« ■運気を上げるには、部屋を片付けることだって。 | トップページ | ■だから、いっしょにいても不安で、孤独で。それでも好きで。 »

2007.05.21

■別れた彼のそばにいる方を選ぶべきか。彼を思い出に変えるために、離れることを選ぶべきか。

同じスクールに通っている彼と2ヵ月前に別れた彼女。別れた後も、週に2回はそのスクールで顔を合わせる状況に。
自分のやりたいコトを貫く?
それとも彼への想いを断つために、スクールを辞める?

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。 

    

先日、こんな苦しさの中にいる彼女から、
私の考えを聞きたいってコメントをもらいました。
今日は、そのことについて書きます。

        
  >辞めることも考えているのですが、
   そのスクールはホントに習いたくて行っているし
   ホントに仲間を失いたくないのです。

   それと、やはり少し、
   もしかしたら近くにいたら
   また戻って来るんじゃないかって気持ちもあって・・・。

      
  >彼を思い出に変えるためには
   スクール辞めた方がいいでしょうか?
   自分でもわけがわかりません。

        
さなえさん
さなえさんにとって、大切なことは何なのかな。
手にしたいものは?
優先順位が高いものは?

      
私が別れた彼に会わないのは、
彼が私の日常にいない場所にいるからです。

 
会わない理由は、他にも少しはあるけれど、   
大きな理由は、
会う必要がないし、彼の存在と私の未来は全く関係ないからです。
だから会わない。

    
彼と別れて、
そして本当に習いたくて習っているものと、仲間を失うことより、
彼の存在のない所に行くのことで、さなえさんが得るものって?

      
彼がいないところで、
新しい一歩を歩むことの方が、前に進めそうな気がする?

  
どちらの道を選ぶのか。
それを決めるのは、さなえさんしかできないと思います。
自分の人生は、自分で選んで行かなくちゃ、
しあわせにはたどりつけないと思うんです。

     
今は、失恋して、心の中がめちゃくちゃで、
冷静に判断することができないように思うかもしれないけど、
闇の中の心は、ちゃんと自分の進む方を知っていると思います。

      
逃げちゃだめなんだと思う。

  
決断するこわさから逃げちゃだめ。
未来を自分で選択する厳しさから逃げちゃだめだ。

    
混乱している今は、
人が決めた道を歩く方が、楽なように思うかもしれないけど、
それを進んでしまったら、
後で後悔したり、迷ったりする時があるように思います。

    
その時の「ああ、あの時、自分で決めておけば…」、
の後悔は大きすぎる気がします。

         
そして、どちらを選ぶかを決める時は、
どっちが「自分が楽になるか」で選ぶより、
「大変そうだけど、自分らしく生きられるか、言い訳しないで生きられるか」
で選ぶことの方が、
その先、つらいことがあってもがんばれるんだと思います。

       
答えは、さなえさんにしか見つけられないです。

   
そして、選んだ答えに間違いはないと思います。

       
「あっちを選んでおけば…」って思う時があるかもしれない。

     
でも、どっちを選んだにしても、
その時、自分の心が選んだ道が正しいんだと思う。

     
今のこの状況が結果じゃないです。

  
結果は、これからどう自分が進んでいくかの先にあるんだと思います。

     
じゃあ彼と別れたことで、どう自分の未来が開けるのか。  
どう開いていくのか。

        
道を開いていくのは自分でしかできないです。

          
この別れは無駄じゃないと思います。
自分の本当の心に向かい合う、チャンスなんだと思います。

 
それと、
スクールを辞めて彼と離れたからと言って、
すぐに彼が思い出になることはないかもしれない。

    
離れれば離れるほど、思いが募ってしまうこともあるし。

    
もちろん、日常的に顔を合わせることはつらいことだけど、
じゃあ離れれば大丈夫ってことは、
いちがいには言えないような気がします。

  
さなえさんのコメントへの答えになっていなくてごめんなさい。

    
つらい中で、コメントをありがとうございます。
そして、本を2冊とも読んでいただいて、ありがとうございます。

    
またブログのぞきに来てください。
つらい時はコメント書いてください。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いしますblog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

|

« ■運気を上げるには、部屋を片付けることだって。 | トップページ | ■だから、いっしょにいても不安で、孤独で。それでも好きで。 »

