« ■雨の中を泣きながら歩いたことがありますか? | トップページ | ■ふたりがたどりついた未来。 »

2007.10.04

■泣いても泣いても涙は止まらなくて。でも…。

あの時、もうこんな思いをするなら、恋なんてしたくないと思った。
もう人を好きになりたくないって、思った。

 
Photo今日のblogの順位は?ココです。

   
心が切り刻まれるように、胸がいたかった。
声にならない、悲鳴をあげていた。

    
誰から助けてはもらえない、闇へ落ちてた。

      
泣いても泣いても涙は止まらなくて、
進む目標もなくて、
心のよりどころもない。

    
だって、目標も、よりどころもあなたそのものだったから。 

    
いっしょにいることで、人生が進めていたから。

   
あなたがいることで、
生きていたようなところがあったから。

        
でも、もしかしたら、そんな私の勝手な想いが、
あなたの心の負担になっていたのかもしれないって、
今なら思える。

   
あの別れの後、
また誰かを好きになって、
そしてまた、その恋が終わることがこわかった。

    
こわい。
人を好きになるのがこわい。

  
嫌われるのがこわい。
裏切られるのがこわい。
否定されるのがこわい。

   
好きになった人が、他の誰かのところにいってしまうのがこわい。

   
つないでいた手を離されるのがこわくて仕方なかった。

   
だからもう恋なんてしたくない。

   
そう思っていた。

  
そんな時期が、ありました。

   
でも、でもね、
そのこわさを越えて、
真っ暗な闇の中を、
がむしゃらだったかもしれないけど、必死に歩いていたら、
また人を好きになりました。

  
こわさから逃げないで、
自分を大切に、相手を大切に想いたいっていう気持ちになれたら、
また恋ができました。

  
そうなるまでは、簡単な道ではなかったけど。

  
でも、
ありきたりの言い方だけど、
止まない雨はないし、
明けない夜はないんだって、実感しました。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。卒業した大学の就職関連の冊子に記事&写真が載るんですが、その写真はちょっと前に撮ったもの。髪ボサボサ。あの写真やばいんじゃ…。

|

« ■雨の中を泣きながら歩いたことがありますか? | トップページ | ■ふたりがたどりついた未来。 »

コメント

ネットサーフィンしていて辿り着きました。
今の私の心境そのもので・・・・・涙があふれました。

何度も何度も裏切られて、でも寂しさに耐えられず戻って。
これを繰り返す事3回・・・・・
とてもとても大切に思っていたのは私だけだったようです。

ずっとずっと手を繋いでいたかった。
でもそれを自分から離してしまった。
今はまだ涙しかでません・・・・・

書きたい事、いっぱいあるけれど、上手くかけません。
とにかくとにかく心に沁みる文章ばかりで・・・・
せつなくてまたまた涙があふれてきました。

投稿: トモ | 2009.02.17 午後 11時12分

みづさん
>時々急に断片的に言葉が思い出されて心に刺さります。
 
>現実を見ているから生きていけるけど・・・・
 気持ちはどこかプラスチック。
 
つらい1年を過ごされたんですね。

みづさんのコメント言葉の中に、
悲しみの気持ちがこめられているような気がしました。
 
絶望の闇の中にいる自分を救えるのは、自分でしかないように思います。
 
支えてくれるのは、友達だったり、家族だったり、仕事だったり、趣味だったり、
人によっていろいろあると思うけど、
最後の最後の部分で自分を救えるのは、自分自身なんだと思います。
 
前に進むのは、苦しい事ではあるけれど、進まないと未来にはとどりつけない。
だから、泣きながらでも歩いていく。
 
それが人生なのでしょうか。
生きていく事なんでしょうか。
 
コメントありがとうございます。
つらい時は、またコメント書いてください。

※このブログのコメントは認証式になっているので、
 すぐには反映されないんです。
 すみません。不安にさせてしまって。
 2通ともコメント届いていましたので、安心してください。

