確かに、もっと視野を広くすることができたら、
そんな心のゆとりができたら、友達と食事にいくこと、
好きなテレビを見ること、エステにいったり・・・
ほんの少しでも気が休まることは、
全てなくしたわけではないんだな、と思うことができます。
そんなひと時の支えがあるけど、それは恵まれていて、
幸せなことだって思わないといけないんだろうけど、
心の傷や、先の希望が明るく見えるほど、笑顔にはなれなくて。
身内によく、寂しい顔してるって言われます。
心の底から幸せで、あのときのような笑顔になること、
この先あるのかな・・・
もうあんな笑顔戻ってこないんじゃないかって思ってしまう。
それは、受けた傷が深すぎて、受け止めきれずに、
どうしようもない状態にいるからなのかな。
夢に彼がよく出てくる。そんな日は1日中、気が重くて、苦しいですね。
同じように苦しんでる方はたくさんいるんだろうな。

最近、友人2人が離婚の危機にいます。
人の人生って本当に苦しい。いろいろある。
なんなんだろうって、いろいろ考えさせられることがたくさんありすぎて、
キャパが狭い私は、いっぱいいっぱいだったりします。
昨日の記事にもあったように、私もよく意味を探します。
自分の納得のいく意味を探す。そうじゃないと、やりきれないから。
でもその意味は簡単には見つからなくて・・・
眉間にしわ寄せて、苦しい顔してるなって自分でも分かるんだけど・・・
穏やかでいられたらな。凛とした美しさでいられたらって思います。

なんだかまとまりのないコメントになってしまって申し訳ありません。

いつもまりこさんは、視点を変えて、違った面から意見を下さるので、
そんな考え方もあるんだなって思うことができて本当にありがたいです。
コメントの返事をいただけると嬉しいです。
お忙しいと思いますが、頑張ってください。

投稿: ayumi | 2008.02.20 午後 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■絶望の中の「すがれる」ものはどこにある。:

« ■出会いにも別れにも、優しさにも残酷さにも、しあわせにも不幸にも、意味はある。 | トップページ | ■朝の青空がまぶしい…。 »