« ■夏が終わっていく。恋が終わっていく。 | トップページ | ■別れを、あの人がいない現実を、受け入れることについて。 »

2007.09.04

■忘レタイノニ、忘レタクナイ。忘レラレナイ。

「彼と別れたあの時、私はあれから、心の中のどこかで『彼を忘れたくない』という気持ちが生きているままです」。
こんな切ないコメントを貴子さんからもらいました。

  
今日のblogの順位は?ココです。

  
 >早くすっぱり忘れた方がラクなはずなのに
   どうしてなんだろう?と自分でも戸惑っています。

   まりこさんもこんな気持ちになったことはありますか?

     
もう終わった恋で、自分をふった彼の事なんて、
早くすっぱり忘れた方がラクなはずなのに、
心のどこかで「彼を忘れたくない」っていう気持ち、
私も、ありました。 

  
特に、別れてまだ時間があんまりたっていない時は、
「忘レタイノニ、忘レタクナイ。忘レラレナイ」っていう気持ちに、
苦しんでいました。

      
今だって、時々、ものすごく鮮やかに、
終わった恋を、別れた彼を思い出すこともあるし。

     
でも、このブログでも何度か書いたけど、
時間がたっても、
別にもう彼と戻りたいとも思っていないのに、
彼のことを「忘れたくない」って思うのって、
彼のことを忘れたくないんじゃなくて、
「彼のことを好きだった気持ち」を忘れたくないない場合もあると思う。

    
もちろん、
「彼がまだ好き」っていう場合もあるかもしれない。

   
でも、好きな気持ちはもう消えているのに、
その人への「想い」みたいな感情が消えないのは、
まだ「好き」なんじゃなくて、

「好きだった気持ち」が忘れられないような気がするの。 
「好きだった気持ち」を忘れたくない場合もあると思うの。

  
気持ちが離れる前は、すごく楽しくてしあわせで、
そんな中にいた時の彼への想いは、忘れられない。

 
気持ちが変わってしまって、別れを告げた彼は忘れたくても、
その前のお互いに想い合っていた時の彼は忘れたくない。

  
私はそうでした。

  
でも、そんな自分の気持ちに気がついたのは、
別れてからだいぶ時間がたってからでした。

    
それまでは、
「もう彼との恋は終わったから、 彼のことなんて思い出したくない」、
「早くすべてを忘れて、新しい気持ちで、新しい恋がしたい」
って思ってました。

   
でも、今は、
「無理に忘れることはないかも」って思えるようになった。

   
「彼を好きだった気持ち」は忘れなくてもいいのかなって。

   
気持ちを忘れないコトが、彼を思い出すことにつながるなら、
それはそれでいいのかなって、
そう思ってます。

  
すごく好きで、大好きだった人への想いは、
そんなに簡単には消せない。

 
忘れたい、忘れようって考えているうちは、
忘れられない。 

  
そう思うの。

      
忘れたいとか、忘れるとか、
そういう気持ちを忘れた頃に、
終わった恋から心が解放されているような気がします。
私はそう思う。

   
誰かを好きだった気持ちは、
生きていく力、前に進む力になると思うな。
貴子さん。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いします

★blog Ranking参加中。恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。天気がいいので、はりきって、ふとん干し。そしてシーツやふとんカバーを洗ってバンバン干していたら…。雲がっ。

|

« ■夏が終わっていく。恋が終わっていく。 | トップページ | ■別れを、あの人がいない現実を、受け入れることについて。 »

コメント

貴子さん
>縁があるならまた一緒にいられるし
 縁がなければ、一緒にいれないのなら
 もう泣いても仕方ないか、って
 開き直ったじゃないけど、そんな気持ちです。

私も、貴子さんが書いてくれた↑言葉通りの気持ちで、
別れを乗り越えた時がありました。
 
人生には「流れに任せる」ってことも必要な時があるって思います。

それは恋に限らず。

私は、仕事でも私生活でも、
「あ、今は、自分の気持ちじゃなくて、流れに任せよう」
って、人生の風というか、流れに身を任せる時があります。

このブログに出会えてよかったって言ってくださって、
私に会いたいって言ってくださって、ありがとうございます。

すごくうれしいです。この言葉。
ブログ書いていてよかったです。

投稿: まりこ→貴子さん | 2007.09.22 午前 11時03分

まりこさん

私の問いかけに、こんなんにも温かいお返事
ありがとうございました。
本当にとっても嬉しいです。

お返事を拝見して感じたことを
なかなか上手く文章にできずにいたので
お礼が遅くなって、すみません。

まりこさんのお返事を拝見して
自分の気持ちに納得がいったというか
自分の気持ちが理解できた気がします。

まりこさんが仰るように
きっと私は、彼と一緒に居た時間が
とても楽しくて幸せだったから
その時のことを忘れたくないんだろうな。
楽しかった学生生活から卒業するのが嫌だった頃の
そんな気持ちなんだろうな。

そう気づきました。

彼のことを未だ好きな気持ちも
いくらかは残っているけれど。

でも、楽しかった学生生活は終わってしまったのだから
新しいステージへ移らないといけないように
彼とは終わったんだから
「卒業したくない」っていつまでも駄々をこねてちゃ
いけないんですよね。

まりこさんがブログで書いていらっしゃるように
「別れたことを受け入れなくちゃいけない」んですよね。
今は未だ、彼との別れを完全には受け入れられてないですが
「受け入れなくちゃ。受け入れよう。」と
思えるようになりました。

これは、私にとっては大きな前進です!