投稿: まりこ→みづさん | 2007.10.15 午前 12時36分

春菜さん
春菜のコメント読んでいて、すごく気持ちが分かるなって思いました。
 
>ふたりの幸せを願わなければ、前に進めなくて、自分をふるいたたせないと立っていられなくて、恋なんてできないくらいに他の何かに没頭しなければ、夜も眠れない。
 
>ただ、一度拒絶された怖さと絶望は、限りなく小さくなってもまたぶり返されます。過去の恋と引き換えに、手に入れた強さが、今のあたしを苦しめます。
 
強さが自分を苦しめるって、経験した人じゃないと分からない苦しさですよね。
 
私も、今も苦しい時あります。
 
「好きな人」を失うっていう経験をしてしまったから、
心のどこかで、どんなに好きに人でも、
心からの全力でぶつかれない自分がいるし。
 
相手の事を信じたいって思っても、
心のどこかで「でも絶対はないし…」ってあきらめてる自分がいるし。
 
心の奥の奥では、自分しか信じていないんじゃないかって、思えてしまう。
 
それが苦しい。
   
>強くなった自分を信じていなければ、強くいられない私はニセモノです。
 
そんなことないと思う。
 
ニセモノなんかじゃないと思う。
 
自分の中のそういう部分を知って、
それを抱えながら生きていったり、人を好きになっていくことが、
強く生きていくことなんじゃないかなって思います。
 
何もこわくなくて、自信を持って生きている強い人って、
そんなにいないと思うなあ。
 
悲しみとか苦しみとか、つらさとかを抱えながら、
怖がりながら生きている人の方が多いような気がします。
 
そして、そのこわさを知っているから、人に優しくなれるんだと思います。
 
>そしてその水面下で闇が続いてて。
 気を少しでも抜くと、引っ張られちゃう。

 今更こんなことわかちゃうくらいなら、いっそわからないほうが楽でした。。。
 
今はそう思うかもしれないけど、
もっと時間がたって、もっといろいろ経験すると、
違った心の風景が見えてくると思うんだけどな。
 
私も、別れて1、2年じゃ見えないこと、いっぱいありました。

あの別れに意味なんて見出せなかったし、
この闇の先に「人を好きになる未来」なんてあるように思えなかったです。
 
でも、でも、誰かを愛せる未来はやってきました。
 
今だってこわいけど、自分を大切にして、誰かを大切にできる場所に立っています。
 
恋を失った結果って、少し後になってから分かるんだと思います。
 
だから、今に絶望しちゃだめだ。

気持ちが絶望的に落ちる日があるかもしれないけど、
もっと、自分を、未来を信じて大丈夫だと思います。
 
つらい時はいつでもコメント書いてくださいね。

投稿: まりこ→春菜さん | 2007.10.10 午後 08時26分

離婚して一年が経っていました。
急に坂を転がるように23年は終わってしまいました。

お互いしか解りあえる相手はいないとお互いに
思っていた二人だったのに、いつの間にか
そう思ってたのは私だけになっていた?
さよならを決めたのは彼でした。
私はただ従うしか道が無かった。

私の毎日は彼だったし、彼の毎日も私だった。
話しあっていた時の記憶が飛んでいます。
時々急に断片的に言葉が思い出されて心に刺さります。

現実を見ているから生きていけるけど・・・・
気持ちはどこかプラスチック。

歌詞のある音楽が聴けなかった。
道ゆく手をつなぐ二人を見れなかった。
今はまだ淡々と日々をただ過ごしているだけだけど
先は見れないし、考える事も身体の何処かで
拒否してるみたい。
でも一年過ごせました。
まだ時々道を歩いていたら急に泣けてしまう時が
ある・・・

私のこころ救ってやりたい・・・

投稿: みづ | 2007.10.09 午前 12時28分

ちえさん
>でも、自分の気持ちが変わり初めてきた時に偶然見つけ、なんだか出会うべくして出会ったんだなと思います。
 
出会うタイミングってあると思います。
 
早くてもダメで、遅くてもダメで。
今っていう時に出会うものがあると思います。
 
ちえさんの言う通り、気持ちが変わり始めた時だから、
このブログが響いてくれたのかもしれないですね。
 
逃げないで、忘れないって、難しいけど、大切なことのような気がします。

投稿: まりこ→ちえさん | 2007.10.08 午前 12時47分

こすしさん
毎日会わなくちゃいけない状況っていうのは、本当につらいと思います。
 
想いも思い出も、すぐ目の前にある状況なんですもんね。
 
>この状態からいつ抜けられるのかわからないのが、これからどれだけ傷つけばいいのかわからないのが、怖いです。
 
どれだけ傷つけばいいのか…。
先が見ない状況じゃ、自分がどうしていいのか分からない。
気持ちがどこに向かうかも分からないし。
 
今日は少し大丈夫っていう日があっても、
突然もう歩けないほど、絶望する日もあって。
 
>でも、また人を好きになれるって光は、信じてます。
 いつか私にも見えるかな。

光が見える日は、来ると思います。
  
あきらめないで、絶望しないで、自分を大切にして、
自分を信じること、やめないでください。

簡単な事じゃないと思うけど、未来は信じていいと思います。
すぐじゃないかもしれないけど、
歩くことをやめなければ、光にたどり着く日は来ると思います。
  
本、大切にしてくださってありがとうございます。

こすしさんの心に、少しでも寄り添える本でありますように。

投稿: まりこ→こすしさん | 2007.10.08 午前 12時36分

まりこさん。
どこからが、光で、どこまでが闇なのかわかりません。

昨日、友達と元彼が話しているのを見ました。
いつもと変わらないはず、わかりきって、受け入れたはずなのに。胸がくるしくて、息が止まってしまいそうになりました。二年前の同じ日はこんな未来があるとは思ってなかったはず。

