« ■水戸のピザ。水戸の冬。水戸の月。今年最後の打合せ。 | トップページ | ■「凍る心」。不倫の悲しみが…。ケータイ小説「MOON&TEARS」の第2章4話更新。 »

2007.12.19

■何が間違っていたのかな。あの時、何かが、違っていたのかな。

ある別れを思い出すと、必ず行き着いてしまう気持ちがある。あの時、自分の行動の何かが間違っていたのかなって。

  
Photo今日のblogの順位は?ココです。

  
   
何かが間違っていたのかな。

  
言ってはいけなかった言葉を、言ったのかな。

  
別れを決定づけてしまう行動、していたのかな。

  
気がつかないうちに。

 
考えても始まらないけど、答えなんて出ないけど、
何かが違っていたような気がしちゃうんだ。

  
そう考え出してしまうと、違っていた「何か」を知りたくて、
過去の思い出に戻っていってしまう。  

  
そんなこと無駄なのに。
無駄だったことも分かっているのに。

  
別れは仕方のないことで、
きっと、誰が悪いとか、これっていう理由や原因はないのにね。

  
もし、自分の言ったひと事が、別れの原因だったとしても、
どうしようもないのにね。

  
別れに納得したいのかな。

  
自分がああ言ったから、ああしたから、
別れることになったって。

 
     
私の終わった恋の中に、
理由なく終わってしまった恋があります。

  
もうその恋に未練はないし、
終わってよかった恋だったって思っているけど、
ちゃんとした別れの理由を見つけようとしている気持ちが、
時々、自分を責める時があって困ります。

  
私が悪かったのかな。
じゃあ、どこが…?

って。

   

Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。文章を書く気力が低下中の気がする。小説の原稿がなかなか進まなくて…。寒いからかなあ。

切ない恋のケータイ小説連載中です。↓明日、12/20に第2章4節に更新です!
 「MOON&TEARS」  http://nakitai.jp/

|

« ■水戸のピザ。水戸の冬。水戸の月。今年最後の打合せ。 | トップページ | ■「凍る心」。不倫の悲しみが…。ケータイ小説「MOON&TEARS」の第2章4話更新。 »

コメント

はっぱさん
>私のどこかが悪いのであれば、直すからって言うこともできる。
 自分が悪いという風に言ったのは、彼の優しさかもしれないけれど、
 どうにもすることができなかったからこそ、引きずっています。
 
そうなんですよね。
「自分が悪い」って言われてしまうと、何も言えないし、
気持ちのもって行きようがないんですよね。

じゃあどうすることもできないの…って。
 
優しさが、時に心の行き場を奪う時があります。
 
>ずっと顔を合わせることがなかったけれど、
 昨日思いがけず仕事で顔を合わせました。
 やっぱり変。自分だって変なくせにって思っています。
 
仕事で会うことがあっても普通にするなんて、できない。
普通って一体…。
好きな気持ちが深ければ深かった分だけ、
何事もなかったようにふるまうのって、難しい気がします。
 
姿を見かけただけで動揺してしまうのに。
それなのに普通に話すなんて、私にはできないです。
 
仕事で会わなくちゃいけないって、本当につらいですね。
 
>もう半年経ちました。もう半年、まだ半年・・・変な感じです。
  
別れてから半年が、1番長くつらく感じるのかも。
私は、「もしかしたら戻れるんじゃないか」っていう、
期待もしてしまっていた時期でした。

1年。1年がたつと、少しは傷が癒えていくような気がしました。

でも、長かったな。
別れてからの1年は。

投稿: まりこ→はっぱさん | 2008.01.08 午後 11時27分

mさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

>今思えば、別れの前兆はあったのかもしれないんですが、
 私は全く気付かず、ただこの幸せがずっと続きますようにって思ってました。
 
別れの前兆があったような気がする気持ち、私もなんとなく分かります。
 
私の場合は、前兆に気づいていても、それを見ないようにしていました。
「彼を信じてるから」っていうことを理由にしながら、
前兆から逃げていました。
 
>今まで、いくらケンカをしても問題があっても、仲直りして2人で乗り越えたって思ってたのは私だけだったようです。。。
 
あぁぁ。これも同じような経験があります。
乗り越えてきた、乗り越えていけるって思っていたのは、自分だけだったなんて、
情けなくて、自分を責める気持ちになりました。
 
>ムダだとわかりつつも、あの時こうしてたらって考えてしまいます。
 
でも、きっとあの時、違う行動をとっていたとしても、道は変わらなかったって、
私は思いたいです。
 
思うようにしています。

そうじゃないと、前に進む足が止まってしまいそうだから。
 
コメントありがとうございました。
つらい時は、またいつでもコメント書いてください。

投稿: まりこ→mさん | 2008.01.08 午後 11時10分

なおさん
>まりこ先生、いつも楽しみにしています。
 
ありがとうございます!
 