中学を卒業したら高校で
高校を卒業したら大学で
大学を卒業したら社会で

新しい出会いがあって
新しく楽しい出来事があったように
また、新しい出会いがあると思えるようになりました。

それから、まりこさんが別のコメントで書いてらっしゃった

『本当に縁がある人とは
 どんなに時間が経っても
 どんなに距離が離れても
 また一緒になるようになっている』

という言葉を拝見して、気持ちが楽になりました。

別に、彼との復縁に希望を持ったわけではなくて、
縁があるならまた一緒にいられるし
縁がなければ、一緒にいれないのなら
もう泣いても仕方ないか、って
開き直ったじゃないけど、そんな気持ちです。

そんなこんな色々なことも
いつか良い想い出だと思える日が来るって
考えられるようになりました。


まりこさん、有難うございます。
このブログに出会えて良かったです。
私も、いつかまりこさんにお会いしたいです!


投稿: 貴子 | 2007.09.18 午後 03時56分

emikoさん
コメントありがとうございます。

異国での運命的な出会い。そして突然の別れ。
目の前の事実から、心だけ取り残されてしまって。

>あまりに突然のサヨナラに、我を忘れたように取り乱し、追いすがりました。
 そんな自分が情けなくて苦しくて…。

情けないって分かっていても、
すがってしまう心は止められないんですよね。
すがっても、相手が行ってしまうって分かっていても。
 
>でも、もがき苦しむ中で、(出会うということは別れるということを覚悟するということだ)とある人から言われました。その時はあまりに切ない言葉にうなずくことができませんでしたが、少し時間が経った今は、それが妙にしっくり心に響きます。

こう思えるまでの道のりは長かったのでしょうか。

emikoさん、今はつらい恋から、少し立ち直っているのかな。
思い出をまぶしく見ることができているのかな。
 
人生に無駄な経験なんてないです。
この恋も。
 
またのぞきに来てくださいね。

投稿: まりこ→emikoさん | 2007.09.09 午後 08時19分

まいさん
コメントありがとうございます。
名言と言っていただいて、ありがとうございます。
ちょっとはずかしかったけど。
ふふふ。
 
>私はまだ忘れたい気持ちと闘ってるから、
 解放されるのはまだまだ先になりそうですが…。
 
解放されることが重要なんじゃなくて、
気持ちと闘って、それを乗り越えることが大切なような気がします。
 
それが、経験を無駄にしないってことなんだと思います。
 
気持ちが解放されるのは、
がんばって乗り切ったごほうびなんだと思います。
 
つらい時は、コメント書いてくださいね。

投稿: まりこ→まいさん | 2007.09.07 午後 01時42分

さなえさん
しあわせだった頃の思い出って、
時には自分を縛ることにもなって、
でも時には、生きていく支えになる力にもなって。
 
両方の面を持っているような気がします。
 
過去の恋の思い出は、まぶしく思い返せることがいいですよね。
すがってしまうと、それは苦しい想いとセットになってしまうから。
 
でも、すぐに思い出なんかにはならないと思います。
私は、1年以上たってからかな、まぶしく思えるようになったのは。

投稿: まりこ→さなえさん | 2007.09.07 午後 01時37分

nagisaさん
>電話に出てはくれず、折り返してもくれませんでした。
 やっぱりそれが現実なんですよね。

つらい現実。
でも、電話に出ないことが、彼の返事なのかもしれないけど、
期待してしまうような言葉を聞かされるより、
彼の正直さが伝わってくるような気がします。
   
その時は、心をばっさりと切られて、
もうどうしようもない痛みかもしれないけど、
ふたりに未来はないのに、
電話に出たり、メールのやりとりをするっていう方が、
後々にはつらいことのような気がします。
  
>もう5ヶ月苦しんでいるけど
 この辛さが終わる気がしなくて耐えられないです。

悲しみのどん底まで行くと、もう沈むところまで沈むと、
不思議と心が軽くなる瞬間があるような気がします。
私はそうでした。
 
悲しい時は、悲しくていいし、
涙が止まらなければ泣いてていいし、
つらいって言っていいんじゃないかな。
 
今は、自分が笑っている未来なんで見えないかもしれない。
彼以外の他の誰かを好きになるなんて、
考えられないかもしれない。

でも、心が軽くなる時期は、来ると思います。
ふっと気づくと、そうなっているような気がします。

投稿: まりこ→nagisaさん | 2007.09.06 午後 11時58分

たいさん
別れてから半年ぐらいの時、私はまだボロボロでしたよ。
 
彼への気持ちなんて、全然全然残っていました。
 
もう誰も好きになれないんじゃないか、
好きになってくれる人なんていないんじゃないかって、
夜中に不安で眠れない時もあった気がします。
別れて、半年ぐらいの時なんて。
 
