« ■自分の力じゃどうにもならないコト。止められないココロ。 | トップページ | ■今日の夜ごはんはモツ鍋うどん。きのこいっぱいで。 »

2007.02.28

■恋が人生がうまくいく言葉「かきくけこ」。-假屋崎さんの言葉を勝手に解釈-

華道家の假屋崎省吾(かりやざきしょうご)さんの人生の格言というか、心がけている言葉は、「かきくけこ」だってTVで言ってた。
この言葉って、生き方にも、恋にも通じる言葉だなあって思いました。

  
今日のblog Rankingの順位は?ココです。 

    
この前TVを見ていたら、假屋崎さんが、なるほどなあって思うことを言っていたので、
思わずメモをとってしまいました。

  
「かきくけこ」なんだって。

  
か 感謝をすること。感動をいっぱいすること。

き たまに緊張感を持つこと。

く くつろぐ。

け 決断をする。

こ 好奇心をいっぱい持つ。

  
これが「かきくけこ」だそうです。

  
これって、人生もそうだけど、恋にも通じるよなあって思いました。

  
感謝をする心ってもちろん大切。
でも、いっしょにいると、それが当り前になっちゃて、
ついつい感謝の気持ちを忘れちゃう。

  
長くいっしょにいると、
「なんでこうしてくれないの」っていう気持ちの方が大きくなる時があって。
大切だよなあ。
相手に対して、「いっしょにいてくれてありがとう」って思う心。

       
緊張感を持つこともそうだよね。
いっしょにいればいるほど、なくなってきちゃうもん。

  
変な緊張感はいらないと思うの。
例えば「こう言ったら嫌われるかな」とか、
「こうしたら怒られるかな」っていう、負の緊張感は。

  
相手に甘えすぎて、全然気をつかわなくなることがだめなんだと思う。
緊張感を持つことって、思いやる気持ちを持つことなんじゃないかな。
相手がどういう気持ちになるかってことを、常に考えなくちゃいけないような気がします。

  
くつろぐは、いっしょにいてリラックスできること。
心がのびのびできる関係でいることが大切。

  
決断をするってことは、例えば、相手にばかり合わせていないで、
自分の気持ちをきちんと考えて、物事を決めることなんじゃないかな。 

  
例えば、別れる時なのか、続けていくことを選ぶのか。
そういう決断を求められる時ってあると思う。

  
その時は、相手がどうのこうのじゃなくて、
「自分がどうしたいか、どうするべきなのか」、で決めなくちゃいけないんだと思う。

   
好奇心を持つことは、相手に対して興味を持つことと、
自分自身を磨くこと、なんじゃないかな。

  
もういっしょにいるのが当り前だからって、
相手に対して興味を失ってしまったら、惰性の関係になってしまうような気がする。
だらだらと、ただいっしょにいるだけになっちゃうんじゃないかな。

   
そして、自分自身が外に興味を持っていないと、
きれいでいられなくなる。

    
今、流行りの服は?コスメは?音楽は?おいしい食事はどこ?
そんなの全然興味がなくなったら、
女性としての輝きがなくなっちゃうような気がします。
私の場合は、そうだから。

  
假屋崎さんに、怒られちゃうかな。
こんな勝手な解釈してしまって。

  
あくまでも、これは私の勝手な解釈ですので。
全然違っているかもしれないです。

  
でも、私はこの勝手な解釈の「かきくけこ」を、勝手に実行していこうと思っています。

    
人生にも恋にも。

  
Photo最後にココをぷちっとクリックお願いしますblog Ranking参加中。
★恋に悩むみんなにこの記事を読んでもらいたので、クリックしてもらえるとうれしいです。いつも「ぷちっ」としてくれているみなさん、ありがとうです!

|

« ■自分の力じゃどうにもならないコト。止められないココロ。 | トップページ | ■今日の夜ごはんはモツ鍋うどん。きのこいっぱいで。 »

コメント

ゆうきさん
コメントありがとうございます。
本読んでくさったんですね。
うれしいです。
ありがとうございます。
  
結婚が決まっていて、超ハッピーな時期なはずなのに。
結婚前のそのしあわせを満喫できないなんて、もったいないような気がします。

結婚相手の彼も好きで、
他にも好きな人がいるということなのかな。
うーん。

でも、人を好きになる心は止めれらないんですよね。
頭ではダメだと分かっていても、気持ちはそうはいかなくて。
だから苦しい。でも好き。
  
少し話はそれちゃうけど、
私が、失恋して落ち込んでいた時に、ある人が言ってくれた言葉があるんです。
 
「自分が人にしたことは、絶対に自分に返ってくる」って言葉。
  
意図的じゃないにしても、
相手を傷つけたり、裏切ったりしてしまったら、
いつか自分にも同じようなことが起こるって。
 
私はその時に、彼にひどく裏切られたから、この言葉に救われたんだけど、
自分自身も、人を裏切ったら、同じことをされるんだって、
覚悟しなくちゃいけないんだなって思いました。 
 
私がまっすぐに人を好きになるのは、すごく人を信じやすいからだと思います。
だから、その人のことも、その人との未来も疑うことなく、
好きになってしまうんです。
 
これがいいこととは、限らないんですが。
痛い目も見ているし、
信じするぎることで、人を傷つけたり、追い込んだりしてしまうこともあって。
  
そして多分、私は自分自身も信じているんだと思います。
相手に誠実でいられる自分を信じているんだと思います。

投稿: まりこ→ゆうきさん | 2007.03.03 午後 04時36分

まりこさん。まりこさんの本を読んで、とても感動しました。
私は恋愛依存症です。もうすぐ結婚するのに彼以外との恋愛(浮気ですよね,,,)がやめられない。だから、まっすぐなまりこさんが私はうらやましいです。

投稿: ゆうき | 2007.02.28 午後 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■恋が人生がうまくいく言葉「かきくけこ」。-假屋崎さんの言葉を勝手に解釈-:

« ■自分の力じゃどうにもならないコト。止められないココロ。 | トップページ | ■今日の夜ごはんはモツ鍋うどん。きのこいっぱいで。 »