>原因がよくわからないけど、お別れ。
 今の私がそうです。
 
原因が分からないと、
これから自分がどう進んでいっていいのか、迷ってしまうんですよね。
 
「なぜなんだろう」っていう執着も、前に進みたい気持ちを止めることがあって。
 
でも、理由なく終わる恋もあるような気がします。
 
終わろうとしていた時に、調度いい理由がやってきて、
それが別れる原因になったりする。
 
そういうこともあるように思います。
 
>「仕方ない・しょうがないがない」
 そんな終わり方をしないほうがいいですね。
 
できればそうですよね。
 
でも、時に
「仕方ない・しょうがないがない」っていう言葉が、傷ついた心に効くこともあるのが、
恋の不思議です。
 
コメントありがとうございました。
またのぞきに来てください。

投稿: まりこ→なおさん | 2008.01.07 午後 02時09分

コウさん
>彼は、相手の愛情を『見返り』でしかはかることしかできない人で、
 相手が自分にどれだけのことをしてくれたかで、相手の大切さを知ろうとする人だった。
 
見返りを求めてしまう愛情って、
見返りを求める方も、求められる方も、心が疲弊していってしまう気がします。
 
はじめは大丈夫でも、それが長く続くと、
どんなに愛していても「もっと。もっと」ていう繰り返しに、
ふたりとも、疲れて果ててしまわないのかな。

難しいですね。
 
人間はぞれぞれ考え方も、感じ方も違うから、
その人の思う通りをあげることは、なかなかできない気がします。
  
>気を緩めたら、泣き崩れて立ち上がれなくなってしまいそう…。
 必死に『自分』を保つことしかできない。
 次に進めない。
 でも、次に進まなければ、この苦しさからは逃げられない気がする。

 どうすればいいのでしょうか?
 
うーん。どうすればいいか…。
 
それは、コウさんにしか分からないと思います。
 
でも、必死に「自分」を保つために、今の場所に立っているこの時期、この経験は、
コウさんにとって、決して無駄なことじゃないと思います。
 
その人が越えられない出来事は起こらないって聞いたことがあります。
 
私は、その言葉を信じて、苦しい時期を越えてきました。 
 
もうだめだ、倒れてしまうって思った瞬間も、
その言葉を信じて、ぐっと踏みとどまりました。
 
苦しみを越えることでしか、見ることのできない景色はあります。
 
その景色を、コウさんにも見てほしいと思います。

投稿: まりこ→コウさん | 2008.01.06 午後 04時08分

ayumiさん
コメントありがとうございます。
 
>最後の恋だと信じていたけど、振られてしましました。
 そして、彼は別の人と付き合い始めました。

そうなんですね。

信じていた人に裏切られるって、
最後の恋だって思っていた恋が、その裏切りで終わるって、
もうどうやって生きていっていいのか、分からなくなる。
私はそうでした。
 
でも、どんなにひどい裏切りでも、どんなにつらい現実でも、
人は、越えていけると思います。
 
信じられないような出来事でも、
その人にとって無駄な経験なんてないと思います。
 
私も、好きだった人にひどい裏切り方をされて、
人生に絶望した時がありました。
 
神様を恨みたいような気持ちになった時もありました。
 
でも、それでも、泣きながらでも、自分を、未来を信じて歩いていたら、
光のある場所にたどりつけました。
 
>凍り付いてしまった心が、いつか癒えるように、
 願いながら、すごす日々、このブログを拝見しています。
 
ありがとうございます。
私も、恋に傷ついて人の凍りついてしまった心に寄り添う気持ちで、
ブログ書いていきたいと思います。
 
つらい時は、いつでもコメント書いてくださいね。

投稿: まりこ→ayumiさん | 2008.01.06 午後 03時52分

私が今も苦しんでいる別れがそうです。
「この間私が話したことが原因?」そう聞いたら、
「そうじゃない。」って言って、問題は自分の中にあって
それを直したい・・・と。
そういわれてしまったら、どうにもできない。
私のどこかが悪いのであれば、直すからって言うこともできる。
自分が悪いという風に言ったのは、彼の優しさかもしれないけれど、
どうにもすることができなかったからこそ、引きずっています。
これからも仕事で会うことがあったら普通にするから、変に意識しないで欲しい。
そういわれたけれど、やっぱりお互い不自然です。意識しないでなんて無理。
今までの年月、意識しないで済むわけないのに・・・。
ずっと顔を合わせることがなかったけれど、昨日思いがけず仕事で顔を合わせました。
やっぱり変。自分だって変なくせにって思っています。
もう半年経ちました。もう半年、まだ半年・・・変な感じです。