あの子は辛いとき、どうするんだろう。
悲しいとき、切ないとき、どうするのかな。
辛いって言える、頼れる、いっしょに歩いていける彼がいるのに。

あそこに、むかし、あたしもいたのに。


こんなことを、今更、一瞬でも考えた自分がいやで、汚くて、情けないです。

悲しいときは笑って、泣きそうなときは怒って、自分ひとりを支えるのにやっとな自分に気づいてしまいました。
まりこさんは、春菜のことを大人になった、と言ってくれましたね。でも、全然違うんです。
ふたりの幸せを願わなければ、前に進めなくて、自分をふるいたたせないと立っていられなくて、恋なんてできないくらいに他の何かに没頭しなければ、夜も眠れない。

元彼をもう好きではないんです。
不幸になってほしいなんて思わないし、そんなことあってほしくない。通り過ぎた誰もが、それを糧に幸せになれたらいい。自分の成長を感じてないわけじゃない。
ただ、一度拒絶された怖さと絶望は、限りなく小さくなってもまたぶり返されます。過去の恋と引き換えに、手に入れた強さが、今のあたしを苦しめます。

強くなった自分を信じていなければ、強くいられない私はニセモノです。

まりこさん、苦しいです。

消えちゃいたい。


春菜の毎日は光に満ちています。
いっぱい笑って、友達といっぱい遊んで、将来のことを考えて、バイトして、暇なんてないくらいに。
そしてその水面下で闇が続いてて。
気を少しでも抜くと、引っ張られちゃう。

今更こんなことわかちゃうくらいなら、いっそわからないほうが楽でした。。。


人を愛する自信もなければ、愛される自信はもっとありません。


暗いコメント、ごめんなさい。
乱文失礼しました。。。

投稿: 春菜 | 2007.10.06 午前 01時54分

しんさん
人を好きになるって、自分の「好き」っていう気持ちを優先しがちだけど、
しんさんは、

>自分も気になるけど、自分が同じように長く付き合って別れてしまったので、人にはそうならないようにと思ってしまいます。
 
って思うことができる。
自分の事だけを思う「好き」じゃないんですよね。
 
これって、すごいなって思います。
深いというか、なんていうか…。

尊敬します。

そういう気持ちは、これから誰かを好きになる時に、
きっと大きなプラスになると思います。
 
誰かを大切に想うって、人によっていろんなカタチがあるんですね。
 
コメントを読ませてもらって、気持ちがあったかくなりました。

投稿: まりこ→しんさん | 2007.10.06 午前 12時04分

hitoさん
>今はまだ、恋をするのが、こわいんです・・・
 
こわいっていう気持ち分かります。
私も新しい恋をすること、こわかったです。
 
でも、新しい恋って、心が大丈夫になった頃、突然やってきたりするんですよね。
 
時間の流れって、本当に傷を癒してくれると思います。
目に見えるような回復はないけど、
気がつくと、心が少しずつ元気になっている。
時間の流れってそういうものなんだと思います。
 
こわがらずに前に進める時期が、自然にやってくると思います。
 
それを、待つような気持ちで過ごせるといいですよね。

投稿: まりこ→hitoさん | 2007.10.05 午後 11時45分

すみません 反映されてないのかな?って思って二通かいちゃって!

ありがとうございますとっても心にしみました。
もっと早くこちらのブログに出会いたかったです! でも、自分の気持ちが変わり初めてきた時に偶然見つけ、なんだか出会うべくして出会ったんだなと思います。