コメント

ルルさん
お久しぶりですー。
   
>自分の歩いてきたじんせいについて他者との比較等
  
「比較なんてしなくていい、比較することは無駄」って思っていても、分かっていても、
比較してしまう時ってあるんですよね。
  
人生って何なんだろうって思いながら生きていくことが、人生なのかも。
 
でも、自分に起こるどんなことでも、無駄なことはないんだと思っています。

投稿: まりこ→ルルさん | 2007.05.24 午後 09時28分

こんばんは、そしておひさし振りです。存在自体忘れられたでしょうか~な~んて(苦笑)旅行から帰ってきてから、いろいろ深く考える事が多くコメントを控えてました。理由は、いつものことだから!!(自分の歩いてきたじんせいについて他者との比較等)(苦笑)どうしても、周期的に大きな波がやってくる時期があるので仕方が無いと考えてます。今もそのジレンマから抜けているかと言うとそうではないですね。それも、もちろんそうですが最近は、「愛ってなんなのだろう?」と考えます。実際、俺も頭で考えるものではないと思うんです。でも、理想と現実では、大きくかけ離れているのかなって感じます。最近は、好みと好きって違うとも感じますし、この人なら好んで一緒にいてくれる(俺の錯覚の場合も)でも、本気になっていいのかなって考えます。まあ、一歩一歩なんとかするしかないのかなと思う反面、おれの人生ってなんなのだろうと考える日々です。それでも、生きていくしかないと思っています。PS久々の投稿がネガティブコメントでゴメンナサイ。今回のブログはためになりました。俺も活かせるように前向きに頑張りたいです。

投稿: ルル | 2007.05.23 午前 02時58分

さなえさん
いただいたコメントの答えには全然なってなかったから、
ちょっと心配だったんです。
でも、よかった。さなえさんの気持ちの方向が見えたみたいなので。
  
ある一言とかで、自分の気持ちが整理できることってあるんだと思います。
 
でも答えは、もう心の中では決まっていたのかもしれないですよね。
  
>遠野さんの本、眠れない夜に何度も読み助けられました。
 
こんなこと言ってもらえてしまうと、
あの本たちを書いて、本当によかったなって思います。
ありがとうです。

投稿: まりこ→さなえさん | 2007.05.23 午前 01時13分

遠野さん、お忙しい中私の為に真剣に考えてくださり有難うございます。とってもとっても嬉しいです。何回も読み、遠野さんの問いかけに自分なりの答えを探しました。
まず、遠野さんと私の状況の違いに気づきました。私の彼は私の日常の中にいるということ。これはやはり大きな違いですね。日常にいなければ約束をしないと会えないですもんね。日常にいる人と付き合ったのは私。初めから別れたらこうなることはわかっていたはずってことに気づきました。
そして、スクールを辞めたいと思った理由、続けたい理由をもう一度考えてみました。
辞めたいと思ったのは今後彼に新しい彼女が出来たとしたらそれを見たくない、私と一緒じゃない彼の未来を見たくない、離れた方が早く忘れられる。それと、普通に通っているより辞めた方が彼も心配してくれるんじゃないか、私の大事さに気づくんじゃないかっていう自惚れに似た感情。そんなこと思ってくれるわけないのに・・・。
続けたいのは、その趣味を辞めたくない、仲間達とも別れたくない、復活しなくてもいいから傍にいたい。こう書き出すとスクールを辞めたい理由の方はマイナスの感情が多い気がしました。辞めて得るものって、何も無いかも。続けてこれから得る物はあると思う。私はこの状況から早く逃れたくて単純に離れれば忘れられるなんて思っていたけど、遠野さんの言うとおり離れたからって忘れられるものでもないんですよね。

やはり、スクールはしばらく続けようと思います。

遠野さんの本、眠れない夜に何度も読み助けられました。
私の大事な本になりました。これからもちょくちょくのぞきに来ます。またコメントさせて頂きます。本当に有難うございました。

投稿: さなえ | 2007.05.22 午後 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■別れた彼のそばにいる方を選ぶべきか。彼を思い出に変えるために、離れることを選ぶべきか。:

« ■運気を上げるには、部屋を片付けることだって。 | トップページ | ■だから、いっしょにいても不安で、孤独で。それでも好きで。 »