投稿: はっぱ | 2007.12.21 午前 10時04分

いつも読ませていただいています。
私も先日大好きだった彼にフラれてしまいました。
今思えば、別れの前兆はあったのかもしれないんですが、私は全く気付かず、ただこの幸せがずっと続きますようにって思ってました。
そして、些細な事でおきたケンカで「君のことがわからない」と言われ終わってしまいました。
今まで、いくらケンカをしても問題があっても、仲直りして2人で乗り越えたって思ってたのは私だけだったようです。。。
仕事が忙しくて自分自身に余裕がなかったから、彼のそんな気持ちも気付けなかったのかな。。。私なりに一生懸命がんばってたんですけど。。。
ムダだとわかりつつも、あの時こうしてたらって考えてしまいます。

投稿: m | 2007.12.20 午前 01時11分

まりこ先生、いつも楽しみにしています。

原因がよくわからないけど、お別れ。
今の私がそうです。(笑)

過去には戻れないし、自分を自分で責めても、
気持ちが暗くなるだけです。

「仕方ない・しょうがないがない」
そんな終わり方をしないほうがいいですね。

投稿: なお | 2007.12.19 午後 10時37分

こんばんわ。

理由…そうですね。
私も探してしまう。
考えなければいいのに、考えてしまう。
今更、その理由が見つかったとしても、何も変えられないのに。

今思えば、彼はとても強い人だったけれど、
本当はとても愛されたい願望を持っている人だったのだと思う。
彼は、相手の愛情を『見返り』でしかはかることしかできない人で、
相手が自分にどれだけのことをしてくれたかで、相手の大切さを知ろうとする人だった。
だから、私がいくら『愛してるよ』と伝えても、彼の心の底まで響かなかったし、
私は彼を一番に考えてあげたかったのに、家庭の複雑な事情で、それが行動として表すことができなかった。

彼からしてみれば、『俺はこんなにしているのに、お前は自分の家庭が一番なんだ。』と、私に失望していたのかもしれない。
本当は自分を一番に考えてほしいのに、平気なふりをしていた彼。
別れるときに、『お前は俺に何をしてくれたんだ。言ってできるなら、誰にでもできるよ。』と言われた。
目に見えることでしか愛情をはかることができない彼は、私のことをつまらない女に見えただろう。
彼は不器用なだけだ。
自分の感情に素直になれなかっただけだ。

でも…、お付き合いをしている時には気付けなかった。
別れた今、気づいてしまった。
もう、遅い。
友達は『そんなこと、言わないでも気づける人なんていないよ。』というけれど。
彼の隠し続けている、愛されたい気持ちは、誰が満たしてくれるのだろう。
誰か気づける人が現れるのかな…。
もう、私では満たしてあげることができない。
どんなに愛していても、もう私ではダメなんだ…。
別れた後に気付いても遅いのに…。
深い後悔だけが、私の心に残っていて、
とても苦しい。

気を緩めたら、泣き崩れて立ち上がれなくなってしまいそう…。
必死に『自分』を保つことしかできない。
次に進めない。
でも、次に進まなければ、この苦しさからは逃げられない気がする。

どうすればいいのでしょうか?

投稿: コウ | 2007.12.19 午後 08時50分

はじめまして。
私は、先月失恋しました。
最後の恋だと信じていたけど、振られてしましました。
そして、彼は別の人と付き合い始めました。
凍り付いてしまった心が、いつか癒えるように、
願いながら、すごす日々、このブログを拝見しています。
心の傷は、本当に深く、切ないものですね。

投稿: ayumi | 2007.12.19 午後 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■何が間違っていたのかな。あの時、何かが、違っていたのかな。:

« ■水戸のピザ。水戸の冬。水戸の月。今年最後の打合せ。 | トップページ | ■「凍る心」。不倫の悲しみが…。ケータイ小説「MOON&TEARS」の第2章4話更新。 »