人のがんばれって言葉がこんなに暖かく感じるのも、心がこもってるのと同時に私も最終段階まで気持ちをもってくる事ができたんだなと思いました。

後は逃げないで、でも忘れないで、思い出にします。 だってやっぱり私の未来のレールの上にはあの人はいないんです。

投稿: ちえ | 2007.10.05 午後 09時11分

ちえさん
コメントありがとうございます。
何度かコメントいただいてしまってすみませんでした。
 
このブログのコメントは、認証式になっているので、
すぐには反映されず、ご心配をおかけしてしまってすみませんでした。
 
2通ともコメント読まさせていただきましたが、
新しい方のコメントを掲載しました。
 
>いつのまにか続ければ続ける分離れる事ができなくなってきました。
 
そうなんですよね。
恋ってそういう部分、自分ではどうしようもない部分があるんですよね。
何でなんだろう。
 
>でも最近やっぱり闇の向こうの光がみたくなりました
 
闇の向こうには、
思ってもみなかった景色が広がっていることもあります。 
 
でも、それは、闇を見たから、苦しさを経験したら、見える景色なんですよね。
 
無駄な経験なんてひとつもないです。 
逃げなかった経験は、生きていく力になります。
   
ちえさん。
がんばれ。

投稿: まりこ→ちえさん | 2007.10.05 午後 04時26分

おはようございます。
昨夜見て、コメントしようと思ったのになんて書いていいかよくわからなくてやめてました。でも、コメント残したかったので・・・
全部共感しました。そう、そうって・・・
私は、毎日会わなければならない環境で、気を張っているせいか涙があまり出ませんが・・・
この記事読んだら少しだけ涙がにじみました。
まだまだ、いろいろ怖い状態です。
この状態からいつ抜けられるのかわからないのが、これからどれだけ傷つけばいいのかわからないのが、怖いです。
見るたびに傷ついてしまうような状態なので・・・
でも、また人を好きになれるって光は、信じてます。
いつか私にも見えるかな。

以前書きましたが、本は通販で手に入りました。
大切にしてます。

投稿: こすし | 2007.10.05 午前 08時35分

こんばんわ
今日は新しい会社の同期と飲んでました。
以前営業マンで女遊びを繰り返してる人がいるっていったんですが、そいつにおまえ彼女作らないのって聞いたんです。
まだ元カノが好きらしいです。何となくそうなんじゃって思ったけど、やっぱりなんだねって感じでした。
彼は営業マン、毎日飲み歩いて、女の子のいる席にもよく参加してる。でも、元カノの写真を大事そうにもってました。
戻れるなら戻れよって自分はいってました。自分も同じように元カノが忘れられなくているから。自分はもう元カノは
新しい人のところにいってしまっているので戻ることはできないですが。
そんな自分も最近今少し気になっている人ができました。
でも、その人には8年付き合った人がいるらしいです。
今もたまに連絡をとると。正直、自分と新しく始めるより
その人に戻った方がいいと思ってしまいます。
自分も気になるけど、自分が同じように長く付き合って別れてしまったので、人にはそうならないようにと思ってしまいます。
そんなこと気にする必要はないと周りはいうけど、どうしようもなく自分が辛かったのでそう思ってしまうんです。
バカなのか何なのか。。
でも、明日も頑張ろうかなって思います。
なんか何かいてんのかわからなくなってきました。
自分も幸せになれるように頑張ろう。

投稿: しん | 2007.10.05 午前 01時06分

K.Mさん
>明るい場所からは決して見えない ・・・。

私も、見ました。
暗い、あの絶望の場所からしか見えない光を。
 
詩の一節のようなコメント、ありがとうございました。

投稿: まりこ→K.Mさん | 2007.10.05 午前 12時42分

まりこさん・・・彼が去ってから、もうすぐ1年たちますが、私はまだ他の人を好きになれないでいます。
彼がいなくなった時、これからどうやって生きていけばいいのかわかりませんでした。
それでも朝はやってきて、一日がはじまるのです。
ただただ一日が過ぎていき、気がつくと春が過ぎ、夏真っ盛りでした。季節を感じる余裕もなかったのです・・・
でも今は秋を感じることができます。少しは傷も癒えてきたのだろうと思うのですが、やっぱり新しい恋にはまだ向かっていけません・・・また人を好きになって、もし、また別れがきたときに、あんな辛い思いはもう2度としたくないのです。相手にもさせたくないのです・・・
今はまだ、恋をするのが、こわいんです・・・

投稿: hito | 2007.10.04 午後 08時36分

こんにちわ初めてコメントさせて頂きます 私は別れてから二年間だらだら離れられなかった元彼がいました。以前のブログでまりこさんがおっしゃってたように頭ではわかっていても気持ちが切り替わらず、いつのまにか続ければ続ける分離れる事ができなくなってきました でも最近やっぱり闇の向こうの光がみたくなりました まさに明けない夜はないので、闇の向こうの光をみるには闇をみなきゃいけないんですよね もう逃げたくないと思います

投稿: ちえ | 2007.10.04 午後 01時27分

真っ暗な闇の中にいるからこそ、幽かな光に気付くよ。
明るい場所からは決して見えない ・・・。

投稿: K.M | 2007.10.04 午後 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■泣いても泣いても涙は止まらなくて。でも…。:

« ■雨の中を泣きながら歩いたことがありますか? | トップページ | ■ふたりがたどりついた未来。 »