無理に忘れようってしなくても大丈夫なんだと思います。
 
無理にアドレス消さなくてもいいって思います。
 
いろんなことが大丈夫なる、心の時期がくるから。
それをまで、忘れることを焦らないでも、
大丈夫なんだと思います。
 
つらい時は、いつでもコメント書いてくださいね。

投稿: まりこ→たいさん | 2007.09.06 午後 11時35分

まりこさん

毎日このブログにお邪魔して、まりこさんやみなさんからのコメントを拝見させて頂きながら、自分の心の中を写しているようで胸が苦しくなります。

私も

>気持ちが離れる前は、すごく楽しくてしあわせで、
>そんな中にいた時の彼への想いは、忘れられない。

全くそんな表現がしっくりきてます。

インドという異国のそれも、崇高な国で運命的に(それは私だけが感じたことかもしれませんが)10才年下の彼(日本人)と出会いました。しかし、その年の差ゆえか、付き合い始めは毎日が刺激的で楽しくて、私はその恋を離したくないと願っていました。しかし、彼は、いつしか結婚という二文字の重さから私という存在までが重くなり、突然去っていきました。

あまりに突然のサヨナラに、我を忘れたように取り乱し、追いすがりました。そんな自分が情けなくて苦しくて…。

今年の夏の暑さは、インドの灼熱を思い出させて毎日切なかったです。

でも、もがき苦しむ中で、(出会うということは別れるということを覚悟するということだ)とある人から言われました。その時はあまりに切ない言葉にうなずくことができませんでしたが、少し時間が経った今は、それが妙にしっくり心に響きます。

投稿: emiko | 2007.09.05 午前 09時50分

初めてコメント残させてもらいます。まりこさん…忘れたい気持ちを忘れた時に心が解放されるってまさにその通りだなって思います、名言です!私はまだ忘れたい気持ちと闘ってるから解放されるのはまだまだ先になりそうですが…。

投稿: まい | 2007.09.04 午後 11時08分

私もまさに「忘レタイノニ、忘レタクナイ。忘レラレナイ。」です。
一般的に別れたあとは女性はさっぱりしててすぐ立ち直って次の恋に行って男性はひきずるって言いますけどあれ間違ってます!!
女性なのに思いっきり引きずってます~~~!正しくは引きずるってのとは違うのかな。まさに忘れたいのに忘れられないそして幸せだった頃は忘れたくないです。

投稿: さなえ | 2007.09.04 午後 10時14分

まりこさん、こんにちは。

>気持ちが離れる前は、すごく楽しくてしあわせで、
そんな中にいた時の彼への想いは、忘れられない。

未だ週末や夜になると
彼に会いたくてたまらなくなります。
別れの言葉をもらえない別れは
今回が初めてで
今でもいつか彼が戻ってきてくれるのではないかと
期待してしまっていました。

でも、昨日と今日数週間ぶりに電話をしたのですが
電話に出てはくれず、折り返してもくれませんでした。
やっぱりそれが現実なんですよね。
もう5ヶ月苦しんでいるけど
この辛さが終わる気がしなくて耐えられないです。

投稿: nagisa | 2007.09.04 午後 08時37分

まりこさん こんにちは。
私は最近またセンチメンタルな感じです。
幸せを感じる時って、好きなもの(彼)に近ずいているとき
だったな・・・
あんなに幸せだった時って今まで生きてきてなかったな・・
なんて思ったりして、せつなくなっています。

私も友達に言われました。
『忘れよう忘れようとしてるうちは忘れられない。
本当に彼の事が過去になり、忘れた時って、そんな事も思わなくなるよ。』
私が彼の携帯のアドレスを消せないでいる時も、
『無理に消すと余計気になるよ。自然と消したくなる時が来たら消せばいいんだよ。』
って。
だからアドレスは消していませんし、消せませんでした(笑)


お別れして半年くらい経つけど、
まだまだ彼への気持ち、せつなさは消えません。
でもこれはまりこさんがおっしゃるように、
彼を好きなのとは少し違う、
彼を好きだった気持ちが忘れられなくて、
それを思い出してせつなくなるのかな・・・
なんて思いました。


ここでまりこさんの言葉や、他の方のコメントを拝見して、
自分と同じで、本当に思ってることが同じで、
せつないけど、あったかくなります。
失恋前の、いつもの「私」に早く戻れればいいな・・

またおじゃまさせていただきます。

投稿: たい | 2007.09.04 午後 04時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■忘レタイノニ、忘レタクナイ。忘レラレナイ。:

« ■夏が終わっていく。恋が終わっていく。 | トップページ | ■別れを、あの人がいない現実を、受け入れることについて。 »